やまだのお部屋

ARTICLE PAGE

4/18 原発○○圏内にて

※明日17時以降、警戒区域になることが残念ですが
ほぼ確実だという情報が入りました

※4/20 朝9時追記※
南相馬のお宅には、自衛官が訪問し強制退去が告げられました
※4/20 16時45分追記※
枝野官房長官の会見がありましたね
とりあえず、今日一日は回避されたようです・・・



遠方にいる私たちが今できることの中に、やはり政府や県、市等に、
メールを出すことが1つあると思います
感情的にならず、一番大切なのは「すべてヒトのための決定事項」
であるということが大前提の決まりごとですから、動物たちは
どうなってしまうの?ということを全面に押し出しての抗議メール
にだけはならないようにされたほうがいいかと思いました。

今一番必要なのは、「警戒区域の指定」が回避されること
だと思います。。。

各方面へのメール、毎日一体何通送ったかワカリマセン。
今日だけでなく、ずっと送り続けてみます
こんなことしかできないなんて・・・情けないですね、とても





本記事はここからです。


昨日の今日で帰ってきてしまったことが悔やまれます・・・
現地入りしている方、これから行かれる方・・・
どうかどうか1頭でも1匹でも多く保護できますよう
お祈りさせてください。

--------------------------------------------------------------
↓ここから下は、上の情報の噂を聞いてから書きました。
で、アップロードしたら確実な情報へと変わってしまいました。泣
--------------------------------------------------------------



本当は昨日一日のことをもう少し経ってから皆さんへご紹介したいと
思っていました。
体力的にはちょっと疲れているだけなんですが、やはり気持ちの上で
時間が欲しかったんです。

でも、今日になって警戒区域になるかもしれないという噂を知り、
これは少しでも早く知らせなければ、と思ってしまいました。

私たちが見てきたことなんてたかが知れた内容です。汗
それに、熱く語って皆さんの心に何かを感じていただけるほどの文才もなく。大汗
だから、ただただ見てきたまま、感じたまま、そのままでしかご紹介できません。
それでも、昨日私たちが見てきた嘘偽りのないことを見てもらえたら・・・
綴ってみたいと思います。





途中、東北道で車の横転事故等があり、予定していたより遅い到着に
なってしまいました。
福島市から南相馬の原町へ入るのではなく、山越えの途中から直接
私たちは浪江に向かいました。
浪江に用事があったからです。
飯舘に入り、少しして防護服を道端で着用しました。
飯舘では数人の住人を見ることができました。
マスクくらいはしていましたが、皆さん普通の服装でした。

相方は、「本当に防護服なんて必要か~?」と最初は連呼していましたが・・・
それも浪江に入ってからは言わなくなりました。

浪江から出てくるマイクロバスや普通乗用車とたくさんすれ違いました。
でも、浪江に向かう車はほとんどありませんでした。
運転手や乗っている方々を見ても、皆さん普通の服装でした。
これを見て相方はまたも「防護服なんてさ・・・」と恥ずかしいとずっと
言ってたんですけどね、ここまでは。。。

検問所では入れなくて、他から(笑)浪江入りしました。




浪江は、満開の桜が咲いていました。
満開の桜も・・・
美しいと思うよりも、寂しかったです。



かつて通った6号線沿いの道



覚えていたはずのあのお店、あの景色が・・・



この後続く光景に、ただただ言葉がなくなりました。


6号線から見た光景③

6号線から見た光景②

6号線から見た光景①

6号線から見た光景④

6号線から見た光景⑤

器械も真っ逆さま



テレビやネットで見ていた光景といえばその通りかもしれません。
でも、原発のことがあるためにほとんど手付かずの状態のようでした。
広がる田畑は・・・塩害でこの先どうなってしまうのでしょう。



そして、浪江に到着
4/18の浪江駅

聞いていたとおり、本当にゴーストタウンでした・・・

お洗濯物が部屋に干したまま、窓が開けっ放しになった家からは
そのうち誰かが出てくるのではと思えてしまいました
でも、誰もいません
どんなに大きな声を出しても、返ってくるのは自分の声の響きだけ




