チャンちゃんの命日
2016年05月18日 (水) | 編集 |

今日はチャンちゃんの命日です。

2016年 チャンちゃん命日のお花①

みんニャを含めて、このうちに引っ越してから初めて命日を迎えました。

2016年 チャンちゃん命日のお花②







いつもお願いしているお店で「イエローとグリーンのみで」と
お願いしてみました。
2016年 チャンちゃん命日のお花③
チャンちゃんにはやっぱり黄色とオレンジっぽい
色合いがピッタリだと思います^^

向日葵が出始めたそうで、早速使ってくださいました。
”ビンセントオレンジ”という品種だそうです。
元気いっぱいの子でした、とお伝えしたところ
選んでくださったそうです。







命日が近づき、もしチャンちゃんも一緒にこのうちに
引っ越していたら・・・と、考えてみました。
2016年 チャンちゃん命日のお花⑤
真っ先に想像したのが、毎日毎日網戸を開けようとする
チャンちゃんとの攻防に明け暮れているだろうなぁということ^^
スージーはそういうことはまったくしない子なので、ワタシは
2階でそんなに心配することなく(ゼロではないけど)チクチクして
いたりできるんですが、チャンちゃんもいたらこんなに安心して
長い時間2階にいることなんて絶対無理!と思いました。笑

あと、もしかしたらボムボムが使っていたオレンジのリードを
つけて(まだとっておいてあります)お日様いっぱいのお庭でほんの
少しでも一緒の時間を過ごしていたかなぁとか。
あ、でも長い時間はさすがに怖くて無理ですね。笑
きっとお庭の草を貪るように食べ漁るんだろうなぁって
いろんなことを想像しました。
チャンちゃん、草がとっても大好きでした^^
プランターで作ってあげた草をいつもすっごい美味しそうに
最初っから最後までひとりでずっと食べていました。
スージーはあまり食べないからということもあってか
思えばチャンちゃんがいなくなってから草を植えたことが
ありませんでした・・・。

昨年の今日以前の写真からチャンちゃんの写真を・・・と
思ったんですが、あー・・・そっか、チャンちゃんの写真を
探そうとするとスーちゃんの写真も見ることになるんだ・・・
そう思うと、同じ年にいなくなってしまったということを
まざまざと思い出させられるようで、なんだかできなくなって
しまいました。
でも、この写真だけは大好きなので別のフォルダにしまって
いるので、すぐに取り出せるようにしているので大丈夫です!
もう何度も載せていると思いますがスミマセン。ぺこり

ドリルとチャンちゃんの大好きな写真

こうして大好きなドリルお兄ちゃんと一緒に、今は幸せいっぱいの
日々を過ごしてくれているといいなぁと思っています。
でも、たまには帰っておいでね~^^








今日はチャンちゃんの大好きだったほたてさんと
しらすさんをたっぷりお供えしようと思います^^
食べ過ぎてお腹壊さないようにね。笑
今日も応援励ましぽちっとタップ(クリック)して
いただけると嬉しいです。
いつもありがとうございます。ぺこり























スポンサーサイト
チャンちゃん 百箇日
2015年08月25日 (火) | 編集 |

今日はチャンちゃんの百箇日です。

相方とチャンちゃん

もう、なのか、まだ、なのか、なんだか不思議な感覚です。

チャンちゃんはホントにふわ~~と柔らかく旅立っていったなぁと
つくづく感じています。
これが老衰ってことなのかな・・・













ご心配おかけしているスーちゃんですが、今日は少しだけ
持ち直しています^^
いつもそうなんですが、毎週のホモトキを打った翌日は
ちょっとだけ元気が戻ります。
昨日まではもうテーブルの上にジャンプしてお水を飲むことは
なくなっていたんですが、今朝はまた軽々と飛び乗って
美味しそうにお水を飲んでいました^^
そして、一昨日からは爪とぎもしなくなっていたのに、今朝は
また元気にバリバリ~~~!とやってくれました^^
やったあとは呼吸が速くなってしまいますが、それでも今朝は
ほんのちょっとでもそういう元気な姿がまた見られて幸せです♪

