やまだのお部屋

ARTICLE PAGE

ドリル 関節炎(加齢による)


なるべく、今日のドリルのお写真を撮るつもりです。

3/6 今日のドリル

でも、頬の腫瘍の進行によっては、いつこんな風に正面から撮った
お顔を載せられなくなるのかわかりません・・・。

今朝は、ここ3日ほど腫れが増しているように感じた感覚がありません^^
かといって、もちろん引いてきたわけでもありませんが。
でも、今朝はご飯もいつも通りたくさん食べてくれました。
昨日は、朝や日中はあまり食べなくて・・・かなり心配だったんです、実は。

昨夜はお魚を茹でてあげていつでも食べられるようにしておいたんですが、
夜中にくれぇ~!とやってきてたくさん食べてくれました^^
茹で汁もたくさん入れてあげたので、今朝は調子がいいみたいです。




ご飯って、例えば腎不全であればたんぱく源を控えて~、糖尿病なら糖質を
控えて脂質を重視して~、心臓病ならナトリウムを控えて~とか、いろいろ
その症状によってありますよね。
高齢になれば良質なたんぱく源がさらに必要になったり、年齢と共に大切な
栄養素も変わってきます。

悪性腫瘍ができてしまった子にはどうでしょうか。
積極的に摂らせたい栄養素もたくさんあります。
腫瘍の栄養になってしまうような食材はできるだけ排除したいと思うのが、
家族であるヒトの一般的な考えだと思います。
ワタシも、当然ながらそういう考えを持っていました。
いや、今ももちろんあります。

だけど、変わってきました。
今まで旅立ってしまった子達との闘病の末に。

出来るだけ長く一緒にいたいです、ワタシだって。
誰だってきっとそうでしょう。
でも、ワタシはいつも書いていますが、もうその考えが一番ではありません。
長く一緒にいたいから何かをするのではなく、ドリルの時間がどれだけ
幸せを感じてくれるかを一番に考えていくことにしました。

茹でたお魚だって、焼いたお魚だって、大好きな生肉だってなんだって、
ドリルが喜んで幸せそうにしてくれるなら、これからはたくさん食べて
もらいたいと思います^^

極論かもしれません。
高齢な猫さんにそんなたんぱく質ばかり・・・
異論もあるでしょう。
中には、猫さんのことをまったくわかってない!病気なんだからそんなものをあげて・・・
なんて思われちゃうかもしれません。

本当に何も自分から食べられなくなって食欲が廃絶すると、多くの方はそこから
何でも好きなものを・・・と考えると思うんです。
ワタシもずっとそうでした。
ナオミのときまでそうでした。
いくら病気であったとしても、自分から食べられるうちはなるべく身体に良い物をと
ずっとずっと考えて考えてきたつもりです。

でも、変わったんです、ワタシ。

もっと極論になっちゃうかもしれませんが、ドリルが喜んでくれる美味しい~ものを
あげることによって、もしかしたら腫瘍の増殖スピードを速めてしまい、結果的に
それが死を早めてしまうことになるかもしれません。

それでも、です。
なんて酷い家族なんだ・・・と思われちゃうかしら。

美味しい物を美味しいと思えるうちに、たくさん食べてもらいたいんです。
美味しい物を美味しいと思えなくなって、自分から何も食べられなくなって
腫瘍がもうどうしようもないくらいの状態になってしまったら、そこから
どんなに大好きだったものをあげたって幸せなんて感じられないかもしれません。

幸せよりも、生きている時間の長さを重要視することはできなくなりました。

でも、ホントにそれでドリルが幸せだと感じてくれているかどうかは・・・
ですけどね^^苦笑












ドリルのバイオプシーが終わって結果を聞いた後、ホントはそのままもう
帰ってもよかったんです。
でも、今後のこととかもあったし、病院が今キャンペーン中で血液検査と
ホルモン検査、さらにレントゲン写真を撮ってもすごいお安くできる期間
だったので、してもらっちゃったんです。

先週の土曜日に頭部のレントゲンは撮ったので、今回は全身のをお願いしました。
バイオプシーの結果を聞いたときに、肥満細胞が検出されたと知らされたときも
愕然としましたが、全身のレントゲン写真の結果を聞いたときもまたショックと
いえばショックがありました。

