ありがとうございました。
2008年10月29日 (水) | 編集 |
たくさんの温かいコメント等をいただき、本当にありがとうございました。
おかげさまでボムボムとのお別れが無事にできました。

まだ当日の出来事を書くことはできませんが、記憶が曖昧にならないうちにキチンとした形で
まとめたいと思っています。
そして何ヶ月かかるかワカリマセンが、この先ボムボムと同じ病気と闘っている猫さんのことで
悩みながらここへ訪れてきてくださった方々のため、何かの手助けになれるように記事を見やすく
まとめ直したいと思っています。
いつになるかわかりませんが・・・・。




今日はみなさんからいただきました素敵なお花をご紹介させてください。
本当に本当にありがとうございました。
そして追記には27日(月)にお別れした日の出来事を・・・。


るびーさんから・・・ありがとうございました。
るびーさんから


みぃさんから・・・ありがとうございました。
みぃさんから


ジュリママさんから・・・ありがとうございました。
ジュリママさんから


晴乃輔さんから・・・ありがとうございました。
晴乃輔さんから


ちびんたさんから・・・ありがとうございました。
ちびんたさんから


先生から・・・ありがとうございました。
先生から


ちぃくんママさんから・・・ありがとうございました。
ちぃくんママさんから


ななさんから・・・ありがとうございました。
ななさんから


ヤムヤムママさん・うめさんから・・・ありがとうございました。
ヤムヤムママさん、うめさんから



あ~ちゃんから・・・ありがとうございました。
あ~ちゃんから



ちゃんとお礼のご連絡もみなさんにできずにいます・・・
もう少し落ち着いたらご連絡させていただきたいと思っていますので、もう少しだけもう少しだけ・・・
お時間をいただけますか。
非礼をどうかお許しくださいませ。




追記の前に今の私の気持ちを少しだけ・・・
相方も私も落ち着いています、とても。
もちろん悲しくないわけじゃありません。
だけど、悲しみの形がやまだのときとはまったく違います。
やまだのときはただただ悲しいだけで、明けても暮れても泣いてばかりいました。
だけど今は・・・
私、何をしていいんだか分からなくなっちゃったんです。
この一年余り、ボムボムのために何かしら一日一回は必ずしていました。
しなかった日はありませんでした。
それがここへきてパタッと24日の午後から何もすることがなくなってしまって、電池が切れて
新しく入れなおしてもうまく入らないっていうかなんというか・・・そんな感じなのです。
こんなことを書いたらみなさんへ失礼だと思いますが、病気とは無縁で健康な子とだけ
暮らしているって本来はこういうことなんですよね。
だけど私・・・毎日こんなにすべきことがないなんて生活から、とんと離れすぎていたように
感じました。
思い起こせばやまだの病気が発覚し、そしてあっという間に旅立ってからずっとずっと・・・
ボムボムと頑張ってきました。
いや、頑張ってきたのはボムボムだけだったのかもしれません。
私はほんと何もできませんでした。。。

やまだのときは、やまだが最後まで使っていた品々をずっとずっと仕舞うことができずにいました。
動かすことだってできませんでした。
そんな状態が一ヶ月以上ありました。
何もする気が起きず、何をしてもすぐ泣いてばかりでした。
あーすればよかった、こーしたらよかった・・・そんな後悔、自責の念しかありませんでした。
相方にも1年以上やまだのことを一緒に語ることなんてできませんでした。
相方の口からやまだの思い出話が出るたびに、私は無言になってしまいました。
どうしても私は話せなかったんです。
やっと2年が経って、多少はまだ躊躇しながらも以前よりは普通にやまだのことを語ることが
できるようになりました。
やまだのときは、時間の流れが経つにつれて落ち着きを取り戻してきたのかもしれません。

ではボムボムのことはどうなのか。
実感がまったくないんです、まだ。
もちろん涙することはやまだのときと同じでも、どこかちがうんです・・・
部屋中にボムボムが使ったもの、ボムボムのために必要だったものがあります。
キッチンもリビングも2階の部屋もすべて・・・
引き出しの中、箪笥の中、納戸の中・・・
どこを開けて見てもボムボムに関係するものが入ってない場所なんてありません。
私は今、それらを見ることが辛くて仕方ないんです・・・。
これはやまだのときとの大きな違いです。
ボムボムとの思い出のお品がたくさんたくさんあるからなのかもしれません。
まだ実感がないのに、それらを見ることで実感するというか・・・
おかしな言い方でわからないですよね、ゴメンナサイ。

やまだのときは時間が自分自身を取り戻してくれたような気がしますが、ボムボムの場合は
反対なのかもしれません・・・ひょっとしたら。
時間が経つにつれて実感し、そしてまた涙する日々を繰り返すのかもしれません。

だけど私たちは今、とても穏やかな毎日を送っています。
それはなぜだろう?と二人でも話しました。
一つは、最初から最後までずっとボムボムと一緒にいられたこと。
検査や点滴のためであったとしても、病院に預けっぱなしにすることは一度だってなかったこと。
ボムボムが闘ってきた病気がどんなものなのかを漠然とでも勉強することができ、そして治療の
選択を自分たちでできたこと。
そして一番の理由は・・・
あんなにも治療や検査に協力的で、そして私たちを手こずらせるようなことを一度だって
しなかったボムボムの猫(人)柄、性格だと思います。
親ばかですが、あんなにも素晴らしい性格の猫さんは類をみないと思うんです。
採血だって輸液だってお注射だって、ま~ったく難なく大人しくさせてくれましたし、車に乗って
リードもつけず、あんなに大人しくそして楽しそうにしてくれる子はあまりいないと思います。
そしてなんといってもお散歩です。
何かの時のためにリードは使用していましたが、ボムボムはリードなんてなくても全然大丈夫な子
だったんです、実は。
細かいことを上げたらキリがありませんが、ほんとボムボムは最後まで最後まで・・・
何も手のかからない、かしこい子でした。。。
とってもとってもかしこい子でした。。。













※追記には、ボムボムの亡骸を載せています。
見たくない方もいらっしゃると思って追記にしました。
でも、みなさんからいただいたお花いっぱいに囲まれて、とっても素敵だと私は思っています。
よろしければ見てあげてください。
お願します。

↓↓↓”続きを読む”をクリックすると開きます。










[READ MORE...]
スポンサーサイト
旅立ちます。
2008年10月27日 (月) | 編集 |
みなさんへ



たくさんの温かいコメントやメールをくださったみなさん、

励ましのお電話や突撃訪問をしてくださったみなさん、

素敵なお花を贈ってくださった多くのみなさん、

ブログ等でボムボムの訃報を載せてくださったみなさん、

そしてそっと見守り続けてくださったみなさんへ・・・

本当にありがとうございました。

私たちは大丈夫です。


今日、ボムボムの身体とお別れしてきます。

13時~14時の間、もしお時間のある方がいらっしゃいましたら

お空をチラリとでもいいので見上げてください。

小さな雲が見えたなら、それはひょっとしてボムボムかもしれません。

そしてそっと一言でもいいので声をかけてあげてください。

「オヤスミ」と・・・。















12時50分 虹の橋へ・・・
2008年10月24日 (金) | 編集 |
ボムボムは今、キーボードの横で寝ています。
とても穏やかな寝顔で私のそばについてくれています。
























12時50分過ぎ、虹の橋へ旅立ちました。
スゥー・・・と静かに息を引き取りました。








直後に日本医療さんから電話がありました。
14時~15時の間に搬入してくれる予定でしたが、予定よりも早く、今そばに来ていますが
大丈夫ですか?という確認でした。
あとちょっとだけ早かったら・・・
いや、これも神様の計らいなのかもしれません。
こんなタイミングって・・・・あまりにも悲しすぎます。















こんなときになんでブログ更新しているんだろう、私。。。。




















ね?ボムボム。
ママはお友達がいないから誰にも話せないんだけど、ちょこっとだけここに書いてもいいかな。
ママの今の思いを・・・。
ほんとはちゃんと全部記録したいんだけど、今はちょっと待ってね。
ママはボムボムのためにちゃんと全部記録するよ。
だけど今は・・・ただボムボムのそばにいたいの。
ずっとちゃんと抱っこできなかったけど、もういいよね。
これで思いっきり抱っこできるよ。
まだ温かい、ボムボム・・・。
やまだのときと同じだね。
まだ首のすわっていない赤ちゃんみたいに首がグラグラ動いちゃうけど。
思いっきり抱きしめてあげることができるよ。
気持ちが落ち着くまでほんのちょっとだけ時間を頂戴ね。
そしたらちゃんと後で書くからね。
あとでおくるみ買ってくるからね。
天使のつばさっていうんだよ。
実はちゃ~んと取り置きしてもらってたんだから。
雨の日、恒例のドライブにでも一緒に行く?
ものすごい大雨なんだよ。
さっきママは買い物に行って帰ってきたけど、びしょ濡れになっちゃった。
一緒に行ってもいいけど買い物するから今日はやっぱりだめだね。
買い物中置き去りになんてできないもん。
夜、パパを迎えに行くときに一緒にいこうね。
ドライブは久しぶりだね、とても・・・。
今日は定時に帰宅するらしいよ。
早退はやっぱりできないんだって。
ママはボムボムが発作を起こしてすぐパパに電話しちゃった。
まだ死に目に間に合うから帰ってきて、と無理を言ってしまったよ。
言う前から無理だってことは分かっていたけど、どうしても帰ってきて欲しかったの。
でもダメだった・・・。
やまだのときに死に目に会えなかったから、間に合うならパパにも会わせてあげたかったの。
でもパパは・・・コレから先も他のみんなが同じようなことになったときのこともあるし、仕事が
大変だからやっぱりダメなんだって。
これから先もずっとずっとダメなんだって・・・。

お天気が良かったらお散歩にも行きたいね。
明日は雨止むかな。
何が食べたい?
どんだけ高い物だってなんだって買ってあげるよ。
だって今日はお給料日だもん。
ボムボムの大好きなかつおのお刺身だってなんだって買ってあげるよ。
馬刺しも好きだったよね。
うーんと高いものだってなんだって遠慮しないでいいんだからね。
あ、さっきホームセンターでボムボム用の猫ドームを買ってきたんだよ。
酸素ケージの中でくつろげるようにと思って・・・。
ケージにかぶせる透明シートと一緒に買ってきたんだけど、ボムボムは欲しくなかったんだね。
明後日輸血する予定だったけど、ボムボムはしたくなかったんだね、きっと。
わかった、もうしないよ。大丈夫。
もうイタイのもクルシイのもツライのもな~んにもないんだから。

ゆっくりオヤスミ・・・・






10/1のボムボムです。
こんな風にお外に向かって鳴いたのはこれが最後になってしまいました。
前は一日中でも鳴いていたのに・・・・




大好きなボムボム。
大好きなボムボム。
大好きなボムボム。
一生大好きなボムボム・・・。

ゴメンネ、ママがもっと早くいろんなことを決断していたらこんなことにならなかったかもしれない。
ママが優柔不断だったから・・・ほんとにゴメンネ。
ヘモバルの検査だってもっと早くしていたら・・・
投薬だってもっと早くしていたら・・・
免疫力がこんなに落ちる前にしていたら・・・
エポだってもっともっと早くからしていたら・・・
輸血だってもっと早くしようと決めていたら・・・
ママはやまだのことがあったから、ボムボムには出来る限りのことをなんでもしてあげたいと
ずっとずっと思っていたの。
だけど・・・実際は何もできなかった。。。
前へ前へ、もっともっと積極的になんでも決断できたらよかった。
ママはまたやっちゃった。
やまだのときのように後悔ばかりが先に立って・・・
ボムボムはゴメンネ、なんて望んでいないよね。
アリガトウって言いたい。
アリガトウ、アリガトウ、アリガトウ・・・・でもゴメンネ。
アリガトウだけになるにはやっぱり時間がかかりそう。
どのくらいだろう?分からない。
ママは・・・ボムボムを苦しめていただけかもしれない。
本当にゴメンネ、ボムボム。
ママを許してくれる?


