昨日の午後からほんのちょっとずつキドナを飲ませています。
スーちゃんはさらっとした感じよりもトロミが少し多いほうが
飲みやすいので濃い目に作ったものを5ccシリンジで2本ずつ。
昨日の午後と寝る前に飲ませましたが、意外とあまり嫌がらずに
飲んでくれています^^
ホモトキと栄養が少しでも身体に入ったおかげで元気が一時的
にでも出たのでしょうか。
いずれにせよ、気持ちよさそうにまだ眠ることができています^^

どうか今日も苦しい時間がほんのちょっとでありますように・・・祈







お空の上でチャンちゃんどうしているかな~?
今日も応援ぽちっとよろしくお願いします。
いつもありがとうございます。ぺこり


















チャンちゃん 新盆
2015年08月13日 (木) | 編集 |

今年はチャンちゃんの新盆です。
あいにくの雨模様ですが・・・


太陽の中のチャンちゃん^^








ちゃんと迷わず帰ってこられるように迎え火を炊いて
灯篭をつけっぱなしにしなくっちゃ^^

耳かきとチャンちゃん ①

大好きなホタテさん用意して待ってるからね~^^
早く帰っておいでよ~







お盆って静かでいいなぁ・・・苦笑
スーちゃんもスージーもこの静かなひとときを
穏やかに過ごせています^^
今日も応援ぽちっとよろしくお願いします。
いつもありがとうございます。ぺこり























[READ MORE...]
チャンちゃん 四十九日
2015年07月05日 (日) | 編集 |


珍しく2つ更新しています^^






今日はチャンちゃんの四十九日です。

長猫チャンちゃん♪

明日からお空の上に行ってしまうんですね。

チャンちゃんの遺影のお写真をどれにしようか相方に聞いたとき
候補にこのお写真もありました。
だけど他の子達のフレームが横向きなので、チャンちゃんだけ
縦向きにするのもどうかと思って他のお写真になりました。
でも、ワタシもこのお写真のチャンちゃんは大好きです^^
なんだかチャンちゃんらしい、というかきりっとしていて凛々しくもあり。
懐かしいです、ホントにとても・・・






応援ぽちっとよろしくお願いします。
いつもありがとうございます。ぺこり


















チャンちゃん 最期のお別れ
2015年05月26日 (火) | 編集 |

チャンちゃんのためにお花を送ってくださった皆さん
そしてメールをくださった皆さん
ホントにありがとうございました。ぺこり

チャンちゃんが旅立ってから初七日も終え、明日になると
もう10日目になってしまいます。
短い時間だったけど、なんだか長く感じます。



チャンちゃんとの最期のお別れも無事に終わりました。

今までの子達は棺の中にたくさんのお花を入れて
お別れをしてきましたが、今回チャンちゃんはお別れまで
どうしても相方の仕事の関係で日にちが空いてしまい、
それまでの間は”天使のつばさ”で眠っててもらいました。
暖かくなってきたことや日にちがかかってしまったせいもあり、
体から出るガス等の関係もあって密封しているエンジェルパックを
開けてお花を敷き詰めてあげることができませんでした。
それなら花束を一緒にしてあげようと思い、いつもお願いしている
お店の方に相談しました。

作っていただいた花束はコチラです。
チャンちゃんの旅立ちの花束

高さが 50cm くらいで、とっても素敵でした。

火葬する際に有毒ガスが出てしまう恐れのあるものや、
プラ素材のものは骨に付着して残ってしまったり変色
する恐れがあるということで、できるだけ入れないように
聞いていました。
通常花束を買うと透明のセロファン?に包まれると思います。
でも、そのセロファンもアウトだろうと思ってその旨お伝えした
ところ、セロファンや不織布ではなく和紙で包んでくださいました。
白い網網になっているのがその和紙です。
また、リボンもサテンのものはガスが発生するということで
ラフィアを使ってくださいました。
ご親切な配慮をたくさんしていただき、チャンちゃんにもきっと
喜んでもらえたかな、と思います。

ナオミのときからずっとお願いしている霊園さんで今回も
最期のお別れをしてきました。
正真正銘の猫好き(単なる猫好きではなく)の社長さんが
さすがにもうワタシたちのことも覚えてくださっていて、
今回も捨てられた猫さんと一緒にいろんなお話をしてきました。
毎度の事ながら、ホントに猫が好きで好きで大切にしている
方なんだなぁと思いました。

こんなお話もしてきました。
社長さん 「そちらのほうだと病院はどちらに?」
ワタシ   「もう、あまり行かなくなりました」
社長さん 「あ~もうそういうのがわかるようになったんだね」
       「必要なこととそうでないことの線が」
ワタシ   「そうなんです、だからもうあまり・・・」

この会話の意味、真意っていうのかな。
そういうのがわかってくださる方なんです。
この部分だけ聞いてもさっぱり?かもしれませんが、なんて
いうのかな、多くを語らなくても分かり合える方って感じです。
動物が好きなのと猫さんが好きなヒトって違いますよね。
わからない方にはちっぽけな差に聞こえちゃうかもしれませんが、
ワタシにしてみたら結構大きな差に感じてしまうんです。
だから、この社長さんとお話できるとホント心が温かくなりますし、
たくさん毎年捨てられていく子や保護している子、病気の子の
話を聞き、それとなく「小さい猫ちゃんがいるんですが・・・」なんて
さりげな~く言われちゃうとグラッと心が揺れちゃったりもしますが、
もうワタシたちにはこれから新しい命を最後まで責任を持つ気力、
自信が持てそうにないんです。
この話もしたんですが、社長さんから「そ~んなこと考えないで
楽しければいいんですよ~」って諭されそうになりました。苦笑

社長さんの人柄なんでしょうね。
とても小さい霊園ですが、行くたびにいろいろと設備が増えていたり
快適に待っていられるように待合室が作られていたり、利用者の
ほとんどの方がリピーターだというのも納得です。
帰り際に”横浜パンの家”の食パンをいただきました。笑


お骨上げも終わり、その足でチャンちゃんが生まれて
ワタシたちと出逢った川崎のアパートに行ってみました。
まだありました!
懐かしかったです、とても。
大雨のあの日、真夜中に聞こえたチャンちゃんの小さな
小さな鳴き声が聞こえてきそうでした。
相方に「そんなの聞こえない、勘違いじゃない?」って
言われてもなんだか気になって気になって・・・
「やっぱり聞こえる!」ってお庭に出て、見つけた瞬間は
いたーーーー!ってびっくり。
翌日お世話になっていた病院に連れて行って全身
フロントラインやられたなぁ~ノミがすごかった。
ドリルが最初っからチャンちゃんをぺろぺろしてくれて、
すぐにみんニャと仲良くなって・・・
相方が会社の方に話して里親さんになってくださる方が
見つかったんだけど、そのときにはもう我家の家族に
なっていて放せなくなっていました^^
5匹だって6匹だって同じ、って一度言ってみたらすんなり
気持ちが動いて、なんで今まで里親さんを探していたんだろうって
自分たちも不思議に感じたのを思い出します。

そして、川崎のアパートから転勤で次に引っ越した茅ヶ崎の
アパートにも行こうと思ったら・・・
工事中でどっからいっても通行止めにあってしまい、結局
行けませんでした。泣



最近、あまり寝付けなかったり眠れてもすぐに目が覚めてしまったり
していたんですが、3日前の午後少しうとうとしていたら夢をみました。
なんと、チャンちゃんが生き返る夢でした。
天使のつばさから急にムクッと起き上がって、ワタシが気がついたら
なぜか後ろにボムボムも生きていて、え?ボムボム?チャンちゃん?
どっち???なんで????とプチパニック。
そして、お隣のお子さんの鳴き声で目が覚めました。苦笑

今までお別れしてきた子達が生き返る夢なんて一度もみたことがありません。
あったとしても、覚えていません。
こんなにはっきり覚えている夢なんて、今でもまだびっくりです。
そうそう、こんなこともありました。
チャンちゃんが旅立ってからある日の朝、相方とワタシ二人ともが同じときに
チャンちゃんが2階から下りてくる足音を聞いたんです。
後ろ足を引き摺るようにゆっくり慎重に下りてくる音が聞こえてきたんです。

