やまだのお部屋

ARTICLE PAGE

ドリル 初盆

お久しぶりです。
何もお伝えせず、お休みを続けてしまいスミマセンでした。ぺこり
お休み中も訪問していただいたり、心配してメールをくださったりした皆さん
本当にゴメンナサイ。ぺこり
これからまた気を取り直して、更新とかできたらいいなぁと思っています^^











今年もお盆になりました。(当たり前ですね。笑)
今年はドリルの初盆になるので(旅立ってもう5ヶ月なんですね・・・) 
例年よりも手厚く(?)準備したいなぁと思っていました。

6/3 今朝のドリル①
(↑このお写真は遺影の1つにしています)

でも、いろいろ考えてはみたけど結局は例年通りになってしまいました。苦笑
夕方に迎え火を焚くのが慣わしだと思うのですが、朝なら相方も一緒にできるので
今朝お庭で焚きました。
毎年、風が強かったりしてなかなか点けられないことが多いんですが、今年は
珍しく1発で点きました。
家の中で小さな行灯(電気式)も点けています^^
ドリルをはじめ、みんニャが迷わないよう無事に帰ってこられますように。祈

ドリルへ
はじめてのことだからやまだやタロウパパたちの後について迷子にならないようにね^^









いつでもドリルと一緒に居たがったチャンちゃんのことを、追記に
書きたいと思います。
いつも一緒^^ドリルとチャンちゃん










その前に、ちょっと懐かしいお写真を^^
97.6.30のスーちゃんとドリル

以前にも何度か載せたことがありますが、まだまだ赤ちゃん猫さんで
やんちゃな盛りだった、スーちゃんとドリルです^^
このお写真結構好きで、スーちゃんが成長とともにどんどん女王様に
なっていく様を物語っているようです。笑

















お休みしていたのにはワケがあって、どうしても今までのように
書くことができなかったからです。

まず、スーちゃんのこと。
先月末のことです。
しこりのある乳首(正しくは乳頭のほんの少し横)から自壊しました。
今までしこりが大きくなったり小さくなったりすることもあり、また乳首の
周りの毛が少し分泌物で固まったりすることがありましたが、明らかに
肉眼で確認できる自壊はありませんでした。
おそらく、乳首から分泌物が出ていると思っていました。
でも、今回は明らかにほんの小さな赤い点があって、そこから出血して
いることでわかりました。
気がついたときは、乳首の周囲3cmくらいが血で赤くなっていて、かなり
ショックで恐ろしくなりました・・・。
前日に腫瘍プロトコールのホモトキと、新しい腫瘍対策のレメディを飲ませた
こともあり、それらの好転反応の可能性が高いということで、少しだけ様子を
見ることになりました。
ただ、その間もスーちゃんは元気いっぱいで、普段となんら変わらず過ごして
いました。
もちろん、今もです。
出血したのはその1日だけで、翌日以降はしこりの部分はきれいになっていました。
洋服でも着せて舐めさせないようにしたほうがいいのだろうか、またはエリカラで?
そんなことは当然考えました、今も。
このことはおいおい確かな必要性を感じたらまた書きたいと思いますが、今のところ
そのしこりはやはり好転反応だったのか、穴が大きくなるとか分泌物がたえず
出続けるとか、そういったことはありません。
きれいになっています。

思えば、5月にスーちゃんの毎月行っている波動テストで生命力を現す免疫の
数値が急に下がってきていました。
年齢とともに高齢になればおのずと下がるものだと説明は聞いていましたが、
やはり免疫が下がったことによって腫瘍に対する力も弱まったのかもしれません。
そして、腫瘍が身体を攻撃する力のほうが大きくなり・・・

胸にしこりができたときから、いつかこうなることはわかっていました。
やまだのときのことがあるので、これからどうしたらいいのか、どうすべきなのかは
一度は頭が痛くなるまで何日でも考えたことがありました。
でも、わかっていても、予想できたことだとしても、やっぱり辛いんです。
今はまだなんら変わらない元気な毎日を過ごせていますが、いつ何時どうなるかは
わからない状況に入ったということです。

