やまだのお部屋

ARTICLE PAGE

チャンちゃん 痛み再発 → 治まる


今朝、撮り立てのドリルとチャンちゃんです^^
朝の輸液が終わり、一息ついているところでしょうか。
11/16 朝のドリチャン①







先週、11/6(水)夜21時40分頃です。
チャンちゃんが下半身をびっこ引くような感じで歩いているのに
気がつきました。
11/16朝のドリチャン②
抱っこしてゆっくりと下半身を触ってみると、正確にはあまりどちらなのか
わからなかったけど、腰ではなくどうやら後ろ足の片方どちらかが痛そうな
感じでした。
馬尾症候群からくるものなのか、はたまた何か関節炎なのかわかりませんが
頓服でいただいてあったオンシオールを急いで飲ませました。






スーちゃんやドリルのときは飲ませて1時間以内には効いてきたんですが、
チャンちゃんは1時間経ってもちょっとだけびっこ引いたままでした。
違う何か病気なのだろうか・・・と、もしこのままの状態だったら
翌朝は通院だなと思っていました。
11/16朝のドリチャン③
1時間45分くらい経った頃、やっと普段通りの歩き方になりました。
心配でなんだか眠れなかったけど、手足をグ~ンと伸ばして寝る姿が
見られたら、ワタシもホッとして寝ることができました^^
以来、痛みは再発していません。






いろんな考え方があると思います。
11/16朝のドリチャン④
自然療法の先生は、鎮痛剤で痛みを抑えてしまうと身体を休めるという
ことをしなくなり、その後悪化してしまうことがあるのであまりよくないと
いいます。
うん、確かにそうだとワタシも思います。
ただ、ワタシはやはりその考えが理解できても、痛くて辛くて・・・
という状態をあまり長くそのままにはしておけません。
痛くて歩けないなんて・・・と思ってしまうんです。

今回は最初の馬尾症候群の発症のときのように少し触るだけでかなり
痛がるということはなく、またどこかに隠れるようなこともありませんでした。

自然療法の先生に痛みに使えるレメディ(Arnica)をいただきました。
外傷や痛みによく使われるものだそうです。
痛み止めとは違うので作用するのかしないのか、どのような効果が
出るのかは固体差もあるのでわかりませんが、今後のために念のため
手元に置くことにしました。
また再発したときはとりあえずこちらを先に飲ませてみようと思います。













歳を重ねるってこういうことなのかなぁとつくづく思います。
やまだやボムボム、タロウ、ナオミたちには痛みを抑えるための
何かで悩んだことはほとんどありませんでした。
もちろん、病気のことでは悩みましたが。
チャンちゃんの馬尾症候群や関節炎にしろ、ドリルもスーちゃんも
今年は痛みで足を引きずるようなことがありました。
それぞれ程度の差こそあれ。

16歳の猫さんとの暮らし、毎日一緒に時間を重ねるのも初めてです。
1分1秒すべての時間を重ねるごとに初めてのことを身をもって教えて
もらっています。

ヒトも歳を重ねるごとに身体も心も変わってきますね。
ワタシは、みんなと一緒に過ごせるあと数年の暮らしの中で、どんな風に
変わっていくのかな・・・
あっという間に過ぎてしまう残された時間を、どれだけみんなに快適に
穏やかに過ごしてもらえるか、それだけを考えてあげられたらなと思います^^














スポンサーサイト

2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/11/16 (Sat) 17:28 | REPLY |   

やまだのママ  

★鍵コメさんへ★
またまたお返事が遅くなりました~ぺこり
今週はお日様サンサンで気持ちが良いですね^^

もう帰省されているのですよね。
お母様、きっとまたさらに快復されているんだろうなぁと
思っています^^
お帰りになるたびに元気をもらっているのでしょうね。

お嬢さま、お誕生日おめでとうございます!
何歳になってもご家族でそうしてお祝いしてもらえるって
素敵だなぁといつも羨ましく思っています^^

そうそう、以前いただいたふくの燻製?ですが、主人が
たいそう気に入ってお酒のつまみ、そしてお茶漬けにと
喜んで食べていました^^
炊き込みご飯にもいいかも?と少し保存しています。
ご馳走様でした。ぺこり

帰省されたり外出の機会が多そうですが、お風邪など
ホントにお気をつけくださいね。
鍵コメさんのことだから万全の備えだと思いますが。笑

いつもありがとうございます。

2013/11/22 (Fri) 09:39 | REPLY |   

Leave a comment