それと、最期のお別れまでの朝晩は簡単に作っていた祭壇に氷水を
用意していたんですが、カップの中の氷がもうほとんど溶けてしまって
ほんの小さな氷が1個残っているだけのときに、なんでかふと見たら
カラ~ンと音が鳴ってクルクル回ったんです。
実はこれ、3回もありました。
窓は閉めていたしエアコンもつけていませんでした。
ワタシが何か内輪とかで仰いでいたわけでもありません。
だからきっと、チャンちゃんが飲んでいたんだろうなって思うことに
しています^^


チャンちゃんがいなくなってしまって、なんだかとてもガラーンと
しています。
部屋の中がというだけでなく、毎日やっていたことの時間がまったく
なくなってしまい、時間もガラーンとしてしまって、だからといって
やる気もなんだかイマヒトツだったんですが、明日になったら
もう10日ですもんね。
あまりうだうだもしていられませんし、していないほうがいいんだと
自分は思うんです。
スーちゃんもまた一段階段を昇り(このことは近日中にまた書きます)、
スーちゃんとの時間も限りが見えてきてしまいました・・・。
それでも、今は元気いっぱいなので一緒にいられる時間を大事に
生きていこうと思っています^^
チャンちゃんはもう、ドリルのそばできっとゴロゴロ甘えて幸せいっぱい
に戻っていてくれると信じています。








チャンちゃんの写真を2007年の分から印刷していたら
全部で500枚くらいになってしまいました!びっくり。
アルバムが足りなくなってしまったので、チャンちゃん用の
新しいものを買うか作るか考え中です。
オレンジ色にしたいと思っています^^



















