やまだのお部屋

ARTICLE PAGE

自分にできることとは・・・

私たちが野良にゃんこさんたちにご飯をはじめて上げるようになって、もうかれこれ10年以上が経ちました。
最初は何も分からず庭先に訪れるようになった子にあげるように
なり、そのうちその子がお母さんになって子供をつれてくるように
なり、そして更にあっという間にまた子供を生んでしまったんです。
そのときになって初めて野良にゃんこさんたちの避妊去勢手術の
必要性を知りました。
今ではもう数え切れない子達の手術をしたかもしれません。
動物に対して人間がそのように手を加えバースコントロール
(少し意味が違いますが)することの是非はあると思います。
でも一年に何度も発情し子供を生み、その度に暑い夏の日差しや
寒い冬の北風・雨雪をしのぐ事もできず、満足に食べるものもなく
命を落としていく数え切れない子たちの現実は、予想をはるかに
超えて辛く苦しく悲しいものです。
年間何十万頭もの犬猫が殺処分される中、私たちにできることとは
一体なんでしょうか。
この問題は考えるといつも悲しくなります。

自分にできることは限られています。
限られた中で精一杯命ある子達に少しでも幸せな時間を作って
あげることができるように、これからも小さなことだけど
続けていきたいと思います。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment