やまだのお部屋

ARTICLE PAGE

エリスロポエチンはじめます。

ご報告が遅くなって申し訳ございませんでした。
心配して何度も来てくださったりメールをくださったり、本当に本当にありがとうございます。

(今日も長い記事です。記録なのでご興味のない方はスルー全然OKですからね^^)

行きの車内で・・・

まず、結果から先に・・・

エリスロポエチンをはじめることにしました。


何から書いたらいいんだろうか。
実は今日の検査の目的は貧血が進行しているかどうかを調べるだけではなく、もう一つあったんです。
それは、2月から減少し続けている血小板の正確な数値の確認でした。
ボムボムは、今の先生にお世話になる前の病院でたくさんの抗生剤やらお薬を処方されていました。
転院を機にそれらのお薬をすべて止めたんですが、前の病院での最後の血液検査では赤血球も
血小板もまったくもう作られていないといわれたんです・・・。
それが今の先生のところで初めて検査すると・・・すべてが正反対でした。
当然貧血の値(ヘマトクリット:PCV)も血小板も上昇していました。
塗沫標本上からは若い赤血球も血小板も十分確認できると教えてもらいました。
確実にそうだとはいえないかもしれないけど、少なくともたくさんのお薬の影響で赤血球も血小板も
減少していた可能性は多いにありました。

ボムボムは昨年膀胱炎症状に悩まされました。
細菌性膀胱炎ですから当然抗生剤のお世話になりました。
一週間投与し検査すると細菌反応が消えました。
そしてまた数日すると膀胱炎症状の再発・・・
その繰り返しでした。
再発するたびにとても苦しい症状に悩まされました。
一時はもうダメかもしれない・・・そう思ってしまうほど急変したことがありました。
当時使っていた抗生剤(バイトリル)には皮膚炎の副作用があります。
長い期間使用し続けた結果、ボムボムの右肩後ろよりにハゲができました。
そのハゲは今も完全には治りません。。。
もちろんならない子もいるでしょうが、ボムボムの身体には合わなかったようです。
ということで抗生剤のチェンジをしました。

2月からアンピシリンというお薬を使っています。
ただこの薬、腎臓への負担があります。
通常だと朝晩2回投与しなければいけないのですが、腎臓への負担を考えて一日一回だけの
投与をし続けていました。
本来なら細菌反応がなくなれば止めていいはずの抗生剤をなぜずっと続けているのか。
それはいろんなことを心配してなんです。

・元々ボムボムはウィルスも持っているため
・細菌反応がなくなって投与を止めるとすぐに再発すること数回。
 そのたびに大きな急変を乗り越えてきたものの、今の身体でもしまた再発したら・・・
 身体がおそらく持たないのではないか
・アンピシリンを使い始めてから一度も再発していない。

ということなどからずっと使っています。

今まで何度も何度もアンピシリンの継続使用に関しては先生と相談してきました。
先生も基本的には不要なお薬はできるだけ使いたくないというお考えです。
もちろん私もそうです。
ホメオパシーも取り入れてるわけですから尚更です。
止めたい・・・けど止めてまた再発して急変したら・・・う~んう~ん・・・
こんな風に何ヶ月も何度も先生と相談してきました。

先月の結果からまたもや減少している血小板・・・
このまま減少し続けたらどうなるのか?
血小板が ある程度の数値まで下がってしまったら、輸血するしかもう手段はありません。
腎性貧血における赤血球の減少にはエリスロポエチンという造血ホルモンのホルモン剤が
ありますが、血小板を増やしてくれるそのようなものはありません。

ではなぜ血小板がこんなにも減少し続けているのか?

