血糖値
2008年10月04日 (土) | 編集 |
ボムボムは今病院でインスリン(ランタス)投与後の血糖値の推移確認中です。
朝一で来て急遽することになりました。
フルクトサミンの結果が出るまで待っていられない状況のようです…。
順調に血糖値下がってます。
なんだか気持ち良さそうに寝始めました。






頑張るボムボムに応援のポチ!をお願します♪
スポンサーサイト
頑張るボムボム
2007年08月03日 (金) | 編集 |
梅雨明けしました関東地方。
いきなり暑い日が続いています。
連日各地で花火大会やお祭りが開催されていますね。
以前の住まいでは相方も時間に余裕のある毎日を送って
いたので、毎年のように観に行っていましたが、こちらに来て
からはまったくといっていいほど行くことができません
少々つまらない日々ではあります。。。
が、昨日映画を観にいきました。
”ハリポタ”です。
今まで全作観ています。
もちろん原作も読んでいます。
読んだことのある方ならお分かりだと思いますが、決して
短い内容ではありません。
あの内容を2時間ちょいの映画に収めるとなれば仕方のない
ことなのかもしれませんが・・・。
今まではそんな風にあまり感じませんでしたが、今回はかなり
はしょっているというか・・・無理があったように感じました。
それにいきなりハリー役のダニエル・ラドクリフ(?)君の首が
太くなって、更にたくましい体系に変身しているのもびっくり
どっちかというとひ弱なイメージであったはずだったと
思うんですが、前作であんなに悲しい戦いをしたせいで
たくましく変身してもおかしくないと思ったのか、それとも
あえてたくましく変身させたのか?う~ん・・・
髪の毛も短くなりすぎのような。。。
ま、最初のイメージが強すぎたせいでしょうかね。
次回作もまた楽しみです^^
おっとその前に最終巻の日本語訳が出るのが先ですね。


ボムボムですが・・・
火曜日の検診では体重は前回とほぼ変わらず6.4キロでした。
ステロイドが切れてくるときだったので、食欲も落ち気味では
ありましたが、それでも少しずつは食べてくれていました。
お口の赤みもそれ相応ですが、ものすごーく酷い状態では
ありませんでした。
先生から前回の尿検査などで、若干糖が出ていることに関して
お話がありました。
まだ糖尿病になっているというわけではないけど、もしこのまま
ステロイドを続ければなる可能性もあるわけで、やはりできれば
使わない方向でもっていきたいということでした。
ボムボムは他にもこれから先病気になる可能性もあるわけで、
そうなったとき糖尿病になってしまったらインシュリンのお注射
も重なり、ものすごいストレスになると思うと心配して
くださいました。
で、以前から飲ませている月一回のジスロマックと、毎日
飲ませるプレビコックスで少し様子を見ていきたいということ
でした。。。
最悪何も食べなくなってしまった場合はやはりまた元通りですが
少し頑張ってみようということになりました。

さぁ~大変です。
だって今までステロイドのせいで食欲増進させていたんですから、
それが切れてしまった今、食べたいと思う方法を考えなければ
なりません。
食欲増進効果のある抗ヒスタミン剤も一応いただいていますが
完全に期待するほどの効果はありません。残念ながら。
火曜日以降連日ご飯作りに少し時間がかかります。
固形があるものは口内に当たって痛くて食べられません。
食べる→痛い、この反応がある限りはっきりいって難しいですが
色々細々と食べてくれています。
一日の必要量ははっきりいって足りていません。
どうしたらいいか・・・悩む毎日です。

でも、今までだったらもうすでに絶食している時期なんです。
何も食べなくなってて当たり前なんです。
それが少しずつでも食べてくれている。。。
ボムボムはものすごい頑張ってくれています!
先月からあげている核酸などのサプリメントも効いてきて
くれているといいのですが。。。