そして・・・
















道路にいきなり痩せた猫さん、仔猫でした・・・

仔猫の・・・

予想していたことだけど、それでも辛かったです

普段なら道路でこうした子達を見つけたら地元のお寺に連れていってますが、
ここではできません
かわいそうだけど、そっと脇の植え込みに移動させてタオルをかけてあげる
ことしかできませんでした
ゴメンね、でも、誰にも食べられたりしないように祈るから・・・

そっと植え込みへ・・・





いきなり出てきたわんちゃん
とても痩せています

用意してきたご飯の容器を出すのももどかしく、かわいそうだけど
先に道路に出してしまいました
あまり近寄ることができませんでした
そばにいると落ち着いて食べられないみたいだったので、そっと遠くから
見守っていました



そして、この後ちょっととあるわんちゃんを探していたんですが、残念ですが
見つけることができませんでした



そのお宅にご飯とお水を置いて車に戻るとこの子が^^
保護した子①

最初はやはり少し警戒してました

だけど、すこーしずつ距離を縮めてお水を置いてあげると、最初は
ビクッとしたけど一度身体に触れたら一気に甘えモード全開に変身^^

保護した子②

保護した子③

嬉しくって嬉しくってグルグル回って、食べ終わってどっかに走りぬけるけど
手を叩くと一生懸命戻ってきてくれて

私の膝に乗ってぐふぐふいってくれたりして

とっても人懐っこい子でした

でも、でも・・・置いていかれてしまったんですよね・・・



相方や私が付近に他にわんちゃんがいないかそれぞれ歩くと
ついてくる^^
こうしてついてきてくれたんですよ^^



もうこれは保護するしかないっしょ



ということで、とある方に相談したら引き受けてくださることになり、
小高の駅で待ち合わせをして引渡しました。



今頃は福島市のシェルターにいるのかな



少し離れたところのお宅の猫さんを探したんですが、それらしいっぽい
子を見たんですが教えていただいていた子の特徴とちがうようで、
だけど3回も見かけたので気になって捕まえようと思ったけど、
できませんでした・・・泣

通り道の3箇所にご飯とお水をたくさん置いてきました




次の目的地へと車を動かせば・・・
ご飯があっても寂しいよね・・・
すぐにわんちゃんに出会います

この子はお写真の左側のお宅の子のようで、家族の方が一時帰宅を
されているのかご飯や毛布などが置いてありました^^
たりなくなったらと思い、追加してご飯とお水をたくさん置いてきました




次なる目的地は少し離れていて、運転している相方が急にあそこ!と・・・
猫さん!?
遠くに白い猫さんがいました!

相方がご飯を持って近付くと逃げてしまいました

でも、見たところガリガリに痩せていたそうです

いたところにご飯をたくさん置いてきました




わかりますか?
遠くに何か・・・
遠くに牛馬さんが・・・



ここにも・・・
放牧してるんじゃないんです・・・


そして、ここにも・・・
一見するとのどかな風景だけど・・・実は


一見すれば、なんて長閑な風景なんだろうと思いますよね

まるで放牧してのびのびと生きているような・・・



みんなみんな・・・
放されたんです
家族の方が放されたり、閉じ込められているのを見るに見かねて
放してあげたりした子もいるそうです

こうして放された子達はまだいいんです

でも、繋がれたまま、閉じ込められたままで餓死した子達が
今どんなことになっているか・・・

この放された子達だってこの先どうなるのか・・・




そして、次なる目的地に行ったんですがやはり目的のわんちゃんたちは
見つけることができませんでした

このとき、実は入ったところのお宅の敷地内に猫さんがいて・・・
しかも、お腹の大きな猫さんだったんです

どうにかして捕まえたい!と捕獲器をしかけたんですが、どうしても時間が
なくて諦めるしかありませんでした
このときが一番辛かったです、今回のことで

スクリーニングの締め切り時間まで30分という時間で、間に合うだろうかと
実はかなりてんぱってました。。。

しかも、この後もっとてんぱっちゃうことがありました



もうホントに時間がなくて、大慌てで片付けてご飯とお水をたくさん置いて
いざ出発!