チャンちゃん 7時40分 虹の橋へ
2015年05月18日 (月) | 編集 |

チャンちゃん 今朝、旅立ちました。

朝7時40分でした。

相方が出勤する間際の出来事でしたが、二人とみんニャで

お見送りすることができました。

よかったです、ひとりではなくて。



3日前からお風呂場に行きたがるようになりました。

思えば、タロウとナオミも同じでした。

お風呂場で寝たがるようになり、そして数日後・・・

お風呂場にはバスタオル等を敷いてなるべく身体が冷えないようには

しましたが、それでもすでに後肢の不自由さからもわかるように、

浮腫みや冷えを取り除いてあげることはできませんでした。

そばにいるときはなるべく後肢をマッサージしたり、自分の手の平で

挟んで温めるようにしたり、暖かくて軽い素材のものを下半身にだけ

ふんわりとかぶせてあげたりしていました。



昨夜、といっても今日の夜中になります。

寝る前の0時前にまた鳥もも肉の挽き肉を少し温めてから出してあげたら

ワタシの膝抱っこの上でペロリと食べてくれました。

もっと欲しい!と物足りなそうだったんですが、あまり一度に食べさせると

お腹を壊してしまうチャンちゃんなので、だいたい 20g 程度くらいしか

あげませんでした。

その後部屋の明かりをオレンジの灯りだけにしたんですが、1時過ぎに

ガバッと起きたと思ったら一生懸命ご飯の場所まで肢を引き摺りながら

行き、そこで待ってたんです。

食べたいのね!と急いでまたお肉を用意して出してあげたら、またまた

ペロリと食べてくれました。

その後はスヤスヤしたりおトイレに行きたそうだったので連れて行ったり、

落ち着いたかと思ったらやはりまたお風呂場に行きたがったので、好きな

ようにさせてあげました。

夜中何度か見に行ったときもそれまでと変わらず、あまり体勢を変えずに

寝ていました。

いや、寝ていたというかなるべく室温の低い場所を探してそこにたどり着いたん

だと思います。

本能とでもいうんでしょうか、きっと自分の体温が低くなってきていたので

わかっていたんでしょうね。



朝、起きてからチャンちゃんがまだ息をしていることに心底ホッとしました。

でも、なんとなく眼の感じが昨日までとはまた変化していました。

ワタシには、きっと今日が最後の1日なんだとなんとなくわかりました。

相方にも「なんだか昨日までと眼が違うね」といいました。



お口の周りが汚れていたので、きれにしてあげました。

その後ほんの少しだけお水を飲んでくれて、すっきりしたのか表情が

少しだけ柔らかくなり、ソファにそっと寝かせてあげていました。

いろいろ朝の用事を各自相方もワタシもこなし、相方が7時半少し前に

おトイレに入りました。

ワタシの朝のやることが終わったのでチャンちゃんを寝かせていたソファの

前に座ったとき、呼吸が速くなっていることに気がつきました。

いや、速くなっていたといっても、まだお別れのときのような速さではありませんでした。

でも、なんとなくワタシにはわかってしまったんです・・・

だから相方を急いで呼び、チャンちゃんの前に座って手を握ってもらいました。

相方も最初はあまりわからなかったかもしれませんが、どんどん速くなってくる

呼吸を見てわかってきたと思います。

ほんと突然そのときはやってきました。

もちろん、3日前からお別れが近いことはわかっていました。

もっというなら1週間以上前からです。

でも、なにか病的なものを感じる呼吸数の増大であるとか、そういうものは

一切ありませんでした。

ゆるやかに時間が過ぎていく中で、小さな小さな灯を灯し続けていた、

その灯は消えかかっていたけれど、灯し続けていた、そんな毎日でした。



最後のときはほんの5分ちょっとの出来事でした。

気がついて相方を呼び、旅立つまでの時間はとても短かかったけれど、

とてもとても長く感じました。



ワタシ、お願いしてたんです、直前に。

毎朝毎晩みんニャにお線香を上げていますが、今朝、みんニャに向かって、

そして神様に向かってお願いしました。

「もう、チャンちゃんをそっちに連れて行ってあげて」と・・・。

ドリルにもお願いしました。

「そばに呼んであげて、そしてまたチャンちゃんにいろんなことを教えて

あげて、面倒みてね」って。

こんなことお願いしたワタシはひどいヒトでしょうか。

まだ生きていたのに、こんなことお願いしたらいけなかったんでしょうか。

まさにこのお願いをした直後に、チャンちゃんの呼吸に気がついたんです。



ワタシのせいだったのでしょうか。



ずっと一緒にいたかったです。

でも、やまだやタロウ、そしてドリルのように何か物理的な病状で呼吸が

苦しくなってしまうようなことがない今、今ならきっと辛いことをこれ以上

チャンちゃんに経験させる前にお別れできたほうがいいのではないか、

ワタシが一緒にたいからまだまだ何かできることをするのではなく、

これ以上チャンちゃんに辛い思いをさせないためには今が最後の階段

なのではないか、そう思って今朝お願いしてしまいました・・・。



こうして記事を書くために2階にいるわけですが、3日前の夜までは

まだがんばってチャンちゃん上がってきていたんです。

一昨日からはもう上がれなくなってしまったんですが、チャンちゃんの

ために用意した縁の低いおトイレや昨年ドリルがまだ居た頃から

ずっと使っている猫ベッド、猫ベッドを置いている引き出しの上に

乗るために用意したステップ・・・

何もかもそのままです。

こうしてキーを打っていても、なんだかチャンちゃんがまだここに

いるような気がして仕方がありません。

最後にここで飲ませていたお水のコップとシリンジもそのままです。



チャンちゃんはあまり自己主張をする子ではありませんでした。

ほとんど鳴かない子だったんですが、ドリルがいなくなってしばらくは

ずっと鳴き続けて家中を探し回っていました。

そして、甲状腺の病気になり・・・病的な鳴き声をあげるようになりました。



チャンちゃんって、調味料に例えるとケチャップだと思うんです。

いつまでも子供っぽかったんです。

足腰がふらつくようになったりしてもやはりどこか幼げなところがあって、

相方も事の外チャンちゃんをかわいがっていました。

小さな頃から好きなように抱っこさせ続けてくれたのは、相方にとっては

チャンちゃんだけでしたから。

だから、チャンちゃんがこどもの日があるこの5月に旅立ってしまったのも

なんとなくチャンちゃんらしく感じてしまったりします。



老衰ってどういうことなんだろうって思いました。

でも、なんとなくチャンちゃんはそうなんだと思うんです。

足腰の痛みはきっとあったと思いますが、それでも大きな病的症状に

悩まされることは少なく、最後の時だけほんのちょっと呼吸が・・・と

いうことはあったけれど、それ以外でいったらホントにゆるやかな

猫生だったのではないかなと思いました。



ドリルがいなくなって1年以上、チャンちゃんきっととても寂しかったはずです。

やっと大好きなドリルと再会できて喜んでいるといいなぁと願います。





チャンちゃんを応援してくださったみなさん、ホントにありがとうございました。






この記事を書いていたら案の定スーちゃんがお昼のおやつに
呼びに来てくれました。
どんなことがあったとしても、毎日のことはちゃんとやらなきゃ!
スーちゃん、ありがと。

