生肉・ボイルしたお肉・お刺身・焼いたお魚などなど
ほんの少しずつでも食べてくれるので、私もがんばりますっ。
だけどこれ以上無理はさせたくありません。。。



※2009年3月追記※
当時お世話になっていた病院で勧められるままに使ってしまったジスロマックと
プレビコックスですが、いずれも効用外使用で後にボムボムの体調はこの薬の
せいで悪化し始めました。
腎不全になったきっかけともいえるかもしれません・・・。
また、ジスロマックに関してはとある動物病院で口内炎の新薬というフレーズで
薬についての情報のみをネット販売されているようです。
お薬の処方は近くの病院でということで、あくまでも情報だけを2,000円ほどの金額で
販売されています。
ただ、どの薬も当然ながら効果のほどは固体差があります。
また、常用性もあるのか効かなくなってきたという方が多いのもよく耳にします。
いずれにせよ、効用外使用のお薬を勧められたときは慎重にならなければなりません。
そのためにはその薬が一体どういうものなのかということをキチンと先生に聞けるように
なる必要があるでしょう。










ボムボムバナー
↑↑↑↑↑
応援クリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いします♪♪♪
一年前
2007年07月05日 (木) | 編集 |
引き続きまだ相方の夏休み中のためお返事が遅れがちですが
ゴメンナサイ。
来週には復活できると思います。

最近去年の今頃は・・・・と思い出すことが多いです。
そして今日も。
昨年の記事を読み返しました。
昨年7月4日この日、やまだの肺転移が確認されたんですね。
あのとき先生から告げられた言葉を忘れられません。
昨年は比較的涼しい夏で、今日よりも全然過ごしやすかった
のもよく覚えています。
今年のように暑い梅雨だったらもっと辛かったのだろうか、
と思ったり。
色々と思い出しますね。


火曜日になりますが、ボムボムの定期検査でした。
体重が6.04キロにまで落ちてしまったので、
今回は仕方なく注射を打ってきました。
先生曰く、ボムボムの経過から診ても体重は
6.5キロ前後がいいのではということを言われていた
ので、今は激減していることになりますね。
お口の奥のほうの口内炎よりも、奥歯に当たる部分の
炎症が痛くて食べられないみたいなんです。

先生から、もう一度プレビコックスを試してみてみたいと
言われました。
実際飲ませているときは炎症もかなり引いていたので
私もそれには賛成しました。
そして、奥歯に当たる部分の炎症について新しい提案を
いただきました。
正直まだ他の病院でもそのように使っているところは
ないと思うという前置きのあと、塗り薬の説明を聞きました。
通常は皮膚炎などに使うお薬で(名前を控えてくるのを
忘れてしまいました)、もしかしたら効く可能性が
あるかもしれないということ。
ただ、ステロイドほどではないけど免疫抑制されるという
作用があるため悩んでいるともいわれました。
今すぐというわけではないので、検討してみてくださいと
いわれて帰路につきました。
他で使ったことがないのでデータもない・・・う~ん。
これには私たちも言葉がないです。
いくらなんでもこれは少し使えないかなぁ。。。と。
でも色んなことを調べて考えてくださる先生には、本当に
感謝しています。






※2009年3月追記※
プレビコックスは効用外使用で、ボムボムの体調が腎不全へ進んでいったのは
この薬の影響も考えられます。。。
口内炎の症状が良くなったと思いきや、他の面で体調はどんどん悪くなり始めました。
いろいろあってこのときの病院は結局転院したわけですが、この薬の投薬を中止してから
もやもやしていた悪い体調がスパッと良くなりました。
効用外使用のお薬を勧められたときは気をつけないといけないと痛感しました。
(中止と共に体調は良くなりました。)






やまだバナー
↑↑↑↑↑
応援クリックしていただけると嬉しいです♪
また来てくださいねぇ~お待ちしています♪♪♪


一歩前進
2007年06月05日 (火) | 編集 |
今日はボムボムの通院日でした。

↓行きの車中でのボムボム
2007.6.5 ボムボム通院(行き)

他の子たちではまずこんな風にキャリーバッグから
出すなんてことは出来ません。
ボムボムはとっても大人しいし、お外を見るのが
大好きなので出してあげています。
もちろん病院内に入るときはバッグに入ってもらって
いますのでご安心を。