2014.8月中のスーちゃん

















そして、チャンちゃんのこと。
2014.8月中のチャンちゃん①

チャンちゃんは、甲状腺機能亢進症になりました。
このお写真は今月はじめにマックスで体調が下降していた時です。
今はもう少し表情も柔らかくなりました。
チャンちゃんのことを書くには、実はもっともっと前からのことを書かなければ
いけないんです。
でも、もうワタシにはそれを今までのように詳細に書く気力がありません。
今は、毎日お薬を飲み、脱水緩和のために輸液をしています。
お薬を飲むようになってからは、少しずつですが起きている時間の表情が
柔らなくなってきたことや、身体のだるさ加減の緩和が感じられます。
まだ飲ませ始めて2週間足らずですから、もう少ししたらもっと良好な変化が
現れるのかもしれませんが、こんなマイナス的な感情を今ココで書いても・・・
と思いながらも、やっぱり書いてしまいます。ゴメンナサイ。

ドリルがいなくなってしまったことが、チャンちゃんにとっては本当に
耐え難いほどダメージになってしまったのかもしれません。
今まではドリルがいることで身体の中で均衡が保たれていたのかと
思えてなりません。
いや、これはワタシの自己弁護になるのかも・・・
ワタシは、チャンちゃんの体重減少やほんのちょっとの変化に昨年から
ずっと気がついていました。
そして、それらがおそらく甲状腺ホルモンが影響しての症状ではないかと
予想していました。
一時体重が戻ってきたことや、大きな声で鳴いたりすることがなかったし、
今ほど脱水はしていませんでした。
そんなちょっとの日々の変化を見ては、検査することを延ばし延ばしに
してしまいました・・・。
ドリルの旅立ちがあり、先月中旬からチャンちゃんが激変してきました。
特徴的な大きな声で鳴くようになったんです。
吼えるように。
と同時に、脱水が激しくなり始め、鼓動が早くなり、1日中暑がって少しでも
涼しい場所に居たがるようになりました。
耳や肉球が真っ赤になり、身体を触るといつでも熱かったんです。
いろんなことの布石はあったのでしょう。
積み重なり、精神的ダメージの強さも相成り、長い間の負担が相当堪えて
しまった身体は、もしかしたらもう戻らないのかもしれません・・・。

急に老け込んだように気がする、と相方も言います。
チャンちゃんはいつでもどこか幼げなところこが残っている子ですが、
ここへきて急激に老いを感じるようになりました。
ご飯を食べたりおトイレに入ったり、ごく当たり前の生活はまだ普通に
できています。
ほたてが大好きで、毎晩寝る前にあげていますがそのときだけは若返った
かのように、ちょうだいちょうだい~~!と鳴いてせがみます。
その声を聞くたびに、とても切なくなります・・・。

チャンちゃんの痩せた様や脱水を感じると、同じ茶色だったせいでボムボムの
ときを思い出してしまいます。

ホントは他にもいろんなことがチャンちゃんに降りかかっていると感じています。
でも、それらを細かに書く気力が沸いてきません・・・。
ただ今はもう・・・今のチャンちゃんを受け止めていきたい、それだけです。







ドリルが今年旅立ち、ひょっとしたら・・・と考える自分がいます。
でも、やっぱりこのひとことです。
今のスーちゃんやチャンちゃんを受け止め、そして少しでも穏やかに
過ごせる時間が作れるようにがんばる、そのためだけにがんばる!!!

















