やまだのお部屋

ARTICLE PAGE

スーちゃん 眼のしこり① ニードルバイオプシーのこと

またまた更新が滞ってしまいゴメンナサイ。ぺこり
いろいろ考えていたことがあって・・・
私は、何か考えたいこと・考えないといけないことがあると、どうしてもブログの記事を
書くことができないみたいです。
そればっかり気になって他のことが考えられなくなってしまうんです、きっと。
これからもまたプチ放置状態になることがあると思いますが見捨てないでくださいね~笑



今日のスーちゃん3

今日は以前から何度かチラッとだけ書いたことがある、スーちゃんの眼のことを
書きたいと思います。

スーちゃんの左眼、目頭の付け根辺りに小さなしこりを見つけたのが半年ほど前のことです。
最初は1mmくらいの小さなものでした。
よ~く見ないと分からないくらいだったと思います。
(相方にいってもわからなかったくらいですから。苦笑)
昨年12月、先生に一度診ていただきましたがとりあえず大きくなるか様子見ということに
なりました。
今年に入り、1月・・・2月・・・月日が経つと、大きくなったり小さくなったり、ポコンと盛り上がって
きたり、平坦になったりを繰り返すようになりました。
2月の終わりころから私は不安になり始めました。
そして自分なりにいろいろ調べたり、お友達に相談したりもしました。
専門書も買ってみました。
その間も先生に相談したりもしました。
知れば知るほど怖くなりました。

「バイオプシーしてみたらいいじゃない?」

と思われる方もいらっしゃると思います。
当然です。

だけど私は悩みました。。。

もしこれが悪いもの(悪性腫瘍)だったとしたら、治療方針はどうなるのだろうか?
バイオプシーで分かる範囲の結果は限られています。
悪いものかそうでないのか、脂肪腫か肥満細胞腫か・・・などです。
悪いものだったとして、その腫瘍の種類によって治療方法の選択は変わってきますが、
◇外科的切除(できるのかできないのか)
◇放射線治療(できる場所が限られている、近場だと麻布獣医辺り)
◇化学療法(抗がん剤 有効な腫瘍は限られている。)

代表的な治療方法はこの3つだと思います。
ただし、抗がん剤治療はリンパ腫にはとても効果的ということがわかっていますが、
他の腫瘍に対してはリンパ腫ほど効果は期待できないかもしれません・・・。

悩んでいることの一番の問題は場所です。

かかりつけの病院の先生のところでできる検査はニードルバイオプシーまでです。
注射針を刺しての検査です。
その結果悪いものだという可能性が高い場合、通常は病理組織検査するための細胞の
採取をしなければなりません。
でも・・・眼というところはとても難しい場所で、おいそれと簡単にできるものではないんだそうです。
ですから、かかりつけの先生はそれ以降の検査については麻布獣医の信田先生のところで
したほうがいいというお話なのです。

私は、かかりつけの先生のところでできるなら・・・と思っていました。
先生を信用しているし、先生ならいつも一緒にいさせてくれるから・・・
もしものときもそばについててあげられるから・・・

大学病院では、どうしても多くの先生方にかこまれ、いじられ、言葉が悪いですが
モルモットのようにされてしまうイメージが強くって・・・
もちろん、そういうことが獣医師を育てるのだろうし、獣医療を進歩させる手助けに
なるのは重々承知しているつもりです。
だけど私は預けっぱなしの検査や治療は望むことができません・・・
私のわがままなのでしょうか、やはり。


今日のスーちゃん


私は、悪性腫瘍だった場合のことを想像しました。

Q. 外科的切除が有効な腫瘍だった場合、私はするだろうか?
A. いいえ、しないと思います。

  それはなぜか?
  通常、腫瘍の切除は腫瘍だけを切除すればいいわけではなく、マージンといって
  腫瘍を含む大きな範囲を切除しなければなりません。
  スーちゃんの場合を考えると、マージンを取るとなると眼そのものまで範囲内に
  入ってしまいます。
  お腹などのように皮膚に余裕があって引っ張ってくることもできない場所です。
  とすると眼球を取り除くのでしょうか・・・?
  勝手な想像でしかありませんが、もしそうだったとしたら私はやはり選択できないと思います。