結果からいうと今日ステロイド剤は処方しませんでした♪
先週から飲ませているプレビコックスが良く効いて
いるようで、口内の赤みも引いている部分があり且つ食欲も
あるのでこのままプレビコックスだけ飲ませて様子を見て
いこうということになりました~♪
ステロイド剤の効果期間2週間を経過した後の通院で、
使わなかったのは初めてのことです。
本当に長い長い投与期間でした。。。
まだ終わりと決まったわけではもちろんありません。
また赤くただれてご飯が食べられなくなって痩せてきたら、
そのときは様子を見ながら短期型のお薬を使うかも
しれませんが、それでも一つの光明が見えてきたようで
本当に嬉しかったです。
長期型のお薬は身体に負担が大きいので今のところは
使わないで、少しでも身体に優しいお薬で頑張って
いくことになりました。

ステロイド剤は食欲増進効果があるので、ボムボムは
そのせいでご飯を食べているのもあります。
今日から脱ステロイドに向かうわけなので、食欲が
多少なりとも落ちてしまうのでは?と先生に質問しました。
口内の痛みがなくなればもちろん自分で食べれるようには
なるはずですが、その間に食欲がガクンと落ちてしまった
場合のために”抗ヒスタミン”を処方してくださいました。
抗ヒスタミンは食欲増進効果があるそうです。
身体に負担は少ないので自宅で様子を見ながら、絶食して
しまう日が出てきたら飲ませてみることになりました。
もちろんその間にまた口内のただれがひどくなって
しまったら、すぐ病院に連れて行くということで
今日はおしまいでした。

2週間分のプレビコックスと抗ヒスタミン、それとタロウの
目薬をいただいて本日のお会計は5,080円でした。


↓帰りの車中
あまり行きと変わりませんね。苦笑
帰り





※2009年3月追記※
結局このプレビコックスというお薬は効用外使用だったわけですが、
後になってこの薬のせいでボムボムはどんどん体調が悪くなり始めました。
腎不全になったきっかけともいえるかもしれません・・・
投薬中止と共に体調は改善しました。



ボムボムバナー
↑↑↑↑↑
今日から脱ステロイドにしゅっぱ~つ♪
頑張るボムボムに応援クリックお願いします!
もしかしたら・・・
2007年06月01日 (金) | 編集 |
2007.6.1 ボムボム

先週いただいてきた新薬プレビコックスですが、
火曜日から飲ませています。

そろそろステロイド剤の効果が薄れてくる頃なので
いつもなら口内はマッカッカになっているはずです。
それがナント!一昨日からどんどん赤みが薄れて
きているんです!
毎日薬を飲ませるときに口の中を観察しているんですが、
昨日は普通のピンク色のところが出てきていて、
今日には半分近く赤みが取れていました♪
これが本当にこの薬の効果なのか、それとも一緒に
飲ませているジスロマックとの相乗効果なのか、
はたまた全然違うのか?分かりませんが、今日現在の
状態としては今までにないほどきれいになっている
ように感じます。

来週火曜日くらいにはいつもならステロイド剤の効果が
薄れてきているはずなので、そのときの状態がよければ
もしかしたらプレビコックスだけにできるかもしれません。
ぬか喜びしたくないから早とちりもしたくないけど・・・
でもなんだか良くなってきているように感じます♪
このままどんどん良くなりますように。。。


※2009年3月追記※
転院してから知りましたが、結局この薬の影響もあってボムボムは
腎不全になったのかもしれません・・・
いずれにせよ、効用外使用ですから使用を勧められたら気をつけて
欲しいと願います。






ボムボムバナー
↑↑↑↑↑
難治性口内炎と戦うボムボムに応援クリックお願いします♪



口内炎 新薬導入
2007年05月22日 (火) | 編集 |
ちょっとバタバタしていて更新サボってしまいました

昨日ボムボムの病院に行ってきました。

3.4日ほどかなり食欲が落ちていて、そのせいか
脇腹が少し凹んだ?ように思っていたんです。
でも病院でまず体重測定をしたら。。。
あまり減っていませんでした
見ていない間に食べていたのか!?
何はともあれ全身状態も悪くなく、むしろ毛艶も
良くなっているということ。
(毎日ブラッシングしているもんね♪関係ないかな)



