やまだのお部屋

ARTICLE PAGE

やれることは小さいけど・・・

前々記事、前記事へのコメントのお返事が遅くなってゴメンナサイ!


最近、こんなものに参加しておりました^^

被災地の子供たちへ贈る「スクールバッグ」


被災されたお子さんの中にはお母さんを亡くされた子もたくさんいます。
生きていてくれたら、新入生としてお母さんの手作りバッグを嬉しそうに
振り回し、学校生活を送ることができたはずです。
他人が作ったものなんて・・・
喜びは少なくなっちゃうかもしれないけれど、それでも、それでも・・・
ということで、私も手持ちのキルティングの生地で作りました^^

小さなお子さんが好むようなキャラクターの生地がなくって、いたって
シンプルな花柄とかミツバチの柄とかになっちゃったけど大丈夫かな。汗

さっき生地屋さんへ行って、初めてキャラクターのキルティングを手に
とって見たんですが驚きました!
高いっ!笑
いや、笑い事じゃないってば。
あんなに高いだなんて知りませんでした。苦笑

自分に子供がいないからまったくタッチしないジャンルじゃないですか。
いや、いなくたって好きな方はいるか。笑
私はあいにく(?)そういうキャラクター系に興味がないヒトなので、
今回のことがあって先程じっくり見て回って、ハァ~~驚きでした。



もう新たな募集はされていないようですが、このような大きな団体で
なくても手芸用品を扱っているネットショップでは、同じように被災
されたお子さんへの手作り品の募集をされているところが他にも
いくつかありましたよ^^
ご興味のある方はチラッと検索してみてください。
楽天内のショップにもあります。








募金や救援物資等の発送はいくつかの団体や知人へしましたが、
今回のようにハンドメイドのお品を直接というのは初めてでした。

でも、こういう支援の形もあるんだなぁ~と思いました^^











スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment