やまだのお部屋

ARTICLE PAGE

ご心配おかけしてます。ぺこり



やっと、ホントにや~~~っとこうして更新できます^^

人生初の激痛との闘いも、なんとか少しだけ落ち着いてきました。
まだ痛みはありますが、それでも気持ちの上ではほんのちょっとだけ
ほっとしている今日この頃です。

みんニャのこともお知らせしなきゃ、と思っているんですがスミマセン。
でも、元気です、とても^^
スーちゃんの身体の中ではいろいろな変化が起こっているのですが、
そのことはまた改めて書きたいと思います。
元気いっぱいで今は気持ち良さそうに寝てくれています。
それだけがワタシの救いです。





















先々週の通院からもずっと激痛との闘いでした、毎日・・・。
処方された薬はまったく効かず、何度となく救急車を呼ぼうかと思ったくらいでした。
相方が夜帰宅するのを待ってから夜間外来に罹ろうかと思ったりもしました。
何をするのにもみぞおち周辺に激痛が走り、息ができなくなりました。
朝起きてから最初に身体を起こす瞬間、立ち上がって1歩を踏み出す瞬間、
歩くたび、何か物を持とうと手を伸ばしたりしただけで、歯を磨くこともままならない
くらいにホントに何をするにしても1つの行動に激痛と闘い、そして時間がかかって
仕方のない毎日でした。

ワタシが一番辛かったのは、みんニャに迷惑をかけることでした。
朝晩のチャンちゃんの投薬は、ホントに涙を出て辛かったです。
チャンちゃんはお薬を飲むと楽になることがわかっているようで、薬を引き出しから
出そうと準備すると近寄ってきてくれます。
小さなカップにシリンジとお水を準備して、それと薬を1粒持ってから部屋に移動
して飲ませるんですが、まずそれだけのことをするのにもなんと辛かったでしょうか。
チャンちゃんは早く~!というように鳴いてせがみます。
でも、ワタシはその声に応えることができません。
持っているお水と薬をテーブルに置き、そして自分は座らなければなりません。
この座るという動作に恐怖すら覚えていました。。。
でも、時間通りに毎日朝晩飲ませなければいけない薬なので、自分の激痛なんて
気にしているわけにはいかないんです。
息を殺し、ソォ~っと、ソォ~っと体勢を低くするたびに胃の辺りに激痛が走り、
それでもそばでチャンちゃんが待っててくれているので「待っててね~」と声を
かけて一気に座ります。
「はい、ア~ンして」というとチャンちゃんは上を向いてくれます。
そしてお口を空けて飲ませてお水をごくごく美味しそうに飲んでくれます。

1日置きになっている輸液もホントに辛かったです。
何が辛かったかって、抱っこできないんです。
たぶん、1kg以上するようなものはまったくといっていいほど持てませんでした。
ちょっとでもみぞおちに力がかかるようなものなら激痛が走りました。
準備して輸液パックをぶらさげるところまでは我慢してなんとかできても、
チャンちゃんをそばに連れてくることができなかったんです。
なので、相方がまだいてくれる朝のうちにするようにしていました。
準備が終わってワタシが座り、その後でチャンちゃんを連れてきてもらうという
ようにしていました。
いつも輸液をする時間は、お日様が上がってきて部屋の中が少しだけ暖かく
感じ始めたときと決めています。
時節柄、あまり早い時間にしてしまうと身体が冷えてしまうと思うからです。
夜なんてもってのほかです。
基本的にはそういう時間的なことを気をつけながら、いつも輸液をしています。
でも、今回の激痛はホントにもう耐え難いもので、チャンちゃんには申し訳ないけど
朝早い時間にばかりしてしまっていました・・・。

スーちゃんにだって迷惑をかけてしまいました。
処方水を飲ませるのがホントに大変で、新しい処方水が届いた日に思いっきり
ひっくり返してこぼしてしまったんです・・・。
先生に連絡して再送してもらいましたが、1日に何度も飲ませなければならない
はずがあまり飲ませることができませんでした。
そのせいで効果が薄れてしまうのではないかと思うと、ホントにもう申し訳ない
気持ちばかりで落ち込みました・・・。

相方にもホントに迷惑をかけています。
何もかもしてもらわないといけない状態だったので、ご飯だってままなりませんでした。
1日のうちでまともなご飯を食べられるのは夜だけなので、やはりちゃんとしたものを
用意しなくちゃ!と思うんですがどうにもこうにも野菜を切るという簡単なことすら
できませんでした。
かぼちゃの煮物を作りたいと思ったけど、とてもじゃないけどそんな硬いものを切る
ことなんてできず、そうこうしているうちに痛んできてしまって処分するという、なんとも
もったいないことを何度もしてしまいました。
それでも耐えて作ったものをお皿に盛り付けるためにお鍋やフライパンを持つことも
できず、相方に頼んで盛り付けてもらうことの繰り返し。
洗い物もできませんでした・・・。
もう、ホントになんでもやってもらわなければなかったんです。

話は先月の最初の通院時に戻ります。
胃カメラで鎮静剤を使ってもらい、終わってから処置室で鎮静が完全に覚めるまで
休んでいたことは書きました。
そこへ先生がやってきて「何も問題なかったですね~」とおっしゃり、痛み止めと抗生剤を
処方されそのまま帰宅したわけなんですが、帰宅して2日経ってからふと胃カメラの
結果をプリントアウトしてくれた用紙を読み返してみたんです。
(翌日までは痛みで気にかけることも一切なかった)
自分の胃や十二指腸の写真なんてじっくり見たことないので、ちょっと気持ち悪いなぁと
思いました。苦笑

写真の横に診断結果が記入されていました。
-----------------------------------------------------
・食道    異常所見なし
・胃      萎縮性胃炎
        (他に痛みの原因となる所見は見当たらず)
・十二指腸 異常所見なし

フォローアップ 12ヶ月
------------------------------------------------------

ん???  萎縮性胃炎???  


先生何も言ってなかったのに、なんだろう???
何も言ってなかったんだから気にするような症状でもないってこと???

わからないことはネットで~ということで、早速痛みを我慢しつつスマホで
さらっと検索検索。

慢性胃炎が長期に渡ってなった末に萎縮性胃炎なるものになるらしい。
胃の粘膜が薄くなり、血管が透けて見えるようになる。
少し前までは加齢に伴って誰でもなるものだと思われていたが、最近になって
ピロリ菌が原因であることがわかってきた。
萎縮性胃炎は治らない。
胃がんの前がん状態・・・
ただ、この萎縮性胃炎は治らないということと、胃がんの前がん状態という説は
サイトによって少し捉え方が違うみたいですね。

ピロリ菌???

お恥ずかしながら、あまりピロリ菌のことについて知りませんでした。
名前や胃がんの元?みたいな、イメージでしか知らなかったんです。。。

ピロリ菌のことを調べると、あー確かになんとなく当てはまるようなことが
ありました。
それは、
ここ1、2年くらい、あまりお肉を食べたいと思わなくなったこと。
(たまには食べたくなるけど。笑)
胸焼けや胃もたれがよくあって、胃薬のお世話になっていたこと。
直近の半年か3ヶ月くらいから、食べられる量が極端に減ってきたこと。


痛みの程度や感じ方は其々のようですが、胃(みぞおち)や周辺の痛み、背中の痛み等
場合によってはかなりの激痛を引き起こされることもあるらしい。

これらを読んで、原因ってこれだったんじゃないの???と思いました。
早速、先週の通院時に萎縮性胃炎のことを先生に聞いてみました。

ワタシ 「前回の胃カメラの終わった後、ワタシも鎮静が完全に覚めて
      いなかったので気がつかなかったんですが(一応見落としでは?
      ということはいわずに。苦笑)
、胃のところで萎縮性胃炎と書かれていますが
      ネットを見たらピロリ菌が関係しているとか・・・」

