やまだのお部屋

ARTICLE PAGE

スーちゃんのしこりのこと


今日もごはんを食べて穏やかにお昼寝をしているスーちゃんです^^

2015.6.28のスーちゃん

こんなにかわいいスーちゃんですが、胸のしこりは大きく変化してきました。

同じように乳がんの猫さんのケアをされている方のブログなどを参考に
させていただくこともたくさんあります。
そうした先輩方の中には、自壊した患部のお写真を載せてくださって
いる方も多いです。
事前に拝見させていただいていたからこそ、スーちゃんが同じように自壊
した今、現実をきちんと受け止めてあわてることなく一緒に過ごすことが
できています。
ホントにありがたいことだと感謝感謝です。

ワタシがブログをはじめたのはやまだの闘病記を残すためでした。
当時は今のようにこんなにたくさんの情報がなかったように思います。
やまだの治療経過が同じ病気で苦しむ猫さんや家族の方々にほんの少し
でも参考になればという思いではじめました。

タロウの闘病まではずっとそのような気持ちがありました。
でも、ナオミの最後のほうの治療ぐらいからだと思いますが、だんだんと
自分の中でそうした気持ちが薄れてきてしまいました。
ずっとこのブログを見てくださっていた方なら感じていらっしゃったと思います。

やまだの乳がんのときは・・・
ここへ引っ越してきて間もなくすぐに小豆くらいのしこりを相方が見つけ、
通院検査、すぐに乳腺の摘出手術をしました。
でも、あっという間に転移し、胸水を抜こうと通院したときにショック症状で
心臓発作を起こし、一度も抜くことができませんでした。
おそらく、術前のX線検査で写らなかった転移がすでにあったんだと
今では思っています。
だから、すぐにお別れがきてしまいました。
何もしてあげることができませんでした・・・。
今でもやまだのことはたくさんたくさん後悔しています。

スーちゃんがなぜ乳がんになってしまったんだろう。
最初の発情より前に避妊手術をしていたのに・・・
もうこれは、遺伝というか運命だったんだと思うしかありません。
それでも、最初はやっぱり、どうしてどうして・・・と思ってしまいました。

やまだはしこりの再発はありましたが、自壊することはありませんでした。
小さいしこりができた程度で、そのまま・・・
だから、本来のというか、いわゆる乳がんのケア、自壊のケアというものを
実際経験しているのは初めてですし、目の前で見るのも初めてです。

初めてでもあわてることなく日に4回くらいのナプキンの取替えや患部の
お掃除をできるのも、みんなみんな経験をお写真等で詳細にブログで
書いてくださっている方がいらっしゃるからだと思っています。

自分がこんなにも参考にさせてもらっているんだから、自分だって何か
他の方に役立つ情報を載せられれば・・・と思います。
でも、スーちゃんのしこりの患部にカメラを向けるようなことは、ワタシには
できそうにありません・・・。
誰のためでもなく、スーちゃんとワタシたちのため、それだけでしかこうして
文字を打つことができません。
なんて恩知らずなんでしょう。
ゴメンナサイ。ぺこり










6/20 からしこりの天辺が白っぽくなってきたことを23日にチラッと書きました。
日に日にその白い部分が大きくなり、25日にはしこりの上側はほぼ全部
白くなりました。
表面は薄い膜で覆われていましたが、軽く押すとブニブニ、ふかふかとして
膿んでいることがわかりました。
中もきっと・・・想像することができました。
腐敗しているんだったら、このままこの白いものをそのまま放置しておく
のはよくないと思い、そっと端をつまんでみるとあっさりと表面の白い膜が
取れてしまいました。
チーズっぽい、いわゆる腐敗臭の正体はこの表面の膜でした。
取れた後の患部は、確かに独特のニオイはありますがチーズっぽいような
ニオイはなくなって、なんとなく苦いニオイ?表現が難しいですが独特の
ニオイです。
顔を背けたくなるようなそこまでのニオイにはワタシは感じませんが、
だんだんとこのニオイも日々変化してきています。

しこりの中は案の定空洞になっていて、中は白いもので満たされていました。
でも、いわゆる膿のような柔らかいものではありませんでした。
少し固めのスポンジ状というか、そういう感触のものでした。
想像ではもっと簡単に中の貯留物もスポンと取れるのかと思っていましたが、
予想に反して少しずつしか取れません。

