やまだのお部屋

ARTICLE PAGE

動物ボランティア募集開始

公益社団法人日本愛玩動物協会より、動物ボランティアの
正式募集がはじまりました。

4つの団体(社団法人日本獣医師会、財団法人日本動物愛護協会、
社団法人日本動物福祉協会、公益社団法人日本愛玩動物協会)
から構成される緊急災害時動物救援本部が本格的に動き始めました。





以下、HPより抜粋。

救援活動開始に備え、「動物の一時預かり」「動物保護シェルターでの
動物の世話」「動物や物資の輸送・運搬」などのボランティア募集を
開始します。
以下の注意事項を承諾の上、所定の「動物ボランティア登録用紙」にて、
ご登録をお願いいたします。
ご登録いただいた方には、ボランティアが必要になった時点で、
本協会より個別にご連絡させていただきます。


<注意事項>
1.負担費用
(1) 活動に際しての交通費・ガソリン代:自己負担をお願いします。
(2) 宿泊費:宿泊が必要な場合には、原則として自己負担にて各自で
  ご手配いただきます。
(3) 飼育費用(一時預かりの場合):フード・ペットシーツなどの
  消耗品の費用負担をお願いします。

2.円滑な作業のために
(1) ボランティア保険については、加入に制限がございますので、
  個別にご案内いたします。
(2) 原則として、事故などがあった際には自己責任となりますので、
  予めご了承ください。
(3) 具体的な活動内容は、追って協会よりご連絡いたします。
  緊急災害時動物救援本部で定めたルールに従って活動いただきます。
(4) 「動物の一時預かり」「シェルターでの動物の世話」ボランティアに
   ついては、その動物の飼い主が今後の飼育継続が不可能になった場合、
   新しい飼い主探しまでご協力いただく可能性があります。

3.その他
  18歳未満の方は、保護者の承諾書を「動物ボランティア登録用紙」と合わせてご提出ください。



動物ボランティア登録用紙(pdfファイルで開きます)



詳しくは協会サイトをご覧くださいませ。

公益社団法人日本愛玩動物協会


※義援金のこと、これまでの活動経緯、被災地での現況など、
 他の団体より多少は詳細に記載されていると思います。






動物救援の活動拠点に福島県も追加されたそうなので、私としては
やはり福島県への何かしらのことで力になりたいと思っています。

5年くらい相馬に住んでいましたので、まったく行ったことがない
方々よりは多少土地勘もあるかと思います。
といっても、きっと私が覚えているあの海岸線も様変わりして
しまっているのかもしれませんが・・・
自分に何ができるだろうか。
ずっと考えています。
いずれにせよ、道路状況などが復興し、一般人でも通れるように
なったら一度は福島へ行こうとはすでに決めました。
それがいつになるのかはまだわかりません。。。
ボムボムやスージーの生まれ故郷、そして一緒にお世話していた
草野さんのこと、会えなかったとしてもお手紙だけでもと。








スポンサーサイト

6 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/03/18 (Fri) 22:31 | REPLY |   

みぃ  

メモったので、連休明けに、義援金を振り込みに行こうかなと思います。
って、別に公言するようなことじゃないですけどね(^^;

ここの外猫も保護できてない状態なので、被災猫さんの預かりとかができなくて、申し訳ないけれど・・・・・・。

2011/03/19 (Sat) 16:12 | EDIT | REPLY |   

やまだのママ  

★鍵コメさんへ★
いろいろメールした通りです^^
連休中は停電なくて穏やかですね♪

2011/03/20 (Sun) 16:15 | REPLY |   

やまだのママ  

★みぃさんへ★
4つの団体のうちどこに募金したって辿り着くのは
同じなんですけどね^^
ヒトの日赤と同じですよね。
お外の子達がいるんですもん、当たり前ですよ。
私だってもしいたらできませんし、みんなが今
比較的穏やかで何も問題なく元気に過ごしてくれて
いるので何かしたいと思えるんです^^
自分でやれる範囲内で頑張りましょう。

2011/03/20 (Sun) 16:18 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/03/30 (Wed) 20:17 | REPLY |   

やまだのママ  

★2番目の鍵コメさんへ★
はじめまして。
コメントいただきながらお返事が大変遅くなって
申し訳ございませんでした。ぺこり

このコメントをいただいた日から福島県の状況は
かなり変わりましたね・・・
街中を徘徊する牛や馬・・・
野馬追いの馬たちは一体どうなってしまったのかと
思うと言葉がありません。
保護され移送された子もたくさんいるようですが、
餓死してしまった子もたくさん・・・
わんちゃんや猫さんは元より、こうした動物たちの
ことも政府は考えて欲しいです、ホントに・・・。

2011/04/11 (Mon) 20:09 | REPLY |   

Leave a comment