タロウ 初めての月命日
2009年07月29日 (水) | 編集 |
戻り梅雨 傘 カエル のようなお天気でムシムシしている我家です。。。
髪を切ってからパーマをかけた私ですが、元からクセっ毛なのもプラスされ、外に出ると
クルンクルンになってしまいます。 風
髪が短いと、少し伸びただけでも襟足が気になって仕方ありません あせ
ま、そんなことはどうでもいいんですが えへ

めっきりブログ更新も減ってしまいましたが、みんなも私たちも元気に毎日過ごしています 茶とら




今日はタロウの月命日です。
ありきたりな言葉ですが、あっという間ですね。
一ヶ月ってこんなに早かったっけ?と思ってしまいます。

24日はボムボム、26日はやまだ、そして29日はタロウの月命日になるわけですが、
命日の日はできるだけ生前みんなが好きだったものをお供えするようにしています。
ということで毎月のように24日はかつおのお刺身やなまり節を、26日は鶏の唐揚げを
作っているわけですが、ふとタロウの命日には一番何がいいだろうか?と考えました。
今朝は早くから起きてそんなことをボォ~としながら考えていたんですが、これだ!という
ものが浮かんできません・・・
いや、タロウが好きだったものがたくさんあったから悩んでいるわけですけどね。 笑
で、相方に「今日のお供えは何がいいかな?」と聞くと・・・
「ケーキ ケーキ 」だそうです。
タロウは生クリーム大好きでしたから キラキラはぁと
ということで後でおいしそうなものを買ってこようと思います^^
(ついでに私の分もね。笑)



と、ここまでを書いたところで 電話 がかかってきました。jumee☆phonecallR1
我家に電話がかかってくるのは珍しいのでちょっとビクッとしてしまいました。
以前、超ご近所に住まわれていたネコ友さんでした^^
そのお友達もネコさんを亡くされていて、生前はお互い在宅看護についていろいろと談義した
ことがありました。
今、彼女の周りではめまぐるしくいろんなことが起こっているそうで、そんなときふとタロウの
命日が今日だということを突然思い出してくれたんだそうです^^
ありがたいことですよね、とてもとても。
タロウが知らせに行ってくれたのでしょうか^^



私ね、不思議なんですよ。
それは、タロウの思い出を見ることができるんです。
写真であったり、過去ログであったり、タロウのために使っていた薬品であったりサプリで
あったり、ありとあらゆるものです。
これはやまだやボムボムのときにはなかったことです。
やまだには在宅ではほとんど何もしてあげられませんでしたが、ボムボムにはたくさんのことを
ご存知のようにしてきました。
ですから、ボムボムが旅立ったときからしばらくは、家中にあるボムボムに関わったものを
どうすることもできずに、ただただそのままの状態だったんです。
これを書くと、エーッ!なんて思われちゃうかもしれませんが・・・・
実は、ボムボムに使っていた輸液剤のセットを、ずっと片付けられませんでした。
最後にボムボムに使った、使いかけのものです。
500ml 輸液パックの中身が1/3残っていて、そこにラインを刺したまんまのものです。
納戸の中に仕舞っていても、そこにある何かを取り出そうとするたび目に付き、そしてどうする
こともできずにずっとずっとそのままにしていました。
だって・・・ボムボムが使ったそのままのものだと思うと、処分することができなくって・・・。
だけど、やっとやっと片付けることができました。
それはタロウのものと一緒だったからだと思います。

私・・・薄情なのかな。

だって、タロウは特別だと思っていても、一ヶ月も経たないうちにいろんなものを整理したんです。
できてしまったんです・・・
ボムボムのときは半年以上かかったのに、何ででしょう。。。
私はみんなの”死”というものに、慣れてしまってきたのでしょうか。
それがないわけではないと思うんです。
いや、”慣れ”なんて言葉は適切ではありません。
だけど、やまだのときのように何もかも初めてとは場合も違うし、経験が増えればそれだけ
落ち着いてその場に向き合えるようにもなると思うんです。
落ち着いて?この言葉もちょっと私が言いたい言葉とはちがうかな。
ニュアンスの違いって難しい・・・です。