チャンちゃんの時間
2015年05月16日 (土) | 編集 |


昨日のお昼ごろまではまだもう少し一緒にいられるよね、と思いました。

朝のお買い物から帰ってきたら何かちょうだい!と起き上がって

お出迎えしてくれて、スーちゃんと一緒に鳥ももの挽き肉をそれぞれ

40g ずつ食べてくれました。

40g って結構な量なんですよね。

でも、チャンちゃんペロリと完食でした。

お腹もいっぱいになってゴロンと寝ていて、夕方になってお水を

飲ませようと抱っこしたら目の焦点が合ってなくて、どこか宙を見ていて

それ以降ずっともう意識が半分以上はっきりしていないようです。

オシッコをしたくなったりしたら上体を一生懸命起き上がらせようと

するので、抱っこしておトイレに連れて行って終わるとまた寝かせて

あげています。

今朝のご飯は、また鳥ももの挽き肉を出してあげたら食べてくれましたが

それ以外のものはあんなに大好物だったほたても1個の半分も食べられなく

なってしまいました。

反対に元気な頃は生肉なんてほとんど口をつけなかったのに、どういうわけか

鳥ももの挽き肉だけはとてもたくさん食べてくれるようになりました。

今はもう、食べてくれるならなんでもいいんです。

どんなものでも食べてくれるなら・・・



今はもう、ただただ一緒にいてあげようと思います。

ワタシにしてあげられることがなくって・・・



チャンちゃんの残された時間が穏やかに過ぎ去っていくように

どうか皆さんも祈っていただけると嬉しいです。








↓このチャンちゃんのお写真大好きなんです。

















今朝のチャンちゃん
2015年05月11日 (月) | 編集 |


今朝のチャンちゃん^^
超低空飛行ながらも毎日がんばって生きています。

2015.5.11のチャンちゃん②

もうほとんど眼が見えていないので、ご飯の場所をニオイで
探してたどり着くようになっています。
食べるときも鼻をご飯の中に入れながら食べています。
そのせいで鼻先が少しべとつくようになったりして、ホットタオルで
拭いてあげるとハゲてしまいました・・・。
鼻先がテカテカです。

今まで看送ってきた子達のことがあるからなんとなく思うことです。
今のチャンちゃんは病気のせいでこうなっているというか、おそらく
老衰なんだと思うんです。
加齢によって恒常性が保てなくなるっていう、そういう感じなんだと
思うんです。
いや、もちろんその裏には病気からきている症状だってありますが
それらもすべて年齢からきているものに直結しているんだろうなぁと
思ったりしています。








脱水もしていることはしているけれど、毛の流れを見てもらうと
わかるように思いっきり毛割れしてバッサバサになっているようには
見えません。
2015.5.11のチャンちゃん①

ただ、この3日くらいで水分を欲しがらなくなってきました。
それまでは飲みたくなると自分で催促しにきたり、
どんなに飲んでも飲んでも足りないくらいすぐに飲みたく
なっていましたが、最近は飲ませても飲み込める量が
少なくなってきました。
飲み込める量が少なくなってくると、もうすぐやはり近いのか
と思ったりします・・・。
ただ、病気のせいでご飯は欲しがるんです。
少し前までは出せば食べてくれましたが、ここ数日で口を
付ける程度で残してしまうようにもなりました。
以前はペロリと完食していたものでさえもです。

薬の量もかなり増えました。
今までは副作用が怖くて今の量はどうしても飲ませるのに
躊躇していましたが、もうそんなこといっている場合じゃないと
思えるようになりました。
身体が火照って落ち着かない、ぐっすり眠れない、そんな時間が
減ることを願いつつ、覚悟を持って今の量を飲ませることに決めました。

