やまだのお部屋

ARTICLE PAGE

ナオミ 変化

ナオミ 体調に変化が出てきました。
ここ10日くらいのことをまとめて書きます。

今日のナオミ

19日(木)に抗生剤を注射してから、風邪症状は治まりました。
元々食後すぐに一気食いゲロ?みたいなのをすることが多い子ですが、
それでも注射する前の1週間くらいは少し回数が多かったんです。
でも、注射してからは一度も吐いていません。
ただ、2日後からまた右目だけ浮腫と透明な涙が出てくるようになり、
ホメの先生へ相談しました。

ホモトキの点眼薬 Okloheel(オクロヒール)と、顔面右半分だけ
様変わりするほど腫れるとお伝えしたら、Apis(ハチのレメディ)を
送ってくださいました。

Apisのレメディは、1mlのアンプルを半分の0.5mlずつ、合計4日間
お注射で投与しました。

24日からはじめ、25日には浮腫がひどくなり、涙が更にボロボロと出て
見ていてかわいそうで仕方ありませんでした・・・。
ホメオパシーとちがい、ホモトキシコロジーは好転反応が出にくいと
一般的にいわれるものですが、今思えばたぶんそうだったんだと思います。
26日の朝には浮腫が出なくなり、時間の経過と伴にどんどん涙が少なく
なりました。
浮腫もそれ以来出ていません。
眼の状態はとっても良くなってきている今日現在です。



ただ、25日から元気がややなくなり、食べる量も減ってきています。
日に日に元気消失しているように感じます。
最初は、25日の午後にやけに寝ているけど、たまにはそういうことも
あるかも・・・なんて思いつつも、ホントはすでに心の中では進行したのかと
思い始めていました。
でも、やはり否定というか現実を受け止めたくないというか、考えたくないと
いうのとはちょっとちがうけど、26日まではそうははっきりと思わないように
していたのかもしれません。

26日の朝になり、やはり具合が悪いんだということをはっきりと感じました。
安静時の呼吸数が、絶えず40オーバーになっていたからです。
前日までは30回前半のことがほとんどだったのに。
ご飯も朝晩のウェットだけは食べるけれど、カリカリをほとんど食べなく
なってきました。
寝ている時間がどんどん長くなってきました。

27日になり、眼に覇気が感じられないような気がしました。
私の気のせいかもしれないけれど・・・。
この日まで、カゴの中で寝ていてもなんだか思いっきり手足を延ばして寝ていない
ような気がし始め、もう一回り大きなカゴに取り替えてあげました。

28日、朝9時頃までそんな状態が続いていました。
朝ごはんを食べ終わり、9時過ぎに熟睡しているのを確認して呼吸数を測ったら、
32回に落ち着いていました。
と同時に、ヘソ天で寝るようにまたなりました。
その姿を見て、少し元気が出てきたように思いました。



呼吸の仕方ですが、これは私が思うだけのことかもしれません。
例えば同じ32回でも、タロウのように心臓病を抱えた子の回数は
健康な子と比べて1回のストロークが微妙に違うと思うんです。
ストロークが長ければもちろん回数も減るんでしょうけど、
なんといえばいいのかな・・・
なんか違うと思うんです。
ナオミのことも、肺転移ということを前提に考えてしまうから
そういう眼で見てしまうのかもしれませんが、深くやわらなくない
そんな感じを受けます。
あやふやでわからないですよね、スミマセン。ぺこり


来週通院予定です。
やることはレントゲンを撮影し、肺転移、他への転移、進行を確認するだけです。
19日に抗生剤をいただきに伺った際に、先生にはすでにお伝えしてありました。
次回の検査で転移が広がっていたら、効くかどうかはわからないけれどステロイドを
飲ませ始めるかもしれないということを。
先生もそれは全然OKだとおっしゃってくださっています。
幸いナオミは今のところまだ経口薬でも飲ませられるので、とりあえずは経口薬で。
そしてゆくゆくは注射薬でも分けていただけるようにお願いしてあります。

ホントは、ホモトキでデトックスもしているしステロイドは最後まで使いたくないのが
心情です。
でも、効けば万々歳だし、効かなくても食欲が出てくれれば・・・と思うことは、
病気の子を看取ってきた方なら私の気持ちも分かっていただけるかしら。

今朝、上記のことを説明した上で相方に相談しました。
3つ方法があって
①予定通り来週通院する
②月火は先生がお休みなので、今日(日曜で激混みだけど)連れて行く
③連れて行かない

相方は、連れて行ってもレントゲン撮るだけなら必要なものだけ
もらってくればいいのでは?ということでした。
私は次だけ連れて行って、もし進行していることがわかったら
それを最後にしようと決めていました。
なので、どうしようか悩んでいます。

何か具体的な臨床症状があり、それに対する効果的な対症療法が
あるのであれば連れて行くことにためらいはありません。
でも、レントゲンを撮って進行していることがわかっても、化学療法を
しないのであればやれることは病院ではありません。
もっとご飯を食べなくなり、脱水したりして栄養を補給させる必要が
出てきたときは、私は自宅点滴をする予定にしています。
病院でお願いするときは、よっぽどのことがない限りお預けすることは
しないつもりですから。
腹水や胸水が溜まってきたら、そのときは当然病院で抜いてもらったり
しなければなりませんが。
ストレスをできる限り軽減する、それだ第一優先です。
そのために私は何でもします。
私のできることでナオミが少しでも快適に過ごせるのならば、なんだって
なんだってします。
でも、躍起になって空回りし、ナオミに反対に圧迫感を与えやしないかと
それもまた心配でもありますが・・・。