いずれにせよ、私は太陽のようなタロウの笑顔をたくさん思い出し、幸せな気持ちで
いられることだけは確かです^^



笑顔のタロウ♪











スポンサーサイト
近況 & 明日はスクーリング
2009年07月19日 (日) | 編集 |
おはようございます 草原
すっかり放置してゴメンナサイ。
もう忘れられちゃったかな~なんて思いながらも、更新する気力がわかないまま、時間だけが
どんどん過ぎてしまいました。
その間も書き留めておきたいことは山ほど起こったんですが、ダラケモードもMAXに達して
できませんでした 汗

今日は、いろいろ話が飛んじゃうかもしれませんが、その間の出来事などをかいつまんで
記録しておきたいと思います。
(お写真はすべて今朝撮ったものです)


キリッ!チャンちゃん

タロウのお葬式が終わった翌日から、みんなは1階にほとんど降りてこなくなりました。
急にでした。
きっとみんなにも伝わったのでしょうね。。。
そんな風に思っていた翌日から、みんな一斉に水便になってしまいました。
長い間みんなと暮らしていて、下痢になったことはあっても水便になったことは一度も
ありませんでした。
一日に何度も何度も水便をするみんなを見て、元気や食欲はまだあったため、そのときから
絶食させました。
元気もなく、自分でお水も飲まないようだったらすぐに病院へ連れていかなければいけないと
思っていましたが、自分の中でまだ気持ちの整理がつかなくて行けませんでした・・・。
だけど、そんな自分の気持ちなんてもうどうでもよくなってしまったんです。
2日経ってもまったく改善の徴候が現れないからです。

誰を連れて行ったらいいだろうか・・・
私の中ではおそらく、何か腸内細菌が増えてしまったことによって下痢になってしまったと
思いました。
当然その原因はタロウのこと以外考えられませんでした・・・。
そんな風に考えてみたものの、できる処置としたらおそらく抗生剤や下痢止め、整腸剤などの
処方や食事療法、絶食ということになると思っていたので、一旦午前中に私だけ行って
ご相談と、タロウのことへのお礼ご挨拶に行ってきました。

先生もやはり、タロウのことが原因による精神的な面からくる症状でしょうということでした。
精神的なことから腸内細菌叢のバランスが崩れ、細菌が異常に増殖し、その結果水便に
なってしまったと・・・。
もちろん他にも考えられることはあるので、複合的な要因はあるものの、一番の原因は
タロウがいなくなってしまったことによる悲しみ・・・だったようです。

本当は整腸剤が欲しかったのですが、以前聞いたことがあって先生のところにないことは
知っていました。
絶食&食事療法が最初の選択だとはいわれましたが、すでに一日絶食はさせていましたので、
処方食と私からお願いして抗生剤(バチリオン@経口薬、アンピシリン@注射薬=同じ効果)を
処方していただきました。
経口薬と注射薬の両方をいただいたワケは、飲ませられない子には注射薬のほうがベスト
だから、それだけです。
あと、チャンちゃんが残便感から力んで嘔吐することがあったので、プリンペラン(ペラプリン?)
の注射薬もいただきました。

スヤスヤ スージー

午後帰宅し、すぐお注射し始めました。
結局スージー以外はみんなお注射のほうがパパッと出来たので、やはり両方いただいてきて
正解でした。
スージーにはバチリオンを粉にして、一つまみのかつぶしと混ぜて出したら一気にペロリ。
チャンちゃんにはプリンペランのお注射も一度だけしました。
その後は一度も吐きませんでした。
抗生剤はその後12時間空けてもう一度投与したっきりなので、結局丸一日だけ投与しました。

翌朝、水便は少し改善されてきていました。
お昼前、先生からお電話がありました。
「新しい動物用の整腸剤が出て、今日入荷したので飲ませてみませんか」
ということでした。
本当は・・・タロウのために取り寄せてくださったそうです。
腸の動きが悪くなっていたから・・・
でも、残念なことに間に合いませんでしたけど。
ビオイムバスターという整腸剤なのですが、パンフレットはいただきましたがネットで検索しても
ヒットしません。
新しいからでしょうか???
製薬会社さんのHPを見てもないし・・・うーん。