酸素濃縮器レンタルしました。
2008年10月24日 (金) | 編集 |
日本医療さん で酸素濃縮器をレンタルすることにしました。
明日の設置になる予定です。

以前、やまだの闘病時にも利用させていただきました。
今回はリピートということで10%割引らしいです。
初期費用は一週間分のレンタル料込みで21.000円。(この金額から10%引き)
一週間以降は日額/1.000円になります。
(※料金改訂され、初期費用は26.250円になったそうです。)
関東近県の方は日本医療さんが搬送・設置までしてくださいます。
(その費用もすべて込みです)
遠方の方は宅配便で送ってくださいます。
(この場合は前金で振込み確認できてからの手配になるようです)

テルコムさん のように、予め透明の酸素ケージも一緒についているものもありますが、
私は酸素濃縮器だけをレンタルしました。
それは、できるだけ快適な空間を作ってあげたいからです。
テルコムさんの器械はとても音が大きいという噂をよく聞きます。
また、決まったケージの大きさのため中にいろいろ置いたりするスペースも限られているようです。
日本医療さんの酸素濃縮器だけだったら、ケージは自宅にあるものを利用し、酸素を密閉できる
ように透明のカバーなどをホームセンターで買ってくればいいだけです。

一つここで大事なこと。
呼気は、二酸化炭素が空気中の下のほうに溜まるため、酸素ケージは完全に密閉しては
いけません。
必ず二酸化炭素を排出させるための穴や出口を作らなければなりません。
穴なんて空けたら酸素が充満しないんじゃない?と思われますよね。
私も最初は知りませんでした。
ですからもしこれからみなさんが使われるようなことがあったら、このことを覚えておいてくださいね。




今日はボムボムの検査でした。
そして以前検査依頼した”ヘモプラズマ症”の検査結果も出ていました。
ヘモプラズマは陽性でした。
ヘモプラズマ症は3種類( Mycoplasma haemofelisCandidatus Mycoplasma haemominutumCandidatus Mycoplasma turicensis )に分けられ、通常多くの場合は Mycoplasma haemofelis になるそうなんですが、ボムボムは Candidatus Mycoplasma haemominutum だったんです。
ボムボムが感染していたほうは、免疫力が低下しているときに発症 するそうです。
ただこれにもまた問題があって、腎疾患やウィルスなどに元から感染している場合はその限りでない
というかなんというか・・・ウーン。。。

いずれにせよ、陽性は陽性に変わりがありませんので、今日からビブラマイシンを飲ませ
はじめました。
ヘモプラズマ症には効果的なお薬です。

ボムボムの貧血の原因はこれ一つではないと思われます。
でも、今回検査してこういう結果が得られたということは、少なくとも原因の一つであったとも
いえるのではないでしょうか。
今からの投薬で間に合うでしょうか・・・・厳しい状況です。
ヘマトは6%になってしまいました。
生きていることすら不思議な数値です。

今日夕方から病院にいて、いろんなことがありました。
いろんなことを先生にご提案していただき、そしていろんなことをしていただきました。
これからのこともたくさん決めてきました。
本当はそれらをすべて記録したいのですが、私自身今はとても頭が整理できません。

でも、ひょっとしたら・・・もしかしたら・・・輸血するかもしれません。
迷っているわけではありません。
ドナーの子の問題です。
このことも先生には多大なるご配慮をしていただき、今日も本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
感謝なんてありきたりな言葉だけでは言い尽くせないほどです。
まだちゃんと正式に決まったわけではありませんので、輸血します、とはいえません。
だけど、もし決まったらちゃんとご報告しますね。

間に合いますように・・・そしてお薬の効果がありますように・・・
どうかどうか貧血が少しでも上向きに変わりますように・・・
それまでの間、酸素のお部屋で頑張ってね、ボムボム。。。
苦しくないように酸素のお部屋を作るからね。
旅立つときも少しでも楽になれますように・・・




とっても頑張っているボムボムに
励ましのポチッ♪をお願します。






[READ MORE...]
免疫活性中!
2008年10月22日 (水) | 編集 |
相方の願掛け、断酒生活も本日で一週間目でございます ビール
とてもよく頑張ってくれていますよ~ 拍手
毎夜毎夜 「酒飲みてぇ~~ ブーとうるさいですが。たはー




19日の記事 で携帯からボムボムが光線に当たっているところを載せてみたんですが
なんで写真があんなに小さいのでしょう?
あれじゃ何がなんだかわかんないですよね。苦笑
なんか設定があるんでしょうね・・・
ということで調べるのも面倒なので写真を撮りなおしてみました^^
10/20 一緒に仲良く光線当たりましょ♪

毎晩寝る前(朝と合計1日2回)に輸液をし、そして光線に当たって身体の中からぽっかぽかに
暖めてあげます。
光線に当たると輸液の吸収率もとってもよくて、おかげでボムボムは重篤な状態でありながらも
毛艶は急変する前より良くなっているような気さえしてしまいます。
(気のせいかもしれないけど)




電球 光線(可視光線)とは 電球
    簡単にいうと、本来自分が持っている自然治癒力を高めてあげるものです。
    現代社会においては太陽の栄養を十分享受できない住居・生活環境、さまざまな人工食品、
    ストレス等々により本来の治癒力が十分発揮できているとはいえません。
    光線治療は光と熱の2つの効果により、自然治癒力そのものを高めるものだそうです。
    光線治療(可視総合光線療法)では、太陽光の10万種類にものぼる波長の異なる光線から、
    体の状態にあった連続光線を照射します。
    しかも人体に有害とされる短波長の紫外線は含まれておらず、その有効面のみを安心して享受
    することができるそうです。

    (効果)
     疲労回復、神経痛、リウマチの痛みの緩解、肩こり、腰痛、筋肉痛、打撲傷(打ち身)、
     抜歯後の痛み緩和、しもやけ、ひび、あかぎれ改善。
     さらに、鎮痛、消痒、免疫調節、呼吸機能、神経機能、生体リズム調整、利尿、光化学
     作用等々、健康増進に効果があります。

     ちなみにコレ、タロウにも効果的なので(利尿、呼吸機能)一緒に使ってます^^



10/21 光線ってあったかいんだよ^^






とっても頑張っているボムボムに
励ましのポチッ♪をお願します。









この写真はなに?
つまらないご飯ネタですから、ご興味のある方だけ 続きを読む を見ていただければと思います。 にこ
お刺身盛り合わせ♪②





[READ MORE...]
願掛け
2008年10月20日 (月) | 編集 |
ボムボムのためにどうしたらいいんだろう・・・毎日毎日考えています。

そこで、 願掛け をすることにしました。

してあげたいことはまだまだたくさんありますが、できることはどうしても限りがあります・・・。

あとはもう見えない力に頼るしかないかもしれないと思いました。

とはいえ 願掛けとは? と思い、改めて辞書を引いてみました。



電球 願望を実現させるために、神仏に誓いを立てること 電球
 百度参り・水ごり・断ち物などを同時に行うことが多い。

 

              「酒を断って―する」




だけど・・・私は普段お酒は飲みませんので断酒になりません。

だとしたら・・・相方しかいないじゃないですか!

早速先週水曜日の夜(休日)にそれとなく話してみました。

回りくどく話しはじめました、私。苦笑

だって相方はお酒大好きなんですもん。

普通に話したら絶対イヤだというのは目に見えてます。

ボムボムの今の状態がどれだけ緊迫しているか、今すぐどうにかなっても全然不思議じゃない、

そんなことを前置きしてから・・・



私  「それでね・・・あとはもう見えない力に頼るしかないと思うの。。。」


相方 「・・・・(無言なのにいや~な笑いを浮かべ始めました。苦笑)」


私  「でね・・・願掛けしてみようかと思うんだけど・・・」


相方 「(ひたすら苦笑いを続ける)」


私  「私は何がいいかと思ったんだけど思い浮かばないから○○(相方)が決めてくれればいい。
     で○○(相方)は・・・一番イヤなことをやっぱりやるしかないと思うの・・・」



私  「で、考えたんだけど○○(相方)は断酒しかないよね」


相方 「やっぱりーーーーー!最初から絶対そうだと思ったーーーーーー!!!」


二人でなぜか大爆笑。



相方 「絶対それってなんか違うと思うんだよなぁ~単なる嫌がらせじゃん~ボムボムがどうこうじゃ
     なくって、絶対○○(私)の嫌がらせとしか思えない~!」




ひたすら笑いながら会話する二人。。。



私  「だけどさ、ほんともう神頼みするしかないよ。一番できなさそうなことをするのが効果的だと
    思うから・・・できない?どうしても?ボムボムのためだよ?ね???」



相方 「いつまで?」


私  「ん~・・・・ボムボムが自分でご飯が食べられるようになるまで、かな。」


相方 「・・・・・ じゃぁ○○(私)は何するの?」


私  「だから○○(相方)が決めてくれていいよ。なんでもいい。
    例えば大好きなものを断つとか、どんなに面倒でもちゃんと毎日ご飯を作るとか?笑」



相方 「○○(私)はいろいろボムボムのこととか今もやってくれてるから、じゃぁ何もしないでいいよ」


私  「え~いいの?ならどうでもいいんだけど。。。」


相方 「だけどなぁ・・・あ~やだなぁ!!!(ブツブツ言い続ける)ほんとにやるの?え~!!!」


私  「だからボムボムが食べてくれるようになるよう祈るんだよ!毎日!!!」


相方 「ま、しゃ~ないな。やるか。。。泣」



ということで、先週16日(木)から実行しています。

確かにお酒の好きなヒトにしてみたら拷問ですよね・・・苦笑

相方は大量に飲むヒトではないんですが、毎週水曜日を休肝日に私が無理やりさせていたので

それ以外の日は毎日飲んでいたんです。

さぞや苦しい毎日だと思うんですよね。

だけど仕方がありません。

ボムボムのためですもん!

私の嫌がらせでは絶対ありませんよ!本当です。笑

相方の頑張りをきっと神様が見ていてくれますように・・・祈りたいと思います。






とっても頑張っているボムボムに
励ましのポチッ♪をお願します。







携帯から…
2008年10月19日 (日) | 編集 |
20081019224404


ボムボムは只今光線治療中です。




とっても頑張っているボムボムに
励ましのポチッ♪をお願します。




今考えていること
2008年10月18日 (土) | 編集 |
ブログの記事を書く上で、本当なら誰でも理解できるような文章で書かなければ不親切だよなぁと
思います。
だけど、今まで見てくださっている皆さんならすでにお分かりのように、私はまったくそういう配慮が
できません。
まったくもって不親切な管理人です。
今日もまたなんだかワケのワカンナイ言葉をズラズラと書いてしまいますがお許しくださいませ。



今思っていることをそのまま書きたいと思います。

貧血というのはいろんな原因があります。
その原因も一つとは限りません。
特定するのがとても難しいことも多々あります。
ボムボムの貧血の原因はなんなのか?
ここで今一度考え直しました。 

黄疸があって貧血が進行している、食欲減退、体重減少、発熱、脱水などなど、これらから
考えられる貧血の原因の一つに、溶血性貧血というものがあります。
溶血性貧血の中でも、今日はヘモプラズマ症、少し前まではヘモバルトネラ症といわれていた
貧血について書きたいと思います。

ヘモプラズマ症とは、赤血球の表面に付着して貧血を引き起こす微生物です。
この細菌は少し前までは「ヘモバルトネラ」という名前で知られていましたが、マイコプラズマに
再分類されたことからヘモプラズマ症に変わったそうです。
小型(0.3~0.8μm)のグラム陰性菌で、細胞壁をもたずヒトを含むさまざまな種の哺乳類に感染
するそうです。
(そういえばマイコプラズマ肺炎に私もなったことがありますが、これと同じなのでしょうか?)
付着による障害と宿主の免疫反応によって赤血球が破壊され、貧血を引き起こすそうです。

感染経路は様々で、ノミやマダニ、シラミなどが感染を媒介するともいわれています。
母猫から仔猫への垂直感染、けんかなどによる伝染、感染ネコの血を輸血することによる感染
などもあげられています。

無症候性のキャリアの場合は臨床徴候はないそうです。
ヘモプラズマ症の臨床症状を示す猫の血液検査では、ヘマトクリットが正常値の50%ほどになること
もあり、貧血は通常強い再生性ですが併発疾患やFeLV感染がある場合は非再生性のことも
あるそうです。