先生   「(画像をPCに出してから) あ~確かに萎縮していますね」

ワタシ  「今回のワタシの痛みの原因には関係ありそうでしょうか?」

先生   「あるかもしれません」

ワタシ  「・・・・・・」


というような、なんとも笑ってしまうようなことがあり、ピロリ菌の検査をしました。
 
昨日その結果が出ました。
案の定、陽性

先生にいくつか質問をしました。
萎縮性胃炎はワタシくらいの年齢になると誰でもなるものなのかという問いに、
通常60代くらいの高齢になると誰でも萎縮性胃炎になっているそうなんですが、
ワタシくらいの年齢だとそんなにいません、と。
で、ということは加齢変性というよりは、やはりピロリ菌による萎縮ということ
なのでしょうか?という問いに、そうでしょうね、と。

ここ最近の食べられる量の減りやお肉への執着の薄れ(苦笑)等も、自分的には
なんとなく歳をとったから当たり前かな、なんて思っていたんです。
でも、そう思ったらいけないみたいです。
食べられる量が減ったのは慢性胃炎のせいだったということで、歳のせいだけ
ではなかったんだということがわかりました。

それで、ピロリ菌のことを調べると貧血のことも書かれていました。
詳しくはまぁググってみてください。苦笑
先生に、ワタシの貧血もひょっとしたらピロリ菌のせいだったのでしょうか?と
尋ねたら、その可能性は否定できませんね、と。
ピロリ菌があるヒトは胃の粘膜からの鉄の吸収ができなくなるので、と更に。
じゃぁ、ピロリ菌を除菌できたら貧血も改善しますか?との問いに、するかも
しれませんが一概には言えません、と。

ピロリ菌を保菌しているヒトでも、その中の70%程度は無症状キャリアと
いうことです。
残りの30%のヒトが何らかの要因(ストレスとか)が重なり、慢性胃炎や
萎縮性胃炎、そのまま進行するような症状が出るんだそうです。
無症状であれば特にそのまま除菌せずにいてもいいような記述がありました。
でも、これって反対に症状が出ているヒトは胃がんになる可能性が高いって
ことなんだと思います。
病院のサイトによって、お医者さんが書かれている記述の多くは、萎縮性胃炎は
胃がんになる可能性が高いとかなんとか書かれていて、ピロリ菌を除菌すれば
そのリスクは下がるけれど、症状が出ていないヒトや当然のことながら慢性胃炎の
症状がない健康な胃の持ち主のヒトと比べたら何倍もリスクは高いということ
だそうです・・・。
かといって、必ずしも胃がんになるわけではないんでしょうけどね。
ピロリ菌に感染していなくてもなるヒトはいますし。

ピロリ菌の除菌を保険適用でするためには制約があるそうです。
胃カメラによって慢性胃炎の症状が確認できた場合。
ピロリ菌がいても慢性胃炎の症状が胃カメラによって確認できなければ
適用にはならないそうです。
胃カメラは必須です。
この胃カメラの検査をしたくなくて実費で除菌される方もいらっしゃるそうです。
ワタシの場合、萎縮性胃炎は慢性胃炎の進行した症状なので、適用と
なるそうです。よかった~^^
検査も除菌も実費でされている方は結構いらっしゃるようですね。
確かに、将来的な胃がんへのリスクを減らすためならと思う気持ちも
よくわかります。
ちなみに、相方はいませんでした^^
一昨年だったかな?健康診断でワタシが無理いって検査項目に入れてもらったんです。
相方はいらない~!といっていたんですが、ピロリ菌はいないことがわかりました。