飲ませて翌日・・・治りました!
整腸剤のパンフレットにも症例データとして一日投与後改善したことが書かれていましたが、
まさかこんなにすぐ効果が出るとは思いませんでした。
本当にビックリです。
形あるものが出るようになったと同時に、2階にばかりいたみんなは下に降りてくるように
なりました。


献血 参考のためにこの整腸剤のことを載せておきますね。 献血

◇ビオイムバスター錠◇(犬猫用整腸剤)

配合
 ・有胞子性乳酸菌(ビフィズス菌、アシドフィルス菌、フェカリス菌)
    乳酸菌はビタミンやタンパクを合成したり、食物の消化・吸収を助けます。
    さらに、外来病原菌のバリアーとなって腸管感染を阻止し、腐敗菌などの有害菌の
    増殖を抑制することで、腸内環境浄化に働きます。
    また、有用菌の菌体成分は生体免疫能を刺激し、宿主の健康を維持します。
    
 ・総合消化酵素剤バンクレアチン
    バンクレアチンは、膵液中に含まれる多くの消化酵素を含み、胃や腸ででんぷん、
    蛋白質および脂肪を分解し、消化を助けます。
    腸粘膜の損傷や食物の分解に関わる、細菌叢の乱れに対する消化吸収の補助などが
    期待できます。


臨床効果
 下痢に対する高い改善率と治癒率があり、高い整腸効果が期待できます。


肉球01   肉球02    肉球01   肉球02    肉球01   肉球02    肉球01   肉球02    肉球01   肉球02    肉球01   



曇りの日は眠いのだ・・・

毎年のことなので・・・とは思いつつも、水便のことがあってからやはり気になることがあります。
暑くなると例年通りみんなの食欲は落ちます。
でも、例年通りと思ってばかりいると、何か思わぬ病気を見落としてしまいそうで怖いです。
まぁ多少落ちてはいるものの、食べているし元気もあるから・・・とは思うんですけどね。
あまりナーバスになりたくないなぁとは思うけど・・・

一人ぼっちのスーちゃん・・・

そしてスーちゃん・・・・
ちょっとお写真が暗いのは、階段の踊り場にいるからです。
一番タロウっ子だったスーちゃんです。
いなくなってから2階に閉じこもるようになり、水便が治まってからはこの場所がお気に入りに
なっているようです。
閉じこもっていたのは具合が悪かったからだったんだと改めて実感しました。
相方を含めて誰一人、心を許していません。
今は私にだけ甘えてくれます。
私がそばに座っているとお腹を出してゴロンし、ゴロゴロ喉をならして甘えてくれます。
ずっとずっと甘えてくれます・・・
本当はリビングで一緒にゴロンしたいんですよ。
だけど、他の子たちの目につくところはイヤみたいなんです。
以前もそういう傾向でしたが、タロウがいる頃はここまで顕著ではありませんでした。
ある意味悲しく、タロウのようにスーちゃんを慰めてあげることができない私はどうしたら
いいのかなぁと悩みます。
それでもどこかに隠れたりしなくなっただけでも進歩かな?と思うようにしています。


と、なんだかダークな話題が長くなりましたが、みんなは大分元通りになってきました。
もちろん私たちも元気です。いうまでもありませんよね。笑
なのでご心配しないでくださいね^^



ナオミと携帯

携帯が壊れました。
壊れた翌週の相方休日の朝、いきなり
「買い物行くよ」と相方・・・
急いで支度し出かけると、いつものスーパーとは違う方向へ・・・はて???
「どこいくの?」
「携帯買うんでしょ」
ビックリです。
だってね・・・携帯すっごい高いじゃないですか。
壊れたときは確かにどうしたものか、でも買わないとなぁと思いましたよ。
機種変更したいけど(電番そのままがいいから)それだと高いから、いっそ安いのを新規で
買っちゃってもいいかな?と思っていたんですよ。
でもね、機種変更で買ってくれたんです^^
ナオミの背中に乗せているのが買ってもらったものです。
うちはドコモなんですが、私はずっと昔からN派(NEC)なんです。
二つ折りタイプが使いやすくて好きなんです。
今流行の?スライドさせるものだと、な~んかカバンの中で誤って押しちゃったらどうか
なっちゃいそうでだめなんですよね。
でも、決してNって操作性とかがベストってわけじゃないと思うんです。
電池の持ちが恐ろしく悪いとかは昔っから聞くし・・・。
なのに高い。笑
だけどやっぱりNが一番好き~というわけで、どれがいいの?と聞かれて、すかさずコレ!と
Nを指差した私でした。笑




