やまだのお部屋

ARTICLE PAGE

腫瘍認定医

病院に行くまでの毎日、ネットで情報収集している。
昨日掲示板で日本がん研究会の腫瘍認定医の存在を知った。
Ⅰ種とⅡ種の2種類があり、最初Ⅰ種を合格したらⅡ種を受けることができるらしい。
?種の合格者は全国で15人しかまだいない。
念のため私の住んでいる地域でいるのかどうか調べたら、なんと近くに?種と?種の資格を持っている先生が二人もいる病院が見つかった!
明日行こうと思っていた病院からこちらの病院に変更することにした。
変更したからといってここで手術などこれからもお世話になるかどうかはまだわからない。
それは先生との相性がこれから一番大切になってくるから。
旦那はいくら腫瘍認定医の資格を持っているからといって、正直30代後半の先生ではまだ臨床経験も浅いだろうからその辺が心配だという。
私もその辺は同じ意見だが、それでも病院選びという段階で何を基準に選べばいいか正直まったく分からない状況で、腫瘍のことを専門に学んできたという証拠として認定医なるものが存在するのだったらこれも一つの選択肢として考えるべきなのではないかと思う。
全国で15人しか取得していない資格を持っている先生が近くにいたということだってとても奇跡?に近いわけだし。

ただ、一つ問題がある。
昨日電話で少し聞いてみたら、その?種の資格を持っている先生が月・火休み!!
なんということだろう・・・
旦那は毎週火曜日が確実に休めるため、おそらくこれから先お世話になるとしたら火曜日にいくことが多くなるのは確実なのに・・・。
でも、検査などはもちろん火曜日でもできるということだったので明日は行く予定。
?種の資格を持っている先生はおられるということだったし、しょうがないよね。
最初行く予定にしていた病院よりはとても近いので、私がこれから先一人で通院などをすることを考えればこちらの病院のほうが断然いいのだが、あとは明日行ってみて話しを聞き、どれだけ好感・信用できそうかということだろう。
スポンサーサイト

乳腺腫瘍

0 Comments

Leave a comment