ということで、昨夜から除菌のための薬を飲んでいます。
この薬がまた・・・・大量!!!
カプセルがでかい!
1週間朝晩飲むだけですが、あまりの量に苦しいです。
副作用は10人に1人は出るらしいですが、いきなり今朝方出ました。。。
口内がなんだか苦い、やけに気持ち悪くて吐き気がして4時に目が覚めてしまいました。
通常いわれている副作用は、吐き気や味覚障害、下痢。
服薬後2日で出ることが多いそうですが・・・
薬の説明なんですが、こうした副作用と思われる症状が出たら~の後の記述はなんだと
思いますか?
普通なら中止する、ですよね。
これは違うんです。
こうした症状が出ても1週間必ず飲んでください、ですって!!!
飲み忘れると除菌失敗になるんだそうです・・・。
なんだか、えーー!という記述ですよね。苦笑
当たり前といっちゃー当たり前ですが。

ご存知の方も多いと思いますが(ワタシは知りませんでした。恥)、ピロリ菌の除菌は
2回まで保険適用ですることができます。
1回で成功しない場合があるんだそうです。
その場合2回目に薬の種類をかえて再度除菌するそうですが、2回目のほうが
成功率が高いそうです。
とある記述によれば、なんでも最初から2回目の処方で除菌をしてしまうと
誰でも保険を使ってしまうので国の予算が追いつかないからとか???
なので1回目はほどほどに効果のある薬が使われているとかなんとか・・・?
保険適用のほうがもちろんありがたいですが、実費で検査除菌をするヒトの
メリットもあります。
それは、最初から2回目の処方で除菌できるからです。
なので、実費のヒトのほうが除菌成功率は高いんだそうです。
1回目の除菌に使われる薬にピロリ菌が耐性を持ってきてしまっているので
別の処方が用意されていますが、除菌も2回以内で成功しないヒトもいらっしゃる
そうです。
その場合、3回目以降は実費になるんだそうです・・・ひぃ~~!
除菌が成功したか否かの判定は服薬1ヵ月後の検査だそうなので、その間にどうか
除菌できますようにと祈ります。

午後になってみて今日のワタシは・・・
少しだけ背中のこわばりが減ったかも?と感じます^^
気のせいかもしれませんが。
長々と書いてしまいましたが(苦笑)、今はちょっとだけ身体を動かしても激痛に
なることは減ってきています。
まだみんニャを抱っこするときはちょっと痛いですが、1日1日少しずつ痛みが
減ってきているように感じますので、安心してください^^
たくさんご心配をおかけしてしまいました。
本当に申し訳ないです。
そして、ありがとうございました。ぺこり
除菌がんばりますっ! (って、薬飲むだけなんだけど。笑)













スポンサーサイト

12 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/10/08 (Wed) 15:35 | REPLY |   

みぃ  

大変でしたね。ずっと更新がなかったので、もしかして腹膜炎とかだったんじゃ…とか思ってしまってました。
<先日、同じように更新がなかった方が、旦那様が腹膜炎を起こして入院していた、と読んだばかりで
なので、萎縮性胃炎、と、すいません、読んでほっとしました。

で、私も同じです(^^; ピロリ菌陽性で、萎縮性胃炎あり、ポリープもあり、逆流性食道炎も。
だけど私ペニシリンアレルギーで。ピロリ菌の除菌にはペニシリンが使われるもので、胃カメラをうけた病院だと、3次除菌からになると云われたんです。
<他の病院だと一次からのところもあるみたいですね
それで、「えー」と思って除菌しないまま今に至ります。
胃カメラしたのがちょうど一年前ぐらいなので、除菌する気になったらまた再度検査しないと。
私は検査では全く貧血してないんです。わりと濃いです。読んで、こんな違うんだなと思いましたが、その由来からそんなに痛いことがあるなんて…。

とにかく、無事に除菌が済むようにと思っています!
レスとかはお気になさらずに!(^^)

2014/10/08 (Wed) 17:12 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/10/08 (Wed) 20:50 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/10/08 (Wed) 23:43 | REPLY |   

