嬉しいことがありました♪
2015年10月31日 (土) | 編集 |

鵠沼海岸駅すぐそばの商店街に ”山猫屋さん” という
とっても素敵な猫さん物を扱っているお店があります。
こちらのお店は個性的な作家さんの一点ものや
有名なアノ(!)作家さんの作品などを拝見したり
するこができたりもする、猫好きさんにとっては
とっても魅力的で素敵なお店です^^
いわゆる猫さんグッズではなく、心から猫さんが好き!
という方ならきっと大興奮のお店かもしれません♪

スーちゃんが旅立って間もないときでした。
ふと拝見した山猫屋さんでねこの肖像展が開催されると
書かれていて、同時にうちの猫(子)写真展をされるにあたり
写真を募集していることを知りました。
毎日毎日大好きなスーちゃんの写真を見ていたワタシは
見てもらいたいとか何か他意があったわけではなく、なんとなく
一番大好きだった写真をお送りしたんです。

開催中は店内に展示してくださるということでしたので、
お店に行って拝見し人気投票にもちゃんと相方と一緒に
二人分投票してこよう!と思っていました。
でも、いろいろバタバタしていて実は行けませんでした。泣

そして昨日、投票結果が発表されていました^^
ドロロロロロロ~~~~~~~~♪♪♪




ジャジャジャーーーーーーン!!!






一位のスーちゃん①





一位のスーちゃん②


ナント!スーちゃんが一位に選ばれていました~♪
ドンドンドンドンーーーーー♪♪♪



スーちゃんがこの世からいなくなってしまっても、
こうしてスーちゃんがかわいいと思ってくださって
投票してくださった方がいてくれてホントに感謝です^^




やっぱりとってもキレイなスーちゃんです♪
応募したお写真はコチラです。

スーちゃんの遺影のお写真







今日はとっても肌寒い朝ですが、投票結果を見て
とっても温かくなりました^^
励まし応援ぽちっとよろしくお願いします。
いつもありがとうございます。ぺこり



















スポンサーサイト
スージーと焼き芋
2015年10月28日 (水) | 編集 |

爽やかな秋晴れが続いている湘南です^^
お天気がいいとどこかお出かけしたくなりますね~

昨日のスージー^^
2015.10.27のスージー①
このポールは買ったときからずっとスージーしかこうして
天井まで登れません。
よじ登ってちゃんとここまでスイスイ辿り着けるんですよ~
スージー専用ですね^^
降りるときはカーテンレールからテレビボードにジャンプして
タタタ~です。

2015.10.27のスージー②






まだまだ若~いスージーです^^
2015.10.27のスージー③













お庭に植えていたさつまいもを収穫したので
相方がダッチオーブンで焼き芋を焼いてくれました^^
まずは1本目。
焼き芋~①
焼き芋~③

紅あづまなのでそんなに黄色っぽくないんですが
ほどほどの甘さで食べやすかったです~

焼き芋~②







そして2本目^^
これが一番大きく育ちました。
焼き芋~④
焼き芋~⑤
焼き芋~⑥

さすがに二人でお腹いっぱいになりました。
昨日の朝ごはんでした^^








3日かけてチクチクしていたものが失敗した~泣
なんで気がつかなかったんだろう、という初歩的なミス。。。
6個も作っていたのに全部ボツです。
一部再利用してまた作り直しますっ!
応援ぽちっとよろしくお願いします^^
いつもありがとうございます。ぺこり





















ボムボム 命日 7年になりました。
2015年10月24日 (土) | 編集 |

今日はボムボムの命日です。
あっという間に時間が過ぎていきます。

今年のお花はオレンジ系でお願いしました。
昨年はちょっとドキッとするパープル系でした。
あれはあれでとっても素敵でしたが、やっぱりボムボムには
オレンジのほうがピッタリのような気がします^^
2015年ボムボムの命日のお花①
2015年ボムボムの命日のお花③
2015年ボムボムの命日のお花④