タイトルの通りですが、背骨に加齢からくる骨変化がおきていました。
背骨にV字の影が出るんですが、実はこれ、チャンちゃんもすでになっています。
チャンちゃんは馬尾症候群の痛みで通院したときの撮影で分かったんですが、
今回ドリルもすでに変化がおきていました。
さらに、どのくらいの状態なのか聞くと、すでに痛みが出ていてもおかしくない
状態、とのこと・・・。
そういえば・・・最近高いところに登るのもヨイショという感じだったよなぁ・・・と。

高齢が故の関節炎なので、対処療法でいくしかないんだそうです。
ということで、念のために頓服薬をいただいてきました。
チャンちゃんの馬尾症候群のために手元に置いているメタカムでもいいそうなんですが、
別の錠剤のお薬を2錠だけ。
これを飲んでもしも動きが活発になったとしたら、やはり関節炎で痛かったからと
いうことになります。
で、帰ってきた日の夜にメタカムを飲ませたんですが・・・
やっぱりそうだったみたいなんです。
階段状に置いているサイコロボックスをスタスタスタ~~と登ったり、なんだか走り方が
軽々としているかも?と思います。
そんなにすごい変わった!というわけではないんですが、感覚としては薬が効いているから
関節炎のせいだったんだ、と思わざるを得ません。
ヒトと同じで軟骨も磨り減っているそうなので、ヒアルロン酸とかあげるといいそうです。
関節のサプリを飲ませるといいですよ~ということでした。











ドリルが大好きなチャンちゃん。
ドリルがいなくなっちゃったら・・・と考えてしまいます。

以前から作ろうと思っていたものがあります。
ドリルが入っていると無理やり入ってきて溢れてしまう猫ベッド。
ふたニャンで入れるようなサイズは作ったことがなくて。。。
いや、普通のお宅の普通サイズの猫さんなら入れるのかもですが、
なんせドリルは大型。笑
一緒にゆったり入れるようなものがあってもいいかな?と思っていました。

縁が高めでふんわりタイプ、大きなベッドを作ろうと思います^^


















スポンサーサイト

9 Comments

ちびんた  

ママさん おはようございます。

ドリルちゃんの事、他人事とは思えず、風雑な気持ちでいます。
この病気について、私も図書館で調べてみようと思ってます。
何かしっかりした文献があったら、言いますね。

うちの場合 ミルキー、マダリ と鼻腔系の疾患だったし、今回のくろくんにせよ、お顔に関わる病気の時、
真っ先に思ったのが 変形です。
ママさんの先日の記事と同じことを考えました。
それはそれは 怖い事で、ミルキーの時も 実は先生から
外科的手術 そして 胃ろうチューブの話もしています。
知人の子で顎に発症しが扁平上皮癌だったニャンコさんの最期の話を聞いていたので、とても怖いんです。

ドリルちゃん  今はまだ いっぱい味わえると思うので、
いろんな好きな物を 好きなだけ食べさせてあげたいですよね。

ママさんの気持ち わかるし、私もそう変わったひとりなので。

美味しそうに食べてる写真、載せてくださいね。
これを書いてるだけで、私も泣けてしまうのですが、
いけないですよね。

ドリルちゃんと 大事な時間を少しでも長く過ごせますよう、
応援しています。

ごめんなさいね、勝手な事ばかり書いちゃって。。。

2013/03/06 (Wed) 11:40 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/03/06 (Wed) 13:41 | REPLY |   

みぃ  

こんにちは。
ドリルくん、可愛いです(^-^)
今日、やまだのママさんも元気そうな文章でよかったです。

経験していって、考え方が変わることってあると思います。
経験だけじゃなく、猫それぞれの個性や症状や年齢やいろいろ何かを考えて、対処が変わるってことだってあると思います。

ドリルくんに、好きな、食べるゴハンをあげること、私はいいと思います。
それを責める権利なんか、誰にもないです。
ドリルくんが‘楽しい’ことが、免疫力の安定にもつながるんじゃないのかな。
そして、やまだのママさんや相方さんが、楽しいことも。

関節炎は、秋音さんもそうなのかなぁ・・・。レントゲンで判るんですね。
暖かい日の方が、動けてるような気もします。今日、久しぶりに走ってましたし。
今度、レントゲン、お願いしてみようかなと思います。

