やまだのお部屋

ARTICLE PAGE

マフラー(通勤用)


投票日は相方がお仕事なので、昨日期日前投票に行ってきました^^
一昨日テレビで池上さんの番組を見たからか、今回の選挙番組が
なんだか楽しみなワタシです。笑










相方の通勤用マフラーを作りました^^

マフラー①

夜な夜な相方が寝静まってから、そぉ~っと1.2時間くらい
あみあみしてました^^
2週間ちょいくらいかかりました。







通勤用だし、相方はあまり凝った模様編みが好みではないので
オーソドックスにリブ編み(2目ゴム編み)のみ、色も変えずに
1色だけの地味~なマフラーです。笑

マフラー③

でも、チクチクしないようにアルパカ30%、ウール70%の
ふわふわで柔らかい毛糸を選びました^^

並太で8号針使用、作り目44目で12玉使いました。

サイズは 30cm × 230cm になりました。

一般的なサイズよりも少し長めかと思います。
でも、ふんわり厚みもあるので少し長めのほうが
ゆるく巻いて暖かくなるかなぁと思って。

今年は暖冬だし、クリスマスまでに間に合えば
いいかなぁと先月までは考えていました。
でも、先週から急に寒くなり、秋物の薄手のマフラーと
ネックウォーマーをダブル使いしているのを見て、
(そんなに寒いんなら早く編まねば!)と3日前に
ラストスパートをかけてかなり頑張りました^^
昨日から使ってくれています~

昨年まで使っていたものはもうかれこれ6年以上?使って
いたと思うので、かなり編み目が詰まってきて毛糸もよれよれ
だったので処分したんです。
で、今年はどうしようか・・・と考えて、いっそカシミアのどこかの
ものでも買おうかなともちょっと考えました。
けど、カシミアは確かに暖かいけど薄いんですよね。
薄くて暖かいのもいいんだけど、きっと相方は分厚くて暖かい
もののほうが好みだと思ったので、今年も頑張って編みました^^

オーダーをいただいていた方々の分へご迷惑をかけないように、
日中は編みませんでした。
昼間はチクチクオンリー、夜はあみあみ、という感じで製作しました。

やっと編み終わりましたので、これで夜はぐっすり眠れそうです。笑






マフラー②

















編み物の思い出を少し^^
つまらないお話ですけどお付き合いくださいませ。笑

ワタシの祖母、母、姉(長女)は編み物が得意でした。
祖母や母がどれだけの腕前だったかは定かではありませんが、
姉に至ってはお世辞ではなくプロの域を超えていたくらいホントに
すばらしい腕前でした。
高校時代からその腕を買われ?、毎年先生や母の知り合いの
カーディガンやセーターを何着も編んでいました。
あんなに手の込んだ編み模様、一体どうやって習得したんだか
不思議でなりませんでした。
姉の高校2年までの将来の夢はデザイナーでした。
スケッチブックにいつもデザイン画を描いていましたが、見せて
くれませんでした。苦笑
ちなみに、2番目の姉(次女)の高校1年までの夢は漫画家でした^^
小学生の頃から仲良しの友達同士で少女漫画を描き、いろいろな
コンテストに応募していました。
小学生と中学生のときは卒業アルバムの表紙の絵を描いたり、
県の何かの標識?とか学校の紋章?のデザイン画なんかも
採用されたり、少しだけ有名人でした。笑
そんなに絵を描くことが大好きだった姉も高校2年になってからあまり
描かなくなり、大学に行ってからは絵に描いたように遊ぶ遊ぶ!の
大学生活に入ってしまい、母を悲しませてばかりいました・・・。
一番上の姉もデザイナーの夢を砕かれ・・・

編み物の思い出からそれてしまいましたね^^

ワタシは二人の姉とは大違いの頭の出来でした。苦笑
姉たちと違い勉強はまったくできないし、かといって何か手に
職を就けられるような器用さも当時はまったくありませんでした。
ただ、編み物はなんとなく興味があったんです。