これが問題です。
猫さんの血小板減少症というのは、本当に様々な原因があります。
先生から資料をいただきましたが、はっきりいって言葉が悪いですが「なんでもアリって感じ」
考えられるほとんどのことが原因かもしれなくて、一つに絞ることがとても難しいそうです。

ただ私は・・・どうしてもどうしても抗生剤の継続使用における副作用ではないかと思えて
仕方がなかったんです。
もちろんこのことはずっと前から先生とも話してきました。
血小板減少症の原因の中にも当然抗生剤使用のことはあります。
加えて最初のほうで書きましたが、以前の病院でたくさん処方されていた抗生剤をスパッと
止めたら上昇したヘマトやPlat(血小板)数値。

ホメの先生にも相談しました。
ホメの先生からは「造血作用に影響のある抗生剤を使い続けることに疑問もあるし、
今現在膀胱炎症状がないのであれば止めてはどうか?」というお話でした・・・。

私はまたもや悩みました。

もう一つ悩む大きな理由として、機械にかけた数値では確かにとても低いんですが、塗沫標本上
では血小板が十分に確認できている
という先生の所見です。
機械は機械・・・実際眼で見たもののほうが正しいはずです。
だけどだけど・・・う~ん・・・

2008年8月2日のボムボムの血球
(ペロンと細長いのが血小板だそうです)

先生のところにある検査の機械ですが、赤血球と血小板の大きさが同じ場合、赤血球として
カウントされてしまうそうです。
(血球の大きさで測る機械のため)
ということは・・・血小板があったとしても少なくカウントされてしまうということです。
ぶっちゃけ言えば、正確な数値は出ないということです。
そこで先生は、デモとして新しい機械を取り入れました。
新しい機械はQBCという血球を評価する機械で、血小板の数値がとても正確に測れるんだそうです。
今回の検査の目的はこの機械で測るためでもありました。(前置き長っ!苦笑)

先月の血小板数値が84000 (基準値300000~800000)
20000ぐらいになったらすぐにでも輸血しなければいけない数値だそうです・・・。
そう考えると・・・私的にはとても恐ろしい数値だと思っています。


そして今日のデモ機での数値は・・・・・ 197000 !!!

今までの機械の数値は・・・ 53000 !?

はぁ????んなバカな。 ← 正直な感想でした。苦笑

こんなに差が出るなんて・・・ビックリ、と~~~ってもビックリでした。
どちらが正しいか、それはもちろんデモ機のほうです。
機械が違うだけでこんなにも差が出るなんて、ぶっちゃけ今までの機械の判断というのが
そら怖くなってきます。
でも結局197000(このデモ機での基準値は175000~500000)もあるわけなので、抗生剤による
血小板減少ではなかったということ
と、不正確な数値が出る機械であったとしても先生がいつも
塗沫標本で直に眼で確認してくれていたことが正しかったということの証明です。
機械の数値よりも眼で見る診断、病院によっては機械でちゃちゃっと測定して終わりという
ところも少なくないそうですが、先生のように手間暇かかってもちゃんとこうしていつも塗沫標本で
確認してくれることは大事なんだなぁ~とまた改めて実感しました。


血小板のことだけでこんなに長くなってしまいました。スイマセン。
でもまだ貧血のことがあります。
記録なので記事を分けないで全部書きたいのでゴメンナサイ。




検査中のボムボム

先に書きましたがエリスロポエチンを投与しました。
今日からはじまりです。。。
週に3回続けていきます。
いつまでになるかは分かりません。
毎週ヘマト(PCV)のモニタリングをして30%を目標にということだと思いますが、効果がない場合は
どこで見切りをつけるのでしょうか・・・?
ヘマトの数値も血小板と同じように差がありました。

デモ機は ・・・ 12.9%   (基準値24.5%~45%)   

今までの機械は ・・・ 14.5% (基準値30%~45%) 

ただ、これに関してはデモ機で先月も調べたわけではないので、ひょっとしたら先月もデモ機と
同じ数値で今も変わりがないのかもしれませんし、本当に下がっているのかどうかは分かりません。
どちらにせよ正確な数値はデモ機のほうなので、今日からエリスロポエチン(造血ホルモン)を
はじめることにしました。