無症候性の場合の血液検査では正常で、軽度貧血のみを示すと考えられているそうです。
血液検査は通常正常で、低酸素によるALT上昇、溶血による高ビリルビン血症が認められることが
あるそうです。
↑ということはボムボムの場合はちょっと違うのかなぁ・・・と思わなくもないですね。


ヘモプラズマ症の診断は、通常顕微鏡で塗沫標本を見て、赤血球に微生物が寄生していないか
どうかを見るそうですが、感染細胞数は3時間足らずの間に90%~1%以下にまで低下する
ことがあるので、感染しているかどうかを見逃してしまうことが多いそうです。
確定診断をつけることができなくても臨床症状から投薬を先にはじめ、そして貧血が改善されれば
結果的にヘモプラズマ症だったんだということがわかります。
しかし、先に書きましたように貧血の原因は一つとは限りません。
そういうときにいきなり投薬を始めることができない場合もあるわけです。
今回のボムボムの場合がまさにそうです。

通常病院での検査は塗沫標本で赤血球を見て確認することしかできませんが、専門の
検査センターでの外注検査を依頼すれば、遺伝子レベルでの検査をすることができます。
顕微鏡では検出不可能なレベルのごく少数の微生物でも検出することができるそうです。



●貧血のあるFeLV陽性の猫●
ヘモプラズマ症とFeLVに同時に感染していると、非再生性貧血または再生性貧血になる場合が
あります。
こういった猫がヘモプラズマ症に持続感染していると、骨髄増殖性疾患をひきおこすことがあります。
他の慢性疾患に罹患している猫で、非再生性貧血が予想より重度の場合、ヘモプラズマ症に
よって起こる貧血は通常再生性ですが、貧血に対する骨髄反応を抑制するような併発疾患
(腎不全、新生物など)がある場合、貧血が非再生性のようにみえることがあります。
ヘモプラズマ症は慢性疾患由来の貧血をさらに増悪させることがあります。



ということで、今日ボムボムの血を専門の検査センターへ外注に出しました。
ヘモプラズマ症の微生物がいるかどうかを検査するためです。
もし本当にこの微生物がいたとして、(先生曰くどのネコさんにもみんな少なくとも存在すると
いうお話ですが)そして貧血の原因の一つがこのヘモプラズマのせいだったということが
わかれば、この微生物には効果的な抗生剤があるので、前向きな治療方法があるというわけです。
ただし、ここで一つだけ問題が・・・・
ヘモプラズマに効果的といわれているバルドマイシンなどのお薬を使うとなると、今使っているお薬がすべて使えなくなってしまうそうです。
拮抗作用があるからだそうです。
これは困ったことです。
胆管肝炎疑惑のために使っているフラジールは、少なくとも今効果があるということは実感でき
ますし、アンピシリンもずっと継続していますがこれさえも使えなくなってしまうなんて・・・
うーん、悩み事が増えます。
どうしたらいいのでしょうか。。。
せっかくビリルビンも下がり始めたのに、ここで薬を止めてしまうなんてあまりにも無謀です。
でも貧血のほうが今は更に深刻な状態かもしれません・・・
だけど・・・どっちもどっちなんです。
あ~まだ結果が出てないうちから悩んでも仕方ないのかもしれませんが、本当にヘモプラズマ症
だったとしたらどうしたらいいのでしょうか。。。

経験されたことのある方はおそらくいらっしゃらないとは思いますが、誰かご存知の方が
いらっしゃったら是非参考意見をお聞かせいただけたらと願います。ぺこり






とっても頑張っているボムボムに
励ましのポチッ♪をお願します。






快方の兆し・・・
2008年10月16日 (木) | 編集 |
朝晩の冷え込みが一層増してきましたね。 風 絵文字名を入力してください
それでも日中はとても暖かくて(暑いくらい! jumee☆faceA133 )、気持ちの良い一日でした^^

オコタ布団出しました。
日中の暑いときは外していますが、朝晩は冷え込むしボムボムにも冷えは大敵ですから。
案の定ボムボムをはじめ、みんなのオコタ IN 率上昇中です。笑



今日はボムボムの検査日でした。
お忙しい中先生がいつものように往診に来てくださいました。
ありがとうございます。ぺこり


献血 検査結果 献血 (※カッコ内は基準値、単位は省略)

       今回   ALB    2.2 (2.3-3.9)      前回 10/9  2.3
             ALKP   53 (14-111)
            ALT   33 (12-130)
            AST   76 ( 0-48)
            BUN   22 (16-36)           10/9  34
            Cre    2.1 (0.8-2.4)           〃    2.2
             GGT   0  (0 - 1)
             GLOB  5.1 (2.8-5.1)
             LIPA   489 (100-1400)
            PHOS   4.3 (3.1-7.5)          10/9  5.5
             TBILL   4.2 (0.0-0.9)            〃    5.3        
             TP    7.3 (5.7-8.9)           10/4   8.8

             HCT   10.2 (24-45)           10/9  11
             HGB   3.2  (8-15)            〃    3.3           
             MCHC  31.4 (30-36.9)          〃   30.0
             WBC   22.1 (5-18.9)           〃    22.2         
             PLT    243  (175-500)         〃   205
             
             ※血糖値は自宅採血時で200ちょいでした。(控えるの忘れたので後日追記)

              電解質
              ・Na  153  (150-165)
              ・K   2.7   (3.5-5.8)
              ・cl   118   (112-129)




10/16 オコタの中は茶トラ~ず


良いことから考えると、黄疸(ビリルビン)が下がってきました!
本当にすごい嬉しいです。
黄疸が下がってなかったらもうダメか・・・とずっとずっとここ数日悶々としていました、実は。
もちろんそれでもまだまだ異常値ですが、下がり始めてくれたことは快復の兆しです^^
この調子で徐々に下がってくれますように・・・。
胆管肝炎の疑いが強いため処方していただいている”フラジール(メトロニダゾール)”ですが、
先週から一日2回飲ませています。
一日/1回でいいとか2回でいいとか諸説あるそうですが、1回のときは黄疸の数値は上昇して
しまったので2回に増やしていました。
副作用の下痢や嘔吐はまったくありませんので、2回のままでもう少し継続することになりました。

そして腎臓の数値もまたもや下がりました。
こうしてちゃんと基準値内におさまっていることが不思議なくらいです。
一時期BUNなんて130オーバーになったのに・・・



10/16 茶トラ~ずはオコタが大好き!


白血球数が依然として高いので、慢性的にどこか炎症反応があるということでしょうか。
他に気になることもあるため、今日からバイトリル(経口薬)を飲ませることにしました。
ボムボムは昨年の膀胱炎時に同じバイトリルの注射薬を使っていました。
しかし副作用の皮膚炎が起きてしまい、以来バイトリルは中止していました。
本当なら注射薬のほうが効果はいいんでしょうが、当時の皮膚炎のところのハゲは治っていません。
おそらくもう治らないと思います・・・。
ですからこれ以上ハゲを増やすわけにもいきませんので、経口薬にしました。
継続して使っているアンピシリンとの相乗効果があるそうですから、何かしら期待しています。

アルブミンとカリウムが下がってきています。
栄養が足りないようです・・・。
まったく自力で食べないボムボムに、一日3.4回ほど強制給餌をしています。
それでもやっぱりまだまだ足りないのですか。。。うーん。
うまく吸収できないというのもあるんでしょうね、きっと。
ちなみに体重は先週と変わらず3.2kg。
インスリン投与のために自分の脂肪燃焼に歯止めがかかったからとはいえ、自力で食べない
ボムボムの体重を維持するのはと~~~っても悩みます。。。
とりあえず腎臓のほうも維持できているようなので、カロリーの高いものを率先して取り入れることに
したいと思います。

あとはやはり貧血問題・・・ですね。
先週からさほど大きな変化はありませんが、赤血球も増えてはいません・・・。
再生像はなんとかありました。
ということでエポの投与は継続していたけど鉄剤は中止していたので、2日前からまた少量ずつ
飲ませ始めました。
先週はほ~んと鉄欠乏の穴の開いた赤血球だらけだったんですが、今日も確かに多いけど
先週よりは減っているように感じました。
穴の大きさも若干小さくなったかな。
それにしてもボムボムはほんとに鉄の存在が顕著に現れます。
鉄剤やペットチニックを飲ませてない子でも赤血球が増えたりすることがあるようなのに、
不思議です。。。
毎週こうして塗沫標本を見せていただいているのでわかるのですが、鉄剤を飲ませているときと
そうでないときの差が歴然です。
また来週に少しでも増えていてくれるといいなぁ・・・
これ以上減っちゃったら、せっかく黄疸が良くなってきたのに貧血で死んでしまうかもしれません。
腎臓だってせっかく維持できているのに・・・
少しずつ少しずつでいいから増えてくれますように・・・



ここ数日いろんなことを考えて悩んでいました。
貧血の原因や膵炎のことなどなど・・・
本当はそのこともここで書きたかったのですが、今日中にこの記事をUPしたいのでまた次回にでも
まとめたいと思います。
検査結果から肝臓やリパーゼを測ってみてくれた先生の所見なども、ある程度予想できそうな
気がしますのでお許しくださいませ。


さぁ~てこれから晩ご飯です。(人間)
そしてボムボムに輸液とご飯を食べてもらって寝たいと思います。。。
今日も無事に終わりました。
そして明日も明後日もみんな一緒に過ごせますように・・・。



※来週の検査は23日(木)。


前記事のお返事は明日させていただきます。
毎回遅くなって本当にゴメンナサイ。ぺこり






とっても頑張っているボムボムに
励ましのポチッ♪をお願します。







頑張ってます!ボムボム
2008年10月14日 (火) | 編集 |
今朝は少し 雲 が多くて、そして風 風 が肌寒いです。 絵文字名を入力してください
秋を感じるというか、もう冬はすぐそこまで来ているんだなぁと・・・。
こんなお天気の日でもお洗濯は毎日欠かせません。

更新がないと皆さんをヒヤヒヤさせてやしないかと思っていました。
案の定ご心配の連絡が。笑
だけどご安心くださいませ。ぺこり
ボムボムはまだまだ頑張っていますよ~!
爪とぎすることも数回ありましたし、小さな変化がポツポツとありました。
一日のうちでもいろんなことがあるので(全部小さなことだけど)、ブログに更新する間もないほどと
言ったらイイワケになっちゃいますが、そんな感じで数日過ごしていました。

今までボムボムの強制給餌は液体がメインでした。
チューブダイエット(キドナ・カケシア)をお湯で溶かしてシリンジで飲ませていました。
しかし、昨日から固形物に変えました。
人間もそうだと聞いたことがありますが、あまりにも長い間お口や喉や胃などに固形物が入らない
ままでいると、身体が食べ物を噛んだり飲み込むということを忘れてしまい、そしてしたくても
できない(怖くて飲み込めない)ようになってしまうことがあるとか。
元から舌の潰瘍が良くなってきたら少しずつ固形物を食べさせる予定でした。
結構良くなってきたので、これなら舌に当たってもそんなに痛くないかも?と最初は恐る恐る
お口をア~ンしてもらって喉の奥のほうへポトン。
難なくボムボムはゴックンしてくれました^^

チューブダイエットの粉末を少量のお水で練ってお団子を作りました。
白玉団子を作る要領と同じです。
ただ、ここで気をつけないといけないのがお水の量です。
え~!こんなに少ないの?ってくらいの量ではじめないと大変なことになってしまいます。苦笑
お水が多すぎるとベタベタになってお団子を作れません。
ですからもし皆さんの中で作られることがあったら(ないと思うけど)、最初はホントにとっても
少量から作られることをオススメします。
そうそう、あとは出来上がったお団子を冷蔵庫で少し冷やすと表面が固まって飲ませやすいです。
出来上がったばかりは柔らかいので、手の温度でへにょ~となってしまいます。
お水の量を減らせばもっと硬めにもできると思いますので、お試しになってみてくださいね。

