やまだのお部屋

ARTICLE PAGE

スーちゃん 通院

今日、午前中に通院してきました。
6/4 夕方のスーちゃん②

昨夜19時半頃、それまで普通にしていたスーちゃんの歩行が急に
おかしくなりました。
19時頃に抱っこしたときはまったく普通で痛がるそぶりもなく、
その後ソファーでいつも通り寝始めました。
ふと起き出して歩こうとしたスーちゃんが、下半身を少しびっこ
引くようによたよたと歩いたんです。
急いで相方に(休日)「スーちゃんがおかしい!」と伝え、二人して
歩き方が痛そうだね、と。。。

チャンちゃんの馬尾症候群が真っ先に頭をよぎりました。
下半身が痛そうにしている姿を見て、もしやと思いました。
あきらかに骨折とかそういう痛さ加減ではないとわかりました。
痛そうといっても、チャンちゃんのときほどではありませんでした。
歩いたりちょっとジャンプしたり、おトイレもちゃんとできていたので。
チャンちゃんのときはホントにもう激痛!という感じがヒシヒシと伝わって
きたんです。
でも、それは個体差や症状の加減もあるだろうし、スーちゃんも馬尾症候群
になってしまったの?もしくは関節炎か?などと想像していました。

朝になって少し痛さが軽減した様子でした。
朝ごはんもキチンと食べました。
昨夜は触ると嫌がったのですが、今朝はもうちゃんと触らせてくれるくらいに
なっていたんです。
改めてキチンと脚や腰を触ってみましたが、脚が冷たくなっているわけでは
なかったので血栓が飛んで~ということはないと思いました。
丹念に触ってもそんなに痛がらなかったので、やはり骨折ではないと思いました。
歩行もだいぶよくなっていました。
それでも、このまま悶々とすることや、なんといってもスーちゃんが痛いのかも
しれないと思うと早々に診てもらおう!と通院したというわけです。






6/4 夕方のスーちゃん

心臓から~のことも気になったので、念のため循環器の専門の先生に
診てもらいました。

体重4.0kg

触診、聴診をして、心臓からくるものではないと思うということ。
その後直腸に指を入れて、馬尾神経のある付近を圧迫してどこが痛がるのか
確認してくださったんですが、一部若干痛がるところがありましたが、そんなに
激痛!というところまでではない様子でした。

考えられるのは、やはり馬尾症候群。
もしくは椎間板ヘルニア。
または関節炎。

レントゲンは、猫さんの場合はあまり参考にならないということで必要ないと
いわれました。(チャンちゃんのときは???)
レントゲンやCTを撮ったとしても、結局はMRIを撮らないと確定診断はできない
ということで、むやみにお金を使う必要もないのではというお話でした。
その後、念のため歩行しているところを見たいということで、床を歩かせました。
ほふく前進でしたけどね。苦笑

治ることはないものなので、対処療法になってしまうのはチャンちゃんと同じです。
痛みが出たら薬で抑え、効いているうちはその方法でいくしかないみたいです。

第一選択はステロイドと説明を受けました。
ワタシは「第二選択は?」とすぐに尋ね、非ステロイド性の消炎剤と聞きました。
チャンちゃんのためにメタカム(混濁液タイプ)を常備していることを伝えたら、
それでもかまわないけどオンシオールという即効性があるお薬(錠剤)が
あることを聞きました。
詳しくは コチラ
2011年に発売され、まだ比較的新しいお薬なのでちょっと心配だったんですが、
説明を見る限りではメタカムよりいいかも?と思いました。
なんといっても薬効の出現が投与後30分!
すぐに効くのに半減期が短い!
そして、半減期が短いのに炎症部位には長く留まるそうです。

どのお薬もそうなんですが、やはり半減期が短いに越したことはありませんよね。
ということで、先生はなんとなくステロイドを処方したそうだったんですが、
迷わずこのオンシオールを処方していただきました。
先生は無駄にするのはもったいないので手持ちのメタカムを使っても~と
おっしゃってくださったんですが、痛みはやはりすぐとってあげたいじゃないですか。
なので、その場ですぐ1錠飲ませて(ワタシが)、あと2回分粉末にして処方して
いただきました。
メタカムとどちらが飲ませやすいかはその時臨機応変に対応したいと思います。




