やまだのお部屋

ARTICLE PAGE

ボムボム 4回目の命日

今日はボムボムの命日です。
もう、4年になりました。

お花とボムボム^^

今年はボムボムカラー♪で黄色を基本色にしてアレンジしていただきました^^

2012年 ボムボムの命日のお花

高さのあるアレンジになったので、カップボードの棚板を外してみました。

カップボードに飾るとこんな感じ














今、この記事を書く前に、ボムボムの最後の闘病記録として書いた記事を
読み返しました。

最後の闘病記録(2008年11月2日記)

自分で書いたのに、なんだか泣いてしまいます。
当時を思い出すからというだけでなく、まっすぐにボムボムだけの
ために毎日毎日生きてきた自分がもういないんだなぁと思って。
自分でいうのもなんですが、ワタシ一直線だったなぁ・・・

ボムボム、お散歩大好きでした^^
今日のような秋晴れの晴天の日、一緒に日中お散歩行くのが日課でした。


空が高いと感じる青空を見上げて、ボムボムのことを思い出す今日この頃です。














スポンサーサイト

4 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/10/24 (Wed) 12:18 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/10/25 (Thu) 02:06 | REPLY |   

やまだのママ  

★鍵コメさんへ★
お返事大変遅くなりました~ぺこり

遅ればせながら、totoさんの個展行かれたんですね^^
いいなぁ~
ワタシは少しバタバタしていて行けませんでした。泣
横浜の展示会に行ったときに会場の方から教えて
いただいたのですが、ガラスの眼が見る方向を変えても
ちゃんと自分のほうを見ているように追ってくるんですよ~
わかりましたか?
不思議なんですよね~いつも^^
我が家にはナオミがありますが、いつかきっと大きな額を
欲しいなぁ~と思っています^^

2012/11/01 (Thu) 10:59 | REPLY |   

やまだのママ  

★2番目の鍵コメさんへ★
お返事が大変遅くなりました。ゴメンナサイ。ぺこり

猫さん、その後いかがですか?
大分落ち着かれてきたように書かれていましたが・・・

鍵コメさんのこのコメントを読んだとき、ワタシはタロウの
心筋症が発覚した当初を思い出しました。

心臓病は基本的に一生薬を飲み続けなければいけないと
いわれます。
それまでのタロウは、何かを飲ませるということをあまり
嫌がらずにすんなり飲んでくれる子でした。
でも・・・朝晩の投薬、しかも苦くてマズイと有名な薬。
徐々にタロウも嫌がるようになってきました。
ワタシは、飲ませなければタロウが死んじゃう!と躍起に
なっていたんだと思います。
そんなオーラがタロウを追い詰めていたのかもしれません。
それまではいつでも名前を呼ぶと飛んできて膝の上に乗った
のに、ワタシが近付くと逃げるようになり始めました。

それでも飲ませなければ・・・と、心を鬼にして、でも、
だんだんワタシも分からなくなってきたんです。
無理やり飲ませる投薬のせいで、心臓発作を誘発させて
ひょっとしたらワタシが心不全にさせて死なせてしまうかも
しれない。
病気を維持させるための投薬が、反対に死なせるためのものに
なってしまうのではないか、と。
もう、あの時は分からなくなっていました。
一人で何度泣いたかわかりません。

で、先生に相談に行きました。

結局、お薬は必要なものだけを注射薬に変更してもらうことが
でき、苦いお薬がなくなって一瞬お注射をワタシがしてあげる
だけでよくなって、タロウとも以前通りの仲良しに戻れたんです^^

鍵コメさんと全然ケースは違うんですが、なんとなく思い出しました。
長々とスミマセン。

鍵コメさんが獣医師にまで~という勉強をしてしまうというお話、
なんとなくわかるような気がします^^
突き詰めてこれ以上ないというくらい熱心なのですよね。
でもね、それが普通というか猫さんへの愛情の大きさなんだと思いますよ。
ワタシはいつも思うのですが、何も知らずして出来る限りをした、とは
いえないと思うんです。
全てを知った上で自分が選択し、そして猫さんのためにできる限りのことを
するということをして、そしてはじめて出来る限りをした、している、と
いえるのだと思うのです。
ほんと鍵コメさんは出来る限りのことを余すことなくされていると思いますし、
ワタシもいつかみんニャの腎機能が明らかに衰えてきたときには、鍵コメさんの
経験を一番に参考にさせていただきたいと今では思っています^^
記事の内容やレポート、いつもホントに助かっています。

猫さんが穏やかに過ごせていることを祈っています。

2012/11/01 (Thu) 11:19 | REPLY |   

Leave a comment