スポンサーサイト

7 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/08/13 (Wed) 11:12 | REPLY |   

ちびんた  

こんにちは。毎日暑い日が続きますね。
ママさん、そして みんにゃ の事がわかって
とっても安心しました。
連絡しようかと何度も思ったのですが、しないままになっていました。

何かが起こっているのではないかと思ってしまってました。
こういう事(もちろん もっともっといろんな事)があったのですね。

うちもですが、シニアの子たちと 長く一緒にいると、
いろんな事が起こりますもん。
実際 私もそうですから。

少しでも 長く 穏やかに!!!
私もそのひとりです。

甲状腺、くろくんは 投薬3年半ちかくたちました。
もう限界みたいで、とても痩せてきてね、
ちょうど今週から毎日輸液です。
もう一山きて、太ってくれたら・・・と願う毎日です。
大丈夫、お薬の効果 出てきます。
待っててください。メリカゾールかしら・・・。

私も甲状腺の記事を 超久しぶりに書こうとしています。
書いたら読んでみてください。
数日中にはアップしますので。

ママさん お体ご自愛くださいね♡

2014/08/13 (Wed) 11:27 | EDIT | REPLY |   

やまだのママ  

★鍵コメさんへ★
おはようございます。
時節のご挨拶をいただきながら、お返事もできずに
スミマセンでした。ぺこり
鍵コメさんはお変わりないですか。
お母様の容態も安定していますか。
夏休み中のお嬢様とおでかけになりましたか^^

大変・・・う~ん、ワタシは特に何がということでは
ないんですが、立て続けにもしかしたらとか考えて
しまう自分がいて、そういう風にしか考えられない
自分がいやだなぁとかずっと思っていました。

ありのままを受け止めることは、へんな書き方に
なってしまいますがやはり経験が必要だと思います。
こんな経験積みたくはもちろんないでしょうけど・・・。

1日が終わると、今日も一緒にいてくれて感謝する
毎日です。


2014/08/15 (Fri) 08:45 | REPLY |   

やまだのママ  

★ちびんたさんへ★
おはようございます。
先日はホントにありがとうございました。ぺこり
電話でも言いましたが、ネットの情報ももちろん
ありがたいなぁと思います。
でも、病気のことって生の声を聞けるとホントに
励まされますね。
くろくんはそうなんだぁと詳しく教えてもらい、
だったらきっとチャンちゃんもがんばれるのかな、
と思えることもでてきました。
でも、その反面、やはりどうしても大丈夫とは
思えない自分もいて・・・
居ても立ってもいられない状態です、まだ。
それでも、今のチャンちゃんを受け止められるように
ワタシもがんばりたいと思います!
また、わからないことが出てきたら教えてください。
記事も楽しみに(?)しています。

2014/08/15 (Fri) 08:50 | REPLY |   

みやび  

スーちゃん、ドリルちゃんの赤ちゃんの写真本当に可愛いですね。
猫さんて純粋だから可愛いのですね。人間とは違って・・・。

心配ですね、不安ですね。
ママさん家の猫さんは皆長生き猫さんだから、色々な病気にもかかるのでしょうか。
何の知識もなく、アドバイスもできずごめんなさいね。
私も少しでも長く、穏やかにと思います。
きっと、ママさんのそばにいることがこの子達の一番の幸せだと思います。
どんなことがあっても、守ってくれるママさんがいるのが何よりだと思います。
みんなが穏やかな時間を過ごせますように。

2014/08/18 (Mon) 13:41 | REPLY |   

みやび  

書き忘れ、ごめんなさい
ドリルちゃんとチャンちゃんの写真、とってもいいですね。
ほっこりして、心が洗われるようです。
きれいなお写真です。
世の中もこんなにきれいで穏やかだとといいですね。

2014/08/18 (Mon) 13:51 | REPLY |   

やまだのママ  

★みやびさんへ★
ご無沙汰してしまってゴメンナサイ。
ご心配おかけしています。ぺこり

それこそ少し前までは15歳オーバーなんて
すごいご長寿みたいなイメージでしたが
今は20歳オーバーの猫さんもたくさん
いますよね^^
20歳なんてほんとにすごい羨ましいですし、
その子に合った生活スタイルでストレスが
少ないんだろうなぁ~と思います。
歳を重ねればヒトと同じように病気になるのは
当たり前だけど、余生が少なくなってきたときに
病気になるのはまたなんとも悲しいものですね。
みんニャが少しでも穏やかに過ごせるように
がんばります^^
ありがとうございます。

2014/08/22 (Fri) 09:13 | REPLY |   

Leave a comment