残された時間がどんなに短くっても、苦しくて辛い時間が長引くよりも
ずっとそのほうがいいと思います。
ずっとずっと一緒にいられたらどんなに幸せか。
一緒にいたいから検査や治療をするんだと思いますが、自分たちの中で
こういうことになったらやるべきこと、したくないことをはっきり決められる
ようになったので、これから先もチャンちゃんにはおうちでゆっくり
残された時間を過ごしてもらおうと思っています。
そのためにワタシたちにできることを影ながらサポートしていきたいと
思います^^






チャンちゃん 大丈夫だよ!
ドリルがお空の上からドリルパワーを送ってくれているからねっ!




















チャンちゃん 階段を昇り始める
2015年05月09日 (土) | 編集 |


このお写真は昨日一番具合の悪そうにしていたときです・・・。

2015.5.8のチャンちゃん

チャンちゃん
もう眼があまり見えないんだと思います。
右眼はおそらくほぼ・・・
かろうじて左眼で距離を測ったりしているのかもしれません。

そして、後肢、腰がとても弱くなりました。
引きずるように一生懸命歩いたり階段の上り下りをしています。

おトイレの前には段差を軽減するために一段低いステップを
設置しているんですが、その低いステップでさえも乗ることが
困難になってきていて、おトイレに入る前にしてしまうように
なりました。
ペットシーツを広げているので何ら問題はありません。
チャンちゃんがしたいところでしてくれればいいんです、ホントに。



今朝はだいぶ回復してご飯をたくさん食べてくれましたが、
昨日の午後、ひょっとしたらもうお別れなのかもしれない・・・と
思ってしまうほど症状が進行しました。
たった1日・2日で急激に・・・。

今まで少しずつ症状が進行しているのがわかっていても、
お別れを確実に意識することはありませんでした。
いや、いつかそうなってしまうことがわかっていたんですが、
それでも目に見えて確かな感触というか、そういうものを
感じることは少なかったんです。
だから、昨日の午後からそう感じ始めたとき、猫ベッドで
眠るチャンちゃんをジッと見ていて涙が出てきてしまいました。

お写真のチャンちゃんを見ていて、もしそうだったらこのまま
眠っている間にそっと旅立って欲しいと願ってしまいました。

でも、不思議なものですね。
昨日の感覚はどこへやら。
今朝のチャンちゃんはほんのちょっとだけ足の引きずり方が
軽い気がします。
足というか腰の低さでしょうか。
昨日一昨日はホントもう腰が低くなってしまっていて、何を
するのを見ても胸がギュッと締め付けられるような苦しさを
感じましたが、今朝はほんのちょっとですが腰が上向きに
なっていました。
一時的なことでしょうけど、昨日と比べるとかなりの差があります。



輸液の量も回数もホントに悩みどころです。
今までのように 200ml なんてもう重くて重くて身体がついて
いけてないと思うんです。
そりゃそうですよね、体重 3kg くらいでいきなり 200g も
増えちゃったら足腰も弱くなっている状態なんだから
歩けなくなって当たり前だと思いませんか。
身体が重くて辛いよーといっているようで、やらないほうが
いいのかやってあげたほうがホントにいいのかわからなく
なるときもあります・・・。
1日おきだったけど、毎日 100ml くらいずつ様子を見て
入れるようにしようと思っています。
足腰がまだしっかりしていれば 200ml くらい大丈夫だと
思うんですが、もうチャンちゃんには辛すぎる量だと思います。



今朝はほんのちょっとだけ回復したけれど、おそらく昨日から
お別れの階段を昇り始めたんだと思います。
あと何段残っているのでしょうか。
5段?10段?
それともたった1段なのかな・・・
最後の段までどうか穏やかに過ごせますよう祈ってください。








がんばるチャンちゃんに今日も応援お願いします。
いつもありがとうございます。ぺこり
















チャンちゃん 手動水やり人(笑)
2015年03月31日 (火) | 編集 |

風がとっても強いけど、朝からぽっかぽか~^^

相方が急遽本日お休みなってしまいました・・・苦笑
ということで、猫ベッドの続きは明日になってしまいます。
お待たせして申し訳ございませんが、もうしばらくお待ちくださいませ。ぺこり