2013/03/06 (Wed) 14:54 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/03/06 (Wed) 21:23 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/03/06 (Wed) 22:34 | REPLY |   

やまだのママ  

★ちびんたさんへ★
こんにちは。
昨日はありがとうございました。ぺこり
とってもキレイな色なので、お部屋が(心も)明るくなります^^
大切に飾りますね。

病気のこと、ありがとうございます。
でも、無理されないように・・・。
四肢にできる骨肉腫は本にもやはり載っているんですよね。
でも、顔等にできるものって珍しいのかほとんど文献では
見かけません。
あっても、できることがある、とか一文だけで。
詳しい症例とかあったらぜひ教えてください。

ワタシもミルキーちゃんのこと実は頭に浮かびました。
やはりそういう選択とかも先生から知らされていたんですね。
その子を思ってされることなんだから・・・とは思いつつも、
やはり顔がなくなって胃ろうチューブで生かされるというのは
難しい選択です。。。

昨日、ぶりを茹でたんです。
でも、誰も食べませんでした・・・ショック!
焼いたほうがいいのかしら。
今日は何をどう調理りようか迷います^^

2013/03/07 (Thu) 11:35 | REPLY |   

やまだのママ  

★鍵コメさんへ★
こんにちは。
先程はホントにありがとうございました!
嬉しくて泣けてきちゃいます。ぺこり
今日は暖かい陽気で、気分が少し明るくなりますね^^
食欲のこと、そう、確かにそういう日もあるさ、とは
思うんですが・・・
やっぱり不安は消せません。。。
こんなときにPM2.5なんかくるなーーー!って思っちゃいます。苦笑
鍵コメさんはすごいなーと思います。
猫さんがいなくなってもこうしてずっとお勉強し続けていることが。
ワタシなんてきっと・・・誰もいなくなってしまったら腑抜けになり
そうな気がします。
鍵コメさんのそういう姿勢が、周りの猫さん好きを助けていると
思いました^^
ワタシもそのヒトリです。
ホントにありがとうございました。ぺこり

2013/03/07 (Thu) 11:41 | REPLY |   

やまだのママ  

★みぃさんへ★
こんにちは。
以前は、こう・・・なんか頭の中がガチガチだったような
気がするんです。
いや、今も対して変わってないかもですが。苦笑
だけど、型にはまることもないって気がついたというか。
気がつくのが遅かったかなとも思うんですけどね。

関節炎は背骨の1本1本の間にV字の影みたいなのが写るんです。
影と同時に、軟骨が減ってきているので間が狭くなりますよね。
ヒトとまったく同じです。
レントゲンで分かるはずですよ~^^
あと、股関節の辺りにも骨変形が出たりもしますね。
これはチャンちゃんがすでに出ています。
馬尾症候群だけでなく、こうした加齢による変化があるので
ホントはもっと気をつけてあげないといけないのかもですが、
好き勝手させています。汗
秋ちゃんが痛そうにしていたら一度撮ってみるとか、疼痛薬を
飲ませてみるとかもいいかもしれませんね。

2013/03/07 (Thu) 11:47 | REPLY |   

やまだのママ  

★2番目の鍵コメさんへ★
お返事まとめさせていただきますね。ぺこり

鍵コメさんの猫さんはアレルギーで苦しまれていますもんね。
わかりますよ~そういうご飯ジプシーの原因。
うちも、若い頃はすごい反応出ちゃって一時期通院していました。
やっぱり猫さんは肉食なんだと思うんです。
炭水化物に反応出ちゃう子多いじゃないですか。
スーちゃんはそういうのを考えてたんぱく質重視のご飯にしてからは、
お腹のつるっぱげがなくなりましたもん。
昔はいつでも赤くはげてました。

肥満細胞腫だと、毛がはげたできものだと思うのですが、どうでしょうか。
普通に毛が生えている小さなものだと、いつもの?発疹かもしれませんし、
やはり診ていただいたほうが安心しますよね。
でも、あまりにも小さいと検査するにしてもできないかもしれませんし。。。
いずれにせよ、心配の種が早くなくなりますように!

2013/03/07 (Thu) 12:13 | REPLY |   

Leave a comment