このお団子の便利なところはいろいろあります^^
まずお薬やサプリなどを一緒に混ぜられること。
もちろんご飯などに混ぜ混ぜして食べてくれる子の場合はこんな方法を取る必要はありません。
お水などで溶いてシリンジで飲ませることができる子の場合も必要ありませんよね。
だけど中にはとても敏感な子もいるでしょうし、ほんのちょっとお薬が混ざっているだけでプイッと
見向きもしなくなったり、液体を口の中に入れると泡をふいて吐き出してしまう子だって多いです。
重篤な状態であれば尚更自力で食べることなんてできない子が多いですよね。
そんなときお団子を飲ませることができる子の場合はとても楽チンです^^
お団子はチューブダイエットでなくてももちろんOKです。
市販の猫用ミルクでも作れます。
やまだの投薬のときも猫用ミルクでお団子を作って飲ませていました。
お団子お団子って書いていますが、お水で練ってカリカリくらいの大きさに丸めるだけです。笑
ミルクにお薬やサプリ(粉末)を混ぜてお水で練るだけ。
もしくは、粒のお薬やサプリであれば出来上がったお団子の真ん中に入れて丸めれば一石二鳥。
ひょっとしたら、ミルクの好きな子であればお団子を見せただけでパクッと食べてくれる子も
いるかもしれません。
まぁこんな感じでございます^^

あとはカリカリも食べさせています。
腎サポスペシャルでもいいのですが、今はカロリーを取って欲しいのでいろいろ試しています。
液体から固形物に変更したので、お口の周りがベタベタにならないので私もかなり楽チンに
なりました^^
いや、私が楽したいから変えたんじゃありませんよ~~(ホントですよ^^)笑
それに伴ってよだれもかなりまた減ってきました。
もうニオイはほとんどしなくなりました。
なのであとほんのちょっとだと思うのですよね・・・・お口の中の問題は。
(元からある口内炎は別として。)

便秘対策で、胃腸の動きをよくしてもらおうとヤクルトを飲ませたりしています。(少量)
本当はヤクルトミルミルのほうが効果があるらしいのですが、ヤクルト製品って市販はされて
ないのでしょうか???
お店で探してみたんですがどこにもありませんでした。。。
ということでヤクルトをほんのちょっとだけ飲ませています。
あとは先生に教えてもらったオリーブオイル。
オリーブオイルとお湯を1:1で割り、シリンジでオシリからチューと入れます。
いわゆる浣腸?笑
それとおへそ周りをクルクルクルクル~とマッサージ。
まだまだ体力も追いつかないので、おトイレで力んでも踏ん張ってもなかなか自力では出ない
ようなんです・・・。
ウンチもカチカチに固まっちゃってるし。。。
でも最近わかるようになったんですが、ちょっと力んでいるかも?というときに下腹を触ってみると
コロコロとしたウンチがわかるようになりました^^
それを少しずつ肛門のほうへ押し上げていってあげると、コロンとしたウンチが取れるように
なりました。

こんな感じで3回ほど出してあげました。
本当は腸のほうから徐々に押してあげて排便を促してあげられたらいいのでしょうけど、まだ私
にはちょっと難しいかな。
今はとりあえずボムボムがなんだか力んでいるかも?というときならわかるようになったくらいです。
だけどウンチするとやっぱり少しスッキリするみたいで、そして元気にもなるんですよね~

そうそう、最近ご飯を食べさせるとウーーッと唸って後ろ足でケリケリするようになりました。
これをどうとるか?
唸るほど元気が出てきたのか?それとも本当にイヤで仕方なくって限界なのか?・・・
う~ん・・・まぁ両方だと思います、きっと。苦笑
でも身体をのけぞらせて嫌がるとかそういうのはなく、まだちゃんと飲んでくれています^^
これが本当に元気が出てきてイヤイヤするようになって、そして自力で食べてくれるように
なってくれたらなぁ~と願っています。

でも、これまた良い変化があったんです。
それは・・・ご飯に興味が出てきました^^
食べないと思っていても毎日ちゃんとボムボムにもご飯を出してあげるのですが、お刺身や
ニオイの強いものにはクンクンと鼻を近づけ、そしてチョイチョイして遊んだりもしました。
前はこんなことはまったくありませんでした。
そして昨日は・・・みんなのご飯をキッチンで作っていると、トコトコト歩いて冷蔵庫の前に
きてくれたんですよ~!
以前のように、何か欲しいの♪という目でずっと私を見上げていました^^
また夜にはご飯を置いているところまでトコトコトときて、何か欲しそうに見ていました。
いろいろ出しても食べてはくれなかったんですが、それでもこうして自分からご飯の場所まで
きて食べたそうにし始めたことはとても嬉しいことです^^
食欲は少しずつ出てきたのかもしれません。
なのであとほんのちょっと頑張れば・・・きっときっと・・・・また自分から食べてくれるように
なるような気がします。

きっとそうなってくれると信じてます。



てれねこ   ハロウィンかぼちゃ   てれねこ   ハロウィンかぼちゃ   てれねこ   ハロウィンかぼちゃ   てれねこ   ハロウィンかぼちゃ   てれねこ   ハロウィンかぼちゃ   てれねこ   
 
ずっと皆さんのところへも読み逃げポチ状態で、そして足跡つけつつもコメント残せない状態で
本当にゴメンナサイ。ぺこり
私なりにボーダーラインを決めていて、ボムボムの状態がある一定のところまで達したら
また以前どおりのダラダラブログを再開し、そして皆さんのところへも嫌がらせのコメント 笑2
残したいなぁと思っているんです。
今の私が皆さんのところへコメントを残しても、きっとボムボムのことを心配してくださっている
皆さんへ、ど~んよりと暗い雰囲気だけを残しちゃいそうで、それだけはしたくないんです。
私の勝手な解釈だし言い分なのですがお許しくださいませ。ぺこり

このままボムボムはひょっとしたら旅立ってしまうかもしれません。
でも、私はここ数日のボムボムを見ていてひょっとしたらまた元気になってくれるかもしれない?
という淡い期待を抱いています。
いや、今までだってもちろんきっと元気になってくれると信じていました。
だけど・・・心の中ではやっぱり悲観的になってしまう自分がどんどん大きくなっていたんです。
でもここ数日は、ちょっとした小さな変化でしかないけど、ひょっとして?もしかして?という
期待・願い・希望の光を見ているような気がするんです。

私なりのボーダーラインはもう少し上にあります。
でもきっとボムボムは届いてくれるような気がします。
ですからもうしばらくこのままの状態でみなさんのところへご訪問してもコメントを残せなかったり、
コチラへいただいたコメントレスも遅くなりがちだったりできなかったりして飛ばし飛ばしになる
ことも多々あると思いますが、そんな非礼をどうかお許しくださいませ。

みなさんからいただくコメントは今の私の励みです^^
ボムボムと一緒に頑張る力となっています。
こんな病気の記事にコメントだってきっとしずらいですよね、皆さん・・・。
それなのに見に来てくださって本当にありがとうございます。
見るたびにきっとヒヤヒヤドキドキしてこのページを開いていることと思います。
きっときっとまたみなさんが、喜んで明るい気持ちで見に来ていただける日がくると信じています。
そのときまで・・・どうか皆さんの力を貸してください。
よろしくお願いします。ぺこり






とっても頑張っているボムボムに
励ましのポチッ♪をお願します。








タロウ 余命突破!
2008年10月11日 (土) | 編集 |
10/11 キョトン

タロウが昨年10/11に肥大型心筋症と確定診断を受けてから、今日で一年が経ちました。
(※当時の記事は こちら。FC2に引っ越してくる前のLivedoorのほうをリンクしておきます。)


呼吸がおかしいことに気付き、病院で検査したときには肺水腫を併発していました。
レントゲンのお写真は肺が白白白白・・・、お水が溜まっていたんです。
心臓の影はぼんやりとしか見えなくなっていました。
酸素室に入れられたタロウを見たとき、涙が止まりませんでした。

病気のことや、お薬を一生飲み続けなければいけないと説明を受け、そして悲しい余命宣告・・・。
「もって一年・・・ですね」
まさかそんな短いなんて・・・本当に予想できない言葉でした。
頭の中で砂時計がサァー・・・と落ち始めました。
あのときのことは今でもはっきりと全部思い出せます。
ついこの間のことのようです。。。

10/11 あれはなぁ~に?

病気が分かってからの当初はいろんなことがありました。
何度も何度も食欲廃絶し、食べなくなることがたくさんありました。
その度に強制給餌をし、なんとか乗り越えてきました。

食べない、そして利尿剤を朝晩飲んでいたせいで(※当時はまだ経口剤でしたが今は注射薬です)
体重がどんどん減りました・・・。
強制給餌も後に大分慣れて上手く飲んでくれるようになりましたが、当初は呼吸困難に陥って
誤嚥させ、そして窒息させてしまったらどうしよう、そんなことが心配で仕方なかったせいで、
今ほどちゃんと飲ませられなかったんです。
食べないと死んじゃう・・・どうしたらいいんだろう・・・本当に悩みました。
最悪私の手でタロウを死なせてしまうかもしれない、そう思ってばかりいました。


4.5kgあった体重があっという間に4.1kgになりました。(本当にあっという間のことでした。)
その間にまたもや呼吸困難になり、確定診断を受けた病院で再診していただくと・・・
やはり肺水腫再発。。。
このときは院長先生が診て下さいました。(今のかかりつけの先生とは別の病院です)
このときまたもや悲しい宣告がありました・・・。
「今この状態で生きていることのほうが奇跡。
 いつどうなってもおかしくない状態に違いない。
 だから一日一日を大事に過ごしてください。」

・・・・・・・・・・・・・・・。
前に宣告された「もって一年・・・」を通り越して、今死んでもおかしくない???
砂時計が早送りされて一気に落ち始めました。。。

10/11 ベェ~

投薬の悩み、食事の悩み、タロウが私を見て逃げるようになった悲しみ、病気が進行したときの想像、
そして余命のこと・・・
いっぱいっぱい悩みました。


タロウは私が座るとどこからともなくやってきて、必ずお膝に抱っこされるのが大好きなんです。
お膝だけに留まらず、お腹だろうと背中だろうとどこでも乗ってきます。
それが当時は朝晩の投薬のせいで、私が立ち上がるだけで見えないところまで逃げるように
なっていました・・・。
毎日捕まえて嫌がるのを無理やり飲ませ、病気のための投薬とはいえ、心臓発作を誘発して
しまうのではないかとドキドキしながらの投薬・・・本当に苦しかったです。
一生続けなければいけない・・・重くのしかかった問題でした。
そうして悩んでいる間もタロウは自分からご飯をまったく食べませんでした。

もし投薬の際に心臓発作を起こさせてしまい、そしてタロウが死んでしまったら・・・
私の手でタロウを殺してしまうってこと?これは。。。
どうしたらいいのかわからなくなっていました。

病気の進行を遅らせる薬、血栓の予防をする薬、そして利尿剤・・・
利尿剤だけは呼吸困難に陥ってしまうのでどうしても必要だとわかります。
けど・・・あとの残りは・・・
ホメオパシーの先生にも今のかかりつけの先生にも何度も相談しました。
そして私は決めました。
「投薬を止めよう」
一大決心でした。
この時すでに利尿剤だけは注射薬に代えていたので(幸いタロウは注射はさほど嫌がりません)、
この決心をしてからなんとも心が晴れやかになりました。
もちろん病気の進行や血栓がもし下肢などに飛んでしまったらと考えると不安でした。
血栓が下肢に飛んだ場合、最悪断脚しなければなりません。
先生から心臓病の資料を拝見し、愕然としました。。。
血栓が飛ぶと本当にとても苦しむんだそうです。
もがき苦しむ姿を見ていられず、安楽死を選択する飼い主さんも多いそうです。。。
それほどつらいことがタロウに起こるかもしれないなんて・・・。
こういったことも踏まえた上での決断でした。

投薬を止めることに相方は反対でした。
それはやはり病気が進行したときのことが怖いから当然だと思います。
私だって怖いのは同じでした。
だけど、私の姿を見て逃げるタロウが、相方が帰宅すると甘えている姿を見て悲しくて仕方が
ありませんでした。。。
このときはもうタロウに触ることすらできなくなっていたんです。