少し走ると・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
仲良しみたい^^

正直、一瞬躊躇してしまいました
ゴメンね・・・

でも、もう出会ってしまったらそのまま走り去るわけにいかないじゃないですか
たくさん食べるんだよ

寂しいよね・・・

お腹空いてたよね・・・

ご飯とお水をたくさん置いてきました
屋根のあるところがないところだったので、昨夜からの雨で・・・・
ゴメンよーーーーみんな・・・・・・・うぅ・・・




そして、飛ぶように猛ダッシュで走ると・・・
ぶたさん・・・

放牧じゃないんですよ、ホントに・・・

雑食といったって・・・

豚さんは雑食とはいえ、確かにこうしていれば多少のことでは食べ物には
困らないかもしれないけど・・・

子豚とかもたくさんいて、大急ぎで通り過ぎなければならない自分が
すごいイヤな人間に感じてしまいました

昔、学生時代ですが豚さんの出産のヘルプをしたことがあります
子豚をね・・・腕を突っ込んで取り出すんです
二の腕までずーーーーぅと入れて・・・
スミマセン、生々しい表現で
なんかあのときのことを思い出してしまいました



そして、いざスクリーニングをしに保健所へGO!
スクリーニングへ急げっ!

間一髪!間に合いました。。。





あああああああああああああ!


ゴメンナサイ

今、情報が入りました
確実な情報です

明日、夕方17時以降、20km圏内警戒区域になることになりました

なんということでしょう

もう、誰も入れなくなってしまいます

もう、どの子も保護できません

もう、みんなみんな・・・・・・

死んでしまうしかないの

餓死させるしかないの

昨日であった子達はみんな・・・・・・



続きはもう書けません

ゴメンナサイ・・・


また後日書きます
























スポンサーサイト

14 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/04/20 (Wed) 00:39 | REPLY |   

あ~ちゃん  

悲しいです

これが福島の現実なんですね…。
青く茂る草と馬さんや豚さんを見ると、
確かに放牧しているようにも見えます。
でも、違うんですよね。
置き去りにされたんだよね。。

ワンちゃんや猫ちゃんの置き去りも、随分前の新聞で観ました。

私なんて近いんだから、もっと早く保護に行けばよかったな…って、今更ながら後悔し無力さを感じます。

何とかして命を繋いで欲しいです。。。

ママさん、現状を伝えてくれてありがとう。

2011/04/20 (Wed) 01:06 | REPLY |   

サスケのママ  

本当に辛い中、更新してくれてありがとう。
読んだ私は、今、みかんを抱きしめて、
号泣してしまいました。
共食い、餓死、色んなことが起こっている原発地域。
これは、地獄だと思います。
子猫ちゃん、ママさんに見つけてもらえて、
最後によかったね。
白猫ちゃんも、お腹の大きな子も、みんな、
ママさん見つけて寄ってきてほしかった。
保護出来たワンちゃんは、みんなの分まで、
生きてほしいです。ラッキーな子でしたね。

ママさんも、辛い現実を受け入れるのに、
かなりな時間がかかると思います。
日常を送るのに、精神的にも辛いかと思います。
どうぞ、無理なさらずに。
相方さんも、通常の勤務に戻られますが、
どうぞ、心の平穏を保つよう、なるべく、
努力なさってくださいね。


今日のブログにリンクさせて貰おうと思ってます。

2011/04/20 (Wed) 07:31 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/04/20 (Wed) 12:08 | REPLY |   

みやび  

初めまして、きなこママさんのブログから来ました。
悲しくて、辛くて号泣してしまいました。
原発地域は地獄ですね。
この子達がいったい何をしたと言うのでしょうか?慎ましやかに生きていたのに、残酷すぎます。人間のせいで犠牲になるのはいつも動物達ですね。

できるなら、一緒にお手伝いしたいです。そんな覚悟も度胸もなく、すみません。偽善者です、でも自分に出来る事をします。

保護されたワンちゃん、本当に良かった。
一匹でも多くの尊い命が助かりますよう、祈っています。

ママさんもお体を大切に、少し休んでくださいね。

2011/04/20 (Wed) 12:15 | REPLY |   

ちびんた  

ママさん、おかえりなさい。

更新 辛かったでしょうね。

それにしても・・・

苦しいです。

2011/04/20 (Wed) 13:06 | EDIT | REPLY |   

るびー  

教えてくれてほんとにありがとうございます。
読んでも読んでも泣けてきます。

なんてここは地獄なんでしょう。
こんなにもたくさんの命がそこにあるのに・・・。

2011/04/20 (Wed) 21:42 | REPLY |   

やまだのママ  

★鍵コメさんへ★
はじめまして。
Aさんからのご紹介でお越しいただき
ご丁寧にありがとうございました。
悲しい現実はもっと悲しくて、ご紹介
できたのはまだ比較的・・・
なかなかコメントも書けないと思いますが
ホントにありがとうございました。

