やまだのお部屋

ARTICLE PAGE

インクレミンシロップ(鉄剤)


スーちゃんのしこりのニオイのことを先生に相談したら、オゾンオイルが一番
効果的!ということで、一昨日の昼間からしこりの中に少しだけ多めに塗るように
してみたところ・・・
オゾンオイル自体の独特の鉄っぽいニオイがほとんどで、しこりのニオイ自体は
ほとんどしなくなりました!^^

”きえ~る”も最初は確かにニオイがしなくなるんですがそれでも少しすると
すぐにナプキンの上からでもニオイが漂ってきていて、でもオゾンオイルの
場合は次に取り替えるときまでずっとしこりのニオイはしていません。
患部の炎症も治まって赤みが引いて、なんといってもスーちゃん自身も
気持ち良さそうに気にならないようで眠れています。
よかった~^^












貧血治療してます。
あ、ワタシですよ^^
治療といっても鉄剤を飲んでいるだけですが。苦笑

先月からみぞおちと背中の痛みで通院しているんですが、いろいろ
検査していろいろわかって(笑)、先週診てくださった先生がこれまた
いろいろなことを調べてくださって、そのついでにフェリチンを調べて
くれました。
フェリチンは身体の中に貯蔵されている”貯蔵鉄”のことなんですが、
血液中にある血清鉄はヘマトの数値で貧血かどうかを調べることが
できますよね。
女性はいろんな要因で男性よりも貧血の方が多いのが常ですが、
通常血液中の鉄というのは貯蔵鉄のフェリチンから使われるそうです。
そのフェリチンが足りなくなると血液中の血清鉄を消費するようになる
わけなんですが、それも足りなくなるとヘマトが下がるというわけです。
なので、普通の血液検査でヘマトが基準値だから大丈夫!ということ
にはなりませんよね。
実際フェリチンの数値だけ低い方も少なくないそうです。
隠れ貧血とでもいうのかしら。
何の問題もない方であればフェリチンは食物中から摂取して常に貯蔵
しておくことができます。
でも、何らかの問題がある場合は常に足りないわけで・・・
貧血が慢性的に続いていると腫瘍がある場合を疑いますが、その場合は
フェリチンは高値になることが多いそうです。
また、女性の場合は子宮筋腫なんかを一番に疑われたりしますが、
ワタシはありませんでした。卵巣嚢腫はあったけど。

血液検査で赤血球系の項目はいつも全部基準値以下なんですが、
今回のフェリチンは測定不能でした。
10以下は低すぎて測れないんだそうです。
検査機関によりますが、健康な方なら50とか60とかあるものだそうです。
簡単にいうと、ワタシは身体の中の鉄が枯渇しているってことみたいです。
ヘマトが低いんだからフェリチンも低いのは当たり前なんですが、
まさか測定不能だなんて・・・苦笑



ということで、どれだけ戻るかわからないけど鉄剤を飲んでみる
ことになりました。
インクレミンシロップ
インクレミンシロップ①

昔、20代の頃に婦人科に数ヶ月通っていた時期がありました。
当時もやはり貧血で鉄剤を処方されました。
そのときは錠剤だったんですが、とにかくものすごい副作用で
吐き気と食欲不振で辛かったんです。
それでも我慢して飲み続けましたが、ヘマトの数値は改善せず。

今回先生が錠剤だと副作用が出る方が多いのでシロップにしましょう~と
言ってくださって処方されたのがこのインクレミンシロップなんですが、
お子さん向けに処方されることが多いみたいです^^
だって、15歳以上の服用量が記載されていなかったらしく、先生その場で
院内薬局に電話して聞いてましたから。笑

朝晩、 15ml ずつ飲んでいます。
ものすっごく甘いんです。。。
お子さんにはこのくらい甘くないとだめなんでしょうね。
それにしても甘すぎて甘すぎて、反対に気持ち悪くなってきます。苦笑
シロップのほうが錠剤よりは比較的副作用は少ないはずなんですが、
軽い吐き気と食欲不振が出てきました。
なんかやっぱり鉄が合わないんだろうなぁ、ワタシ。。。

食物中からたくさん摂取できればいいんですが、ワタシくらい鉄が
枯渇してしまっているとそれだけでは補えないんだそうです。
食物中のヘム鉄の量はたんぱく質のほうがはるかに多く、植物系
(ひじきとか)ではかなり少ないんですよね。
肉ばっかりはさすがに食べられないし・・・。
コレステロールの上昇を抑えるためもあるし、元から食物繊維が
たくさんあるお野菜は大好きなんですが、鉄の吸収を阻害してしまう
作用があるので本来はあまり食べないほうがいいのかもしれません。
ほどほど、ということでしょうか。
でも、ごぼうとかバリバリ食べたい!笑