そんな相方でも投薬を止めることに納得してくれたのはなぜか。
それは多分ホメオパシーをすることに決めたからだと思います。
この時すでにボムボムには取り入れていたので、タロウのことが発覚してからも当然のことながら
取り入れる予定でいました。
現代医療も止め、そして何もしない(利尿剤だけは継続すると決めていましたが)ままでは当然私も
いられません。
相方もきっと今でも何がなんだかわかっていないと思いますが(笑)、それでも代わりになるものを
取り入れるということで納得してくれたんだと思います。
ホメオパシー的にも心筋症に太刀打ちするのはとても難しいそうです。
それでも利尿剤を投与している上での身体の浮腫や腎臓への影響・免疫活性などなど、いろんな
方向性からカバーしていこうと決めました。

10/11 今日もご飯ウマウマー

投薬を止め、そしてホメオパシー(ホモトキシコロジー)を続けてしばらくすると・・・

タロウは ・・・ 自分でご飯を食べるようになったんです!
本当に嬉しくて嬉しくて・・・
それでもたまにしかまだ自分では食べなかったので、日々の強制給餌は欠かせませんでした。
だけど投薬を止めたせいか私を見ても逃げなくなり、そして強制給餌もすんなりと飲んでくれるように
変わりました。
a/d缶や退院サポートを併用しながら、毎日毎日お湯でのばしてシリンジで飲ませました。
日を追う毎にタロウは自分で食べる量や回数が増えていきました。

たまに心拍数が速くなることがありました。
そういうときは利尿剤を連続投与するように先生に指示をいただいていて、何度となく乗り越えて
きました。
このことをホメオパシーの先生に相談すると、クラシカルレメディ(粒)を処方してくださいました。
酸素の有効利用を助ける作用のある ”Carbveji (カーボベジ)” です。
お水で溶かして飲ませるんですが、この Carbveji を飲ませるようになってからグ~ンと呼吸が
穏やかになりました!
以来一度も利尿剤の連続投与をしていませんし、心拍数が速くなることもほとんどありません。
先日ボムボムが少し過呼吸気味になった際も飲ませたんですが、翌日からしていません。
手放せないレメディの一つになりました。

10/11 世代交代!?

今ではもう病気が発覚する前と同じようにご飯を食べ、おやつを催促し、そしてジャンプだって
猛ダッシュだって全然へっちゃらなんですよ^^
呼吸が速くなったりも以前のようにはしなくなりました。
体重だって一時期4kgを切るほどでしたが、今では病気が発覚する前と同じくらい、いやそれ以上?
4.5kgオーバーです!

10/11 ヒョイッ♪

先生方からしてみたら不思議なことのようです。
かなり重度の肺水腫まで併発していながら、投薬もしていないのに今こうして元気でいることが。
現代医療の先生の多くは、まだまだホメオパシーのことを胡散臭く、そして宗教じみているとか
根拠がない・非科学的・ということで信じられない方も多いみたいです。
私もタロウがホメオパシー(ホモトキシコロジー)だけで乗り切れたとは思っていません。
しかし、タロウの生命力に働きかけ、そしてタロウの身体がうまく反応し調和しながら今も何かしら
作用しているような気がしてなりません。
これからもずっと続けていきたいと思います。

10/11 みんなまったり



今日という日を元気な姿で迎えられたのは、先生のおかげなのはいうまでもありません。
先生の細やかなご配慮やタロウや私たちへのお気遣いがなかったら、私たちは途中で挫折し
ひょっとしたらタロウは今ここにいなかったかもしれません。
その可能性はとても大きいです。
そして今またボムボムのことでもこれ以上ないくらいにお心遣いもいただき、本当に感謝の
気持ちでいっぱいです。
今ここで改めて御礼を申し上げたいと思います。

本当にありがとうございます、先生。
先生と出会って一年が経ちました。
振り返ると怒涛の一年でした。
出会ったときから問題を抱えていた私たちを温かく迎えてくれました。
何も知らない私にイチからご指導いただきました。
先生のおかげでタロウもボムボムも今日という日を迎えることができました。
これからもご迷惑ばかりおかけすると思いますが(苦笑)、どうぞよろしくお願いいたします。





  余命なんてなんのそのっ!
  まだまだボクは頑張るよ♪
  そんなタロウへ応援ポチッ!









10/9 検査結果
2008年10月10日 (金) | 編集 |
とてもお天気の良い 絵文字名を入力してください絵文字名を入力してください 湘南です^^
朝から青空が広がり、清々しい風が吹いています キラキラ



今朝のボムボムです。
キャットタワーのこの中段部分、自分でジャンプして登ったんですよ!
少しずつケージの中から自分で出てくるようになりました^^
今朝は自分から日光浴です ぬいぐるみキラリ
10/10  日光浴するボムボム




眩しいオメメはちゃんと日陰になるようにしているのかな にっこり
10/10 オメメが眩しいね!





少し引いて見ると・・・こんな感じです。
3ニャン てれねこCREAMミケネコ 一緒にみんなで日光浴 ハートきらりん
10/10 みんなで日光浴♪




砂浜  泡  砂浜  泡  砂浜  泡  砂浜  泡  砂浜  泡  砂浜  泡  砂浜  泡  

昨日の検査結果です。(※カッコ内は基準値、単位は省略)

BUN  34   (16~36)
Cre   2.2   (0.8~2.4)
ALB  2.3   (2.3~3.9)
PHOS 5.5   (3.1~7.5)
TBILL 5.3   (0.0~0.9)
HCT  11   (24~45)
HGB  3.3   (8.0~15.0)
MCHC 30.0  (30.0~36.9)
WBC  22.2  (5.0~18.9)


腎臓の値が思いのほか改善されていたのはホッとしました。
静脈点滴をしてよかったなぁと思います。
あとチューブダイエット(キドナ)を飲んでいることもいいのでしょうね、きっと。
体重が200g増えました!(3.2kg→3.4kg)
インスリン投与のおかげで脂肪燃焼を止められたからとか。
アルブミンが下がってきています。(前回10/4は2.7)
ヘマトは今回アナログで測っていません。(前回アナログで14%)
器械だけの数値だと前回11.9%なので変わっていません。
エポでなんとか維持できているという感じなのでしょうか・・・
他に赤血球の製造に追いつかない、又は破壊されている原因があると想定すると、なかなか
難しいのかなぁと思ったり・・・。
ただ、まだこの状態でありながらもちゃんと赤血球の再生像は確認できました。
でも鉄の量がやはりボムボムには足りないようです。
鉄剤やレバーを食べているときは顕著に鉄欠乏性の赤血球がどんどん減っていました。
今はペットチニックを併用しながらもやはり足りないようで、昨日の塗沫ではかなり鉄欠乏性の
赤血球が増えていました。。。
ボムボムはどうやら、フードに含まれているリンや、赤血球に必要な鉄の存在など、腎不全や
貧血(エポ)に大切な要素にとても影響されやすい体質のような気がします。
今までの傾向から見るととても感じます。
それはもちろんウィルスがあるからということもあるでしょう。
それだけではなく、もともとの体質がそうさせているような気がしてなりません。

今回一番の問題点(というかコレだけが問題かも)はなんといっても黄疸です。
前回4.9から上がってしまいました。
検査する前から先生には話していたんです。
なんとな~く耳がまた黄色っぽくなってきたし、まぶたの裏も黄色いからきっとビリルビン上がって
いるような気がするって。
案の定というかなんというか・・・。
先日から、胆管肝炎の疑いのために飲ませている フラジール(メトロニダゾール) ですが、
飲ませ始めてから微熱が下がりました。
お熱が下がったということはやはり効いているのでしょうか。
ということでもうしばらく継続して飲ませてみることになりました。
胆管肝炎だけでなく膵炎も心配しなければいけないそうです・・・

舌の潰瘍は日に日に良くなっています bikkuri01
良くなってきたからか、または口内炎対策のサプリなどが効いているからかワカリマセンが
ニオイがとても減りました。
相変わらずまだよだれはありますが、潰瘍が無事完治すればなくなるのかしら。

あとは何を差し置いても自力で食べてくれるようになれば、ひょっとしてまた奇跡の大復活を
見せてくれるかもしれません・・・。
眼の輝きってとても大切です。
これは病気の子と暮らしたことがないと分からないかもしれません。
大きく見開いた眼・・・見開くことができる眼・・・ボムボムは最近たまに見せてくれるようになりました。
以前のように大きなパッチリとしたオメメがまた見られますように。。。祈ります。



◇メモ書き◇
次は19日(日)に往診予定。
16日(木)までに脱水が激しいようなら、朝病院で留置針を入れてもらい自宅で静脈点滴を
するかもしれません。
でも貧血が・・・・




とっても頑張っているボムボムに
励ましのポチッ♪をお願します。







クルン♪穏やかにボムボム
2008年10月08日 (水) | 編集 |
10/7 気持ちよさそうに寝るボムボム

昨日のボムボムです。
これは輸液をした直後で、このソファーの目の前でして終わるとソファに移動してクルン♪と
横になって寝始めました。
お腹がぷっくりしているのは200ccの輸液のせいです。
具合がとても悪いときはこんな風に横になって寝ることはありませんよね・・・。
なので穏やかな顔で眠ってくれたのが嬉しかったです。

そして驚くことが昨日はありました。
ここで寝ているときに相方が帰宅したら・・・目を覚まして目の前に置いてある爪とぎをバリバリ~と
やりだしたんですよ!
(先月るびーさんからいただいた爪とぎです♪みんなのお気に入りです^^ありがとうございました。)
元気なときのボムボムは、どんなに寝ていても誰かしらが帰ってきたり朝起きたりすると
自分も起きてオシッコをしたり爪とぎをしたりするんです。
オシッコをするのは今も変わらないんですが、爪とぎをバリバリやったのを見たのなんて・・・
おそらく1週間以上見てないはずです。
なのですっごく驚いて、思わず相方を叫んで呼んでしまいました。笑
「ちょっと来てっ!早くっ!!!」
それを見た相方から一言。
「俺が帰ってきたのが嬉しいんだよ」 ですって!笑

今朝はお熱が下がっていました^^
お薬が効いてきたのかな。
だけど黄疸はなんだかまた進んだような気がします・・・耳の黄色が濃くなったような・・・。
明日先生がお昼すぎに往診に来てくださるので、診ていただこうと思います。
舌の潰瘍は少し良くなってきたように感じます。
白っぽく膿んでいたりしませんし、なんとな~く小さくなってきたような!?
ちょっと自分では自信がないので、明日先生に診ていただいてからでないと安心できませんけどね。




ボムボムに今取り入れているものの一部をご紹介です。
ボムボムの必需品?

