やまだのお部屋

ARTICLE PAGE

23%

ボムボム スヤスヤ・・・

ボムボムのことですが、たくさんの方にご相談に
のっていただいたり、ご心配をいっぱいお掛けしました。
くよくよ悩んで前に進めず、もうどうしたらいいのか
分からなくなったりしたときもたくさんありました。
今もないわけではありませんが・・・。
ですが、新しい出発をすることになりました!



スヤ クルン♪

無事に転院することができましたのでご報告します。
セカンドオピニオンの必要性や転院の勧めなども
いっぱいいただきましたね。
その都度みなさんにはご心配ばかりかけてしまって
申し訳ありませんでした。ぺこり
みなさんからの後押しがあって、本当にどんなに
感謝しているか分かりません。
ありきたりな言葉ですが、本当にブログやってて
よかったなぁ~と実感しました。
やまだが亡くなったときもたくさんの方々に励ましの
お言葉をたくさんいただきました。
そのときもブログのありがたみを痛いほど感じました。
今回も同じくらい感動しました。
これからもどうか引き続き見守っていただけると
嬉しいです。
よろしくお願いいたします。



ん?

さて、タイトルの数字ですが・・・・

ナント!貧血の数値なんですよ!!!!
前回16.4%からこんなに上がりました。
今日の検査がすご~~~く心配だった私。。。。
あのまま下降していったらどうなるのだろうと
本当に本当に眠れなかったんです。
もちろんこの数字はまだ完全に安心できるものでは
ありません。
でもでも・・・ちょっとだけ喜んでもいいですか?

今までずっと貧血の数値の調べ方は疑問に持ったことが
ありませんでした。
でも、少し前に機械で測る方法と手作業でするアナログ的な
方法があることを教えていただいたことがあります。
その手作業でするアナログ的な方法のほうが正確な数値が
でるんだそうです。
今回の数値もそのアナログ的なほうの数値です。
機械の数値とはやはり違いました。
なるほど~~~とすごい感動しました。
この方法はどこの病院でもされているのでしょうか。。。
機械にかけるだけのほうが楽は楽ですよね。



フワァ~~~

新しい病院の先生は、とても素晴らしい方です。
今までこんな先生にお会いしたことはありません。
人間私くらいの年齢になると、そうそう胸がジ~ンとする
ような出来事って少ないと思うんです。
だけど先生の熱意が伝わるというか、その真摯な姿勢に
感動しました。

飼い主にできることは積極的に教えてくださったり
自宅介護に関しても本当に前向きです。
できることはできる、できないことはできないと
はっきり意思表示してくださることも私たちには合っている
ような気がしました。
「どうかわからないなぁ~そうとも言えるしね」など、
あやふやな答えほど不安になることはありません。
みなさんはそういうのありませんか?

私が今まで感じたことですが、多くの先生たちって
手の内を明かしたくないっていうか、あまりつっこんだ
検査内容や数値の詳細まで事細かに隅から隅まで教えて
くださる方って少ないような気がします。
アバウトに、こういうことをやってこういうことが分かる
みたいなことは教えてくれても。
専門的なことになるので教えてもわからないといわれれば
それまでかもしれませんが、だからこそこれからは
飼い主側でもある程度の知識を持つために勉強しなければ
いけないということも教えてくださいました。
もちろん中にはかかりつけの先生に絶対の信頼を置いていて
任せている方も多いと思います。
先生と飼い主側の方向性が一緒なら、私はそれでも十分だと
思います。



キリッ

ボムボムには、これからはできるだけストレスを与えない
ように穏やかに過ごさせてあげて、今のようにご飯が食べられて
幸せな時間が維持できるようにを目標にしていくことにしました。
先生もそれだ大事ということだったので。

腎臓の数値ですが、補液が功を奏しているのか若干下がりつつも
現状維持といった結果でした。
このまま上昇しないように維持できればいいなぁと思っています。

他のモロモロのこともあるんですが、長くなってしまったので
今日のご報告はコレくらいにしておきますね。

ホメオパシーも導入予定です。
ホメオパシーのことはみなさんの中にはすでに利用されて
いる方も多いと思いますので、また色々と教えていただく
ことになると思いますのでよろしくお願いいたします。ぺこり
(来週専門の病院に行ってきます!)


ということで、(ホントに今度は〆ですからご安心を。苦笑)
新たな出発を切ることができました~~~


※ご心配のメールをたくさんいただきありがとうございました!
 少しずつゆっくりお返事していきたいと思いますので、
 しばしお待ちくださいね。
 これからもよろしくお願いします♪
スポンサーサイト

慢性腎不全

0 Comments

Leave a comment