Q. 放射線治療が有効だった場合、私は麻布獣医まで定期的に通うだろうか?
A. いいえ、私はしないと思います。

  それはなぜか?
  上で述べたように、預けっぱなしの治療を私は望まないから・・・です。
  しかも、12歳という年齢も加味すると、そんな頻繁に全身麻酔(放射線治療は全身麻酔が
  必須です)をするリスクを考えるだけで怖くなります。

Q. 他の凍結切除などを含む治療が有効な場合、私はするだろうか?
A. かかりつけの先生の元でなら検討するかもしれない。

  だけど、高度な医療技術を要することを考えると、おそらく麻布獣医でなければできない
  かもしれない。
  そうするとこれもまた私は選択しないかもしれない。。。


※あくまでもこれは現段階で思うことなので、今後また変わる可能性は大いにあります。


今日のスーちゃん2

そうすると、私はスーちゃんのために確定診断を取る必要性があるのかわかりません。

スーちゃん自身はどうして欲しいのか・・・これが一番知りたいことです。
でもスーちゃんは話せない、私がスーちゃんの代わりに考え選択し、決めなければなりません。
それはすなわち、スーちゃんの命を私が左右するということです。
大きな責任です・・・とても大きな・・・。
私の勝手な都合で決めることなんて・・・でも結果的にはそうなるのかもしれませんよね・・・。

スーちゃんは何を望んでいるのでしょうか。。。



悪性腫瘍と決まったわけではもちろんありません。
だけど私は・・・きっと何か悪いもののような気がしてなりません。
眼の腫瘍は悪性腫瘍の可能性がとても高いそうです。。。
仮に悪性腫瘍であったとしたら、私はリンパ腫であってくれたらと願ったりもしてしまうのです。
それはやはり抗がん剤にとてもよく反応してくれるから・・・です。
他の腫瘍であったなら、上記に書いたことからも私はきっと何も選択できないかもしれません。
何もしないことが治療を放棄することにも繋がりかねません。
悪性腫瘍だったらどうしたらいいのでしょうか・・・?
皆さんならどうされますか。
やはり最善の治療を望み、外科的切除や放射線治療しか効果的な治療方法がなかったと
しても選択しますか?
酷な質問ですね、スイマセン。
一言で簡単に答えられる内容でないことは承知しています。
だけど、この私の疑問や不安に率直な意見をお聞かせいただけると大変嬉しいのです。
どんな些細なことだってかまいません。
私だったらこうするかも?というご意見をお聞かせいただければと思います。ぺこり




明日(というか今日になっちゃいました)、スーちゃんと病院に朝一で行ってきます。


先生に見ていただいてからになりますが、必要と判断されたならバイオプシーを
してくるつもりです。
病理組織検査をするための細胞採取については、まだ本当に今必要なのかどうか
私には決められないのですが、ニードルバイオプシーで分かる範囲内の結果だけでも
今知っておいたほうがいいのではないかと思うようになったからです。
それと、以前のように小さなままだったら全身麻酔の元でないと誤って眼を刺してしまう
恐れがあったわけですが、今のように盛り上がって少し大きくなっているなら、補ていをして
スーちゃんが暴れなければ麻酔をせずに針を刺していただけるといわれたからです。
スーちゃんが暴れてしまうようなら麻酔は当然しなければならないわけですが・・・。
麻酔のリスクも心配なので、できることならしないでできることを切に願います。


どうかどうかバイオプシーで分かる範囲内のものであって欲しい。
そして悪いものではありませんように・・・
どうかどうかお願いです。
皆さんも祈ってください。
スーちゃんの検査が無事終わり、悪いものでありませんようにと。。。



長々と書いてしまいました。。。
最後まで読んでくださった方がいらっしゃるか分かりませんが、もしも読んでくださった方が
いらっしゃいましたらありがとうございました。ぺこり
そしてお疲れ様でした。


今晩は眠れそうにありません。。。。
ってもう2時40分!?ひえぇ~~~苦笑



応援クリックしていただけるととっても嬉しいのです^^




スポンサーサイト

14 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009/04/17 (Fri) 03:42 | REPLY |   

みぃ  

病院にもう行かれたでしょうか。
バイオプシー検査をするようなら、麻酔なしでできていますように。
難しい治療が必要なものじゃありませんように。

私も、悩んだままです。
冬の肥満細胞腫の方。ここで断尾を拒否して、取り残しが出てしまって、もし内臓で再発したりしたら絶対後悔するだろうけど、これまで5年ぐらい普通に過ごしてきてたものを、断尾までして取らなくちゃいけないの?って。
判ったからって、選べるとは限らないんですよね・・・。
<いずれ切除はしてもらうつもりですが

メールでも書きましたが、悪いものだったら何もしないなら、検査でストレスをかける必要もないかもって思うけれど、
‘それ’が‘何’なのか知って、これから暮らしていくことも大切なことかもしれないって思ったり。

まずは、今日、‘悪いものじゃない’って簡単に判っちゃいますように!
それが一番!