本当にボムボムが腎性貧血なのかどうかは分かりません。
でももう何もせずこのままただじっとしていられる数値ではないと思うんです。
本猫は身体が順応してしまったのか元気もあるしご飯も食べ楽しく過ごしています。
でも・・・それもこの先もっとヘマトが下がってしまったら続かないことは目に見えてます。
顕微鏡の写真を見て分かる方なら分かると思いますが、若い赤血球が・・・
若い赤血球がないということは作られていないということですもんね・・・はぁ・・・。
だから私は決めました。
どうかどうか効果がありますように・・・・神様、お願いだからボムボムを苦しめないで。。。。

次は9日(土)に先生がまた往診で採血してくださいます。
毎週モニタリングしなければいけないので先生にはまたご迷惑をおかけしてしまいます。
心苦しいなぁ・・・と思いつつ、ボムボムのストレスを重視してくれる先生に感謝感謝^^
今日もいろんなお話を聞かせていただき勉強になりました。
みんなに病気がなく、そして時間が許すならですが、先生の講義をずっと聞いていたいと
思いました。現実問題無理だけど。苦笑


帰宅後ボムボムは、どうやらお腹が空いていたようです。笑
いきなりスタコラ早歩きでご飯の場所に待機しました^^
出してあげたらガツガツ食べお水を飲み、今はまたもやキーボードの横でデデーンとお休み中♪
何か急変しないとも限らないので、しばらくは注意深く見守っていようと思います。


ボムボム本当にお疲れ様ね。いつもいつもおりこうさんでイイコだよ^^ゆっくり休んでね



最後まで読んでくださった方がいらっしゃったら本当にお疲れ様でした。
そして心からありがとうございます。ぺこり

今日は私もちょっと疲れてしまいました。
皆さまへのところへのご訪問はお休みさせてください。スイマセン。






スポンサーサイト

慢性腎不全 貧血 エリスロポエチン

16 Comments

ちびんた  

戻ってきて読み終わりました。
そして、夜、本を片手にもう一度読もうと思います。
ちゃんと理解できてないので。(恥ずかしいですけど)
とうとう 始めたんですね。
ママさんがずっと悩みに悩みぬいてた事でしたもんね。。。

そっか~、始めたんだ~ と言うのが
素直な感想です。
もっとちゃんと自分の頭で理解してから 
ママさんとお話したいな~って思います。

2008/08/02 (Sat) 18:26 | EDIT | REPLY |   

やまだのママ  

★ちびんたさんへ★
昨日も気にかけてくださってホントありがとうございます^^
お忙しい中、また今回も長い長い記事を読んでくださって嬉しいです。
自分のため、ボムボムのためと思って書いていても、
やはりこうした内容にコメをいただくのは嬉しいものです。
悩んで悩んだ結果、はじめました。。。
これで効果がなかったらと思うと本当はすごい怖いんですけどね。
またこの件についてお話できるのを楽しみにしていますね。
(ボクちゃんの夜鳴き昨夜も大変だったでしょう。
こちらはどうやら何か聞いているようですよ^^
夜鳴きはあれ以来していません)

2008/08/03 (Sun) 07:36 | REPLY |   

cuchiko  

ボムちゃん、ママさん、お疲れ様(ペコリ)
正直なところ、最後まで3回続けて読んでもどこまで理解出来ているか・・・(すんません)
でも、勉強熱心なママさんと頼り甲斐のある良心的な先生が選択された道・・・きっと、きっとボムちゃんにとって楽になれる道だと思うよ☆
祈ることと応援することしか出来ないけど、今日も明日も明後日もその先も、ずっとずっとエールを送り続けるね☆
頑張れボムちゃん、頑張れママさん☆

2008/08/03 (Sun) 10:04 | REPLY |   

momo  

ママさんは本当に良く勉強していますよね。
そして猫のことを一番に考え、真剣に病気と飼い主さんと向き合い、勉強を怠らない本当に素晴らしい先生に出会いましたね。
血小板数値とやらだって、そのまま機械の数値だけ見て判断しちゃうことって多いんじゃないですかね?
自分の目で見て、デモ機まで取り寄せてくれる先生がどれだけいるのでしょうね。
なんだかそれ1つとっても病院選びがいかに大切なのか・・・それで治療方法も変わっちゃうのかと思うと愕然としちゃいました。
そんな先生とママさんとで決めたことですもの。
ボムちゃんにとっていい結果がでるよう心から祈っています。
ボムちゃん、ママさん、いっぱい食べて元気に夏を乗り切ろうね!!