きじとら    はちわれ灰    茶とら    きじとら    はちわれ灰    茶とら    きじとら    はちわれ灰    茶とら    きじとら    




みんなのお骨を入れるために作っていただくカップボードのデザインを、こんな感じに
していただこうと思います^^
(※クリックすると大きくなります)

カップボード デザイン画


一番上の棚だけガラス扉をつけていただき、そこにみんなは入っていただこうかと思います。
下の棚にはお写真とかお花とかその他もろもろ・・・を置こうかと。
棚板は3段にしていますが、真ん中の棚はもしかしたら使わないかもしれません。
下段はすべてレールつきの引き出しで、収納オンリーにしました。
縦横共に175cmなので、我家にある家具の中では一番大きなものになります。
ここに引っ越してきてからは、大きな家具は買わないようにしていました。
まして背の高い家具は、地震があったときのことを考えると買わないと決めていたんです。
だけど、6個もの骨壷を収納し、そしてこの先のことも考えるとどうしても大きくせざるを
えないと思い、こんな大きさになってしまいました。
転倒防止のためもあり、奥行きを40cm(上段は30cm)にしました。
奥行きをあと10cm狭くすればもう少し安価にすることもできたようなんですけどね。
出来上がりは来月の中旬~下旬予定です。
早く出来上がるといいなぁ~ みんなに窮屈な思いをさせたくありませんから^^



明日は試験のスクーリングです。
昨年2級を受験したときとまったく同じ場所でした。
2級のときは受験者数が多いからスクーリングの人数もハンパないくらい大勢だったんですが、
1級はどうなのでしょうね?
受験する人数は2級に比べるとかなり少ないとは聞いていますが・・・
にしても明日は地元のお祭りがあります。(浜降祭)
朝も夕方も、電車混んでるんだろうなぁ・・・はぁ(ため息)
眠らないように頑張ってきますね。笑




またまた今回もなが~くなってしまいました。苦笑
読んでくださった方がいらっしゃいましたらありがとうございます。ぺこり

それにしても・・・梅雨明けしたら一気に暑くなりましたね。。。















タロウ 初七日
2009年07月05日 (日) | 編集 |

今日七月五日は、タロウの初七日になります。

もう一週間・・・なんですね。
ついさっきのことのように感じます。




現在我家には、タロウを含めて合計6個の骨壷があります。
やまだ、ボムボム、タロウが中ぐらい。
しじみ、ドラちゃん、ミニすずめが小さいもの。
タロウが増えたことで、あっちの世界の子のほうが多くなってしまいました・・・。
こっちの世界にタロウがいなくなり我家は5頭になりました。
一般的に5頭といえばどうでしょうか?
私的には多くもなく、かといって少ないかといったら・・・・うーん・・・少なく感じてしまいます。
それは、タロウの存在感がとても大きかったから。
タロウだけで5頭分くらいあったかもしれません・・・いや、それ以上かな。

いつでも目の届くところにタロウはいました。
気がつくとそばにいつもいました。
他の子たちが2階や階段など、思い思いの場所で毎日を過ごすのに、タロウやナオミは
いつも私の目の届く場所にいました。
お昼寝をし、ふと目が覚めてテーブルの下を見ると、そこにはいつもタロウの笑顔の寝顔が
見えました。いつもいつも・・・

気持ち良さそうに寝ているタロウのお腹の動きを見るのが当たり前でした。
上下に動くお腹を見て、呼吸数はどのくらいか?
毎日数え切れないほどチェックしていました。
今はもうする必要もなくなってしまいました。

毎日の日課
ボムボムがまだいたときからずっとずっと・・・
お注射や投薬、サプリを飲ませない日はありませんでした。
ボムボムが旅立ち、量や回数が減ってタロウだけになってしまってもそれはずっと続きました。
ボムボムが旅立ったときも同じ気持ちになりました。
それは、「毎日何をしたらいいかワカラナイ・・・」
タロウがいなくなったことで、私は本当に一切の治療から離れたんです。
何時に何を飲ませないといけない
何時にはこれをお注射しないといけない・・・
毎週この日にはこれを・・・
出かけていても、あれをこの時間にしなければいけないから早く帰らなくちゃ・・・
そういうことを心配する必要がなくなってしまいました。