みやび  

本当に大変でしたね・・・。
ピロリ菌ってそんなに激痛が伴うなんて知りませんでした。
私だったら、きっと寝たきりで何もできなかったと思います。
母は強しで、チャンちゃんもお利口さんですね。
でも、そこの先生、どうしてわからなかったのでしょうか?
異常ない、じゃないですよね。笑い事ではありませんよね。
副作用も大変と思いますが除菌がうまく行きますように
早く完治しますように。
少しだけ安心しました、お大事になさって下さいね。お返事要りませぬ。
スーちゃんも穏やかに過ごせますように。

2014/10/09 (Thu) 17:23 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/10/09 (Thu) 23:33 | REPLY |   

やまだのママ  

★鍵コメさんへ★
おはようございます。
(先日はありがとうございました!ぺこり)

あの検査の日って、なんか妙に先生急がれているような
そぶりがあったんですよ。
でなきゃ外来でたくさんの患者さんが待っているのに、
わざわざワタシが寝ている処置室まで結果を言いに
来たりしなかったと思うんです。
萎縮性胃炎自体はそんなに大事ではないでしょうし、
普通によくあることなんだと思います。
それでということもあったと思いますが、もう少し
よく見て欲しかったですよね。苦笑

LG21のヨーグルト効果あるらしいですよね^^
ピロリ菌に効果があるというものですが、スプラウトや
マヌカハニー、もずくなんかもあります。
ワタシも今回のことがある以前の話になりますが、
マヌカハニーは毎朝半年くらい続けてずっと野菜ジュースに
入れて飲んでいましたが、結果としてはだめだったと
いうことでしょか。苦笑
でも、お母様がいたということは鍵コメさんもいる可能性が
ありますので、検査されたほうがいいですよ~
将来的な心配がなくなると思えばいいじゃないですか^^

2014/10/13 (Mon) 09:00 | REPLY |   

やまだのママ  

★みぃさんへ★
ご心配おかけしました。ぺこり

みぃさんもいるんですねー
ピロリ菌と逆流性食道炎同時にっていう方は結構多いみたいですね。
貧血が出るような症状が表立って出ていないのはいいですよね。
ワタシなんて思いっきりスプーンネイルですし。苦笑
(ピロリ菌由来の)貧血の種類も自己免疫由来のものと悪性貧血と
2種類あるそうですが、ワタシはどっちなんだろうなぁ~と。。。
ピロリ菌陽性と検査でわかっているなら保険適用にならなくても
処方してもらって除菌してもいいかもですよね。
お薬だけだったらそんなにしないと思いますし、将来的な不安が
やはりあると思うのでお時間のあるときに是非と、ワタシがいっても
仕方がないんですが(苦笑)お勧めします。
それにしても、副作用はかなり出ています。
こんなに腹痛と吐き気で苦しむなんて初めてかもしれません。
今回はいろんな意味で初体験ばかりです。苦笑

2014/10/13 (Mon) 09:08 | REPLY |   

やまだのママ  

★2番目の鍵コメさんへ★
(メールのお返事は後ほど送らせていただきますね)

原因はホントにこれだけだったのかなぁ~?という
一抹の不安は残りますが、とりあえず今のところ
痛みも減ってきたのでヨシとしています^^
ピロリ菌にもずくはいいらしいですが、ワタシも実は
もう何年もずっと食べているんですよ。苦笑
マヌカハニーも半年ほどず~っと毎朝野菜ジュースに入れて
飲んでいましたが・・・結果的には今回陽性でしたね。
スプラウトは別にピロリ菌のためではなく抗酸化作用の
ために食べていますが、これもピロリ菌にはあまり
ワタシの場合は効果がなかったのかもしれません。
それだけ強力だったからかしら?苦笑

