やまだのお部屋

ARTICLE PAGE

国会図書館


国立国会図書館へ行ってきました^^
お写真はありません。ぺこり


以前から行ってみたかったんです~
やっと念願叶いました♪

行ってみたかった理由は、もちろんみんニャの病気のことを知りたいからです。
今はドリルのアスペルギルス症のことを一番にですが。

国会図書館は、国内で出版された本が全てあるそうです!驚
すごいですよね~
どんな風に本が読めるんだろう???と不思議でしたが、すごい手続きが
簡略化されていてさらにビックリしました。

まず、ICカードを発行してもらいます。
本人確認書類が必要。
カードは3年間利用できます。
そのカードで入退館と、本を借りるための手続きをします。
手続き等はすべてPC。
検索、申し込み、貸し出し、返却、コピー、全てにおいてICカードをPCに
セットして手続きします。
もちろん、一人で。
自分でセルフで本棚から勝手に本を取り出すわけではありませんでした。
まぁ・・・そうだとは思いましたが、こういうシステムだとはビックリでした!

PCで検索し申し込みボタンを押し、貸し出しの用意ができると入荷のお知らせが
PCに届きます。
届いたからといって何か連絡が直接あるわけではありません。
入荷されたかどうかはまたさらにPCにログインして画面で確認しなければなりません。
面倒でも、イチイチ確認しなければなりません。
もっと時間がかかるかなぁ~と思ったんですが、ワタシの場合は申し込みをして10分
くらいですぐ貸し出しできました^^
あとは好きな場所で読むだけです。
読み終わったら返却カウンターに戻します。
このときももちろんICカードの提示が必要です。
ホントになんでも必要なんですね~

有料ですがコピーのサービスももちろんありました。
即日発行か、後日郵送の2通り選べます。
即日発行の場合は20分~かかるとありました。
コピーの申し込みも、専用の端末にログインしてから申込書を印刷し、そこにコピーして
欲しい箇所のページを記入してカウンターに提出という感じでした。
自分でコピーすることはできません。
ホントは即日発行にしてもらおうと思っていたんですが、相方があまりの暑さで具合が
悪くなってしまったので、家からネットでも申し込みが可能なのでそうすることにしました。
必要箇所のページだけ確認しておけば大丈夫です。




猫さんの病気の本で、欲しい本があるんです。
でも、かなりワタシ的にはお高くて躊躇せざるを得ないというか・・・
猫さんの専門書だったらすぐ買っていたと思うんです。
だけど、往々にしてありがちな「犬、猫」という一緒のくくりの本なんです。
それもあって躊躇しちゃっています。

今回国会図書館に来たかったのは、その本を実際見たかったからでした。

猫さんの病気を調べる術は、ネットや市販されている一般人が見られる本が
ほとんどだと思います。
ただ、それだとどうしても珍しい病気というものはほとんど調べることが
できません。
ナオミの髄外性形質細胞腫(プラズマ細胞腫)にしても、ドリルの
アスペルギルス症にしても、すぐ手に入るような本にはまずほとんど詳しい
病態や鑑別診断、治療方法等は載っていません。

ナオミに続きドリルもまたこうして猫さんでは非常に珍しい病気になりました。
あまり考えたくはありませんが、この先もしかしたら他の誰かがまた何か
猫さんでは聞いたことがないような病気になるかもしれません。
そうなったとき、またネットで何日も何日も欲しい情報が得られないまま無駄に
時間を費やすよりも、どんなに珍しい病気でも載っているような本がもしも
手元にあれば・・・と考えるようになりました。

いわゆる獣医学専門書の部類になるんだと思います。
でも、専門書といってもチンプンカンプンな文章の羅列ではありません。
もちろんわからない文言はたくさんありますが、それもまた調べればいいことです。
なんといっても、一般の本ではまず見つけられなかったアスペルギルス症のことが
とっても詳しく載っています。
しかも!そのような本がいくつかありました。