チューブダイエット(キドナ) をずっと飲ませているんですが、キドナよりもハイカロリーの
カケシア も今回は取り寄せてみました。

キドナの代謝エネルギーが 495Kcal/100g なのに対し、カケシアは 651kca/100g です。

腎臓のことだけ考えればキドナオンリーのほうがいいんでしょうが、少ない量でなるべくたくさんの
カロリーを摂取してもらいたいのでカケシアも併用しようと思います。
↑商品リンクをした 本●アニマルメディカルサプライ さんですが、まぁ何かといろんな噂を聞くけど、
昨日の朝注文して今日届くようにすぐに手配してくださいました。
お値段もさることながらこういう対応をしてくれるので大変助かっています^^

早速午後からカケシアのほうをお湯で溶かしてみると・・・
やけに魚っぽいニオイがしました。
キドナのほうは単純にミルクっぽい香りだけでしたが、カケシアのほうは最初妙に独特の香りがして
完全に溶けるとその香りがなくなり、キドナと同じようにミルクっぽい香りだけになりました。
さっきまでに3回ほど飲ませましたが、溶かすたびにこの香りが鼻について眉間にシワがよって
しまいました。苦笑
あと、カケシアのほうがカロリーが高いからかとろみがあります。
同じ量をキドナで溶かしてもカケシアよりさらっとしています。
それとカケシアのほうが溶けづらいかも。
溶けづらいといっても玉々になるって感じでもないんですが、キドナのほうが溶けやすいと感じました。
あくまでもこれは私個人の感想です。

ペットボトルのお品は バランスα という酵素飲料です。
猫さんは酵素を自分の身体では作れませんから大切です。
朝からボムボムが目を覚ますたびに必ず飲ませています。
舌の潰瘍が若干良くなってきたのもこれのおかげでもあるはずです。(きっと)




ボムボムに飲ませているものetc・・・
ここには写っていませんが(冷蔵庫から出すのを忘れたんです。笑)、13種のきのこエキスと
あとはインターフェロン入り生食や抗生剤などなど他にもあります。
それとホモトキシコロジーのお注射が今は3種類、そしてクラシカルレメディはトラテコウォーター。


キッチンの引き出しの中は注射針などでいっぱい。
台所用品はまったく入っていません。笑
キッチンの引き出しの中は・・・



てれねこ  キラキラ  てれねこ  キラキラ  てれねこ  キラキラ  てれねこ  キラキラ  てれねこ  キラキラ  てれねこ  キラキラ  てれねこ  キラキラ

いろんなことが今ありますが、私はとても穏やかな気持ちです。
もちろんボムボムがいなくなってしまうかもしれない恐怖・悲しみ・寂しさはあります。
ふとしたことでぽろっと涙が出るのは日常茶飯事です。
それでも毎日朝起きてからずっとボムボムのお世話ができることが嬉しいし幸せです、とても。
つらいなんて思ったことはありません。
大変だなんて思ったこともありません。
ただただ・・・今は心穏やかに同じ時間を過ごしています。

奇跡がどうか起きてくれますように・・・お願いします、神様。

てれねこ  キラキラ  てれねこ  キラキラ  てれねこ  キラキラ  てれねこ  キラキラ  てれねこ  キラキラ  てれねこ  キラキラ  てれねこ  キラキラ





とっても頑張っているボムボムに
励ましのポチッ♪をお願します。








胆管肝炎 & 舌の潰瘍の変化
2008年10月07日 (火) | 編集 |
今日は本来なら病院はお休みなのですが、先生のご好意で今朝も朝一で血糖値確認をしました。
今日は500オーバーだったようですが一単位インスリンお注射してきました。
明日から本格的に自宅で投与です。
今までもお注射はしていますが、インスリンのお注射は初めてです。
噂には聞いたことがありましたが、なんとも針が細くて小さい!
とっても鋭いので痛みはかなり軽減できるような感じですが、短いのでちゃんと刺さっているかどうか
ちょっと心配です。。。
今までのように普通の針先なら慣れっこですが、インスリン用はこんなにも小さいのですね。。。
インスリンのお注射をするときは、アルコール綿などで毛を濡らさないんだそうです。
濡らしてしまうとちゃんと投与できたか確認できないからだそうです。
乾いたところへお注射してちゃんと刺さっていなかった場合、毛が濡れるので分かるのだそうな。
なるほど~です。

ここ数日ボムボムは微熱が続いています。。。
今日は40度でした。
オシッコは無事に採尿できて検査すると・・・ケトンは出ていませんでした。
急変したときの検査でも検出されませんでしたが、まぁ限りなくこう・・・状態があやしいのかも。
そして相変わらずの黄疸。
オシッコもかなり真っ黄色。。。ビリルビン出まくってます。
ただ、耳の内側の色が若干黄色みが減ってきたように感じます。(先生も)
いろいろなことを総合すると・・・今日は胆管肝炎のお話がありました。



◇胆管肝炎とは◇
胆管とは肝臓内にたくさんある細い管で、肝臓内で造られる胆汁を肝管(胆汁を肝臓から
排出する管)に送り出す役目を果たしている。
肝臓は、腸管から門脈という血管を通して栄養分を取り入れているため、腸管内に繁殖する
細菌が侵入しやすい(十二指腸から総胆管を逆流して細菌が侵入することもある)。
体調を壊し、また、ウイルス感染症などで免疫力が低下していると、それらの細菌が異常繁殖して
肝臓に至り、胆管に炎症を起こすこともある。
胆管炎の炎症が周辺の肝細胞に広がった場合を「胆管肝炎」という。
 なお、細菌の働きが活発で急性の症状を現すのが「化膿性胆管肝炎」。
炎症が慢性化して免疫異常を起こしたものが「リンパ球性胆管肝炎」で、治療方法はまったく異なる。
胆管とその周辺の炎症がひどくなると、胆管がふさがり胆汁が肝臓にたまる。
その後、血流に乗って胆汁色素(ビリルビン)が全身に広がるため、白目が黄色くなったり
(顕性黄疸)、オシッコが山吹色になったりする。




今日から フラジール (メトロニダゾール) というお薬を飲ませ始めました。
胆管肝炎にはとても効果があるそうな。

お薬を調べてみると・・・(人間のお薬と同じです)
◇効能◇
  ・トリコモナス症
  ・胃潰瘍・十二指腸潰瘍におけるヘリコバクター・ピロリ感染症
  (応用として)
   毛包虫(ニキビダニ)、アメーバー赤痢症、ランブル鞭毛虫症、偽膜性腸炎などの感染症

不思議ですねぇ~人間用としてこんな病気に処方されるものだそうです。
気になったのが毛包虫(ニキビダニ)に効くの?顔の表面ってみんなこの虫だらけなんですよね?
以前このニキビダニを退治する石鹸が大流行しましたよね、たしか。


病院から帰ってきて早速飲ませ始めました。
夕方になってちょっとだけ効いてきたのかな?と思うことがありました。
それは目が開いてきたこと。
もうずっと目を細めているだけで開いてなかったんです。
それが夕方オシッコのため起きたとき、わりと大きく開いていたんです。
明日から毎朝お熱を測って下がっていてくれたらいいなぁ・・・と願っています。



それと今ボムボムの辛い症状の中で見ていて辛そうなのが舌の潰瘍・よだれです。
舌の真ん中から奥のほうに向かってただれています・・・。
痛いせいできっとよだれも出ているんだと思うんです。
昨日までは白く膿んでいるような感じでした。
ひょっとして穴でも開いてしまうのでは?と先生に聞いてみると、ありえるという悲しい答え。
どうにかしてこの潰瘍を良くしてあげたいといろいろ悩んでいます。
ということで毎日5~6回くらいバランスα(酵素飲料)を飲ませています。
毎朝プロポリスときのこエキスとバッチフラワーも一緒に。
あと、インターフェロン入りの生食と口内炎対策のバイオティーン。
鎮痛薬のブプレノルフィンは昨日・一昨日だけで、今日はやめましょうという先生からのご指示
だったのでやめました。

何が効いてきたのかワカリマセンが、今朝キドナを飲ませたときに見てみたら・・・
白い膿が減ってきて(かなり)、赤い血が点々と出てきていました。
膿が出ているということはそこが壊死しているということで、血が出ているということは生きている?
ということらしいです。
なのでひょっとしたら出血した後、今は再生しているところなのでしょうか?
いわば解毒?しているような感じかな。
このまま順調に治ってくれたらいいなぁ~と願っています。
(しかし・・・今度は手前に少し赤くなったところが出現しました・・・ウーン)


まだおトイレは自分で行けています。
でも・・・ずっと寝たままなので足腰弱ってきているみたいです。
おトイレも、行くときはまだしもした後はふらふらしながら出てきます。
お日様に当たらせながらマッサージも欠かせないですね。


今朝の体重は昨日よりも少し増えていました。
3.15kg → 3.2kg
自力ではもう何も食べず・飲まずの状態ですから、ここのところずっと減少していました。
だけど数日前からチューブダイエット(キドナ)をすんなりと嫌がらずに飲んでくれるようになったので、
やっとやっと増えてきました。
昨日は合計2袋飲ませました。(4回に分けて)
以前のように泡を吹いて飲んでくれなかったら、とてもじゃないけど増やすことなんてできません。
おそらく私も飲んでくれないことで以前のようにかなり凹んでしまったことでしょうk。
だけど数日前から本当に素直に泡を吹かずに飲んでくれるんです。
誤嚥だけは気をつけないといけませんが、ゆっくり少しずつキチンと飲んでくれます。

飲ませる前は必ず蒸しタオルでお口周りについたよだれを拭き、きれいにしてあげてから飲ませます。
私はそのほうがいいんじゃないかと思ってしているのですが・・・・
だってお口が気持ち悪い状態だったら食べる気だって失せると思うんですよ。
だからまずはキレイにしてあげて、そしてバランスα や H4O でお口を湿らせてあげてから
キドナを飲ませます。
キドナはどうしてもベタベタになってしまいますので、最後もまたキレイに蒸しタオルで拭いて
あげてから水分でスッキリさせておしまいです。
でもね・・・相方が昨夜こう言ったんですよ。
「どうせまた汚れるなら(お口が)最後だけ拭けばいいんじゃないの?」って。。。
私的にこの言葉は「それっておかしいんじゃない?」なんですが・・・。
相方は別に面倒臭がって言ったわけじゃないんです。
ようは、何度も拭くのがかわいそうなんじゃないの?ってことなんです。
う~んう~ん・・・・どうなのでしょうね、これって。
もちろんボムボムが抵抗しまくって嫌がるようなら私も考えるんですが、顔やお口周りを蒸しタオルで
拭いてあげるとすごい気持ちよさそうにするんです。
私がそう思ってるだけといわれたらそうかもしれないけど・・・ほんとうっとりしているようなんですよ。
そう思うとやっぱりお口周りだってすごい気持ち悪くてしょうがないんだろうなぁって思うんです。
私だったら・・・自分が入院でもしていて介護なくして食事ができない状態だったら、よだれで
ガビガビになったお口のままでは飲むのもつらいと思うんです。
でも相方の言わんとすることもよくわかるんですよ。
少なくとも無理やり強制給餌していることには変わらないんですから・・・。
でも糖尿病だもん、食べないと死んじゃう。
糖尿病でなくたって食べないで餓死させるなんて・・・


今日も一日無事に乗り越えられました。
ということで寝る前にもう一度キドナを飲ませて眠ろうと思います。
ボムボム頑張るんだよ~だけどすごい頑張らなくてもいいんだからね。



潰瘍が良くなってきたかもしれない
ボムボムに応援ポチっとお願します。


ボムボムの五日間
2008年10月05日 (日) | 編集 |
皆さんのところへご訪問しても読み逃げポチ状態でゴメンナサイ。ぺこり
またいつかひょっとしてボムボムが奇跡の大復活を見せてくれて、そして以前のように元気に
お散歩をする姿をお見せできたらいいなぁと思いながら、今日の記事を書きたいと思います。

今日は10/1(水)~本日10/5(日)までの撮り溜めたお写真をご紹介したいと思います。



まずはこちら。
10/1(水)の朝の相方とボムボムです。
10/1 毎晩相方と添い寝
休日の相方は起きるのが遅いのです。。。
ボムボムはこうして相方の布団の上や中に入って過ごすことが多いです。
思えばこうして添い寝をしてくれるのも今ではボムボムだけになりました。
この日からボムボムは2階に上がってこなくなりました。
ちなみに目覚まし時計の時間が二つともバラバラです・・・相方の時間差攻撃らしいです。笑



そして金曜日の自宅での静脈点滴に向けてのプチ模様替え?
あ~でもない、こ~でもないと夜中にバタバタでした。
ボムボムがどうしたら快適に過ごせるかを考えて考えてこんな形になりました。
10/1 深夜。 自宅点滴に向けて・・・



当然のことながらみんなのチェックは外せませんね^^
まずは我家の女王スーちゃん。念入りにまず自分のにおいをつけたのかな?
10/1 深夜。 最初のチェックはスーちゃんから



そしてしばらくすると奥に置いたかごの中へボムボムが入り、手前のムートンにナオミがズドン。笑
10/2 深夜。 設置完了!ナオミとボムボムお気に入り♪
ボムボムはこのカゴの中がとても気に入ったご様子です。
いくら点滴中といえども閉じ込めたりはしたくなかったので、自分から入ってくれてくつろいでいる
姿を見れて安心しました。



チャンちゃんだって気になります^^
同じ茶トラのお兄ちゃん元気になってね。
10/2 深夜。チャンちゃんだって気になる!



