やまだのお部屋

ARTICLE PAGE

ナオミ 近況と肝リピドーシスのこと

9月に入り、1年の中で私が一番好きな季節のはずなのに
今年は異常気象のせいでまだ夏が続いているようです・・・

昨日買い物に行った際、ふと立ち寄ったコンビニでは
すでにおでんの販売がはじまっていました。
どこのコンビニを車の中からチラ見しても、みんな
はじまっていました。
9/1から~というのがセオリーなのでしょうか。
だけど、この暑さでおでんなんて買うヒトがいるのでしょうか!?
まぁ中にはいらっしゃるんでしょうけど・・・



ご心配をおかけしてます。
ナオミは、少しずつ食べてくれています^^
朝晩のウェットは以前どおり食べてくれていますが、
それでもカリカリはまだ少ししか食べません。
肝臓への負担を考え、少しずつこまめに強制給仕を
している日々です。


大丈夫?



肝リピドーシスについて

肝リピドーシスとは、さまざまな原因により脂質代謝が障害されて、
肝臓に過剰な脂肪がたまる病気です。

肝臓の脂肪は、食物中の脂肪、体の脂肪組織から運搬されてきた脂肪、
また肝臓で合成された脂肪に大別され、肝リピドーシスの場合には、
脂肪組織から動員されてきた脂肪が主体とされています。
通常、肝臓でエネルギーとして用いられない脂肪は、超低比重リポタンパク質
(VLDL)というリポタンパク質として体の脂肪組織に運ばれます。
リポタンパク質は輸送する船のような役目のアポタンパク質と脂質から
構成されています。
何らかの原因でタンパク質が十分に摂取できない状態では、リポタンパク質
の合成に必要なアポタンパク質の合成障害が起こり、肝臓から脂肪組織への
脂肪運搬がうまくいかなくなります。
この結果、肝臓に過度の脂肪が蓄積し、肝リピドーシスとよばれる状態に
なります。


原 因
  肝リピドーシスは、代謝やホルモン異常、栄養障害、薬物、毒物、肝臓に
  十分な酸素が供給されない場合など、様々な原因により引き起こされます。
  あまりにも複雑な代謝経路が係わっているので、どの段階で問題があるのか 
  までは正確にはわかっていないそうです。
  泌尿器疾患、炎症性腸疾患、腫瘍性疾患、膵炎、甲状腺機能亢進症、
  糖尿病  などが原因の一例としてありますが、猫における肝リピドーシスで
  もっとも問題になるのは、原因が特定できない”特発性肝リピドーシス”
  よばれるものだそうです。
  引越しや家族構成の変化、生活環境の変化が引き金になったり、ストレスでも
  もちろん引き起こされる場合があります。
  食欲不振や廃絶により、十分な栄養、とくにタンパク質やカロリーの摂取が
  できなくなり、肝臓に脂肪が蓄積します。


症 状
  元気消失、嘔吐、下痢、便秘、体重減少、黄疸などで、重篤な場合は
  体重の25%が減少します。
  まれに、過度の流涎、意識障害、発作などの神経症状が現れることが
  あります。
  多くの場合は黄疸が認められます。
  黄疸は、白目が黄色くなったり、皮膚が黄色く見えたり、オシッコが
  黄色くなったりもします。
  胆汁色素(ビリルビン)を処理するはずの肝臓に障害ができ、ビリルビンが
  血液中に蓄積した状態で、高ビリルビン血症といいます。
  血検でナオミも上昇していました。
  他にも、腹部の触診で肝臓の肥大が確認することが可能だそうです。
    

診断と治療
  確定診断をするためには肝臓の組織を採取する生検が必要ですが、
  エコー検査や血検等いくつかの検査でも、今回のナオミのように診断を
  絞り込むことが可能です。
  原因の特定が可能であればその原因疾患の治療をすることが肝リピドーシス
  の治療に繋がりますが、特発性肝リピドーシスの場合には適切なタンパク質
  とカロリーの補給を積極的に行うことがもっとも重要です。
  


肝臓は、沈黙の臓器ともいわれ、とても辛抱強い臓器です。
全体の3/4の機能が落ちないと、臨床症状がでないとも一説ではいわれています。
肝臓は、栄養分を蓄えたり、有害なアンモニアを尿に変えて腎臓へ送ったり、
食物の脂肪分を消化・吸収してくれるために必要な胆汁を作ったりしています。
体内の毒素や薬物を分解して解毒してくれる臓器です。
大切な肝臓に障害が出れば、上記の働きがストップしてしまい、大変なことに
なるのはいうまでもありません。
毒素が排出されなければ脳にまで上行し、肝性脳炎などにもなる可能性があります。