病気と一緒に付き合っていく毎日が、私の毎日だったような気がします。

病気のことを考えない日なんてありませんでした。
おかしなことですよね。
病気のことなんて考えないで、楽しいだけの毎日を過ごせることが実は当たり前なのに・・・。
その当たり前の日々なんて、もう訪れないだろうし、それが私は不幸だなんて思いませんでした。
病気であったとしても一緒にいられるのであれば・・・
どんな姿になろうと一緒にいられるのであれば、それだけで幸せなんですから。

この先他のみんながどんな病気になるんだろうか・・・

そんなことを考えてしまいました。
やまだが乳腺腫瘍、ボムボムは腎不全に貧血、膀胱炎に糖尿病に胆管肝炎など他にも
たくさんの症状や病気を教えてくれました。
そしてタロウは心筋症を・・・
あと大きな病気といえば、真っ先に浮かぶものは「癌」・・・
ネコさんの死因の大きな一つですね。
自分なりでしかありませんが、やまだやボムボム、タロウが教えてくれた病気のことは
多少なりとも勉強してきたつもりです。
心筋症は遺伝的要因も少なからずあるでしょうから、この先ナオミやドリル、スーちゃんが
また同じ心筋症になる可能性は高いわけです。
そうなったとき、タロウが教えてくれたことが役立つといいなぁと思いました。
ボムボムが教えてくれた腎不全だって同じです。
やまだが教えてくれた乳腺腫瘍の可能性は、スーちゃんには確かにあります。
でも、スーちゃんは一回目の発情が起こる前にすでに避妊手術を済ませていますし、
そういう点からは、やまだよりは将来罹る可能性は低いと思います。
とはいえ、いつも胸の辺りが気になって触ってしまいますが。



今、買おうと思っているものがあります。
というか買わなければいけないもの、といったほうが正しいかな。
お骨が増えたので、キャビネットに入りきらなくなってしまったのです。
ボムボムが旅立ったときに一回り大きなキャビネットを買ったのですが、そのときタロウが
増えることなんてまったく考えるはずもなく・・・・
こういうことは考えたくありませんが、この先のことを考えると増えるたびにキャビネットを
買うわけにもいきません。
ですから、この際大きなカップボードを作ってもらおうかと思っています。
オーダーで作っていただくので、お仏壇でもいいんですよ。
今は現代仏壇っていうのかしら?モダンなデザインのものとかいっぱいありますよね。
でも、さすがに6個もの骨壷を入れるとなると・・・うーん。
ですから、大きなカップボードにしようと思っています。
まぁ、私がカントリー家具が好きなのでということもあるんですけどね。笑
今考えているデザインは、上半分は棚を3段にし、一番上の棚はガラスをつけてもらって
そこにみんなのお骨を入れ、下半分は引き出しと扉の収納にしてもらおうかな、と思っています。
我家にはあまり大きなサイズの家具はないんですが、今回は横幅や高さを170cm超の
大型サイズにしようと思っています。
オーダーで家具を作ってもらうことなんて実は初めてです。
というか、きっとこれが最初で最後になるかもしれません。
後で後悔しないようによ~くデザインを考えたいと思うのに、中々集中して考えられません。
今はみんなが窮屈な思いをしているので、早く決めてオーダーしないといけないのに・・・。
ゴメンネ、みんな。




※コメントのお返事などできないままで申し訳ございません。
  まとめてになってしまいますが、近いうちにさせていただきたいと思っています。
  また、お問い合わせのメールをいくつかいただいておりますが、そちらのお返事も
  ずっとできないままでゴメンナサイ。
  少しずつお返事していきたいと思いますので、もうしばらくお時間をいただけますか。
  本当にゴメンナサイ。。。







永遠に・・・
2009年07月03日 (金) | 編集 |
多くの皆さまにご心配をおかけして申し訳ございませんでした。

励ましのコメントやメール、そしてお電話や突撃訪問、タロウのことを思いながら
選んでくださった素敵なお花さん、そしてそっと見守り続けてくださった方々・・・
みんなみんな、本当に本当にありがとうございました。
タロウと皆さまのおかげで、私たちはとても幸せです。