10/2(木) 初めての静脈点滴開始です。(病院にて)
10/2 初めての静脈点滴
分かる方ならすぐ分かると思うのですが・・・目が落ち窪んでいるのが分かりますよね・・・。
脱水も激しく毛の質感がゴワゴワしていました。



入院室は静かでとても快適でした。
ボムボムも最初からとてもリラックスしていて、しばらくするとスヤスヤしはじめました。
10/2 病院で静脈点滴中。
先生方がとても気を使ってくださったおかげで、想像していた怖いイメージも払拭されて
ボムボムと私は10時間を無事に何事もなく終えることができました。

そしてこの後、夜先生が自宅まで来てくださって翌日自宅で静脈点滴するための設置を
してくださいました。



10/3(金) 自宅での静脈点滴開始。8時スタート。
10/3 自宅での初めての静脈点滴中
この日はとてもお天気が良くて、日光浴しながらボムボムは順調にこなしていきました。
特に何の問題もなく、動きを制限したり暴れたり、そしてケージに閉じ込めることも一度もなく、
とてもボムボムは大人しく過ごしてくれました。
(キャットタワーにも自分で乗りました)


全体図はコチラ。
まぁ特にこれといってなんでもないのですが、今後のために載せておきたいと思います。
10/3 全体図



10/3 静脈点滴中(お日様サンサン!)



違うアングルから撮るとこんな感じでお日様サンサンでした^^
この後ボムボムは下に降りてきて更にお日様に当たって午前中を過ごしました。
10/3 ひたすら点滴中&日光浴中♪



そしてここからは本日10/5(日)のお写真です。
10/5 朝の日光浴♪


10/5 ぽかぽか暖かいね。


10/5 とっても暖かいよ^^


10/5 眩しい!


今朝は朝一番で病院に行ってきました。
帰宅後カゴに入れたままお日様で日光浴をさせました。
もう自分からはあまり動きません・・・ケージの中に置いたこのかごの中にいるばかりです。
おトイレは普通に自力でしています。

目を細めてウ~ンといってそうなこの表情・・・・きっとずっと忘れないと思います。










フルコース
2008年10月04日 (土) | 編集 |
何から記録したらいいのか分からないです。。。
ここ2.3日いろんなことがありました。

先ほど病院から帰宅しました。
やっとまともにPCの前に座ることができました。
でも今日はキチンとしたご報告はできそうにありません。
今日の記事はまたもや私の今思っていることをズラズラと書きたいと思います。
数値などもちゃんと記録しておきたいのですが・・・今とてもじゃないけどその気力なし状態です。。。

まず静脈点滴のこと。
率直にやってよかったです!
今日の検査数値でもBUNはとても下がっていました。
水和状態も良くなったし、数値的にだけでなく触った感じ・見た感じもとても良くなりました。
毛が柔らなくなって毛割れも減りましたし、皮膚の反射も良くなりました。
自宅でも何ら問題なく今朝終わることができました。

今日は朝一番で病院に行き、機材を返却して採血してお話を聞いたら帰る予定でした。
正直まったく寝てなかったので辛かったのですが、すぐ帰られるなら頑張れるかなと思っていました。
がしかし!前回ちょろっと書きましたが・・・・ものすごい高血糖、そして黄疸、舌の潰瘍・・・
まさにフルコースの問題だらけ。
いろいろなことを総合的に考えると、ステロイドの副作用からくる糖尿病併発ということだそうです。
舌の潰瘍も体重の激減も糖尿病由来ということで全部説明がつくという感じだそうです。

本当は今日採血してフルクトサミンを測定してからその結果次第で糖尿病治療も併用していく
予定でしたが、今朝の数値も当然下がっていませんし黄疸のこともありますので、今日すぐ
はじめたほうがいいだろうということでまたもや長いお時間病院滞在となりました・・・。
帰宅したのは先ほどです。
インスリン(ランタス)を1ユニット投与し、1時間~2時間おきくらいの間隔で血糖値の測定をしました。
効果があって血糖値も順調に下がり始めました。

最初の測定から何度も何度も先生がボムボムに美味しそうなご飯を用意してくれたり、おやつを
出してくれたりしましたが食べてくれません。。。
とにかく食べてくれなければだめなんだそうです。
そこで最近ボムボムの好きな鶏レバーを、お知り合いのお肉屋さん?かどうかワカリマセンが
お電話して取り寄せてくださったんです~ビックリしました。
(そういえば冷蔵庫に忘れてきちゃいました。)
早速細かくしてボムボムに出してみると・・・一口だけ食べてくれました。

実は昨夜、なんとボムボムはカリカリを何度も食べてくれたんです!
一回の量は数粒なんですがそれでもすごい嬉しかったです。
ボムボムがカリカリを最後に食べたのはかなり前なんです。
そしてなんとなんと・・・・夜中にレバーも食べてくれました!
食欲廃絶状態だったのにほんの少しずつですが食べてくれたんです・・・
でも体重は今日減っていたんです。
食べているのに減ってしまう、これも糖尿病であるなら合致する症状だそうです。

正直私はまだ糖尿病のことや黄疸のこと、肝炎や膵炎などなど考えられる症状・病気のことを
あまりよく理解していません。
というか全然分かっていません。
ですから今日も先生がいろいろな資料を見せてくれながら説明をしてくださったんですが、なんだか
頭の中もいっぱいだしボォ~としちゃってたし、今思い出してみてなんだか分からないことだらけです。

ボムボムが慢性腎不全と分かってから一年が経過しました。
私も最近になってやっと腎不全というものがある程度なんとなくですが分かってきたところです。
それなのにここへきて新たに糖尿病・・・黄疸・・・・肝リピドーシスって???膵炎かもなの???
なんだか全然分からないことだらけです。
こんなこというのはいけないのですが、おそらく私はボムボムが死ぬまでに糖尿病について腎不全
ほど知識を頭に入れることはできないかもしれません。
糖尿病はとても奥が深くて難しい病気です。
一番怖いのは低血糖だそうです。
高血糖では死なないけど、低血糖では・・・
低血糖の発作はとても苦しいそうです。
見ているのもつらいほどガタガタ震えたりするそうです。
そういう発作もありえる病気だなんて・・・

これからできるだけ勉強しなければなりません。
また新たな出発です。
いや、すぐそこに旅立ちというゴールがあるのかもしれないけど・・・

先生も私も同じ考えです。
もう先が長くないことは分かっています。
残された時間をどれだけ苦しまずに過ごさせてあげられるか、それだけが課題です。



ここからは今日の薬のメモ書きです。
舌の潰瘍にブプレノルフィンを経口投与。(鎮痛薬 : 効用外使用)
エリスロポエチンを本日から100ユニットに戻して再開 ( 0.4ml )
ブドウ糖(低血糖で発作時も使用)
インターキャット(インターフェロンを生食で薄めて口内滴下)
インスリン(ランタス1本) 1日1回1ユニット( 1ml )  
バイオティーン(口内炎対策)


ホメのホモトキシコロジーの処方もまた変わりました。
今日病院からホメの先生とお電話したのですが、先ほど帰ってきてビックリしました!
なんともう送ってくださったんです!!!
お近くではあるのですが、ポストに不在票が入っていてビックリしました・・。
先ほど無事に受け取り、あとでボムボムに早速投与します。
こんなにすぐに当日配達で手配していただき、本当にありがとうございました。ぺこり


今までの腎不全とはまた別に、糖尿病はとにかく激痩のボムボムは食べなければなりません。
何が何でも食べないと・・・死んでしまいます。
血糖値というものは本当に怖いのですね・・・
今までこんなに感じたことはなかったです。
ということでキドナを先ほど50gお湯で溶かして飲ませました。
今までは一度にこんなにたくさん飲めなかったのですが、なんと今日はゴクゴクと飲んでくれました!
お腹もいっぱいになって少し穏やかな顔をしています。
今日は病院でもなんとなくちょっとだるそうだったのです、実は(少し熱がありました。39.5度)
うちに帰ってきたらオシッコもしてなんだかちょっぴり元気になってきたように感じます。
泡を吹いて嫌がったり、潰瘍が痛くて飲み込めなかったりしたらどうしようとずっとずっと考えて
ばかりいたのですが、どうやら薬が効いてきたのか今までにないくらいすごい素直に飲んで
くれるようになりました。
この状態が続きますように・・・・そして体重が少しずつでもいいので増えますように・・・・。

免疫力アップアップで潰瘍なんて治っちゃえ!
血糖値もこのまま維持できますように・・・
そしてビリルビンも下がってくれますように・・・
黄疸も早く抜けてくれますように・・・・間違っても肝リピドーシスなんてなりませんように。
そしてなんといってもボムボムの痛い・苦しいが一日でも早く軽減できますように・・・。


つぶやき
相方今日も遅いのかな・・・
丸々二日近くほとんど寝ていないのでかなり限界に近いやまだのママです。
もう少ししたらボムボムの輸液をしてホモトキと抗生剤を投与して・・・
お腹をマッサージして・・・・あとなんだっけ。
寝る前にもう一度キドナと酵素を飲ませないとね。
そして明日は朝一でまた病院に行かなければ。
あ、その前に後でコンビニ行って先生からお借りした資料をコピーしないといけない・・・。
ご飯食べるのも億劫になりそう。。。
弱音を吐くのはここだけにしよう。
またボムボムと一緒に頑張ります。




頑張るボムボムに応援のポチ!をお願します♪

血糖値
2008年10月04日 (土) | 編集 |
ボムボムは今病院でインスリン(ランタス)投与後の血糖値の推移確認中です。
朝一で来て急遽することになりました。
フルクトサミンの結果が出るまで待っていられない状況のようです…。
順調に血糖値下がってます。
なんだか気持ち良さそうに寝始めました。






頑張るボムボムに応援のポチ!をお願します♪
静脈点滴中(自宅)
2008年10月03日 (金) | 編集 |
こんにちは。
今日はとても良いお天気で清々しい陽気です。

携帯からの更新です。

毎日更新だけでコメントレスもできないままで本当にゴメンナサイ。ぺこり

予定どおりボムボムの点滴中です。
朝8時から始めました。
今日は500ccの輸液パックがなくなるまで続けます。
流量が問題なければ昨日と同じように一時間に30cc流していますので、
17時間弱でしょうか。
少し様子を見ながら20ccまで遅くしてもいいそうなので、何か異常がないか見ています。
明日は朝一でまた病院なので、それまでに終わるようにしなきゃいけないというわけです。

輸液剤の中にはビタミン剤と抗生剤を予め混ぜています。
チックンしなくていいのでボムボムもストレス軽減かしら。

昨日より大分皮膚が柔らかくなってきたように感じます。
今は設置したケージの中に置いたカゴの中で気持ち良さそうに寝ています。
閉じ込めたりまったくせずに最初っから自分から入って寝ています。
どうやら気に入ってくれたようです。
今時分みんなはお昼寝タイムのようです。
私も眠たくなってきました。
イケナイイケナイ!
目を覚まさなければ……先は長いです。

昨夜はご飯を食べてちょっと横になったら寝てしまったようです。
ハッと目が覚めたら二時半でした。
今朝は点滴をスタートさせるのに相方の手が必要だったので(ボタンを押してもらうだけ)、
いるうちにやってしまわなければいけないことがいっぱいあってアタフタしました。
洗濯してボムボムのお口をきれいにしてあげて酵素やお水を飲ませて、
みんなにご飯をあげたり慌ただしかったです。
寝ている間にキドナ団子を作ったりもしました。
お湯でといで飲ませてましたが、潰瘍にしみて痛いかなぁと思ってお団子にしてみました。
さっき飲ませたらガムみたいにクチャクチャしてからゴックンしてました。
うまく喉の真ん中に落とせればすぐゴックンなんですけどね。
お口の中も黄色くなってきました……。

いろいろ調べものがしたいんですが、PCが二階なのでできません。
あー、ノートPCが欲しいです~!!!




頑張るボムボムに応援のポチ!をお願します♪





帰ってきました。
2008年10月02日 (木) | 編集 |
無事に帰宅しました。
長い時間ボムボムはとてもよく頑張ってくれました。
先生方からのたくさんのご配慮のおかげで、心配していたほどボムボムはストレスを大きく
感じなかったのか、うちにいるときと何ら変わらずとてもリラックスして10時間を過ごしました。
私もうちを出る前はすごい不安で仕方なかったのですが、点滴が始まってからは想像したほど
緊張せず過ごすことができました。

みなさんからたくさんのコメントをいただき本当に嬉しく、そして励まされています。
お返事もずっとできない状態が続いていますが申し訳ございません。ぺこり

今日のご報告も本当はキチンとしたいのですが、またもや書きなぐりのやっつけ更新に
なりますことをお許しくださいませ。


朝、病院について留置針を入れていただきました。
以前私が言ったことを先生は覚えていてくださったようです。
それは何かというと、できれば毛を刈らないでほしいということです。
どうしてかというと、やまだのときに旅立つ前に刈られた毛がとても痛々しかったからです。
なくなった時にその姿が残っているのはあまりにも悲しいから。。。
だからもしも可能であれば・・・とずっと前に聞いてみたことがあったんです。
な~んにも言わないのに先生は「できるかなぁ・・・」と針を入れてくださいました。
とても手際の良い先生のおかげで、何ら問題なく、そしてボムボムまったく嫌がらずに
すんなり針を入れることができました。
この時いつものようにまたちょっと先生に感謝感謝と心の中で言いました。

点滴を開始する前に採血しました。
検査するためです。

そして点滴開始・・・。
1時間に30ccの速度ではじまりました。
特に呼吸が速くなるとか鼻水が出てくるとか苦しい様子は何もなかったので、むしろすごい
リラックスしていたので、このままのスピードで最後まで流しました。

はじまって間もなく・・・予め顔が黄色っぽいなどの症状があったのである程度予想して
いましたが、案の定検査の結果黄疸が出ていました。
そしてなんと・・・ものすごい高血糖。
尿検査の結果からケトンは検出されませんでしたが、今までもステロイドの投与後の
検査では糖が高めに出たりもしましたが今回はマックスに高い数値でした。。。
腎性糖尿というものもあるそうですが、おそらくここ2週間のステロイドの頻回投与における
副作用からくる糖尿病の可能性が高いそうです。
確定ではもちろんありませんけどね。
ということでフルクトサミンの測定をすることになりました。
土曜日に採血をして検査するそうです。
フルクトサミンの測定は外注になるので、結果が出るまでに5日ほどかかるそうです。
ひょっとしたら秘密の方法で(?)もう少し速く出るかもしれないそうですが・・・。

いずれにせよ、もし本当に糖尿病確定となってしまったら、腎不全に糖尿病の治療も
プラスされ、そして貧血の対策エポのこともまた考えなければなりません。
ちなみに本日の結果でもキチンと赤血球の再生像は確認できていましたが、ヘマト数値は
下がっていました。
そしてリンも始める前から実は下がっていたんです・・・ウーン。
手元に検査結果の用紙を持ってきてないのでスイマセン。
また後でお知らせしたいと思います。

正直このことを聞かされたときショックでした。
でも、これがいつものようにただ病院で結果だけを聞いてウチに帰っていたら、一人でとても
絶えられなかったかもしれません。
それでも今日はずっと病院に居られたおかげで、終始先生がいろいろなお話を聞かせて
くださったりしたせいで思いのほかショックで押しつぶされるということはありませんでした。
でも一人になった今やっぱりどよ~んとしてきちゃうんですけどね。。。

お昼にお弁当を買ってきてくださったり、午後はお茶をご馳走してくださったりと本当に
至れり尽くせりお心遣いしていただき感謝の気持ちでいっぱいです。
病気のこと、そして教えてほしいことなどいっぱい聞かせていただきました。
ボムボムの点滴をしにいったはずなのに、なんだか私にとっても貴重な時間になりました。

病院での点滴が終わり、一足早くボムボムと私は帰宅しました。
そしてしばらくして先生が来てくださり、明日自宅で引き続き静脈点滴をするための設置を
してくださいました。
またまた図々しくもいろんなお話を聞かせていただき楽しかったです。
先生がこんなことを言ってくださいました。
病気のこととかも私が一人ウチの中で考えていると悩んでしまうので、今日のボムボムの
様子からもそんなにストレスを感じていないようだから、また静脈点滴をするついでに
病院に来たらいいんですよ、って。
お気遣い本当にありがとうございます。ぺこり

ボムボムはホッとしたからか今はとても熟睡しています。
本当はキドナをまた飲ませたいところですが、そっとしておいてあげようと思います。
ちなみに体重は先週とほとんど変わらず3.3kgでした。
もうほとんど廃絶に近い状態でよく維持できたと思います。
やはり少ない量で高カロリーを摂取できるキドナはすごいなぁと思いました。

あ、それと大事なことを書き忘れるところでした。
ボムボムのよだれの原因が分かりました。
先週見たときは先生も私も気がつかなかったのですが、今朝キドナを飲ませたときに
見てしまいました・・・。
舌に潰瘍ができていました。
ただれて出血していたんです。
このせいで痛くてよだれが出て臭かったんです。
じゃぁこの潰瘍はなぜできたか?
おそらく何か感染症の可能性は高いと思いますし、腎不全だって糖尿病だってその可能性は
ありますよね。
もしくは複数の原因が重なっている可能性もないわけじゃないとは思いますが・・・。
高血糖のこの状態で今はもうステロイドを使えないそうです。
ですから抗炎症作用のあるお薬を土曜日使ってみるそうです。
あと他にも名前を忘れちゃったけどサプリみたいなものも。(ラクトフェリン入り)
それらで効果がなかったら・・・
いずれにせよ、先生も今日の今日の結果だけではまだなんともいえないので、またいろいろと
考えてくださるということでした。

治るかどうかはワカリマセンしとても不安です。
でも、この潰瘍のせいでご飯が食べられなかったことが分かりました。
これは一歩前進なのでしょうか・・・それとも・・・。

病院で先生にこんなこと言ってしまいました。
「なんだかフルコースですね」って。
腎不全に糖尿病などなどのことを。

はぁ~・・・一人になった今、なんだか頭が痛くなってきちゃいました。
でも先生はもっと痛いのかもしれませんが。。。
あ、それよりも先生は昨日からお腹がピーゴロらしいです。
辛そうでした。。。
それなのに本当に今日は一日ありがとうございました。
そしてまた明日も明後日もよろしくお願いします。ぺこり


まとまりのないご報告になってしまい申し訳ございません。
明日は朝からずっとボムボムの見張り番をしなければいけないので、PCの前に座ることが
できません。
携帯からまたチラチラと更新するかもしれませんが。

最近は本当に更新するばかりでコメントのお返事も書けないし、みなさんのところへも
お邪魔してもコメントが残せない状況で申し訳ございません。。。
だけどいただくコメントは本当に嬉しくて嬉しくて涙して拝見しています。

また新たな問題発生!?のボムボムを、これからのどうか応援してください。ぺこり




頑張るボムボムに応援のポチ!をお願します♪







点滴中です。
2008年10月02日 (木) | 編集 |
皆さんご心配おかけしております。

只今ボムボムは順調に点滴中です。
いろいろ不安要素が新たに出てきちゃいましたが、
今日点滴して正解でした。
もう少し延ばしていたらかなり危険でした。
皆さんから色々なご意見を聞くことができたおかげです。
本当にありがとうございました。ぺこり

ボムボムはオシッコもして今は寝ています。
病院も静かで快適です。

取り急ぎのご報告でした。



頑張るボムボムに応援のポチ!をお願します♪



明日が無事に終わりますように・・・。
2008年10月01日 (水) | 編集 |
いよいよ明日、初めての静脈点滴をしてきます・・・。
とても不安です・・・とてもとても・・・。
そんな大袈裟なものじゃないのかもしれないけど、やっぱり怖い気持ちのほうが多いです。

そして明後日は自宅でそのまま静脈点滴を継続しますので、今日はケージを設置したり
いろいろとプチ模様替え?をしていました。
ボムボムにとってどうしてあげたらできるだけ快適に過ごしてもらえるだろう、そんなことを
想像しながらまだまだ手探り状態です。。。

自宅でするといってもずっとケージに閉じ込めておこうとは思っていません。
とはいってもうろちょろあまり動かせるわけにもいきませんので、私がおトイレなどその場を
どうしても離れなければいけないときや、元気が出てきて何かしたくなったときなどは
(そうなってくれたらどんなに嬉しいか・・・)ケージに入ってもらうしかありません。
ケージは結構大きいです。
大昔、今から何年前だろう・・・に買ったものですが、今も現存するタイプです。
まぁどこにでもあるプラケージです。
でもこのプラケージはいろんな想い出があります。
スージーもお世話になったことがあるんです。
車と接触事故に合い、下半身不随になったときが数週間ありました。
そのときウチの中で隔離生活をしていて、最初の頃はなるべく運動を制限させなければ
いけなったため利用していました。
あのときは本当にショックでした。
スージーがもう歩けないかもしれない・・・排便だって自力ではできなくなるかもしれない・・・
そういわれていたんです。
でも奇跡的に復活してくれて今に至ります。
そのほかにもスージーの兄弟も短い間使いました。
気がついたときには遅くて・・・あっという間に旅立ってしまいました。
まだ小さかったかのに・・・とても苦しい思いをさせてしまった思い出があります。
他にもいろいろな思い出があるプラケージです。


そして今日はホメオパシーの先生のところへ相談に行きました。
ボムボムの近況と新しいホモトキシコロジー並びにレメディを処方していただきました。
処方内容はまた今度詳しくお知らせしたいと思いますが、今までの肝腎サポート・免疫活性・
ステロイド対策だけではなく、口腔内の問題にも対応した処方内容が加わっています。
そしてウィルス対応もプラスしています。。。
とても興味深いと共に、突然の相談だったにも関わらず先生がボムボムのためにピッタリの
処方をしてくださったことが嬉しかったです。
クラシカルレメディは奇跡の水とも言われる、トラテコウォーターです。
ルルドの泉ならみなさんよく知られているので分かりやすいでしょうか。
イメージ的にはそんな感じですが、人間でもエイズウィルスに感染した人たちがこのお水を求めて
メキシコまではるか遠くから訪れるという奇跡のお水です。
あのバスケットのマイケル・ジョーダンも訪れたそうです。
奇跡のお水・・・このお水で奇跡の復活をした猫ちゃんの話を今日は聞いてきました。
どうかどうかボムボムにもその効果がありますように・・・。

夕方帰宅し早速新しいホモトキを投与しました。
そしてまた少し外出して戻ってくると、何やら欲しそうにキッチンについてきます。
またどうせ出しても食べないかな・・・そう思いつつも、ホタテのお刺身をあげてみたら・・・
食べてくれたんです!!!とってもパクパクと!!!
なんだかこれってひょっとしてホモトキの効果なの!?
ちょっと気分が良かっただけかもしれないけど、なんだか嬉しくて嬉しくて・・・

それと、昨年もお世話になった光線治療器をお借りしてきました。
またまた今年もボムボムにそしてタロウにもバンバン照射して、免疫活性して欲しいと
切に願います。

ということで今日一日なんだかいろいろなことがありました。
明日のために、そして今後のために。

明日のことを思うと本当に心配で仕方がないのですが、みなさんどうかどうか力を貸してください。
そして無事に終わり、何かしらの良い効果が現れますように祈っててください。
明日は朝9時から開始する予定です。
私はずっと一緒についてることができるのですが、特にこれといって何の役にも立たないと
思いますので、もし携帯からアップできたら近況をご報告したいなぁと思っています。
モブログがちゃんとできるか分からないけど。
というかそんなことしている余裕があるかどうかも分からないけど・・・。

書きなぐりの記事になってしまってゴメンナサイ。
これからもう少し明日のための準備をしたいと思いますので、誤字脱字はいつも通りなので
ご勘弁を。苦笑

明日が無事に終わりますように・・・




頑張るボムボムに応援のポチ!をお願します♪







元気な姿
2008年10月01日 (水) | 編集 |
最近くら~い記事ばっかりでゴメンナサイ・・・。

今朝のボムボムの元気な姿が動画に撮れたのでご紹介しますね。

まずは爪とぎするボムボム。
豪快なバリバリ音をお聞きくださいませ。



そしてお次はひたすら鳴くボムボム。
※BGMがありますので音量にご注意くださいませ。 1分近くあります。
(喉仏の辺りがバサバサになってますが、キドナを飲ませた直後で最後に
 蒸しタオルで拭いてあげたからです。)






頑張るボムボムに応援のポチ!をお願します♪