エリカラのことはまたメールしますね。

2014/10/13 (Mon) 09:13 | REPLY |   

やまだのママ  

★3番目の鍵コメさんへ★
ワタシ全然ピロリ菌のことなんて知らなかったので
想像すらしませんでしたが、鍵コメさんはなんとなく
予想されていたんですね!すごい。
原因がホントにこれだけだったのかどうかちょっと???
な部分が残りますが、とりあえずは痛みがなくなってきて
普通の生活ができるようになったのでいいです^^
叔母様も陽性でしかも貧血ですか!
しかも除菌失敗とは・・・
ワタシも1回で除菌できるか心配です。
除菌判定は呼気検査って決まってるみたいですね。
いるかどうかの検査は血検、呼気、尿、胃粘膜の培養と
あるらしいですが。
っていうか、だったらワタシの場合も胃粘膜とって
やってくれたらよかったのに!と思ったり。苦笑

そして、猫さんのこと・・・
実はあれからどうなったのか心配していたんですよ。
薬の量が多かったのかどうか検査している~っておっしゃって
いたじゃないですか。
それが今はもう効かなくなっているなんて・・・
白血球が減少したりしていないんでしょうか。
甲状腺~の病気って、ワタシはチャンちゃんのことからしか
思うことを書けませんが、口臭は脱水からきている可能性も
大きいと思います。
チャンちゃんも投薬前の状態ではホントに急に口臭がきつくなり、
投薬が安定してくると減ってきました。
と、同時に脱水も徐々に緩和されてきて。
もし、手に入るならですがArs-iodのレメディを天然水で溶かした
ものを飲ませてみてはいかがですか。
猫さんの甲状腺~ホルモンの病気の現代薬の補助として使われる
レメディですが、実はチャンちゃんこれのおかげでかなり回復
したんですよ。
もしかしたら普通には手に入らないレメディかもしれませんが、
鍵コメさんだったらツテがおありだと思うのでどうかなと思って。
余計なお世話だったらゴメンナサイ。ぺこり
猫さんが穏やかに一日を過ごせるようお祈りします。

2014/10/13 (Mon) 09:26 | REPLY |   

やまだのママ  

★みやびさんへ★
ご心配おかけしました。ぺこり
ホントにピロリ菌だけだったのかどうかまだわかりませんが、
胃の激痛を伴う方はいらっしゃるようですよ。
萎縮性胃炎自体はそんなに大きなことではないんだと思います。
50.60代になればほとんどの方に出ておかしくない症状だって
いいますし。
それが無症状なのかどうかって差なんだと思います。
ワタシのように症状が表面化するヒトも中にはいるそうですが、
こんなに激痛で苦しむヒトも多くはないと思います。苦笑
でも、あまりの激痛にピロリ菌の除菌を入院しながらされる
ヒトもいらっしゃるということですし、あながち軽く見ても
いけない症状なのかな、と素人的には思ってしまいました。
何はともあれ、やっと普通の生活ができるようになりました^^

2014/10/13 (Mon) 09:30 | REPLY |   

やまだのママ  

★4番目の鍵コメさんへ★
ご心配おかけしました。ぺこり
ホント最初はなんなんだ、これ?とワタシも不安でした。
膵炎はアミラーゼが反対に低くて、腎数値もBUNは低すぎな
くらいですし当然のことながら石もありませんでした。
あとは除菌が成功してくれることを祈るばかりです。

検査のアドバイスありがとうございます^^
バリウムではだめなんですね~なるほどです。
ホントこれからは年に1回とか胃カメラやらないとですね!
除菌できても胃がんのリスクは陰性の方々よりは何倍も高い
ことにはかわらないわけですし。。。
あまり先々のことは考えないようにしていますが、なんとなく
リスクが高いっていやな言葉ですね。苦笑

いろいろ教えてくださってありがとうございます^^
お引越しのお片づけがんばってくださいね。

2014/10/13 (Mon) 09:37 | REPLY |   

Leave a comment