そして肝心の口内炎。。。
私も連れて行く前から思っていたんですが、
以前のように”マッカッカ”になっているのではなく
まだらになっているんです。
炎症がひどくなるとマッカッカになるんです。
だから薬の効果である2週間が経過しても、食べることが
できたようなんです。
おそらく2ヶ月前から飲んでいるジスロマックの効果が
出てきたのではということでした

そして先生から
「○○さんがいらっしゃったら話したいことがあったんです」と。
(なんだろう。。。もしかして何かヤバイことでも
起こったのだろうか???)とちょっとドキドキしました。

以前から外国では使われていたお薬”プレビコックス”
についてでした。
元々はわんちゃんの関節症などに用いられていたお薬で、
とても効果の高いお薬なんだそうです。
そのお薬の大きな特徴として、胃腸に負担がかかり辛い
ということだそうです。
どうしてもステロイド剤は胃腸に負担がかかるため、長期使用
は心配されていたんです。(その他の病気もなる可能性あり)
炎症を抑えるという意味でとても効果があるため、
是非使ってみてはどうか、
というお話でした。

以前から外国では使われていたものの、今年になって日本に
やっと?入ってきたお薬なんだそうです。
(認可が下りなかったんでしょうね、きっと)
効果が高くてまだまだ新しいお薬のため、病院でも入手が
難しいものなんだそうです。
いつもお世話になっている病院でもやっと入手できたので、
この度こういうお話をいただきました。

このお薬で口内炎の炎症が抑えられれば、もうステロイド剤は
使わないでいいし身体にも優しいお薬、そしてなんといっても
錠剤のため家で飲ませるだけでいい!
ということは通院のストレスもなくなる?。。。♪

ということで飲ませてみることになりました。

今回はとりあえず長期型だけのお注射をして、一週間くらい
経過して症状が良くなってから飲ませ始めることに。
そして一週間飲ませたあとちょうどお注射の効果が切れる
ため、そのときの症状を見てどれだけプレビコックスの
効果が出ているかを見ましょうということになりました。
効果がある場合は飲ませ始めて結構早く出るそうです。

とりあえず2ヶ月飲ませているジスロマックは効果が出ている
ようなのでこのまま継続し、並行してプレビコックスも
飲ませることになりました。

ジスロマックが4,700円というお値段に比べ、今回から
飲ませるプレビコックスは1,000円くらいです。
ジスロマックは抗生物質なのでお高いのはしょうがない
んですよね。
だけどプレビコックスがお安いのにはびっくり
効果があれば経済的にもありがたいんだけどなぁ・・・

何はともあれ、もしかしたらステロイド剤から脱出できる
可能性が出てきたボムボムなのでしたぁ。。。


↓こちらは新しいおもちゃを出したところ。
遊んでいるところは後日upしますねー♪
2007.5.23 フェリスキャット


ボムボムバナー
↑↑↑↑↑
なんだか色々と良い方向に向かい始めているかも?
応援クリックお願いします♪



ボムボムの経過&カミカミ
2007年04月17日 (火) | 編集 |
最近相方の休みのときはほとんど雨。。。
週休二日のはずが忙しいので週一になってばかり。
たまの休みなので晴れてほしいものですが、日ごろの
行いが悪いからでしょう。苦笑

今日はボムボムを病院に連れて行きました。

2007.4.17 ボムボム

目の状態は4週間前から大分良くなってきました♪
今まで半年以上どんな目薬を使っても効かなかったのに、
なぜでしょうね。
同じ頃から始めた”ジスロマック”にはそういう
効果はないそうなんですが、なぜかこれを飲んでから
赤くならなくなりました。
原因も大切ですが、良くなってきたのは嬉しいことです♪
今日はいつもよりは比較的状態もそんなに悪くなかったので
短期型のステロイド剤は使いませんでした。
長期型だけ打ってきました。
あとはジスロマックが前回飲ませてから一ヶ月になるので、
またいただいてきました。
効果ははっきりとは出ていないけど、ステロイド剤を
減らしているので効果を見ていこうということです。
一ヶ月置きに三日間(一日置きに)飲ませるこの薬、
どうか効果が顕著に出ますように・・・。
頑張れっ、ボムボム!!!