****
↓のお話ですが、この辺、総合病院が遠くて、初診の対処とかも考えると、まずは近所の開業医になっちゃうんです。なので、大体は、その開業医に電話して、「こういう症状なんですけど、そちらで診てもらえますか?」って聞きます(^^;

あと、バラ。
うちのはミニバラですが、これからの季節、凄く怖いです。去年、大変でした・・・。ハダニとか、気持ち悪いんですよー。私も小さい虫系、物凄く嫌いで(>_<)
仕方ないので、カダンセーフとかいう食品原料から作られた殺虫剤を時々使っちゃいます。
8階でこうなので、1階だともっと虫とか来ちゃうかもですね(T_T)

2009/04/17 (Fri) 09:37 | EDIT | REPLY |   

ちびんた  

ママさん、おはようです。
昨晩は疲れてメールできませんでした。
ごめんなさい。

常々、ママさんの考えは聞いてるし、ママさんは本当に素直にブログを書いてるんだな~って思います。
治療については その人その人で考えが違うけど、昨日ホメの先生と そういう話をしました。有意義な話でした。
スーちゃんもそうだけど、言葉を話してくれないから、人間が考えなくっちゃいけない。
迷い、悩み 決断をしなくっちゃいけない。
厳しいですよね、これって。。。

今頃行ってるのかしら?

悪いものでない事を切に願います。

私は放射線を選んだけど、麻布はやめました。何回もやらなくてはいけないそうです。
今日 夕方病院に行くので、その時にスケジュールがわかります。
また報告しますね。

2009/04/17 (Fri) 09:55 | EDIT | REPLY |   

ヤムヤムママ  

ママさん ママさんの気持ちを考えると確かに記事を書いている場合ではないです。
検査結果が怖いし でも知らないわけには行きません。
でもどんな治療の選択でも ママさんがスーちゃんのことを思ってのことです、それが一番大事なことだと思います。

2009/04/17 (Fri) 13:24 | REPLY |   

まめぽん  

病院からお帰りになっているでしょうか?
私は・・・
たぶんママさんと同じで
麻酔にも抵抗があり ましてや
何回も通院したり預けたりという選択は
できないかもしれませんし
きっと誰にどう言われてもどの選択も
納得して決めることはできないと思います
なのでただただバイオプシーの結果が
良いものであることを願っています

2009/04/17 (Fri) 16:28 | REPLY |   

きなこママ  

やまだのママちゃん・・・・
やまだのママちゃん・・・って何度も心の中で呼んでいました。最後まできっちりやまだのママちゃんの今の思いを読みました。
やまだのママちゃん、スーちゃんと12年15日かな・・一緒にいたのは。
スーちゃんはね、やまだのママちゃんの子になった瞬間から何もかも、身をゆだねていますよ。ママが決めて、スーちゃんの事だけを思ってやってくれた事は、スーちゃんにとって嬉しい事。物言えない子だから、スーちゃんを身近で見てきて一番知っているやまだのママちゃんと相方さんと決めればいいね。スーちゃんはちゃんとどんな状況になっても受け入れてくれると思うよ。
ママもね・・・2回の手術をやってきた15歳の
ちびの事を今心が揺らいでいます。
生きててほしい気持ちと、高齢で3kもない体を3回もメスいれられる事への抵抗と・・・
頭の中は交差しています。
でも・・・・ママも、やまだのママちゃんも思いは一つ。生きてて欲しい・・生かせてあげたい
そうだよね。だから・・苦しいね。。
書いていて涙でてきました・・やまだのママちゃん・・・苦しいね・・
ただただ良性であることを祈ってます。

2009/04/18 (Sat) 21:43 | EDIT | REPLY |   

ジュリママ  

ああ、去年私が悩んでいたこと・・・難しい問題ですよね、ほんとに。
私の場合ですが、大学病院に行ったり、
入院させたりという選択肢は一切ありません。
治療は、町の獣医さんの手の届く範囲までって決めているんです。