帰宅してからのスーちゃんはご飯をバクバク食べ(ヤケ食い?)、あっという間に
普通に歩けるようになりました^^
痛みが取れれば今までどおりに甘えてくれるように戻り、ホッとしました。
やはり痛くて仕方がないときは近寄ると逃げるんですよね。。。
あんなにいつも甘えん坊さんのスーちゃんが逃げるなんて、と悲しくなりますが、
防御本能なのでしょうか、仕方ないことですよね。




お薬が効いてよかったです^^
もし効かなかったときはステロイドを処方しますから~といわれたので、効いて
くれるといいなと願いながら時間を過ごしましたから。



馬尾症候群にしろ椎間板ヘルニアにしろ関節炎にしろですが、16歳という年齢は
ホントに高齢期なんだなぁ~と実感する1日でした。















スポンサーサイト

4 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/06/04 (Tue) 22:05 | REPLY |   

みやび  

ドリルちゃんが元気になって、一安心と思いきや、今度はスーちゃんですか?
大事に至らないと良いですね。
猫さんも寿命が延びて来たせいで、色々な病気が出て来るのでしょうか?
今回も、すぐに気付いて対処できて、良かったですね。
私なんかは、何の知識もないので、きっとママさんのようにはできないかな・・・と思ってしまいます。
スーちゃんはとっても美人さんですね、気の強そうな所がいいですね。
この猫ベットの生地、わりと好きです・・・。(大変な時にごめんなさいね)

2013/06/05 (Wed) 10:51 | REPLY |   

やまだのママ  

★鍵コメさんへ★
こんにちは。
今日は久々の雨ですね~

ドキドキさせちゃってゴメンナサイ。
でも、今のところ痛みは取れているみたいで
元気になりました^^
痛い、苦しいのだけはすぐにとって上げたいです。
なんとなくワタシも関節炎とかかなぁ~と思います。
馬尾症候群にしては痛みが軽い?ような。
ヘルニアだったらもっと歩行がおかしくなるような
気もするし・・・わかりませんが。
いずれにせよ、このままあまり痛みがもう出ないことを
祈ります。

あの病院は結構新しいお薬とかバンバン使われるんです。
高いお薬も躊躇せず出したり。苦笑
新しいお薬ってちょっと考えたりしませんか。
でも、痛みがすぐ取れるならと思って使っちゃいましたが
後でサイトを見てこれならいいかも?と思いました。
運動性の炎症には覚えておくと便利なお薬かもしれません^^

栄養を摂っても摂っても出ていっちゃう・・・
なんとも悩ましいことです。
早く穴が塞がって!と願うばかりですね。
お母様もきっとすごい頑張って栄養摂ったりしているんでしょうね。
穴が塞がってくれればもう快方に向かうばかりと信じてます。

寒くなったり・・・ホント身体が(歳のせい。笑)ついていけません。
鍵コメさんもご自愛くださいね。

2013/06/07 (Fri) 11:23 | REPLY |   

やまだのママ  

★みやびさんへ★
こんにちは。
ドリルとスーちゃん、同い年なのでこういう風に同時に
何か病気になるときがくるような気がしていました。
4ニャンみんなが同時に何かなったらもうどうしたら
いいか・・・と不安になるときもあります。
でも、今回のスーちゃんは痛みがとれて落ち着いたよう
なのでよかったです。
誰でもその時がきたらキチンと対応できますよ^^
誰かのように~ということではなく、自分がその子に
してあげたいと思うことが一番大事で必要なことなんだと
思います^^
みやびさんにはみやびさんのうちの猫さんのために必要な
ことが、みやびさんにしかわからないことがありますよね。
それが大切なことだと思います。

この生地、メールにも書きましたがマンハッタナーズです^^
後でまたお写真撮りのために探してみますが、たぶん50cm
くらいは残っていたと思います。
レジカゴバッグのほうだったら足りるかもしれません。
詳細はまたメールしますね。
来週になっちゃうかもしれませんがスミマセン。ぺこり

2013/06/07 (Fri) 11:29 | REPLY |   

Leave a comment