2008/08/03 (Sun) 12:12 | REPLY |   

あ〜ちゃん  

こんにちは。
昨日今日と繰り返して読みました。
1回では理解できない脳ミソです。
病院によって結果が違うってありますよね。
結果が違えばお薬や対応が変わってしまいます。
こちらの知識がなければ、その先生の言うとおりにするわけです。
ママさんみたいに沢山勉強をしていると、疑問を感じ、質問も出来ます。
私は前者^^;
昔誤診があってからは、ちょっとでも不安なことは聞くようにしてますけど・・・。

ママさんも頑張ってる。ボムボムちゃんもちっちゃな体で頑張ってるなぁと、いつも思います。
私は「良くなりますように」とか「頑張って」と応援することしか出来ないけど、イイ風がふいてくれると信じています。

2008/08/03 (Sun) 12:29 | REPLY |   

うめ  

あ~ごめんね~ 来るのが遅くなったよ~v-12
でもね夜に一回読んでたんですけどね^^;コメント書けなくて・・・ごめんね。
好き勝手書いちゃってからまたちょっと反省しました。(まったく何ども繰り返すなって感じだよね)
ママさん決めたんですね。悩んで、悩んでいたことを・・・いい方向に行くことを祈っています。
ボムボムちゃん、ママさんよく頑張りましたね。昨日はお疲れ様でした。
ボムボムちゃんの食欲がある内容にホッとしました。
またお弁当付けてどこかに行こうとしたかしら?^^
ママさんもにゃんずも食欲なくしちゃだめですよ。みんなでこの夏を乗り切りましょうね!!
v-22

2008/08/03 (Sun) 14:23 | REPLY |   

らん  

抗生剤(バイトリル)は、タイガの鼻詰まりに良く使っていました。
病院側は、飲ませ続けても大丈夫と言っていましたが、
悪い時にだけ飲ませていました。
やはり、クスリにリスクは、つきものなんですね。怖いです。
エリスロポエチン、上手く行きますように。。

2008/08/03 (Sun) 18:22 | REPLY |   

きなこママ  

やまだのママちゃんの好きなスーパー銭湯に行って今帰って来ました。
不謹慎な出だしかな。。。ママはやまだのママちゃんが疲れすぎないようにっていつも思ってます。
やまだのママちゃんにとってボムボムちゃんもタロウちゃんもそれから他の子(猫)もみんなカワイイ子どもだよね。
自分が身代わりになってあげたい・・・って言う気持ちでいるんじゃないかな。。子を持つ親の気持ちかなって思うよ。できることすべていいって言うことに賭けたいって気持ち・・・すごくわかります。
ココにやまだのママちゃんのとこになった子は幸せって思うよ。きちんとした治療してもらえて。ママは一つだけ心配な事あります。
やまだのママちゃん、結果や効果がどうであれ・・いいっと思ってやっていること・・やまだのママちゃん自分を責めないでね。

どんな形であれ・・やらないで後悔するより
やってみないと結果も効果もわからないけど
やらないで後悔するよりいいって思うよ。
ただただ・・・いい結果、いい方向にボムボムちゃんがいってくれるように祈るばかりです。
かわいいもんね・・・やまだのママちゃんにお子ども達だもんね・・体にだけは気をつけてね。大丈夫だよ。効いてくれるよ。信じていようね。。