少しずつ食べてます^^


ナオミに置き換えて、症状を振り返ってみると・・・

24日まではほ~んと普通でした。
その日撮った動画があるんですが、ボールでケリケリして激しく遊ぶ
ナオミの姿があります。
ホントはこういうことがなければアップしようと思っていたんですが・・・
25日から急変しはじめたともいえます。
じわじわと元気がなくなりはじめ、ご飯も朝晩は食べても置いている
カリカリを食べる量・回数がどんどん日増しに減ってきました。
そして、寝ている時間が増え続けました。
8/28辺りから、ひょっとして脂肪肝になりかけている?という疑念が
実はあったんです。
ただ、まだ白めなどに黄疸のような黄色っぽい色味は感じませんでした。
その日もホメの先生へ相談はしていたのですが、無理に食べさせる
ことは。。。というアドバイスをいただいていて(私の言い訳ですね・・・)、
それでもやはり私は不安だったので、少しずつ強制給仕をこの日から実は
始めちゃったわけですが、29日の更新でも分かるとおり、病院に行こうか
どうしようか迷っていたんです。
で、本来ならお休みの日のはずが担当の先生が月曜日にいらっしゃったので
朝一で通院し、今回の肝リピドーシスがわかったというわけです。

食欲不振(廃絶にはまだなっていない)、元気消失、体重減少はもろに
あてはまっていますね。
嘔吐、下痢はまったくありません。
便秘はちょこっとあるかな。

それと、27日から飲み水を普段のところから飲まなくなりました。
お風呂場の桶からしか飲まなくなり、普段は洗面の前か玄関にばかり
いて寝ていました。
部屋のドアは開け放ち、エアコンの風がちょうど真正面から通ってくる
場所だったのでよかったです。

病気になると、普段しないことをし始めたり、普段はそこで寝ないような
ところでばかり寝るようになることが多いですよね。
ナオミもホントそうです。

30日の通院から帰ってきて、夜から普段の飲み水の場所からたまに飲むように
なりはじめています。
お風呂場の桶からも飲んでいますが、昨日今日などは半分ずつくらいの回数で
2つの場所から飲んでいます。
ご飯も、置いているカリカリも日に3回くらいちょこっとずつ食べてくれています。
それでもまだまだカロリー、量はとっても少ないです。
たくさんの量を一度に食べさせるのは肝臓への負担が大きいので、少しずつわけて
必須アミノ酸がバランスよく入っているカケシアを混ぜたご飯を
シリンジで飲ませています。
一度に飲ませている量は10mlシリンジ2本です。
おおよそにしか計算できませんが、たぶん1本20kcalオーバーくらいかと思います。
1回2本で40~50kcal・・・
それを日に3回か4回を目標にしながら、ナオミが起きているときを見計らって、
そして置いているカリカリや副食を食べてから3時間以上空いてから、という
感じであげています。

昨夜からやっとナオミの飲み込みやすいペーストの感じがつかめました。
同じペースト状でも、サラッとした感じやドロッとした感じなどいろいろありますよね。
ナオミの好みは、トロリとしてなめらかであり、カケシアを少し多めに入れて粘着質?
が出ているような感じが好きみたいです。
もっとカケシアの量を少ない量からはじめたのですが、最初はさらりとしすぎたのか
あまり飲み込めず、だんだん量を増やしてやっと落ち着いた感じです。
それと、私はいつも自分の股の間にナオミを座らせて飲ませるんですが、右を向かせて
左手で頭を抑えて右手で飲ませます。
そのとき、口中のどの辺にペーストを落としたら飲み込みやすいのか、これはその子に
よってホントちがいます。
ただ口中のどこでもいいから落とせば飲んでくれる子なら問題ないんでしょうけど・・・。
どうやらナオミは、左の頬袋の近くに落としてあげると飲み込みやすいみたいです。
ちなみにタロウは右の頬袋のほうでした。
ボムボムはわりと真ん中で舌の手前のほうで飲んでくれましたが、タロウは若干奥の
ほうに入れてあげないと飲みづらかった子でした。
ナオミは奥過ぎるのはイヤで、かといって手前だと飲みづらいようです。
ほどほどの加減が少し難しいですが。。。

ペーストの主体は肝臓食のl/dがベストなんでしょうけど、まぁその辺は臨機応変に
高カロリーのご飯を混ぜています。

ホントは、赤みのお肉など良質なタンパク質を食べさせてあげたいんです。
肝臓病には、高カロリーで低脂肪な食事が推奨されています。
生のお肉を食べてくれるなら、どんなに高いお肉だって買ってきます。
でも、ナオミは苦手・・・
ドリルやスーちゃんだったらこの状況をなんとうまく打破できるだろうか、と
思ったりもしちゃうんですが、それは好みの問題だから仕方がないですね。

それと、西洋タンポポやマリアアザミのハーブが肝機能の再生を促してくれたり、
強くしてくれる作用があるということで、飲ませ始めました。
あまり好きじゃないみたいですが、しょうがありません。