また、今回アスペルギルス症のことでもう1つ確実な情報として調べたかったことが
ありました。
それは、コルチコステロイドの使用についてです。
真菌が絡む病気を調べると、ステロイドについてのよくない情報が多々目に入りました。
ドリルは顔が最初に膨張してきたとき、その少し前に5日間ステロイドを飲ませて
しまいました。
まだそのときは骨肉腫だと思っていたから、最後の最後の希望の1つとして迷いながら
使用に踏み切りました。
使用を中止し、その後すぐにあっという間に右側の顔だけ大きく大きく腫れました。
ステロイドの使用によって免疫が抑えられ、中止したことで一気に菌が爆発したという
ことが自然療法の先生の見解です。
ワタシもそう思わざるを得ないタイミングでした。

はっきりと”コルチコステロイドの使用が禁忌”だという文言が書かれている本が
見たかったんです。
そして、ありました。
欲しかった本ともう1つ別の本も書かれていました。
やっと、そういうようなことがあるらしいよ~から、そうだ、という確実に変わりました。
スッキリしました^^

この2冊の本はいつか買おう!と心に誓いました。
冬のボーナス次第かな・・・苦笑

まだまだ見たい本がたくさんあったんですが、なんせ相方が暑さに弱く・・・
実際、確かに図書館はかなりの暑さでした。
熱中症になっちゃうんじゃない?と思ってしまうくらいに感じてしまい、相方も
たぶん軽いそんな症状になったんだと思いました。
なので、かなり分厚い本ではありましたが結局3冊しか読むことができず、ほかに
絶版している本など7冊くらいは見たかったんですが、次回に持ち越しです。
もっと涼しくなったらまた来たいところでした。笑




今日はワタシの来たいところに連れてきてもらったので、明日は相方の行きたい
ところ、伊豆に行く予定です^^
帰りは温泉~♪
















スポンサーサイト

4 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/07/17 (Wed) 17:54 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/07/18 (Thu) 00:25 | REPLY |   

やまだのママ  

★鍵コメさんへ★
おはようございます。
こちらもお返事が遅くなってゴメンナサイ。ぺこり

ワタシが借りた本は読む方が限られてしまうような
部類だったせいか、貸し出しまでの時間も短かったですし
本の状態もとてもよかったです。
でも、中にはとても古い本もあるわけで、そういう本は
場合によっては見ることができなかったり、一部分だけしか
見れなかったりもするみたいです。
100年先も見られるように大事に扱う、ということだそうです^^
でも、ホントに暑いので(外のほうが涼しく感じたくらい)
夏は避けたほうがいいかもしれませんねー
ワタシもまた涼しくなってきたら行く予定です^^

先生と会われて元気パワーをもらえて何よりです!笑
お母様の好み?なのでしょうか^^
お父様と似ているとか???
嬉しいこと、楽しいことをたくさん作って、免疫力
アップですね。
鍵コメさんもお体壊されませんように。祈

2013/07/23 (Tue) 09:13 | REPLY |   

やまだのママ  

★2番目の鍵コメさんへ★
おはようございます。
お返事が大変遅くなりゴメンナサイ。ぺこり

国会図書館、ホントに便利ですね~^^
欲しい本も中身をちょこっと見てから決めたいこととか
多いと思うんですが、専門書って置いてないですもんね。
しかし・・・あの暑さで皆さん集中できないようでした。
あと1度くらいエアコン下げて~!と思いました。苦笑

ネットでいろいろ体験談とかは見つけられますが、やはり
あくまでも体験の1つだと思うんです。
「○○だと思う」とか、「だれそれがそういってた(書いていた)」
とか、「○○先生がそういってた」とか。。。
もちろん参考にはとてもなりますが、100%鵜呑みにはできない
部分もありますよね。
専門書のいくつかがそう書いているのなら、やはりそうなんだと
確信できるし、自分の眼で見て調べるという行為がまた確かな
情報の信頼度を高めるというか・・・?
なにはともあれ、いつか欲しい本ではあります^^

2013/07/23 (Tue) 09:20 | REPLY |   

Leave a comment