2008/08/03 (Sun) 22:46 | EDIT | REPLY |   

るびー  

ママさん・・・そしてボムボムちゃん病院&検査お疲れさまでした。
デモ機の数値と今までの機械の数値の差にほんとにびっくりしてしまいました(;O;)アングリ!
こんなにも差が出るものなんですねー。
正直ビックリすぎて口がアングリしてしまいました。
正直こんだけ違うと怖いですね。
知らなかったり説明がなかったりすると、それがそのまま正しい数値だと思ってしまうと思いますもん。
そして今回もとても勉強になりました。
知っておいた方がいいひとは山のようにあるのでお話が聞けてよかったです。

ボムボムちゃん~エリスロポエチンはじめたのですね。
効果があることを本当に本当に祈ってます。
ボムボムちゃんはママさんが大好きなので側にいてあげてくださいね。

2008/08/04 (Mon) 14:56 | REPLY |   

やまだのママ  

★cuchikoさんへ★
お返事大変遅くなりました~ゴメンナサイ。ぺこり

最初この記事を書く前に、どういう風に書いたらいいんだろうか?と
考えたんですが、考えても書きたいことがいっぱいあって
分からなくなっちゃったんです。苦笑
だからもうこれは頭に浮かんだことそのまんま書くしかないかと
思ってこんなめちゃめちゃな文章になってしまいました~
ワケわかんなかったでしょ?スイマセン。苦笑
でも3回も読んでくださってホントにありがとうございます。ぺこり
なんとなくでもイメージが伝わってくれたようでそれだけで十分嬉しいですよ^^
私が頑固だから先生もすごい悩んでくれたと思うんですが
はじめることにしました。
どうかどうか効果が現れてくれますように・・・と願うばかりです。
祈って応援してくれてホントにありがとうございます。
本当の闘病が今はじまったんだと私思っているんです。。。
これからも応援よろしくお願いします!

2008/08/06 (Wed) 08:24 | REPLY |   

やまだのママ  

★momoさんへ★
お返事こんなに遅くなってしまいました~ゴメンナサイね。ぺこり

私が勉強しているんじゃなくて、先生が教えてくれるんですよ^^
それこそ1年前の自分を振り返ると・・・今と比べるとまったくの
無知そのものだったのよ。苦笑
今知っていることはほとんど知りませんでした。ほんとだよ、これ。
だからいつも書いているように思うのが、お世話になる先生によって
飼い主としての自分がこんなにも変わることができるんだってこと。
自分でいうのも変だけど、私は自分が求めていた方向に変化できたって
ことだと思うの。
だからこれがすべての飼い主さんたちに当てはまるわけじゃ
もちろんなくって、信頼する先生にすべておまかせしますってことも
全然アリだと思うの^^
私も本当に信頼している先生にお世話になっているけど
私の先生からは最初からこういわれていてね、
「お任せ飼い主さんはお断り」って。
ちゃんと理解した上で治療を行うってことがどれだけ大事かを
最初から今もそしてこれからもずっとずっと、教えてもらうんだと思うの。
私にはこのスタンスが捜し求めていたものなんだとはっきり今言えるかな^^

血小板のことね、ホントmomoさんが書いてくれたように
機械によってこんなにも変わってしまうんだよってことが伝わったなら
書いてよかったなぁって思いました^^
猫さんの血小板減少症はほんとに多いらしくてね、
ただ機械にかけた数値だけで減少症だと確定診断しがちだと
私も怖くなりました。
だから、もしこの記事を見てくださっているみなさんの中で
記事のことのような数値に触れられたとき、塗沫標本上では
本当にどうだったか、また機械の精度はどうなのかってことを
頭の隅っこにでも保存しておいてもらえたらなぁって思いました。
貧血も確かに怖いけど、血小板だってとても怖い数値なんだってことが
私も今回のことでよ~くわかりました。

いつもmomoさんにもたくさん応援してもらってありがとうね^^
今のところ大きな変化はないんだけど、どうかどうか効果がありますように
一緒にお祈りしてね!