先生からは相当日々だるくないですか?とか、疲れやすくて息切れ
したりしないですか?なんて聞かれましたが、う~ん、はっきりと
自覚してはないけどそういわれたらそうかも?という感じ程度です^^
もう、身体が慣れっこなんでしょうね。


インクレミンシロップ②


とりあえず1ヶ月飲んでみてくださいってことなんですが、1ヶ月程度で
フェリチンは増えないような気がするんですが・・・
きっと続けないといけないんだろうなぁ~はぁ

継続して飲んで数値が上がってきたとしても、飲まなくなったらおそらく
また下がってしまうのかもしれませんよね。
ヘム鉄がたくさん含まれている食物をたくさん毎日食べるようにして、
どうにか維持できるように自分でしないと根本的な改善にはならない
ような気がします。
でも、きっと難しい気がする。苦笑



脳内物質のドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンとかを伝達するのには
大量のヘモグロビンが必要になるんだそうです。
貧血のヒトはヘモグロビンが足りず、その結果脳にそうした感情のコントロール
をするための物質がうまく運ばれないために、一見するとうつ症状のような
状態になることが多いそうです。
自律神経が不安定になってしまうんですね。
イライラしたり、喜怒哀楽に欠如するようになったり、情緒不安定になって
感情がコントロールできなくなったり、やる気がなくなってしまったり・・・etc 。
相方に言ったら「だから俺のギャグをそばで聞いているのに笑えないんだ!」
ですって。
いえいえ、もう20年も聞いて飽きちゃっただけです。苦笑



動物病院で使われる血液検査の機械は当然人間用なわけですが、フェリチンって
測れないんでしょうかね。
例えば、腎性貧血(それ以外が原因の貧血でも)になった場合ですが、血清鉄が
血液検査上では異常がなくても、実際はフェリチンが低かったら鉄欠乏になって
いるわけですよね。
血清鉄が低いとわかってからでは結構貧血が進んでいるわけですから、フェリチンを
検査できると便利なのかな、とふと思ったりしました。
今度先生に聞いてみようっと^^







オーダーバッグ3個のうち2個目を作っています^^
少しゆっくり目になりますがお待ちくださいませ。ぺこり
今日もみんニャと穏やかな1日を過ごせますように
応援ぽちっとお願いします。
いつもありがとうございます^^

















スポンサーサイト

4 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/07/02 (Thu) 13:06 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/07/03 (Fri) 20:01 | REPLY |   

やまだのママ  

Re: こんにちは。

★鍵コメさんへ★
こんにちは。

そうそう、妊婦さんは貧血になりやすいんですよね。
赤ちゃんにたくさん栄養をあげないといけないから
貧血対策される方は多いと思います。

鉄って2価鉄と3価鉄があって、肉とか魚は2価鉄で
基本的には血清鉄にしかならないんだそうです。
ただし、食物繊維等によって吸収を阻害されないため
フェリチンは正常な方には食物からの摂取はとても
効果的なのかもしれません。
2価鉄は3価鉄の何倍もヘム鉄の量が多いですし。
3価鉄は鍵コメさんが書いてくださったようにひじきとか
豆類、乳製品に含まれている非ヘム鉄で、血清鉄では
なくフェリチンの貯蔵鉄になるんだそうです。
ただし、3価鉄はそれだけだと吸収がほとんどされないため、
ビタミンCと一緒に摂取する必要があるんですね。
(2価鉄はビタミンCに左右されません)
でも、3価鉄は鉄の量が2価鉄に比べてとても少ないので、
ワタシのようにすでにフェリチンが枯渇しているヒトは
食物からの摂取では到底補えないんだそうです。
でも、よくよく調べると病院で処方される鉄剤はヘム鉄の
場合がほとんどらしく(豚等から作られているから)、
そうなると血清鉄は改善するかもしれないけど余った分が
貯蔵鉄に回るんだとしても、やはりフェリチンが戻るまでは
相当時間がかかるってことみたいです。。。

スーちゃん、少し風邪症状で心配していましたが、一昨日から
大分よくなってきました。
ホッとしているところです。

2015/07/04 (Sat) 13:59 | REPLY |   

やまだのママ  

★2番目の鍵コメさんへ★
こんにちは。

お身体大丈夫ですか。
大変なのにいつも気にかけてくださって
ホントにありがとうございます。ぺこり

便秘外来?そのようなものがあるんですね。
しかも5年待ちだなんて・・・
辛そうですが無理しないでくださいね。
反対に具合が悪くなったら何をしているんだか
わからないですよ~

2015/07/04 (Sat) 14:01 | REPLY |   

Leave a comment