2011/04/22 (Fri) 09:51 | REPLY |   

やまだのママ  

★あ~ちゃんへ★
福島の現実・・・はもっとひどいと思います。
原発のすぐそばでは、もっともっと悲しい現実が
繰り広げられているようです。。。
わんちゃんも、ご紹介できた以上にホントにたくさん
いてね・・・撮れなかった子のほうが多いくらいです。
今日から数日後・・・ホントに食べるものがなくなった
時に、わんちゃんたちがその内野犬化し、季節柄仔犬も
仔猫も増え続け、想像するとホントに言葉がありません。
だけど、もしまた入れるなら、私はまた行きたいです。

2011/04/22 (Fri) 09:56 | REPLY |   

やまだのママ  

★サスケのママさんへ★
感情が欠如しているのでしょうか、私は。。。
悲しいとかツライという感情よりも、また行きたい、
そしてできることならもっとたくさん命を助けて
きたいとしか思っていません、今は。。。
そのためにどうしたらいいか、そのことばかりを
今は考えています。
お写真でご紹介できたのはほんの一部です。
ホントはもっと悲しいお写真もあります。
でも、現実をご紹介・・・なんて思ったけど、
実は載せることができませんでした。
そして書くこともできませんでした。
エラそうに書いたけど、全然書けていません。
せっかくリンクしてくださったのに、ゴメンナサイ。

2011/04/22 (Fri) 09:59 | REPLY |   

やまだのママ  

★鍵コメさんへ★
無力感にさいなまれちゃいますよね・・・
ホントそうです。
災害本部は、やっとこさこの期に及んで?本格的に
警戒区域の動物たちのことで動き始めるかも
しれないようなことがツイートされているのを
見ましたが、ホントにどうなるのかわかりません。
ただ、政府としても圏内の動物保護のことで議題に
上がったそうなので、そうなればきっと本部が動く
はずだと思います。
今までは・・・と私も思います。
でも、今はこれからに強い期待を寄せたいです。

2011/04/22 (Fri) 10:03 | REPLY |   

やまだのママ  

★みやびさんへ★
こちらこそはじめまして。
お越しいただきありがとうございます。

ホントの地獄はこれからかもしれませんね。。。
警戒区域になる前に一度は・・・と思って行きました。
帰ってきたらこんなにすぐ本当に現実のものに変わって
しまうなんて思いもしませんでした。
時間の問題とはわかっていたけれど・・・

生きている命があって、助けられるのになんで何も
してはいけないのでしょうか。
ホントなんだかため息しかでません。

偽善者だなんて・・・
だったら私だってそうです。
たった一度いっただけなんですもん。
保護したのだってこの子だけです・・・
ご飯だってたくさん置いてきたけれど、あんなの
1日、2日持てばいいほうです。
できることならまた行きたいです。
そして、今度はもっともっとたくさんの子を助けて
あげられるように準備して行きたいです。
初めてだったのでロスが多くて辛かったです。

お優しいお言葉、ありがとうございました。ぺこり

2011/04/22 (Fri) 10:12 | REPLY |   

やまだのママ  

★ちびんたさんへ★
ただいまです。
更新が辛かったのももちろんですが、ホントに
載せたかったことを書けなかったことがもっと
辛いかもしれません。。。
なんだかエラそうに書いたけど、全然私って
だめじゃん・・・って思っちゃいます。

2011/04/22 (Fri) 10:14 | REPLY |   

やまだのママ  

★るびーさんへ★
見る方のことを考えたらツライですよね。。。
でも、もっともっと現実は悲しいです。
警戒区域になり、この先のことを考えると
どうにかしてまた入れる方法を嘆願書など
たくさん出して政府等を動かせないかと、
そんなことばかり考えています。
政府は、圏内の動物たちを保護することを
議題として取り上げたそうです。
光がまだ残されていますね。
祈りましょう

2011/04/22 (Fri) 10:17 | REPLY |   

Leave a comment