過去に、過剰医療で辛い思いをさせてしまった子たちが何にゃんもいるので、
同じような思いをさせたくない、後悔をしたくない・・・そんな思いでいっぱい。

フクのことも、最後の通院の日に診察台の上で震えていたのが、
未だに後悔として残ってしまっています。不安だったのだろうと思います。
辛い体だったろうに、無理やり何枚もレントゲンを撮られ、
口を思い切りあけされられ・・・。
暖かい布団の上で、そっと抱きしめてあげていればよかったと。

この間新聞で読んだのですが、
ガンで余命3ヶ月と言われた方が一切の治療をやめ、
代替療法で10年生きたという話が載っていました。
ママさんなら、きっといろいろな代替療法を勉強されるでしょうから、
それもありのような気がしてなりません。

スーちゃんの安心した寝顔を見ていると、
腫れが良性のものでありますようにと、願わずにはいられませんね。
参考にもなりませんが、やまだのママさんがんばれのつもりで・・・。

2009/04/19 (Sun) 10:19 | EDIT | REPLY |   

やまだのママ  

★鍵コメさんへ★
お返事大変遅くなってしまいました。ぺこり
この前も言いましたが、記事を書いて朝になり、
そして病院へ行くまでの間に誰かコメントしてくれたら嬉しいなって
思いながら更新しました。
だけど時間も時間だったので(苦笑)、きっと無理だろうなぁと
思っていたんですよ。
それなのに鍵コメさんから入っていてすごい嬉しかったです!
また、私が悩んでいたことをそのままストレートに答えてくれたこと
本当に感謝しています。ぺこり
今回のことできっと私がウジウジ野郎だってことがわかっちゃいましたね。笑
またこれからもきっとこんなことが起こると思いますが、
そのときはガツンといってくださいね^^
ありがとうございました。

2009/04/19 (Sun) 20:30 | REPLY |   

やまだのママ  

★みぃさんへ★
またもやお返事遅くなってゴメンナサイ。ぺこり

ご心配おかけしてしまいました。
結果の記事を書いたとおりなんですが、麻酔ナシでなんでもなく
普通にできちゃいました。
なんだか自分だけ一人うじうじ悩んで、取り越し苦労だったのかも
しれません。。。

みぃさんがお書きになっているように、5年もそのままで何もなかったのなら
無理に取ることってどうなんだろう?って私も思います。
先生にもチラっと聞いてみたんですが、同じことおっしゃっていました。
それこそ凍結切除とかでぽろっと取ることはだめなんでしょうかね。
断尾というのはう~ん・・・私だったら・・・やはり悩んで悩んで
もう少し先送りしちゃうと思いますが・・・。

何なのか知る必要って意味を、今回本当に実感したと思います。
頭でっかちになって考えすぎるところがご存知のように
私にはあるわけですが(苦笑)、でもやっぱりこれからも同じような
ことが起こればこうなってしまうかな・・・
進歩しないといわれそうだけど。。。

うわ~バラってやっぱり大変なんですね・・・
持ち家なんておそらく一生持てないかもしれないけど、
もし持てたらお庭でバラを育てるのが夢だったんです。
だけど・・・ヒトに聞いたり調べたりするほどゾッとしちゃいます。苦笑
ミニバラだと大きな毛虫とかはつかないのかな?
知人のお宅は毛虫だらけになるそうです・・・
箸でつまんで取るそうですが、私はそれすらできないです、絶対!

2009/04/19 (Sun) 20:42 | REPLY |   

やまだのママ  

★ちびんたさんへ★
こんばんは~
こちらこそお返事遅くなってゴメンナサイです。ぺこり

素直に書いてますか?笑
きっと話しているまんま書いてるからですよね^^
本当はきっと・・・見るヒトの立場になって書かないといけないのかも
しれませんよね。
ちびんたさんはちゃんとそういうのをわきまえて書かれているなぁって
いつも尊敬していますよ^^
私はそういう気配りとかがご存知のようにまったくできないヒトだから
思ったまんま、話したまんましか書けないんです。
気分を害されている方もきっといると思うんですけどね・・・苦笑