ワタシは小学5年のときに、編み物クラブに入りました。
そのときすでに5つ年の離れた姉はプロの域でした。
ワタシは作り目から教わりマフラーを初めて完成させることが
できた年でした^^
6年生になり、卒業課題で何か作品を展示するということになりました。
直線編みしか編んだことのないワタシは、無謀にもカーディガンを
編むことに決めました!
さぁ~大変大変。
の、はずなのに、バカなワタシはのん気に夏休みが終わっても
ほとんど手をつけずに、友達とクラブ中に遊ぶことしか考えて
いませんでした。苦笑
秋になり、そろそろ友達たちも作品の半分くらい完成しはじめました。
ワタシもその頃になってやっとあせり始めました。
それなのに、実は減らし目や増やし目のやり方がイマイチきちんと
理解していなかったんです。
それでも本を見たりしてなんとか後ろ身頃と前身頃の半分を
編み終わりました。
前身頃の残り半分を編んでいた時、なんと展示会が1ヶ月早まると
いうことになりました!
残り1週間です!!!
まだ腕も編んでいませんでした。
自分の中でもう頭の中が真っ白になりました。
どうしたらいいんだろう・・・
絶対間に合わない
腕の編み方もそうだけど、肝心の繋ぎ方だってわからないじゃん!
もうどうしたらいいのかわからない・・・号泣

姉に最初から教わればよかったんですよね。
だけど、できなかったんです、ずっと、なんでも。
二人の姉はいうなれば秀才タイプとでもいいましょうか。
生徒会の役員をやったり、学内ランキングでもいつもベスト○○に
ランクイン!とかそういうタイプでした。
ワタシはというと・・・下から数えたほうが早いくらいでした。苦笑
姉たちはいつ勉強しているんだろう?と思うくらい家でしている
姿を見ないのに、いつも勉強はできました。
そんな姉たちの下にいるワタシが不出来なもんだから、母の口癖は
「○○(ワタシ)に勉強教えてやって!」でした・・・。
学校の教科書を開き問題を解いてみて、と姉たちに言われても、
まったくわからないんだから解けませんでした。
そんなワタシを見て姉たちは「なんでこんなのできないの?あんた
学校でなにやってんの?」といつも言われてしまいました・・・。
いつの頃からか姉たちには何も聞けなくなりました。
もちろん母にも・・・。

すべての元凶はワタシが怠けていたからいけないんだし、勉強だって
もっとしっかりやっておけばよかった・・・と、これはホントに今でも
思うことの1つです。

で、編み物の続きです。笑
絶対完成させなければならないけど自分ではどうしたらいいのか
もうホントにわからなくなり、涙ながらに姉にお願いしました。
「教えて」と。
姉は怒りながら「見せて」。
ワタシは恐る恐る出来上がっているパーツを見せました。
姉はため息をした後、お説教が始まりました。
でも、きっとこういう展開になることは最初から分かっていたので、
グッとこらえてずっと聞き、最後にはきっと何か手伝ってくれると
信じてこらえました。
姉は最後にこう言いました。
「もうこんなの展示できるレベルじゃないし、どうやったとしても無理。
腕はあきらめて前身ごろの半分だけ手伝うから、ベストとして展示する
しかない。いい?」と。
ワタシは「ありがと」。
でも、これで終わるわけはないんです~苦笑
姉の執拗なチェックとお説教は延々と続きました。
しまいにはワタシもまた泣いちゃうわけですよ。
そうすると余計に姉の神経を逆なでしてしまい、激昂されてしまうわけです。
そうなると予想通り「もういいっ!」と言ってしまうおばかなワタシ。

結局最後はどうなったかというと、展示といってもテーブルに並べるだけ
だったので、先生に相談してベストのように見えるようにくっついていない
前身頃を上にかぶせておいた、それだけです。笑
あれは最後まで結局完成させることが出来ずでした・・・。
姉からはその後もちくちくと文句を言われ続け、母からは材料費のことで
うだうだ言われ、前々から思っていた思いが更に膨らんでいきました。
早く家を出て一人になりたい・・・って。

