やまだのお部屋

ARTICLE PAGE

ナオミ 手術当日~6月中の経過 まとめ

今日は、ナオミが手術をしてから2度目の外出をしました^^
1度目は先週ニトリにクッションを買いに行ったときです。笑
相方にお留守番を頼んだので行けました。
今日は素敵なプレゼントをいただきにちょっとお出かけ♪
そのことはまた今度ご紹介したいと思います^^


今週15日(木)でナオミが先月手術をしてからちょうど1ヶ月になります。
なかなか思うように時間がとれなくて、手術後からの経過を書けませんでしたが、
今日は6月中のことだけサラッと簡単になりますがまとめたいと思います。



6月15日(火) 当日のナオミ
病院へ行く直前です。
術前最後の全体写真・・・
どのくらいの切除になるのかわかりませんでしたが、この皮膚・柄・・・の
ままの最後のお写真です。
実際にはほとんど黒い部分だけの切除だったようなのでほとんど変わっては
いないんですが、それでもなんだかいろいろ思ってしまいました。。。



車中のナオミ
車中で・・・
いつもはこのトラベルキャリーには入れていませんが、術後はきっと
エリカラをつけられているだろうと予想し、通常のキャリーバッグではなく
こちらにしました。

このトラベルキャリーは、みんなを2匹ずつ一緒に入れてワクチンを打ちに
毎年連れて行くときや、茅ヶ崎→山口→福島→茅ヶ崎と引越しの際にも
とても重宝して使っていました。

でも、ここ数年ワクチンももう止めていましたし、引越しももちろんなかったので
活用の場がありませんでした。
場所をとるけど、保管しておいてよかったです^^



ここから先は術後、帰宅してからの様子になります。

今までちゃんとナオミの全体像を載せていませんでした。
術痕、切除範囲など・・・。
悩みました。
それは、やはり載せないほうがいいのではないか、と。
相方に相談しました。
同じ腫瘍などで切除手術を受けようと考えている方がいたとしたら、
やはり載せてあげるほうがいいんじゃない?ということで載せます。

でも、やはりそこは見たくない方だって当然いらっしゃると思いますので、
ここから先は追記に記したいと思います。

※切除した箇所のお写真などありますので、苦手な方は
 追記を見ないでください。





















お迎えは17時の予定でしたが、15分も早く着いてしまいました。苦笑
玄関に入り、キャリーのドアを開けると一目散に向かった先は・・・
帰宅後いきなりかいっ!
そう、真っ先にご飯でした^^
前日0時から絶食していたんですから、お腹も空きますよね。
先生からは少しずつあげて吐いたりしなければ普通にあげてもOKと聞いていて、
だけどさすがにすぐは食べないよなぁ・・・と思っていたらこの通り。笑
すごい拍子抜けしました。

結構大きく毛刈りしていますよね・・・
切除範囲もキチンと載せるのはこれが初めてです。

ご飯を食べているとスーちゃんにクンクンされ・・・
帰宅直後


思いっきりフレーメンされました。
そして・・・このときから10日あまり、スーちゃんとドリルはナオミのことを
まるで得体のしれない物体!を見るように接するようになりました。泣
ナオミを見ると逃げる、影からソォ~とのぞく・・・そんな毎日でした。
でも、当のナオミはというと、全然おかまいなしに普段どおりでした^^
スーちゃんにフレーメンされちゃった


一通りご飯を食べ、おトイレに入り、一息ついたところです^^
食後少し落ち着いた?



そして翌日の術痕
手術翌日の術痕
だいたいの感じはこれで十分伝わると思いますがいかがでしょうか。
見ているお写真だけだとすごい痛々しいですよね・・・
私だってもちろんそうです。


こんな風に術痕を床につけちゃったりしても・・・大丈夫なの?って
少しヒヤヒヤしていました。
本猫はへっちゃらみたいでほ~んと普通だったんですよ。苦笑
傷口痛くないのかな・・・




ここから3枚は何も言葉はいりませんね。笑
いくか?

シュタッ!

なんとかジャンプ成功!
こんなに大きくてもジャンプは問題ありません^^



そして、これはやっとドリルがナオミに平常通りに接するようになった日です^^
こうして一緒に寝ていました♪
あー安心安心。
やっとドリルも平常通りになった日






ホントは、術痕の毎日の変化を載せようと当初は思っていました。
でも、2日目からだんだんしょう液?なのかな?体液が傷口から出てくるようになり、
そこに血が混じったものが5日ほどずっと出てきていて、それが乾燥し固まってきて
カサペタになっていったわけですが、術後すぐの術痕よりもおそらく見て気持ちの
いい画像ではなくて・・・
なので経過としては不十分なものになってしまいますが、載せるのはひかえました。
でも、最終的にカサペタがきれいに取れはじめたところからは、また別途7月中からの
経過を書くときに載せたいと思います。







スポンサーサイト

4 Comments

まめぽん  

小さな身体にこんな大きな術痕・・・
痛々しいですねi-241
でもナオミちゃんが元気なので安心
キレイになっていく傷をみると
もっと安心できます^^

2010/07/15 (Thu) 03:22 | REPLY |   

ジュリママ  

うわ~~~っ!

想像していた以上の傷跡でびっくり・・・。
獣医さんの「病根残してなるものか」という
すごい意気込みを感じちゃいますねえ。
良く頑張りました!ナオミちゃん、えらい!!

この傷で即日ごはんを食べるという根性も気に入った(笑)

やまだのママさんの手作りの洋服、かわいいですねえ。
愛情がヒシヒシ。

ナオミちゃんの元気になった姿を見ると
ああ、福ちゃんも手術してあげれば良かったと思ってしまいます(泣)
決断がつかなかったんですよね・・・。

やまだのママさん、ナオミちゃんの手術の選択、
正解だったと思うv-10

早く元通りの背中になるといいですね(笑)
お大事にね、ナオミちゃん。

2010/07/15 (Thu) 10:00 | EDIT | REPLY |   

やまだのママ  

★まめぽんさんへ★
お返事遅くなりごめんなさい。ぺこり
ホントね・・・痛々しいです。
だけど、本猫はとっても元気でへっちゃらなんですよ^^
それだけが救いです。
もう毛の生えてきたので、大分安心して?見られるようになりました。

2010/07/17 (Sat) 19:34 | REPLY |   

やまだのママ  

★ジュリママさんへ★
そちらへコメント残せないのにお越しいただきありがとうございます。ぺこり

昨日更新した記事と相反するのかもしれませんが・・・
手術、やってよかったのか分からなくなりました。。。
後悔しても仕方がないけど、どうしても思っちゃいますね。

正解なんて1つじゃないと思いますよ^^
あの時の福ちゃんへの選択は、それが大正解だったのは
間違いありませんから^^
それに決断なんて早々できるものじゃありませんもん。
私だって何ヶ月かかってんだか・・・
結果がこうなってしまったし。

2010/07/17 (Sat) 19:38 | REPLY |   

Leave a comment