黄色いバラはビバーチェ。
オレンジ色のバラはプレゴ。
淡いオレンジ色のコロンとしたバラはスイートリング。
だそうです。
黄色のバラはお店の方の一番のお気に入りだそうです。
オレンジ色のバラはあまり品種が多くないそうで、
今回入れてくださったプレゴという品種が一番だそうです^^

しかし・・・1つだけワタシの苦手なものが。泣
オレンジ色の脳みそみたいなのが実はちょっと苦手です。
これって色違いで真紅色とかありますが、どうも苦手で
あまり直視できません。苦笑
それとなくお店の方に今度お伝えしてみようかな。ドキドキ・・・。







今日は我家の毎月恒例の唐揚げの日です^^
がんばって作るぞーーー!
今日も応援ぽちっとよろしくお願いします。
いつも励みになります。ぺこり




















久しぶりのチクチク
2015年10月22日 (木) | 編集 |


お休みしている間に無心になれるようなものを細々作っていました。

パフクッション①
パフクッション②

パフクッションなんですが、完成写真を撮り忘れてしまいました。泣

な~んにもしない、する気がしない時間もありました。
でも、そうするとゴロゴロしているだけだったりして腰が痛くなって
きちゃったり(苦笑)、余計に気分が塞ぎこんでくるときもあって
少しずつ手を動かすようになりました。
新しいものを作りたいなぁと今日やっと思えるようになりましたが、
先月まではまだまだそんな気が沸いてこなくて、ただただひたすら
細々とこのクッションを作っていました。

そして、スーちゃんが旅立ってからはじめて写真のフォルダを
開きました。
こうしてブログに載せるために編集ソフトをクリックしたのも
あれ以来になりました。
毎日の出来事をスーちゃんがいるときのように出きるように
なってきて、なんだか自分が薄情なような・・・
そんな気がしてきてしまいます。

自分に絵心があればなぁ~と最近よく思います。
そうしたらみんニャの何かを作れるのに。
ホント自分でいうのもなんですが、絵心ゼロなんです。苦笑
だから、そういうものを作ってくれる方を探したりしちゃいます。
お上手な方が多いんですよね~皆さんホント素晴らしい。

たいしたものはできませんが、今日から新しいものを作り始めました^^
またちょこちょことご紹介できたらなぁと思います。








スージーが毎晩枕を半分占領してくれます^^
そのまま一緒に寝てくれると嬉しさ100倍ですが
5分くらいでスタタタタ~~・・・
でも、毎晩です^^




















スーちゃん 1ヶ月が経ちました。
2015年10月17日 (土) | 編集 |

スーちゃんがお空に逝ってしまい1ヶ月が経ってしまいました。

ワタシが近づくといつも大きな声で甘えてくれました。









ずっと更新できずにスミマセンでした。ぺこり
ご心配をおかけしてしまい、メールやご連絡を
くださいました皆さん、ホントにゴメンナサイ。
ワタシは大丈夫です、もう。




毎日毎日スーちゃんのことを思い出さない日はありません。
この1ヶ月というもの、1ヶ月前の今日はまだここで一緒に
こうしていたなぁ・・・あーしていたなぁ・・・と振り返り、
そして17日の今日の夜23時30分までは一緒に同じ空気を
吸っていたのに・・・と、数えてしまう日々です。