その後、食事&買い物に行ってきました。
帰宅して野菜を冷蔵庫にしまおうとしたら・・・

2007.4.17 ドリル

思いっきりセロリをむさぼっております!(ドリル)
食べているというよりは、食いちぎってはペッペッ
しているだけです。
ダンボールなんかもこんな風にカミカミする子って
多いですよね。

バナードリル

↑↑↑↑↑
食い散らかして退散するドリルに
応援クリックお願いします♪♪♪

粉薬の飲ませ方
2007年03月24日 (土) | 編集 |
先日病院からいただいてきたボムボムの抗生物質
(ジスロマック)ですが、これは粉薬です。
5グラムを1日おきに3日間飲ませ、その後1ヶ月は飲ませる
必要がないそうです。(休薬期間)
先生からとーっても苦いので味のごまかせる乳製品と一緒に
混ぜてあげると飲める子がいると伺ってきましたが、案の定
無理でした。
あげる前からその方法では一回分を確実に飲ませられない
だろうと(全部飲みきってくれるか分からないため)想定
していたので、やまだのときと同じようにお団子状にして
飲ませました。
飲ませる前、口内炎が心配でもしかしたらどうだろう。。。と
思っていたんですが、予想と反して意外とすんなり確実に
3日間飲ませることができました!

今日はその方法をちょびっとお知らせしますね。
(ご存知の方も多いと思いますが)

まず、猫用粉ミルクとお薬を用意します。
お写真の左側が粉ミルク、右側がお薬です。
このとき、最初から粉ミルクをたくさん入れてしまうと量が多く
なってしまうので少なめにしてください。
少なければ後から増やせばいいだけなので大丈夫です。
2007.3.25 ボムボムの薬だんご














そしてお水を1・2滴加えて混ぜ、練り上げていきます。
このときも最初はお水を少なめにしてください。
最初はパサパサでも練り上げていくうちに徐々にまとまって
きます。(粉ミルクの乳脂肪分のせい)
ここで最初から水を多くしてしまうと、柔らかいお団子に
なってしまい飲ませるのが困難になります。
柔らかくなってしまったら、状態を見ながらほんの少しずつ
粉ミルクを足せば大丈夫です。
最初はどうしても水を多めに入れる傾向にありますが、
慣れてくれば加減も分かると思います。
だいたい直径5・6ミリくらいの大きさになるようお団子に
していきます。
量が多ければ2・3個に分けて作ります。
練っている過程で指にくっつきますが、これも最終的には
ちゃんとお団子の中に加えていきます。


そして出来上がりはこんな感じです。
2007.3.25 ボムボムの薬だんご2















今回は1個のお団子にすることができましたが、薬の量が
多ければ2・3個になるように作ります。
どうして少なくしたほうがいいかというと、猫は口を開ける
ことをとても嫌がります。
最初の1個をあげるときにうまくあげられなくて格闘(?)
したりすると、そのあと2個・3個とあげるために再度口を
開けることが一層難しくなるからです。
なので極力粉ミルクの量を少なくし、お団子の数を少なく
してあげることも大切です。

また、ボムボムのように難治性口内炎になっている子もそう
ですし他の子の場合も同じですが、飲ませるときは
タダお団子をお口の中に放り込めばいいというものでは
ありません。

