やまだのお部屋

ARTICLE PAGE

ご協力お願いします。


今日は皆さんへのお願いの記事です。
どうかみなさんの力で決して許すことのできない
動物虐待の署名にご協力くださいませ。


虐待



<以下サイトから抜粋>
----------------------------------------------------------------
2007年10月、自宅のベランダに入ってきた子猫を
ユニットバス形式の浴室に連れ込み虐殺したとして
一人の男が動物愛護法違反容疑で逮捕されました。
殺された子猫は容疑者に後ろ脚を掴まれ壁や床に
叩きつけられ頭と前足の骨を折り死亡しました。
白と黒のまだら模様で生後2-3ヶ月600gの子猫でした。
同容疑者の自宅周囲では2007年2月ごろから不審な
猫の死骸が相次いで見つかっており、目白署が
設置していたビデオカメラに猫の死体を隣家の庭に
捨てる様子が写っていたことが同容疑者の逮捕の
決め手となりました。

同容疑者は「人になぐられたトラウマ」が猫虐殺の理由と
供述しています。
自宅付近から離れた場所へまで赴き複数の猫を拉致して
虐殺しています。

護摩ちゃんは犠牲になった子の中の一匹です。
同年8月の初めに行方不明になり、飼い主さんが必死に
探していました。
他に犠牲になったのは白黒の大きな子1匹、黒虎の大きい子
数匹、茶虎の大きい子1匹…
10月24日時点で警察が遺体を確認できた数が7・8匹 でした。
犠牲はまだまだいるのかもしれません。

----------------------------------------------------------------



■ 嘆願書内容の概要 ■
この嘆願書は単に「厳罰を求める」というものでは
ありません。
トラウマや精神疾患が犯行の原因になるなら、しかるべき
治療を行わせて欲しいという願いを込めています。
もし治療が必要ならば、ただ処罰するだけでなく治療を
受ける事まで言及しなければ、これまで容疑者が複数の
命を連続して奪っている事を考えると、再犯の可能性も
否定できないからです。

嘆願内容にご賛同戴ける方はPDFファイルをダウンロードし
ご記入の上ご送付戴くか、WEB署名(HN不可)にて
ご協力お願いします。



期日は2008年1月15日です



WEB署名が簡単ですしそんなにお手間はかかりません。
どうかどうかみなさんの1分を署名のために使ってください。

どうぞよろしくお願いいたします。




ランキングボタン
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
1日1ポチ応援クリックしていただけると嬉しいです♪
よろしくお願いします~♪♪♪
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment