やまだのお部屋

ARTICLE PAGE

チャンちゃん 7時40分 虹の橋へ


チャンちゃん 今朝、旅立ちました。

朝7時40分でした。

相方が出勤する間際の出来事でしたが、二人とみんニャで

お見送りすることができました。

よかったです、ひとりではなくて。



3日前からお風呂場に行きたがるようになりました。

思えば、タロウとナオミも同じでした。

お風呂場で寝たがるようになり、そして数日後・・・

お風呂場にはバスタオル等を敷いてなるべく身体が冷えないようには

しましたが、それでもすでに後肢の不自由さからもわかるように、

浮腫みや冷えを取り除いてあげることはできませんでした。

そばにいるときはなるべく後肢をマッサージしたり、自分の手の平で

挟んで温めるようにしたり、暖かくて軽い素材のものを下半身にだけ

ふんわりとかぶせてあげたりしていました。



昨夜、といっても今日の夜中になります。

寝る前の0時前にまた鳥もも肉の挽き肉を少し温めてから出してあげたら

ワタシの膝抱っこの上でペロリと食べてくれました。

もっと欲しい!と物足りなそうだったんですが、あまり一度に食べさせると

お腹を壊してしまうチャンちゃんなので、だいたい 20g 程度くらいしか

あげませんでした。

その後部屋の明かりをオレンジの灯りだけにしたんですが、1時過ぎに

ガバッと起きたと思ったら一生懸命ご飯の場所まで肢を引き摺りながら

行き、そこで待ってたんです。

食べたいのね!と急いでまたお肉を用意して出してあげたら、またまた

ペロリと食べてくれました。

その後はスヤスヤしたりおトイレに行きたそうだったので連れて行ったり、

落ち着いたかと思ったらやはりまたお風呂場に行きたがったので、好きな

ようにさせてあげました。

夜中何度か見に行ったときもそれまでと変わらず、あまり体勢を変えずに

寝ていました。

いや、寝ていたというかなるべく室温の低い場所を探してそこにたどり着いたん

だと思います。

本能とでもいうんでしょうか、きっと自分の体温が低くなってきていたので

わかっていたんでしょうね。



朝、起きてからチャンちゃんがまだ息をしていることに心底ホッとしました。

でも、なんとなく眼の感じが昨日までとはまた変化していました。

ワタシには、きっと今日が最後の1日なんだとなんとなくわかりました。

相方にも「なんだか昨日までと眼が違うね」といいました。



お口の周りが汚れていたので、きれにしてあげました。

その後ほんの少しだけお水を飲んでくれて、すっきりしたのか表情が

少しだけ柔らかくなり、ソファにそっと寝かせてあげていました。

いろいろ朝の用事を各自相方もワタシもこなし、相方が7時半少し前に

おトイレに入りました。

ワタシの朝のやることが終わったのでチャンちゃんを寝かせていたソファの

前に座ったとき、呼吸が速くなっていることに気がつきました。

いや、速くなっていたといっても、まだお別れのときのような速さではありませんでした。

でも、なんとなくワタシにはわかってしまったんです・・・

だから相方を急いで呼び、チャンちゃんの前に座って手を握ってもらいました。

相方も最初はあまりわからなかったかもしれませんが、どんどん速くなってくる

呼吸を見てわかってきたと思います。

ほんと突然そのときはやってきました。

もちろん、3日前からお別れが近いことはわかっていました。

もっというなら1週間以上前からです。

でも、なにか病的なものを感じる呼吸数の増大であるとか、そういうものは

一切ありませんでした。

ゆるやかに時間が過ぎていく中で、小さな小さな灯を灯し続けていた、

その灯は消えかかっていたけれど、灯し続けていた、そんな毎日でした。



最後のときはほんの5分ちょっとの出来事でした。

気がついて相方を呼び、旅立つまでの時間はとても短かかったけれど、

とてもとても長く感じました。



ワタシ、お願いしてたんです、直前に。

毎朝毎晩みんニャにお線香を上げていますが、今朝、みんニャに向かって、

そして神様に向かってお願いしました。

「もう、チャンちゃんをそっちに連れて行ってあげて」と・・・。

ドリルにもお願いしました。

「そばに呼んであげて、そしてまたチャンちゃんにいろんなことを教えて

あげて、面倒みてね」って。

こんなことお願いしたワタシはひどいヒトでしょうか。

まだ生きていたのに、こんなことお願いしたらいけなかったんでしょうか。

まさにこのお願いをした直後に、チャンちゃんの呼吸に気がついたんです。



ワタシのせいだったのでしょうか。



ずっと一緒にいたかったです。

でも、やまだやタロウ、そしてドリルのように何か物理的な病状で呼吸が

苦しくなってしまうようなことがない今、今ならきっと辛いことをこれ以上

チャンちゃんに経験させる前にお別れできたほうがいいのではないか、

ワタシが一緒にたいからまだまだ何かできることをするのではなく、

これ以上チャンちゃんに辛い思いをさせないためには今が最後の階段

なのではないか、そう思って今朝お願いしてしまいました・・・。



こうして記事を書くために2階にいるわけですが、3日前の夜までは

まだがんばってチャンちゃん上がってきていたんです。

一昨日からはもう上がれなくなってしまったんですが、チャンちゃんの

ために用意した縁の低いおトイレや昨年ドリルがまだ居た頃から

ずっと使っている猫ベッド、猫ベッドを置いている引き出しの上に

乗るために用意したステップ・・・

何もかもそのままです。

こうしてキーを打っていても、なんだかチャンちゃんがまだここに

いるような気がして仕方がありません。

最後にここで飲ませていたお水のコップとシリンジもそのままです。



チャンちゃんはあまり自己主張をする子ではありませんでした。

ほとんど鳴かない子だったんですが、ドリルがいなくなってしばらくは

ずっと鳴き続けて家中を探し回っていました。

そして、甲状腺の病気になり・・・病的な鳴き声をあげるようになりました。



チャンちゃんって、調味料に例えるとケチャップだと思うんです。

いつまでも子供っぽかったんです。

足腰がふらつくようになったりしてもやはりどこか幼げなところがあって、

相方も事の外チャンちゃんをかわいがっていました。

小さな頃から好きなように抱っこさせ続けてくれたのは、相方にとっては

チャンちゃんだけでしたから。

だから、チャンちゃんがこどもの日があるこの5月に旅立ってしまったのも

なんとなくチャンちゃんらしく感じてしまったりします。



老衰ってどういうことなんだろうって思いました。

でも、なんとなくチャンちゃんはそうなんだと思うんです。

足腰の痛みはきっとあったと思いますが、それでも大きな病的症状に

悩まされることは少なく、最後の時だけほんのちょっと呼吸が・・・と

いうことはあったけれど、それ以外でいったらホントにゆるやかな

猫生だったのではないかなと思いました。



ドリルがいなくなって1年以上、チャンちゃんきっととても寂しかったはずです。

やっと大好きなドリルと再会できて喜んでいるといいなぁと願います。





チャンちゃんを応援してくださったみなさん、ホントにありがとうございました。






この記事を書いていたら案の定スーちゃんがお昼のおやつに
呼びに来てくれました。
どんなことがあったとしても、毎日のことはちゃんとやらなきゃ!
スーちゃん、ありがと。
















スポンサーサイト

20 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/05/18 (Mon) 13:20 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/05/18 (Mon) 14:02 | REPLY |   

dona  

やまだのママさん、相方さん、
お悔やみ申し上げます。

チャンちゃん、
ドリルちゃんに会えたかな…?
本当に最後まで良い子でしたね。
これからもね。
ゆっくり休んでね。
*・゜゚・*:.。..。.:*・:.。. .。.:*・゜゚・*

2015/05/18 (Mon) 21:00 | REPLY |   

おペペ  

ご冥福をお祈りします。

チャンちゃん…旅立ったんですね…
皆さんで看取られてよかったとは言えませんが、よかったです。
うちの旅立った11にゃんで、呼吸困難で病院のケージの中で亡くなってしまった、ジャムの事は未だに、後悔が残ってますから…

チャンちゃん、やまだのママさんに保護されて、本当に幸せだったと思います。
今は悲しみで一杯でしょう。17年以上も一緒にいたんですもの…それを思うと、やまだのママさん、相方さんの辛さが我が身のように思えます。

ご冥福をお祈りします。

2015/05/18 (Mon) 21:04 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/05/18 (Mon) 21:52 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/05/19 (Tue) 00:04 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/05/19 (Tue) 00:06 | REPLY |   