今日は、いただきました素敵なお花と共に、タロウのお葬式のこと、並びに最後の日のことを
書いておきたいと思います。

※本文では、驚きと癒しのオーラに包まれたお葬式を執り行ってくださった会社のことを。
  そして追記には、最後の日のこと、棺に納めた最後のタロウと私の髪(小さく)のお写真を
  載せています。
  見る方にとってはご気分を害されるかもしれないと思いますので、追記に載せさせて
  いただきました。
  ご覧になっていただける方がいらっしゃいましたら、ご配慮の上よろしくお願い申し上げます。






7/1 早朝、外は雨が降っていました。
厚い雲に覆われた空を見て、神様にそっとお願いしました。
「タロウが空へ向かうときだけはこの雨を止めてください」と。

※カーソルを合わせていただくとお名前が出ます。
サスケのママさんから

早く目が覚めたわたしはタロウの身体をキレイにし、身体の下へ敷いていた保冷剤を取替え、
みんなへのご飯や洗濯なんかをしました。

タロウへ一緒に持たせてあげるためのご飯やおもちゃなどを整理したり、最後の手紙を
書いたりして時間が過ぎました。


前日の夜、私たちはお写真をたくさん印刷しました。
タロウとやまだが出会ったばかりの13年前からのお写真・・・
ナオミやドリル、スーちゃんの成長・・・
そしてチャンちゃんが増え、ボムボムとスージーが家族になり・・・
タロウが旅立つ瞬間寂しくないように、たくさんたくさんみんなと私たちの写真を印刷しました。

るびーさんから

おかしなものですね。
こういうときくらいもっとゆっくりとしていればいいのに、と自分でも思うのに、なぜかこういう
ときに限って普段しないようなことばかりしたくなるものなんです。
相方もそうなのかどうかわかりませんが、細々としたことをいろいろやっていました。
タロウのおかげで、今まで気になっていてもしなかったことがすっかり終わりました。
ありがとう、タロウ。

みぃさんから

不思議でした。
あんなに朝はどんよりとしていたのに、出発の時刻が近づくにつれてお日様が出てきました。
どうやら、神様は願いを聞いてくださったようです。


13時に出発しました。
ご飯やおやつ、おもちゃや写真、そして皆さんからいただきましたお花などで、荷物が
かなり多くなってしまいました。

自宅を出て、国道に入り、外のお日様を眺め、初めてお世話になるところのために
少し道に迷っていると、交通量の多い道の真ん中、反対車線に・・・
仔猫さんが轢かれて息絶えていました。
相方がすぐ見つけて少し先でUターンしてくれました。
その仔の先で一時停車し、いつも車には手袋や新聞紙、そして発泡スチロールを積んでいる
ため、後ろの車に注意しながら保護して一緒に連れて行きました。
これも何かの縁かもしれません。

ちびんたさんから

到着してすぐ仔猫さんのことを伝えると、キチンと火葬していただけるということで
安心しました。
最初出会った瞬間から、直感がありました。
「あ~このヒトはネコさんのことを大事に扱ってくれるヒトだ」って。

こういうことをご商売にしているのですから大事に扱ってくれるのは当たり前です。
でも、仕事とは別に、人柄というかそういう言葉では言い表せない何かこう・・・
ネコ好きさんならではの(犬好きさんにはないもの)特別なものを感じました。

それに加えて最初建物に入る前から見て気がついたことがありました。
緑溢れる建物の周りには、ネコさんがた~くさんのびのびとしていました。
耳カットをしている子がいたので、キチンと避妊・去勢をしていることが分かりました。
みんな幸せそうに寛いでいて、私たちは一瞬で癒されました。

ジュリママさんから

私たちがなぜこの会社でお願いすると決めたのか。
それは二つ理由があります。
一つは、先生からいただいた棺をそのままで火葬してくれるところであること。
もう一つは、お骨上げを焼いたままの状態でさせてもらえるところであること。
この二つです。