先生からはそうした膿というか貯留物等、取り除けるものはすべて取るように
聞いていたので、ナプキンの取替えの際に患部のお掃除をしながら最初は
ピンセットで少しずつ取り除いていました。
半分以上取り除けてからは患部の穴の内側を傷つけてしまいそうで
ホントに少しずつしか取れなくなりました。
先生からはしこりの周りを押して~と聞きましたが、押すとスーちゃんは
痛がるのでやめました。

あとはもう、もっと酸化というか腐敗が進んで自然に取れやすくなるのを
待つしかないかな、と思って、昨日からはピンセットではなく耳かきを使って
いたりします。苦笑
そう、耳かきです。
いやー、でもこの耳かきがまた良い仕事してくれるんですよ!
しこりの穴の中をそっと掻き出すようにするんですが、柔らなくなった白い
膿を簡単に取ってくれるんです。
ピンセットだとこうはいきません。
こうした膿の除去作業は朝と昼の取替えの際、明るいときにやっています。
夕方と夜のときは”きえ~る”でお掃除して、オゾン化オイルとカレンデュラの
ホモトキクリームを塗るだけです。

こうして文章にしてみると、想像できない方からしてみたらギョェーー!と
いうようなことかもしれませんが、やっぱり患部が汚れていたりすると
スーちゃんもしきりにお洋服の上からでも舐め続けるんです。
かゆいのか痛いのか・・・両方なのかわかりませんが。
今朝も朝方4時半くらいに頭の辺りでザリザリと音がするなぁと目覚めたら、
スーちゃんがずっと患部の辺りを舐め続けていました。
すぐにお掃除しようとナプキンを取ってあげたら、案の定かなり汚れていて
気持ち悪かったんだと思いました。
取り替えてあげたら気持ち良さそうにまたスヤスヤと眠りました^^

しこり自体は痛みは感じないといいますが、それでも・・・ね。
だから、できるだけ手早くキレイにしてあげるようにしてあげています。
膿の蓋を取る前までは日に2回くらいの取替えで済みましたが、一昨日からは
最低4回取り替えています。
多いときはもうあと1.2回。
取り替えるときは、お洋服と伸縮ネットも毎回取り替えます。
ニオイが染み付いていますから。
そんなわけでお洋服もまた更に今のベストパターンで2着作ったんですが、
それでも足りないかもしれません。
また作らなくっちゃ!



不思議だなぁ~とホントに思うんです。
同じ乳がんでもやまだはこんなに自壊したりすることなくあっという間に
旅立ってしまったのに、スーちゃんはこんなにしこりが大変な様相なのに
それでも元気に過ごしている。
いや~不思議不思議。
そう思いませんか~?
こんなに目が輝いているのに、しこりがこんなようになっているなんて
誰も想像できないですよね、きっと。
ワタシも信じられません。




誰のときも最後の願いはたった一つですね。
苦しい、辛いことがどうか起きませんように。
起きてしまったとしても、最小限、そして最短で済みますように。




今日は元気でも明日はわかりません。
スーちゃんの苦しみや災いをワタシが身代わりになります。
だから、どうかどうか転移してしまったとしても、苦しいことが
あっという間に過ぎ去ってしまいますように。
願いはたった一つです。
お願いします・・・








今日穏やかに一緒に過ごすことができてよかったです^^
明日もまた同じ日が訪れますように・・・。
ぽちっと応援お願いします。
いつもありがとうございます。ぺこり




























スポンサーサイト

乳腺腫瘍

2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/06/30 (Tue) 23:12 | REPLY |   

やまだのママ  

★鍵コメさんへ★
こんにちは。
なんだかまた肌寒い日が続いていますね。

箱根の噴火と新幹線の事件・・・
ホント怖いです。
鍵コメさん書かれているようにまさに自爆テロ
のようですよね。
どちらも近いのでヒトゴトではありません。
相方の夏休みが来週なんですが、大好きな伊豆箱根に
行けそうにないので残念がっています。
代わりはどうなるのかな?

2015/07/02 (Thu) 10:29 | REPLY |   

Leave a comment