やまだのママ  

★鍵コメさんへ★
鍵コメさんにはいつもいつも細やかな
気配りやお気遣いをたくさんしていただき
ホントに感謝しています。
お母さまのことがありながらも、こうして
チャンちゃんのことをはじめワタシたちの
ことも気遣ってくださり、ありがたいなぁと
感じています。
チャンちゃんは昨夜相方ともまた話して
いたのですが、老衰かなと思いました。
ホント穏やかな時でした。
相方はやりきった感のおかげで、悲しみは
消化できているそうです。
ワタシは・・・どういうわけかそうではなく、
昨日から眠れません。
なのでこんな早朝にお返事を書いています。
お土産のこと、ホントいつもありがとうございます。
届いたらご連絡させていただきますね。

2015/05/19 (Tue) 05:54 | REPLY |   

やまだのママ  

★2番目の鍵コメさんへ★
そうですね、きっとチャンちゃんはドリルに
毛づくろいをたくさんしてもらっていることでしょう。
そうした姿をワタシも思い出しています。

文章って難しいなぁと思うんですが、いつもワタシは
何の考えもなしに思ったとおりに打ってしまうので
自分の思いが鍵コメさんに感じてもらえたなら
よかったなと思いました。

たくさんありがとうございました。ぺこり

2015/05/19 (Tue) 05:57 | REPLY |   

やまだのママ  

★donaさんへ★
donaさんとハナちゃんから大きな元気玉を
送っていただき、ホントにありがとう
ございました。
旅立つ6時間ちょっと前にあんなにたくさん
自分から食べてくれた子を見たのは初めてです。
元気玉のおかげですね。
ホントにたくさんありがとうございました。ぺこり

2015/05/19 (Tue) 05:59 | REPLY |   

やまだのママ  

★おぺぺさんへ★
ワタシもやまだのときのことは今でも後悔の気持ちで
いっぱいなんです。
一番最初の子でしたし、なんでも一番最初だったので
一番思い入れの強い子でした。
でも、今ではやまだの小さな頃とかたくさん楽しかった
思い出のほうを思い出せるようになりました。
時間のおかげなのでしょうか。

チャンちゃんを保護したときのことばかり思い出しています。
大雨の日でホントにずぶ濡れで小さかったチャンちゃんです。
とても遠い日の出来事のようで、17年以上前でもほんのちょっと
前のことのようにも思えます。
短かったかな・・。

たくさんありがとうございました。ぺこり

2015/05/19 (Tue) 06:06 | REPLY |   

やまだのママ  

★3番目の鍵コメさんへ★
確かにあのコメントを書いたときは大事な時間には
違いありませんでしたが、それでも鍵コメさんの
突然のお別れを思うといかばかりかと・・・。
そして、やはりワタシにとっても鍵コメさんの
猫さんは自分の家の子以外で連日朝晩お世話を
させていただくことなんて自分の人生の中で
最初で最後の出来事で、故にホント思い入れの
ある出来事であって、そして猫さんになりました。
Kくんどうしているかな、とか、Mくんも今では
鍵コメさんのお宅の子に100%なっているんだろうなぁ
とか想像しています。

まだ昨日の出来事ですが、自分でも少し意外だなぁと
思っているんですがいなくなってからのほうが実は
とても寂しく悲しかったりしています。
ドリルのときはいなくなってからワタシはすぐ一緒に
バタンと寝てしまったんですが(相方はひとりいろいろ
働いていました)、昨日チャンちゃんがいなくなって
相方が出勤したらきっと寝落ちしてしまうだろうと
思っていたのに、どんなに横になっても眠れません。
昨夜はご飯は受け付けなくて早い時間に電気を消して
寝ようと思ったんですが、体は疲れているはずなのに
全然眠れなくって・・・
相方は悲しみを消化できたと話していたせいもあり、
疲れもたまっていたのですぐぐっすりです。
今も眠れていますが、ワタシは全然寝つけなくて
こんな早い時間なのにやることがなくなってしまって
お返事を書いています。
時間が経てばまたかわるのでしょうけど・・・。
ご心配いただき、ありがとうございました。
鍵コメさんもどうか猫さんとの楽しい思い出をたくさん
またアップしてくださいね。


