やまだのお部屋

ARTICLE PAGE

抜糸できた!

yamada-2220日(火)に予定通り抜糸完了。
少し化膿気味になっている部分があるので抗生剤をいただいた。
抜糸できたのでお洋服(サポーター)はもう着せないでいいんだよねぇ・・・と思っていたら、また着せられていた。
聞いてみると、まだ右脇のところからしょう液が出てくるのでもう少しそのままでということだった。
別に着せないでもいいそうだが、そうすると中の包帯をむしってしまうので家中にしょう液がばら撒かれて汚れて臭いですといわれた。
やまだがとてもストレスを感じているようなら私は家が汚れたって全然かまわないのだが、本人は思ったほど嫌がってもいないようで、むしろ今は自然にしている。
なので、しばらくは様子を見ながらということになった。
体重は6.0キロだった。(これからは毎週計ることになった)

yamada-21そして病理の検査結果が出ていた。
予想通り・・・の結果だった。
やはり悪性度が高く、他の入管内進展も否定できない状況で、また遠隔転移も否定できないということだった。
(後日検査結果をキチンと載せようと思う)
そう思うと、やまだと来年を迎えることができるかどうか・・・・。
本当に今でもジャンプしたり甘えたり、いつも通りのやまだなのに信じられない。
これから先もっと辛いことになると先生は話していたが、半分覚悟はできているけど半分はわからない。
色々な方の闘病記を読んで大方こうなるんだよなぁと分かるが、本当に今のやまだを見る限り信じられないし、信じたくない。
なぜ、どうしてやまだがこんな不治の病におかされてしまったのだろう・・・。
先生はこれはもう運命だと思ってというが、そんな運命なんてひどすぎると思う。
まだやっと10歳になったばかりだというのに。。。
悲観的なことばかり考えてしまうのが私の一番いけないところらしいから(旦那談)、手術は無事成功したのだしもっと前向きに頑張ろう。

それはそうと、AHCCとGCPだが中々飲んでくれない。
猫用ミルクに溶かしてあげると半分くらいは飲んでくれる日があるが、全部は程遠い。どうしたものかな・・・。
病院からシリンジをもらってきたが(タダでくれた)、やまだはナオミと違って口をあけるのをものすごく嫌がるかなぁ・・・。
でも毎日キチンとあげないと意味がないもんね、頑張るしかない。


そして今回はやまだと一緒にボムボムも連れて行った。
やはり顎の腫れと食欲が心配だから。
念のためレントゲンと血液検査をした。
腫瘍性の病気ではなかったので一安心し、そして白血病も発病しているわけではないそうだ。
口内炎が酷くて痛くて、ご飯を食べたいけど空気を飲み込んでしまうらしい。
腸の中に空気がたくさん溜まっているのがレントゲンで分かった。
これは相当痛いらしい・・・。
本当はステロイド剤は使いたくないのだけど、今はこの痛みを緩和させてあげてご飯を食べられるようにしてあげないといけないので、仕方なく注射をしてきた。
その効果は絶大で、翌日にはもりもりご飯を食べるようになり、以前みたいにギャーーと痛がるようなこともなくなった。
でも、これはステロイド剤で痛みを騙し騙しにしているだけで、治ってきているわけではないんだよね・・・と思うと、根本的にどうしてあげたらいいのだろうかと、これからのことが心配だ。
ボムボムは白血病キャリアなので、あまりステロイド剤を投与すると糖尿病などが心配だが、先生はその辺について説明してくれなかったなぁ。
明日またやまだの消毒があるので、そのときに少し聞いてみようと思う。
でも、やはりご飯を食べてくれるようになったことは嬉しいのは事実だ。
スポンサーサイト

乳腺腫瘍

0 Comments

Leave a comment