せっかくいただいた素敵な棺なのに、ボムボムのときお願いしたところでは
一緒に火葬していただけませんでした・・・

お骨上げも、今は焼いたままではなく、その会社の方があえてトレーに並べられたものを
骨壷に納めていく方法が多いと思いますが、私たちはすべて残すことなく、焼いたままの
姿を見て持ち帰りたかったんです。
焼くと、ウンチや脂肪、一緒に納めたお花やご飯などが、色をついて焼き残ることが
あります。
トレーに並べるとき、そうした不要と判断されてしまったものは見せてもらえません。
しかも、一旦は他人の手によってトレーに並べられてしまうことになります。

もちろん、ヒトによっては(というか多くの方がそうかもしれませんが)そうした生々しい姿を
見たくないという方がいらっしゃいます。
でも、私たちにしたら骨になってしまってもタロウには変わりがなく、一層愛おしくさえ思います。
まして、死しても尚、他人の手によって骨をトレーに並べられることが悲しいんです。
ですから、この二つの願いだけは叶えて欲しかったんです。

うめさんから

到着し、お花やご飯、お写真などをゆっくりと棺の中のタロウの周りへお供えしていきました。
たくさん持っていったので時間もかかり、きっとご迷惑だったと思います。
それでも嫌な顔一つせず、いろんなことを話しながら、これも一緒に・・・と素敵なお花を
いただきました。
この会社では、気持ちとしてお花を一緒に供えてくれることになっているそうで、待合には
お花屋さんのように色とりどりのお花がたくさんありました。

火葬するところへ移動し、最後のお別れをしました。
お写真を撮ってくれていました。
私も撮りました。
雰囲気的にもし無理そうだったら撮るつもりはありませんでしたが、この会社の方は
本当に何か何まで家族の希望を100%叶えてくださるところで、戸惑うことなく撮ることが
できました。

火葬炉へ行ってしまったタロウ・・・私たち二人だけになり・・・
火を入れるスイッチが入ると、思わず私は
「タロウーーーー!」と大きな声で何度も叫んでしまいました・・・。




でも不思議なんです。
やまだやボムボムをはじめ、以前住んでいたところのお外の子たちも何度となく見送りましたが、
そのときは当たり前のように悲しみで胸がいっぱいだったんです。
でも、今回はそうではありませんでした。
タロウがそうさせてくれたんだと思うと共に、やはり終始ネコ好きさんのオーラが出ている
会社の方の対応のおかげだと思いました。

お話一つにしてみて、ただのネコ好きさんと生粋の?ネコ好きさんではちがうと思いませんか?
抽象的な言葉ですが、生粋のネコ好きさんならこの言葉のニュアンスもわかっていただけると
思います。

小さな小さなお骨も灰にならないようにゆっくり焼いてくださるため、少し時間がかかりました。
その間、敷地の中を歩くとネコさんがたくさん癒してくれました。
みんな、名前を呼ぶとちゃんとそばにきてくれたんですよ。
どんなネコさんでもかわいいです。
でも、ただかわいいのとはちがくて、ここのネコさんたちは穏やかな子ばかりで、
どこかこううちの子達と似ているように感じてしまいました。
すっかりネコおばさんと化してしまった私を見て、会社の方は私のことを・・・
「すごいネコ使いさんですね」
なんていわれちゃいました。
はい、私はネコ使いです。笑


いろいろなお話を聞きました。
以前、一度に23頭ものネコさんを敷地内に捨てられたことがあったそうです。
犯人はおおよそ見当がついているとおっしゃっていました。
「増やすだけ増やして面倒見切れなくなったんですよ」と悲しそうに。。。
病気のネコさんを治療し、避妊・去勢・ワクチンをし、里親さんを探し、経済的にも
かなり苦しかったせいもあり、自分が入院してもタバコは止めなかったのに、
このときを機会にスパッと止めることができたそうです。
ネコ様様ですね。

先生から

火葬が終わりました。

やまだやボムボムのときは、お骨との対面はショックでした・・・。
でも、今回そういう気持ちはほとんどなくて、このときを境に私は一日中驚きでいっぱいに
なってしまったんです。