これがワタシの一番最初の編み物の思い出です^^笑
どういうわけかわからないんですが、とにかく編むのは早いんです、ワタシ。
高校時代には姉との確執?みたいなものはちょっとだけ和らいでいたので、
姉からホントに早いね~なんて一度言われたときには嬉しかったものです^^
まぁ、反面教師になったのかわかりませんが、高校生になってからは
いろんなことに挑戦するようになりました。
編み物もきちんと勉強するようになったり、お料理なんかも本格的な本を
読み漁ったりもしていました。
でも、姉の2番煎じ的なイメージは一生消えませんけどね。苦笑


















スポンサーサイト

8 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/12/10 (Wed) 10:28 | REPLY |   

みぃ  

こんにちは!
拝見してるんですがコメントはお久しぶりですm(__)m<いつもそんなんですね(^^;

マフラー、綺麗です! いつも凄いなぁと思って見てます。
編み物は、私も小学生の後半から中学生頃にやった筈なんですが、全然ハマりませんでした(^^;
<お祖父ちゃんにそれこそベストとか編みました(笑)

姉妹だと、子供の頃は何だか色々思うところがあるんですね…。
うちは弟で性別が違うからか、そういうコンプレックスみたいな感じのものは全然なくはないけど、少なかった気がします。
弟は運動神経が良くて、小中学生くらいはちょっと気にしたこともありましたが、自分の努力でそんなに変わることでもないしと思ってた感が(^^;
あ、でも、弟は凄く友達が多くて、それはコンプレックスだったかもー。

うち、春さんと冬さんが、腎不全がすすみ、調子を落として、冬さんは結構落ち着いてきたんですが、春さんがかなり食欲不振でどうしようかと思ってました。
<日曜夜から月曜も、秋さんが調子を落として通院したんですが、こっちは原因判りませんでした
今日、ちょっと食欲を持ち直してきたのですが、こうなってきたとき何が必要なんだっけ、と…。

キドナ、初めてあげてみたんですが、湯量が難しいですねー(>_<) 一応自分で舐めてくれたんですが、どのくらいがいいのか判らず。
やまだのママさんの記事を遡ったら、キドナ団子と書かれていたので、団子状にするんだと、かなり湯量は少ないですよね?
昨夜は、キドナ溶かしたところにドライフードを数粒入れたら嫌がられましたorz
ちょっとへこみかけてたんですが、踏ん張りどころだと思うので頑張りますねー。

2014/12/10 (Wed) 13:31 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/12/11 (Thu) 18:24 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/12/12 (Fri) 11:41 | REPLY |   

やまだのママ  

★鍵コメさんへ★
こんにちは。
昨日地震ありましたね。。。
さすが鍵コメさん!

うちの場合は、やはり母のせいだったと思います。
母にしてみれば祖母のせい、になるのかもしれませんが。苦笑
自分が生んだことも育てたこともないのに偉そうなんですが
やはり親の教え、育て方ひとつで如何様にも子供って
かわれると思うんですよ。
嫌味に聞こえたらゴメンナサイ。
全然そんな意味はないんですが、鍵コメさんのお嬢様たちが
そのお年になっても家にいてくれて一緒に暮らすことのほうが
楽しいと思っているのを聞くと、あ~ホントに鍵コメさんの
育て方や教えが素晴らしかったんだと思います^^
鍵コメさんの優しさあふれるお人柄が、お嬢様たちの今に
直結しているんだろうなぁ~って。
うちは、以前も書きましたがホントに厳しい母でした。
戦後の家かい、ここは!?って感じの育て方でしたから。
でも、おかしいんですよ^^
母もずっと姉たち(長男、長女、次女、母)から逃れたくて、
小学生の頃から高校を卒業したら絶対上京してやるっ!と
思い続けていたそうです。笑
母はその思いを実行したんです。
高校の卒業式に祖母にだけ一言伝えて家を飛び出したんですって!
すごいですよね~
だから、母はワタシの思いもちょびっとだけわかってくれて
いました^^
ワタシは22歳で家を出たんですけどね。
なんか長くなっちゃいましたね。笑