2008/08/06 (Wed) 08:36 | REPLY |   

やまだのママ  

★あ~ちゃんへ★
お返事が大変遅くなっちゃいました~ゴメンナサイです。ぺこり

書く前にいろんなことを想像して順序立てて書こうと思ったんだけど
書きたいことがたくさんあってワケがわかんなくなっちゃったの。苦笑
だからもう思ったとおりに書くしかないかと思って書いたら
こんなにもワケがわかんない内容になっちゃた。笑
それなのに何度も読んでくださって本当にありがとうございます。ぺこり

病院によって、また複数の先生がいらっしゃる病院なら
先生によっても所見は違いますよね・・・
前の病院がまさにそうでした。
先生によっていうことが正反対だったりしたので、悩みましたよ・・・

私が疑問や不信を感じて勉強を始めたのではなくて、
先生が必要なことを勉強させてくれるんですよ^^
多くの場合かどうかわからないけど、疑問を感じたりして
病気のことを調べまくることのほうが多いと思うんですが
私は違います。
以前の病院ではまったく何もかも教えてもらえなくて、
質問したらイヤな顔をされたりもしました・・・。
その病院では何もかも獣医師が決めるのが当たり前なんだから
口出しするなってスタンスだったんです。
そんなこと言われたら確かに不信感がつのるじゃないですか。苦笑
教えてもらえないなら、じゃぁ自分で調べるしかないじゃんってなるわけです。
でもね、今の先生はまったく反対なの。
不信感とか疑問、先生の提案してくれる治療方針やお薬などなど
それらに対してはまったくありません。
でも、先生は自分で勝手に決めるのではなくて、一緒にいろんな可能性を
出し合いながら最善のことを選択していこうってスタンスなんです。
↑ momoさんのところでも書いたんですが、もちろん信頼する先生に
すべてお任せするっていうスタンスも当然アリだと思いますよ^^
それで先生との信頼関係が築けているということは、その先生にとっても
そういう飼い主さんのほうが合っているということなのではないでしょうか?
先生とのお付き合いの形もいろんなものがあって当たり前ですよね^^
私には今の先生が理想なんだと思います。

応援してもらえてホントに嬉しいです^^
きっとね、今まで以上にこれからは応援してもらうことが
多くなっちゃうかもしれません・・・。
この暑い暑い真夏をどうか無事に乗り越えられるように
応援してね!

2008/08/06 (Wed) 08:50 | REPLY |   

やまだのママ  

★うめさんへ★
お返事が大変遅くなりました~ゴメンナサイ。ぺこり

なんだかまたワケの分からないことをズラズラと書いてしまいました~苦笑
それなのに何度も読んでくださってありがとうございます。ぺこり
え~反省???
反省することなんてまったくないのですよ^^
むしろ私はいろんなことを書いて欲しいくらいです。
ここが分からないのとか、これってどういうことなの?とか
私だったらこうするかもってことなんかをジャンジャン書いて
欲しいくらいなんですよ^^
だからうめさんがこの前の叔父さまの話を書いてくれたときは
本当に嬉しかったし元気が出たし、励みになりました^^
だから反省なんて絶対しないでねぇ~♪

とうとう決めてはじめてしまいました。
まだ不安はありますが、それでもどうかどうか効果が現れますようにと
祈る毎日です。。。
と同時にドキドキの毎日でもあるんですけどね。
どうにか今日現在は大きな急変などなく、ご飯もぼちぼち食べて
今もキーボードの横でいつも通りスヤスヤしています^^
しばらくは毎週の検査になりますが、これで貧血が解消できたら
お安い御用ですもんね!
これからはいつも以上にブログの記事もダークな内容だったり
また無駄にダラダラと書いてしまうことが多くなると思いますが
そんなときも読むのが大変だと思うんで遠慮なくスルーしてもらって
かまいませんからね^^
これからが本当のボムボムの闘病記録なのかもしれませんから・・・。
いつも応援してくれてほんとにありがとう!