明日からは1ヶ月と1日、次の日には1ヶ月と2日・・・
月日が経ってしまうんですね、こうして。




スーちゃんの最後の2週間くらいを思うと、今まで看送ってきた
子達と大きな違いがあることに今更気がつきました。
それは、最後までずっと寝起きする場所が変わらなかった
ということです。
病気が進行したり旅立ちが近づくと、たいていの子は体温が
低下してきたりします。
すると、それまで寝起きしていた場所の温度では身体が熱く
感じてしまうことがあるそうです。
そうすると、なるべく温度が低いところに行きたがるように
なります。
また、暗いところやひとりぼっちになれるところにも行きたがる
ようになりますね。
やまだはテレビボードの裏に行きたがり、ボムボムはソファーと
カバーの間にもぐるようになりました。
タロウはお風呂場から玄関の石の上、ナオミはクローゼットハンガー
の中やお風呂場、ドリルはスプリングの裏、チャンちゃんはお風呂場に
それぞれ最後はいきたがるようになっていきました。
お別れを何度も経験していくうちに、こうした場所に行きたがるように
なると、あぁ・・・もうすぐお別れが近いのかな、と思うようになりました。
でも、スーちゃんはずっとずっとそれまで寝起きしていたソファーや
猫ベッドに居続けていました。
だからといって、お別れがまだ先のことだとは思いませんでした・・・。
2日前からお水も飲み込みづらくなってきていたので、わかっては
いたんです。
最後の数日はふらつきながらも自分でおトイレに行く以外はほとんど
寝ているだけでした。
でも、苦しそうに香箱座りをするようなこともなく、ただただずっと
猫ベッドの縁に顎を乗せて少しでも気道が広がるよう、胸が圧迫
されづらくなるよう、呼吸がほんの少しでも楽になれるように、
そして無理なことをして苦しくならないように、ひっそりと一緒に
いてくれました。




スーちゃんの大きな自壊が始まったとき、自分の中である考えが
ほわっと浮かんできました。

”スーちゃんがいなくなってしまったらブログをやめようかな”

まだ、スージーがいるのに、です。
きっと皆さんもそう思われますよね。
ひどい、と思われても仕方がないかもしれません。
スージーはとっても元気ですし、一緒にいてくれることが
どんなに今のワタシたちの救いになっているかわかりません。

相方は、スージーがひとりぼっちになったらきっと今まで以上に
甘えん坊になる、といっていました。
スーちゃんがいなくなって1ヶ月が経ち、なんとなくそんな気が
しないでもありません。
だからといって自由に抱っこさせてくれるようになるとは思えませんが、
相方はそのうちなる!といってます。苦笑
そうなってくれたらどんなに嬉しいか、と思いますが、この年齢からは
おそらくありえないだろうとワタシは思ってしまうんです。
それはそれでかまいません。
スージーが自由に楽しく美味しく気持ちよく眠れる時間があるのなら。

猫さんのいない毎日なんて考えられませんでした。
どんどんお別れが続き少なくなってしまったとしても、想像の域を
出ませんでした、ずっと。

スーちゃんがいなくなってしまう・・・
自壊がはじまったときにその考えが現実味を帯びてきて、
そのときわかったんです。
今までお別れがどんなに辛かったとしても、スーちゃんが
そばにいてくれたからあんなにも早く立ち直ることができて
いたんだってことを。

やまだは初めてのワタシたちの家族でした。
やまだの血を引いていた最後の子供であったスーちゃんは
どんな言葉でも言い表すことができないくらい特別でした。
ホントにとってもとっても・・・です。




スーちゃんがいなくなってワタシはホントに何もすることが
なくなりました。
自分の存在意義がこの家の中からぽっかりと抜け落ちて
しまったような気がします。

スージーはとっても手がかからない子です。
いや、かけることができないといったらいいのかもしれません。
今までこのブログをご覧になっていただいていた方ならお分かりの
ように、スージーにはもう投薬等は一切できません。
投薬のみならず、何かを飲ませたりといったこと全部です。
スージーはお肉やお魚もほとんど食べませんし、おやつも一切
口にしません。
カンカンだってちょこっと口をつけることがある程度で、もっぱら
カリカリオンリーです。
皆さんもそうかもしれませんが、自分たちの食料や日用品など
お買い物に行くと、何かしらみんニャのためにお土産とは
いわなくて買っていってあげようと思いませんか。
ワタシももちろんそうでした。
新鮮な朝獲れのお魚が入っていれば必ず1尾だけでも買って
お刺身や焼いたりしてあげたら喜ぶかな、と真っ先に浮かんで
きました。
お肉を見たら先週はお魚だったから今週はお肉にしよう!と
自分たちの分よりも先にみんニャの分を手に取るのが
当たり前でした。
ペットフードコーナーに行けば、何か美味しそうなものないかな~
新製品ないかな~スーちゃんはコレが好きだから~と
買い物カゴに入れるのは当たり前の習慣でした。
ネットでお買い物をするときも、真っ先にみんニャのご飯や
日用品のストックをチェックするのが当たり前で、おかげで
自分たちに必要なものを買い忘れることなんて日常茶飯事
でした。苦笑