はじまってすぐ、
「かなり心臓が肥大してたんですね、この子」
いきなりビックリでした。
「肺にお水もかなり溜まって苦しかったことあったみたいだし・・・」
「心臓の周りにかなり脂肪が溜まっているから・・・云々」
私 「え?なんでなんでわかるんですか?」
ショックよりも驚きで、この後もずっと骨から分かるタロウの生前の様子や、身体的特徴などを
すべて当ててもらい、本当にビックリしました。

骨を見れば、多少のことが分かることは私も分かっています。
今までお世話になったことがあるところのいくつかでも、これが爪で・・・これが喉仏で・・・
という、いわゆる部位の説明や、こういう病気だったのかしら?くらいはいわれたことが
あります。
でも、今回のように詳細なことまで教えてもらったことがありませんでした。
私が単に教えてもらったことがないだけかもしれません。
だけど・・・本当に驚きだったんです。

タロウは確定診断を受けていたからいいものの、もし検査をしても何の病気か分からず、
こうしてお骨のなってはじめてこういう病気だったのかもという話を聞いてしまったら・・・
実際そういうことがあるんだそうです。
だから、病院の先生にはそういうことはいわないようにと告げられました。
誤診だなんだとそういう問題が過去にあったとか・・・


私は今まで分骨を考えたことはありませんでした。
肌身離さず持ち歩くことを羨ましく思ったことはありますが、それでも実際お骨上げのときに
分骨しようとはまったく思わなかったんです。
いずれ宝くじが当たったら、みんなの毛と私たちの毛を混ぜてダイヤモンドを作ろうとは
思っていますけどね。笑
でも、今回はじめて分骨カプセルに、胸骨と爪を分けてもらいました。
突然そう思ったんです。
ここがどれそれの骨で・・・という説明をどんどん聞くうちに、胸骨を教えてもらってハッと
頭に分骨のことが浮かびました。
心臓の近くの骨・・・胸骨・・・・
このまま骨壷に入れてしまったら、2度と私たちでは分からなくなってしまう・・・
分けよう!

そしてまたまたすごい偶然がありました。
それは、分骨カプセルに入れるときはそのまま入れるとスカスカで骨が砕けてしまうため、
ガーゼなどにくるんでから入れるそうなんですが、事前にお願いしていなかったために
当然その場にガーゼなんてありませんよね。
それがなんと、家を出てくる前に私は偶然ふと手にとってカバンに入れていたんです。
なんで入れたんだか今でも分かりませんが・・・
ひょっとしたらタロウが教えてくれたのでしょうか。
ガーゼの間の柔らかい部分だけを取り出し、丁寧に優しく胸骨と爪を包んでくださいました。

無事にすべて終わり、たくさんのネコさんたちに見送られながら帰宅しました。

ちぃママさんから

途中、10年前に住んでいたマンションを見にいきました。
やまだのときも見にいきました。
私たちは、10年前にも同じ市内に住んでいたことがあるんです。
そのあと転勤が続き、3年前にここにまた引っ越してきたんです。
10年前・・・病気知らずでやんちゃな盛りだったみんな・・・
健康診断とワクチンのために、全員揃って通院したのがつい昨日のようです。
懐かしい・・・懐かしい・・・



長々と本当にスイマセン。
だけど、今の気持ちをそのまま残して置きたくて・・・


冒頭書きましたように、追記には最後の日の出来事とお写真を載せています。
読まれたくない方もきっといらっしゃると思いますが、ヒトコトだけお伝えします。
タロウは、事前に知らされていたほど苦しむことはありませんでした。
心臓発作での死因かどうかはわかりませんが、胸をかきむしるような苦しみ方は
しませんでした。
それだけが今の救いです。








[READ MORE...]
タロウ 最後の旅立ち
2009年07月01日 (水) | 編集 |
今日、タロウはお空へ向かって最後の旅立ちをします。

本当の最後の旅です・・・

午後14時、タロウのことをほんのちょっとでも思い出してくれることができるなら、

厚い雲に覆われた空や雨に向かってヒトコトだけささやいてあげてください。

「ありがとう、タロウ」 と。








皆さまへ
お返事やご連絡などまったくできないままです。
本当に申し訳ございません。
もうしばらくお時間をいただけますか。
私たちは大丈夫です。
タロウは、幸せの笑顔を残してくれたから。
たくさんの笑顔を・・・