今朝のチャンちゃんと相方^^
2015.3.31のチャンちゃんと相方②

最近、相方にもお水を飲ませてあげるようにお願いしています。
チャンちゃん、氷水が飲めなくなってからジャンプもあまりできなくなり、
いつもテーブルやキッチンカウンターの上でお水を飲んでいたので
自分から飲む回数が減ってしまいました。
とっても飲みたそうにしていた先月のある日、シリンジで飲ませてあげたら
それはそれは嬉しそうにたくさん飲んでくれました^^
以来、飲みたくなるとそばにきたり、キッチンの入り口で待っているように
なってしまいました。苦笑
1日何十回飲ませているでしょうか。
病気のせいもあり、とってもとっても喉が渇きやすいんです。
輸液は毎日だったり1日おきだったり、適宜適量?変えていますが、
やっぱり口から採る水分が一番大事ですから。
2階でワタシが作業しているときも、飲みたくなると起きてきてそばに
やってきます^^
ある意味、とってもわかりやすいので助かっています^^

2015.3.31のチャンちゃんと相方①

液体を飲ませるのって、わりとコツがいります。
体勢を傾けすぎると気管に入りやすくなるし。
シリンジを口に近づければ頭を後ろに動かそうとするので、
その頭を後ろにいかないようにホールドしながら飲ませないと
いけないわけですが、チャンちゃんはヘッドロックしないほうが
ゴクゴク飲み安いので、上記のように普通に抱っこして頭が
後ろにいかないようにしながら飲ませています。

ワタシにもしものことがあったら・・・
って、早々あるわけじゃないことだけれど(笑)、それでももしもの
ときに相方にやってもらわないといけないわけなので、最近は
お水も飲ませる練習?をさせています^^
慣れないとどうしても頭のホールドがうまくいかず寝かせるように
して飲ませてしまいがちですが、なんとかできるようになってきました。
チャンちゃんもお利口さんだし^^

関節サプリを飲ませるようになってから、ほんのちょっとだけふらつきが
減ってきました^^
よかったよかった!

そして、最近飲ませるようになったきえ~るですが、チャンちゃんの
お腹にはとっても合っているみたいです~^^
もう、1年以上になるでしょうか。
チャンちゃん、便秘なのでいつもウンチするときはワタシがサポートして
あげて出してあげていました。
うんちしようとしても出づらいので、肛門の左右からうんちを探って押し出して
あげるんです。
あまり自分で力み続けると、力みゲロしちゃいますよね。。。
それがかわいそうなので、うんちしようとしたらそっと近づいて押してあげる
ようになりました。
近づいてもチャンちゃんは嫌がらないので助かります^^
そのおかげで力みゲロってほとんどしないんですが、いろいろお腹の調子を
よくしようとサプリを飲ませても劇的な改善!にはならず・・・
それが、きえ~るを飲ませてから自分でちゃんとできたんです!
しかもちゃんとしたのを。笑
便秘だとどうしてもころころしたのになりがちですよね。
なのに、きえ~るを飲ませてあげてから1本になってきて(笑)、しかも自分で
ちゃんと出るような硬さになってきました。
恐るべしきえ~る。笑

20ccくらいのお水に2プッシュくらいして(ミニボトルのほう)飲ませているんですが、
たったそれだけでほんとよく効いています^^
効くも効かないも個体差はあるでしょうけど、うちの子たちにはとっても合っている
ように感じています。

リーナルケアも毎日ゴクゴクしてくれるし、痩せてしまったけどそれなりに元気で
穏やかに病気とお付き合いしていると思います。
痩せてくるとどうしてももうお別れが近いのかな・・・と今までは思ってしまいましたが、
チャンちゃんはそういう感じには受け取れず、もう少しこうして一緒にいられるような
気がしています^^
無理のない生活、穏やかな毎日が過ごせるようにこれからもいろいろサポートして
いきたいなぁと思います。







今日はお花見に行くそうです^^
お弁当はどうするんでしょうね~
ワタシ?作りませんよ。笑
昨夜の晩御飯が唐揚げだったので、
それでいいかしら。ふふふ