2008/08/06 (Wed) 08:58 | REPLY |   

やまだのママ  

★らんさんへ★
お返事が大変遅くなりゴメンナサイ。ぺこり

バイトリルですが、ボムボムの場合は注射薬だったんです。
だから皮膚への影響が顕著に出たのかもしれません。
経口薬だったらどうなのでしょうね?
でも、お薬に副作用がないものなんてありません。
飲ませないでいいに越したことはないはずですもんね。
継続使用が何かしらの影響を与える可能性だって
絶対ないとはいえないわけですし・・・。
左サイドバーにある”動物医薬品検査所”というサイトですが
そこでお薬のことを調べることが出来ますので参考になさってみては
どうでしょうか?
エポ・・・どうかどうか効果が出てくれますようにと毎日祈ってます。
応援してくださってありがとうございます^^

2008/08/06 (Wed) 09:03 | REPLY |   

やまだのママ  

★きなこママさんへ★
お返事が大変遅くなっちゃいました。ゴメンナサイ。ぺこり

スパ銭行かれたんですね^^
私もちゃ~んと行ってきましたよ。
だけどこの季節・・・露天風呂のほうに虫が出るのが難です。苦笑
それだけがネックです~~

私ね、ママさんのこのコメントを読んで涙が出ました。
> 結果や効果がどうであれ・・いいっと思ってやっていること・・
> やまだのママちゃん自分を責めないでね。
> どんな形であれ・・やらないで後悔するより
> やってみないと結果も効果もわからないけど
> やらないで後悔するよりいいって思うよ。

どんなことをどれだけしたって、私絶対後悔することは分かっているんです。
でもね、やっぱりやまだのときのことを思うと、何もできなかったことより
今ボムボムたちにこうしていろんな選択できるってことのほうが
なんて心が穏やかでいられるんだろうって思うんです。
それはもちろん病気の期間が長いからもあると思うんです。
病気と闘っている時間が長いということは、心の準備をする時間も
それだけ長いということなのかもしれません・・。
やまだのときはそんな時間がまったくありませんでした。
ほんとに台風のように現れてあっという間にやまだを連れ去ってしまいました。
だから私、今ボムボムやタロウが病気ですが、いつ何時最後のときを
迎えてしまうか分かりませんが、やまだのときよりもどこかこう・・・
一歩後ろからこの状況を見ている自分も実はいます。
これがもしかしたら人によっては、「冷たい人!」なんて
思われちゃうかもしれませんが・・・。
言いたいことがうまく文字に出来ません、私。
言葉って難しいですね・・・。
ママさんなら少しはわかってくれるかな。

2008/08/06 (Wed) 09:12 | REPLY |   

やまだのママ  

★るびーさんへ★
お返事遅くなってしまいました~ゴメンナサイ。ぺこり

mixiのほうでもコメありがとうね^^
るびーさんにはもう言葉はいらないかな。笑
病気のことも血小板のことも赤血球のことも何もかも
るびーさんはとってもよくご存知だもんね。
だから私のこのめちゃめちゃな記事でも、多少は?理解
してもらえて嬉しいです^^
機械の数値だけで血小板減少症と確定診断されたら怖いです、ほんとに。
今回のことでよ~く実感しました。
機械もいろんなものがあるんですね。
どうかこのデモ機が先生のところで正式導入されるのを祈るばかりです。
でもかなり高額みたいなので難しいかな。苦笑

エポ、とうとう始めました。
今のところ何か急変したりということはないんですが
いつ何時何が起こるかわからないのでヒヤヒヤドキドキの
毎日なんですよ、実は。
どうかどうか効果が現れてくれますように祈る毎日です。
るびーさんにもいつも応援してもらってほんとに嬉しいです!
これからもどうぞよろしくです。ぺこり

2008/08/06 (Wed) 09:19 | REPLY |   

Leave a comment