こういう状態ってホント判断に迷います。
食欲廃絶しているわけではなく量は減っていても食べてくれているときや、
そこそこ元気はあるけれどなんとなく覇気が感じられなくなったとき。
そして、そういう状態で通院しても、やれることがないときです。
悩みます・・・。



こういう状態を感じてから、自分の中ではもう近いのかなと思っています。
やまだのときもホントそうだったんです。
なんかおかしいな、と感じてからあっという間でした。
今の状態が、ただの夏バテなのならと思っている自分もいます。
でも、それは自分の願望でしかないような気がします・・・



タロウのときは現実を受け止めることができたけれど、ナオミの場合は
どうやらだめかもしれません・・・。
なんかそんな気がするし、わかるんです、自分が。















こういう状態になってまで、ダイエットさせたほうがいいという
考えを私は理解できないと思います。
ナオミは大きいです。
肥満です。
でも、平均体重って必ずしもみんなに当てはまりませんよね。
ナオミは、生まれた瞬間から私は見ているわけですけど、
それはそれは大きな赤ちゃんだったんです。
生まれたときからスーちゃんの倍あったんです。

痩せたほうが体が必要な酸素量も減るでしょうし、楽に
なれるということはわかります。
でも、これだけ大きな体の子が食べない時間が長くなって
肝臓への影響を心配しないでいられるわけがありません。
そうでなくても、もう旅立ちへの準備段階なのだとしたら
食べないままそのままでいられるほど私はやわじゃないし、
食べない、痩せる、栄養不足、臓器への影響、脱水、気持ち悪い、
苦しんで死んでいく・・・
そんな末路は歩かせたくありません。

最後まで美味しく穏やかに
それが最大の願いであり、一番難しい夢でもあります・・・。

あるがままを受け入れる
ホメの先生はそういうスタンスです。
ボムボムにしろ、タロウにしろ、そしてナオミにしろですが、
こういう風に食欲が減ってきて~という相談をすると、まず
いわれるのが無理に食べさせない、食べたい分だけを食べさせる、
元から体の大きな子だから多少食べなくても大丈夫、ダイエット
させて、と。

こんな状態でダイエットさせられるわけないじゃん

いつも思っていたことです。
でも、先生へは言えません。
なんかどこかで言いたくて書いてしまいました・・・。







スポンサーサイト

4 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/08/30 (Mon) 14:17 | REPLY |   

みぃ  

上の記事読んだ時、下のこっちの記事に気づきませんでした。

>こんな状態でダイエットさせられるわけないじゃん

ほんとにほんとにほんっとに同感です。
うちも身体が大きいし体重があるから、いつも云われます。

「嘔吐が多いんです。食欲が落ちてます。食べにくそうなんです」
そういう感じのことを云うと、必ず、
‘身体が大きい子で元々体重が多いから、気にするほど減っていないし、これを機会にダイエット’
体調崩してるって思ってるのに、ダイエットって云われても!ですよね・・・・。

実際、ナオミくんは肝臓に影響出ているのだし・・・・。
ここは踏ん張って、食べさせてあげてくださいね。
応援してますから!!!!

2010/08/31 (Tue) 18:51 | EDIT | REPLY |   

やまだのママ  

★鍵コメさんへ★
ご心配おかけしてます。
そして、メールもありがとうございました!
教えてくれた内容、とっても参考になりました^^
ちょうどですが、ダンデライオンとマリアアザミを
のサプリを調べているところだったんです。
ナイスなタイミングでした。
またお返事しますね。
取り急ぎのお返事でゴメンナサイ。ぺこり

2010/08/31 (Tue) 21:33 | REPLY |   

やまだのママ  

★みぃさんへ★
またまたありがとうございます。ぺこり

担当の先生からは、真逆のこといわれました。笑
ナオミくらい大きな子は今は普通ですよ~って。
それに、やはり骨格もしっかりしているから
全然ナオミが異常なのではないって。
でも、たぶん私がこんな質問したからかな。
「肺転移がわかってからこの1ヶ月間に美味しい物を
たくさんあげた私のせいですよね」って。
若い先生なのに、きっとすごい気を使って言葉を
かけてくれたんだと思います。

太ってることが諸悪の根源みたいにいわれると、
なんかすごい返答に困りますよね。
私はいつもそうなんです。
それにね・・・
ま、他にもちょっと書きたいことがあるんですが
それはまた別の機会に。。。

カリカリも食べてくれています^^
昨夜、夜中にカリカリ聞こえてそっと見たら
ナオミが食べていました。
なんか嬉しくて実は涙が出てしまいました。。。
今日もカンカンを朝晩わりとたくさん食べてくれてます。
でも、全然足りないので強制給仕もしています。
液体がいいのか、ペースト状がいいのか、ゆるいのが
いいのか固目がいいのか、まだナオミの好みを把握
できていないので試行錯誤していますが、頑張ります!
輸液は、思ったよりもできてます。
ラインで一気にできるようになったので、とても楽です。
とりあえず食べる量を見ながら、輸液も継続しながら
やってみますね。
いつもありがとうございます^^

2010/08/31 (Tue) 21:48 | REPLY |   

Leave a comment