2015/05/19 (Tue) 06:16 | REPLY |   

やまだのママ  

★4番目の鍵コメさんへ★
おはようございます。

そう、たぶん鍵コメさんならきっとどんな風な
感じだったかわかっていただけるんじゃないかと
思います。
お互い、たくさん経験してきたからでしょうけど。
ホント静かにそして短かったです。
大きな前触れもなくそしてあっという間でした。

生地の件ですが、ぜんぜん来週でかまいません。
キューバ行かれるっておっしゃってましたよね。
お忙しい中、お気遣いさせてしまいました。
そして、そんな大変なときにお花もありがとうございます。
届いたらメールってしても大丈夫なんでしょうか?
わからないけど送りますね。
ホント何から何までありがとうございました。ぺこり

2015/05/19 (Tue) 06:23 | REPLY |   

やまだのママ  

★5番目の鍵コメさんへ★
17歳って長いようでホント短かったような、まだ
自分的にはピンとこない感じです。
でも、今朝になって、あーもううちには2ニャンしか
いないんだ・・・と改めて実感しました。
とても寂しくなった感じがします。
鍵コメさんもご自分の体調がすぐれない中、こうして
気にかけてくださってありがとうございました。ぺこり

2015/05/19 (Tue) 06:27 | REPLY |   

みやび  

チャンちゃん旅立ってしまったのですね・・・
最後まで頑張って生きて、けなげで本当にいい子ですね。
ドリルちゃんが迎えに来てくれて、みんにゃに逢えたかな?
チャンちゃん、やまだのママさんの子供になれて、幸せでしたね。
大事にされて、可愛がってもらって、あったかいお家で暮らせて
良かったね。
悲しくて辛くて寂しくてどうしようもなくても、やらなきゃならない事があって、それが救いになることもあると思います。
ますます、スーちゃんやスージーちゃんが愛おしくなりますね。

ここでチャンちゃんに会えなくなるのがとても寂しい・・・
ご冥福をお祈りします。

2015/05/19 (Tue) 12:12 | REPLY |   

アクン  

ママさん、ご無沙汰しております。
そっとこちらへはおじゃましていました。
なのに、お悔やみの時に遅くなってしまってごめんなさい。

チャンちゃん、いい猫生だったね。
すてきなお家で過ごせてよかったね。
今まで、ありがとう。

この数日、私も友人のワンコを送り、一緒に暮らす子たちと
向き合うということはどういうことか、経験しました。
初めての送りだったので何も分からずでしたが
ママさんのように本当に相手の気持ちに寄り添って
過ごせるようにいつかなれればいいなと思います。

きっと思ったよりもお身体お疲れの事と思います。
ご自愛くださいね。

ご冥福をお祈りします。

2015/05/21 (Thu) 12:34 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/05/24 (Sun) 09:09 | REPLY |   

やまだのママ  

★みやびさんへ★
お返事遅くなってゴメンナサイ。ぺこり

チャンちゃんて、けなげだったんだなぁって
ワタシも思いました。
ホントそう思います。
やらなければならないことがあるってなんて
大きな救いになるんだろうって。
だから、みんニャが誰一人いなくなってしまったら
どうなるのか想像できません・・・。
チャンちゃんは今もうドリルに甘えて幸せを
取り戻していると信じています。
ありがとうございました。ぺこり

2015/05/26 (Tue) 22:35 | REPLY |   

やまだのママ  

★アクンさんへ★
こちらこそご無沙汰してゴメンナサイ。
猫さんたち、お変わりないでしょうか。
毎日美味しいご飯作られているんでしょうね^^

お友達のわんちゃんとのお別れを経験されて
きたんですね。
それもまたわが子のことのようにお辛い
ことだったとお察しします。
初めてのことはいろんな意味で思いが残ったり
するかもしれませんが、時間がかかっても
いつか幸せだったことのほうをたくさんたくさん
思い出して言葉に出せるようになれるといいですね。

お優しいお言葉、ありがとうございました。ぺこり

2015/05/26 (Tue) 22:39 | REPLY |   

やまだのママ  

★6番目の鍵コメさんへ★
また新しい展示会があるんですね^^
伺いたいのですが今はちょっと難しく・・・。
でも、作品を作られていることがわかって
なんだか嬉しくなりました。

チャンちゃんのこと、ありがとうございます。

2015/05/26 (Tue) 22:42 | REPLY |   

Leave a comment