日曜日は雪予報なので投票気をつけてくださいね~

2014/12/12 (Fri) 13:08 | REPLY |   

やまだのママ  

★みぃさんへ★
こんにちは。
ワタシもコメント残せていなくてゴメンナサイ!
後でお邪魔しにいきますね^^ぺこり

編み物ってやはり何かしらやったことある方多いですよね。
ワタシの場合はまぁ母、姉の影響ですが・・・。
うちは家庭環境がホント怪しかったので、姉妹だからというか
特殊だったんだと思います。
こんな家ないと思いますよ、普通は。苦笑
祖母も母もなんでも作る!というタイプだったからその影響は
大きいですが、姉とワタシには腕の差はあれどなんとなく
受け継がれていると思うんです。
でも、2番目の姉だけはちがいました。
姉はお料理とか裁縫はまったくできないヒトなんです。
ホント信じられないくらいまったくできなくて。苦笑
絵はとても上手だったので、その辺でバランスがとれて
いたのでしょうか。笑

季節的にも影響受けやすい時期かもしれませんよね。
うちもチャンちゃんの輸液、2.3日続けて1日休み、とか
そうな感じで少しスパンが短くなりました。
脱水も結構してて甲状腺のほうも進んでいるのがわかります。
でも、薬をあまり増やしすぎても・・なので、折り合いが
難しいところですね。

キドナの湯量は確かに難しいですよね~
最初はさらっとした感じでお湯を多めにしたものからはじめた
ほうがいいかもしれません。
いきなり規定の量だと結構抵抗あるかも。
お団子は液体を飲ませるのが困難な子の場合はいいですよね^^
ボムボムはどちらも大丈夫でしたが最後のほうではぽんぽんと
お口に入れられるからお団子のほうが多かったです。
それに、お団子を作るときにサプリとか一緒に混ぜられるので
便利でした。
お団子作りのポイントは、はじめかなり少なめの水分で
コネコネして、少し足りないかなぁ~?と思ったらシリンジとかで
数滴ずつ足すといいですよ。
いきなりスプーン1杯とか足しちゃうとべちゃべちゃでお団子に
し辛いです。
その後から粉末を足してもまとめ辛いです。
口からこぼれて口周りにつくと取るのが困難なので、2.5mlとかの
シリンジにたくさん作っておいて飲ませると楽です^^
冷えてくると粘着質になるので、ホットタオルとかの上に並べて
飲ませたりしていました。
水分補給というよりは、とにかくカロリー摂取を目的にワタシは
利用しています、今も。
もっと必要なときはカケシアを半分混ぜたり。
って、なんか長くなっちゃいましたね。苦笑
また何かあればお気軽に聞いてくださいね^^




2014/12/12 (Fri) 13:24 | REPLY |   

やまだのママ  

★2番目の鍵コメさんへ★
こんにちは。

え~!ワタシ思いっきり末っ子気質ですよ。笑
わがままだし甘えん坊?だし^^
姉たちからもずっと甘やかされて育ったから・・・って
言われ続けました。
確かに姉たちは許してもらえなかったこととかを
ワタシだけやってきた、ってことはいろいろありました。
それがまた姉たちが許せない出来事だったらしいです。苦笑

鍵コメさんはお兄様だったのでまた違った環境でしたよね。
それはそれでうらやましいです^^
うちも一人くらい兄だったらよかったのに、と何度思った
ことでしょうか。苦笑
でも、お兄様ならそれはそれでやはりいろいろありますよね。

美味しいものいっぱい作られて素晴らしいです!
是非是非栗を使ったものも作ってください^^

2014/12/12 (Fri) 13:29 | REPLY |   

やまだのママ  

★3番目の鍵コメさんへ★
こんにちは。

ご到着のメールありがとうございました。
後ほどお返事させていただきますね。ぺこり

いや~上手ではないんですよ。
ただ普通に編めるだけです。苦笑
相方は別になんとも思っていません。。。
既製品とかブランド物とかのほうが嬉しかったかも
しれません。苦笑
ま、使ってくれているのでいいですが^^

鍵針編みも楽しいですよね^^
是非是非作ってあげたらいいじゃないですか。
優しいご主人様みたいなのできっと喜んでくれそうですね~

お教室も今はいろいろありますよね~
大きなところではなく、個人でやられているところを
探すと同じくらいの年代の方もいらっしゃると思いますよ^^

2014/12/12 (Fri) 13:33 | REPLY |   

Leave a comment