スージーにはこうしたお土産を買って帰るという楽しみが
ほとんど食べないので少ないんです。
少ないというかほぼゼロに近いです。
おトイレだって回数がとっても少ないので、今までのように
砂も1ヶ月分まとめて買う必要もなくなりました。
言葉を変えれば、経済的にはすごく軽くなってしまいました。

日中はずっと寝ているスージーですから、今までのように
おトイレを掃除する回数だってとっても少なくなりました。
今まではずっとお昼になるとおやつをあげることが当たり前
でしたが、スージーは食べないのでそうした時間でさえも
気にかける必要がなくなってしまいました。

健康のためを思って何かを飲ませてあげることもできませんし、
スージーの喜ぶ姿を見たくてお土産を買うこともほとんどなく
(食べないとわかっていても食べてくれるかな?とついつい
買ってしまうこともあります)、一緒に遊ぶでもなく・・・です。
わかっていたことですが、ホントにスージーはひとりが向いて
いる子だったんだ、と実感しています。

なんだかな~~んにもやることがなくなっちゃった。
と相方に言ったら、「縫い物に専念したらいいじゃん、
時間はたっぷりあるんだから」といわれました。
・・・たしかに。
たしかにそうではあるんですが、ただの時間では
ないんです。
先にも書きましたが、自分の存在意義が感じられなくって
しまったんです。
このうちの中で、この世の中でワタシの存在意義って
あるのかな、いや、今までだって少なかったけれど
少なくともスーちゃんのお世話はワタシでないとできない
という自負がありました。
相方はお水だって飲ませられませんでしたから。

今までの子達もその子に合った何かしらの事柄の中で、
ほんの小さなことだったかもしれないけれどワタシでないと
できないことがあったように思います。
反対に、もちろん相方でないとできないこともあります。
どちらが欠けてもうまくはいかなかったかもしれません。
だって、みんニャ相方とワタシの家族だったんですから。
当たり前ですよね。

そして、こうした思いをスージーに当てはめてみると・・・
これまた堂々巡りですがワタシなんていなくなっても
何にも困らないだろうし、相方にしてみたらひょっとして
身軽になって悲しみひとつ、喜び10倍!なんてことに
なるのではないかと冗談半分ですが思ったりもするんです。

存在意義、何かから、誰かから必要とされるって大事な
ことなんだろうなぁって気がつきました。
でも、人生折り返し地点で気がついてもどうしたらいいのか
なんてわかりません・・・。




スーちゃんに最後の日の朝に飲んでもらったシリンジはまだ
キッチンカウンターに乗せたままです。
毎日作っていたレメディを溶かした点眼ボトルも、つくったままで
キャビネットにしまっています。
猫ベッドもあのときのままです・・・ずっと。
いつかそう思えるときまでそのままにしておこうと思っていました。
でも、やっぱりこのままじゃいけないなと思ったんです。
スージーに対しても、です。
何かしら変えないと、変えていかないといけないなって思いました。
だから、残しておく必要のないものは片付けることにします。
猫ベッド以外は・・・。

ワタシに残された目標を考えたときに、これひとつだなぁって思います。
それは、スージーの天寿を全うさせるためにサポートしていく、
一緒に穏やかに楽しくそっとよりそって生きていく!それだけです^^
相方のためではありません、決して。笑
結果的に単なる自問自答でしかなかった1ヶ月間でした。苦笑

今までのようにつまらないことしか綴っていけませんが、これからも
今までのようにお付き合いいただけましたら幸いです。ぺこり








1ヶ月放置していたらあっという間に転落~~!泣
これからの励みに応援ぽちっといただけますと
嬉しいです^^
いつもありがとうございます。ぺこり