麻布は止めたんですね。
岐阜大でできる範囲内のことでマダリちゃんの治療が功を奏することを
願っていますからね!
明後日ですよね。
毎週大変だと思うけど、きっときっと良い結果がついてくるはずですからね!
頑張ってください。

2009/04/19 (Sun) 20:48 | REPLY |   

やまだのママ  

★ヤムヤムママさんへ★
お返事大変遅くなってゴメンナサイ。ぺこり

コメントしずらかったのではないですか?
それなのにカキコしてくださって本当にありがとうございました。
ママさんはたまにハッとさせられることを教えてもらいます。
そう、記事なんて書いている場合では本当はないんですよね。。。
まさにママさんがおっしゃる通るです。
結果の記事を書いたとおりですが、ほ~んとうに生きた心地がしない
一日でした。。。

2009/04/19 (Sun) 20:51 | REPLY |   

やまだのママ  

★まめぽんさんへ★
いつもながらお返事遅くなってゴメンナサイ。ぺこり

コメントしずらい記事にカキコしてくださって、本当にありがとうございました。
いろんなこと考えました、私も。
スーちゃんが12歳という年齢ではなかったとしたらどうだろうか?とか、
生きるか死ぬかという瀬戸際だったらどうか?とか・・・
想像の域を出ないけど、ホントいろいろ考えてしまいました。

ご心配おかけしましたが、結果の記事を書いたとおりです。
ほんと何はともあれよかったです^^

2009/04/19 (Sun) 20:54 | REPLY |   

やまだのママ  

★きなこママさんへ★
お返事遅くなってしまいました~ぺこり

あ~・・・ママさんも悩んでおられたんですね・・・。
ちびちゃん・・・しこりが再発してしまいましたか。。。
昨年から今度また切除手術したら3度目ですもんね。
確かにもう・・ってママさんが思われるのも無理ないと思います。
いつもママさんは前に前に進む選択をしてきたけど、
今回ばっかりは踏みとどまる選択も考えておられる。。。
きっと今も揺れているんでしょうね、心が。
でも、ママさんが書かれているように、ママさんが選択したことはきっと
ちびちゃんもわかってくれます。
私もそう信じていますからね!

2009/04/19 (Sun) 20:58 | REPLY |   

やまだのママ  

★ジュリママさんへ★
お返事遅くなってしまいました。ぺこり

とっても難しい問題ですよね。。。
ママさんがお書きになっているように、私も同じなんですよ。
だけど、こうも思います。
今の先生にお世話になっていなかったら、もしかしたらこんな風には
思わなかったかもしれません。
積極的な治療を優先する先生だったとしたらどうか?って思うんです。
まぁ、そんな先生だったらすでにお世話になりませんけどね。

過剰医療というのはどこまでのことなのか・・・
過剰医療だということが自分なりに分かるのには、
そういうツライ経験をされたことがないと分からないかもしれません。
でも、その子のことを思って精一杯のことをしてあげたいと思って
選択したことには違いありませんよね。

私は常々思うんです。
後悔の念というのは、やはりお世話になる先生とのコミュニケーションが
大きく左右するのではないかなぁと。
どんなに最先端の治療であったとしても、どんなに古い治療方法で
あったとしても、その先生と納得してその治療に向かっていき、
そして精一杯やっていくことができれば、後悔の念も
また違った感情に形を変えるのではないかなぁと思いました。
少なくとも私はそうでした。
だからこそ、やまだのことは後悔の念ばかりが今も残っています・・・。
フクちゃんのことは、そのときはママさんも本当に治してあげたい
一心だったからそういう選択になったのではないですか・・・。
フクちゃんはきっとそんなママさんの気持ちを分かっているはずですよ。

代替療法もいろいろ調べました・・・
だけど、ヒトとネコさんではまた違うんですよね。
さっきもヒトのがん治療の最先端みたいな番組を見ましたが
鼻の奥にできた腫瘍を放射線とは違うものを照射させることで
癌細胞が生きていけなくするようなことができるんだそうです。
もしこれがネコさん・・・スーちゃんの眼のしこりに代用できたらいいなぁと
思わずにはいられませんでした・・・。
ただ、保険がきかないとかで、ヒトの場合でも300万かかるそうです。。。
これが動物だったら・・・考えただけでゾッとします。
お金の話なんていやらしいですけどね。。。

2009/04/19 (Sun) 21:15 | REPLY |   

Leave a comment