他に、肝臓にいいものというとウコンなんかもありますよね。
食材でいうと、小松菜、かぼちゃ、緑黄色野菜、しじみ、本葛。
本葛はとろみが出てナオミも大丈夫そうです。

カリウムとカルニチンも飲ませています。



輸液は、とりあえずは一日200を目標に、食べてくれる量が増えれば
減らしていったり加減しています。
肝臓の機能が元に戻らないことには毒素がたまってしまったらと
思うと怖いので、一気に減らしたりも怖いんです。
ただ、輸液をこんなに入れてしまうと、今度は貧血が心配になります。
赤血球を造る働きがキチンと行われていれば輸液で一時的に血が薄まっても
大丈夫ともいわれてますが、何がきっかけで今度は腎臓が悪くなるとも
いえませんから。
来週の検査まではとりあえず今のような状態でいきたいと思います。


肝リピドーシスのことを調べると、たった一日食べなかっただけで
なってしまった!という子もいました。
2日食べないと~とか、1週間食べないと~とか、様々書かれていましたが、
ナオミはウーン・・・
ただ、私は今までのボムボムやタロウを見てきて、まさかこの量でナオミが!?
と思ったのも事実です。
ですから、ホントのところの原因はわからないけれど、特発性肝リピドーシス
であるならば、固体差でしょうけどたった数日で劇的改善とか、1週間でも
肝機能の数値が戻っちゃった!なんてこともあるみたいで、わからないですね。
でも、今日現在多少は自分で食べてはくれるようになってはいても、元気は
まだありません・・・。
覇気がない、無気力・・・そんな感じです。
元通りになれるまで、まだまだ時間はかかりそうです。

来週の検査結果を見てから、少しずつまたはじめたいと思っています。
今はただ、外から脂肪をたくさん摂取させ、自分の脂肪を使わないように
早くなれまるよう祈るばかりです。。。




スポンサーサイト

4 Comments

ジュリママ  

がんばれ、ナオミちゃん!

毎日、祈るような気持ちでブログを拝見しています。
ナオミちゃんの食欲、
この暑さとも関係があるのではないでしょうか。

あまり先々ばかり考えちゃだめですよ。

気持ちがグジュグジュし始めたら
おおおおおおお~~~きく深呼吸ね!
応援していますv-238

2010/09/02 (Thu) 22:20 | EDIT | REPLY |   

晴乃輔  

ナオミ君はなめらか派なんですね。バナナはなめらかすぎはちょっと~、と言う感じです。
でもなめらかなほうが量が入るので、我慢してもらってます。遠近感が鈍ってるのでお皿に顔全部を入れちゃって、美男子が台無しになるのでスプーンであげてます。
それでも顔の左半分はベチャベチャなので、拭きながら食べさせるのですがこの拭き作業が大嫌いなことが発覚しました。そのせいで逃げてしまうのも困るので、鼻ちょうちんが出来るまではほっとくのですが、面白くてつい笑ってしまいます。

毎日が工夫です。体重、増えなくてもいいからせめてこれ以上痩せないように食べてもらわなくちゃですね。
身体の大きな子同士、まだまだ頑張ってもらいましょうね。

2010/09/03 (Fri) 01:05 | EDIT | REPLY |   

やまだのママ  

★ジュリママさんへ★
いつも見てくださってありがとうございます。
私も、毎日祈るような気持ちです。。。
もしかしたらもう元通り元気な姿は見れないような
気さえしているんですよ、ホントは・・・。
この暑さ、ホント何かしら影響していると思います。
急患とかもいろいろ多そうですし。
早く涼しくなって、ナオミが元気になってくれることを
祈ります。

2010/09/04 (Sat) 07:38 | REPLY |   

やまだのママ  

★晴乃輔さんへ★
メール送れなくてゴメンナサイ。ぺこり
もう少しだけ時間くださいね。

なめらか感もホントその子によって好みがちがいますね。
試行錯誤しながら、好みがわかってきているところです。
お顔を拭くのはやはりどこのお宅も嫌がるって聞きますね。
拭くときに、ティッシュやタオルなどを手や指に巻きつけて、
ヒゲやまゆげに当たらないようにすると少しは違いますよ。
汚れているところに辿り着く前に、そういうヒゲなどに
当たると何かが顔に迫ってくる、当たるということが分かり、
余計に嫌がりますから。
ちょっとしたことですが、試してみてください。

私も、ボムボムやタロウのときはそういうお世話していることを
笑ったりして楽しみながら?やれていたんだと思います。
楽しみながらっていうのも語弊があるけれど、穏やかにしていられた
ってことかな。
だけど・・・今回のナオミのことは、そういう風に思えなくって。
ホントにどうしたらいいのか途方にくれたりもしちゃいます。
だから、ひょっとしたらもう・・・元通り元気な姿なんて見れない
ような気がしちゃって・・・。
凹んでる場合じゃないってわかってるんです。
でも、でもなんです。
きっと晴乃輔さんならわかってくれますよね。
頑張りましょう、お互いに。

2010/09/04 (Sat) 07:46 | REPLY |   

Leave a comment