それではペッペして吐き出してしまいますし、一度唾液が
ついてしまうとお団子の周りがベタベタになって手につき、
確実に一回分の量が上げられなくなります。
頭の上側から顔をすっぽり覆うようにして人差し指と親指
(私は右利きなので左手でやります)で上唇の両端、
ちょうどひげ袋があたる犬歯の近くを持ち、右手でお団子を
持って中指で下の口をこじ開けるとそんなに嫌がりません。
そして喉の奥に確実に押し込みます。
ボムボムのように口内炎になっている子の場合は、喉の
両端が赤くただれていますので、その部分にあたらない様
に(あたると激痛がしますので)一度で喉に押し込んで
あげないと大変です。
このときただれているところの状態を観察することも
お忘れなく。

口を開けてあげるまではゆっくりと落ち着いて、そして
お団子を喉に押し込むときは一気にすばやくやるのが
コツです。
慣れるまでは結構大変だと思いますが、コツが分かれば
確実にきちんと投薬できるのでこの方法はオススメです。

もちろんウェットフードや好きなおやつなどに混ぜて食べて
くれる子には必要ありませんが、今回のようにかな~り苦味
の強い薬の場合、少しでもその味がわかっただけで途中で
プイッと食べるのをやめてしまったりして、確実に1回分
を投与できないことも多いと思うんです。
そうするとその薬の効果も半減してしまいますので、できれば
きちんと残らず飲ませることができる方法をオススメしたいと
思います。

昨日で3日分飲ませることができたんですが、ボムボムは今まで
の中でもしかしたら一番お口の腫れが引いているかも
しれません。
そのせいか今まではウェットフードを食べたくても食べられ
なかったようなんですが、昨日から珍しく食べ始めました♪
手作りののささみジャーキーも食べてくれました♪

これが、ジスロマックが効きはじめていることなんだと
いいんですが。。。
デモデックス
2007年03月19日 (月) | 編集 |
2007.3.19 ボムボム














以前からお知らせしているようにボムボムは白血病のウィルス
を持っています。
先生によっては発病しているとも言われてきました。
でも今診ていただいている先生はそうではないとおっしゃって
います。
発病しているかどうか、その決定的なボーダーラインは
ないそうです。
いろんな症状の総合判断で決めるそうですが、それもまた
先生によって様々です。

ボムボムは昨年3月にここに引っ越してくるとき
保護してきました。
それ以来、家猫になりました。
他の子たちのこともあるので隔離飼育しなければいけない
かと随分悩みましたが、悩んだ末に今は一緒にしています。
白血病の感染路は涙や唾液・排泄物や血液など色々
あるそうです。
もちろん感染したからといって、みんなが発病するわけでは
ありません。
本当ならウィルスに感染していないうちにみんなにワクチン
を打つなりして防御すればいいのかもしれませんが、
うちは3歳位までは毎年ワクチンを打っていましたが、
あるときワクチンの恐怖という内容の本や雑誌の特集を
読んでから、打たなくなりました。
だけど、当時は家にいるみんなは感染していなかった
からです。
ボムボムを保護するとき、みんなにワクチンを打ってから
家に入れればよかったのは百も承知していましたが、当時は
急に相方の転勤が決まり、また家族間の切迫した問題が
山積みになっていた時期ということと、私自身が心の病で
どうしようもない時期だったんです。
これもすべては言い訳にしかなりませんが・・・。
幸いにしてボムボムとみんなはけんかなども一切せず、
静かな毎日を送っています。
白血病のワクチンの発がん性も取りざたされてる現在、
それを覚悟の上で接種したほうがいいのかどうか、
まだ迷っています。
迷っているうちにもし他の子たちに感染してしまったら、
それは毎日怖くて仕方がありません・・・
でもまだ決心できずにいます。

こちらに引っ越してしばらくすると、ボムボムは以前から
なり始めていた口内炎がひどくなりました。
ご飯がどんどん、どんどんと食べられなくなりました。
それと並行するようにやまだの病気が発覚しました。
やまだの手術が終わった頃、ボムボムを病院に連れて
行きました。
そのときの先生は、ようはもう発病しているから
ステロイド剤を打って食欲を増進させてあげるしかない、
と言いました。
私たちは悩みました。
ステロイド剤の恐怖はよく分かっていたつもりだし、
一度使ってしまえば泥沼状態だからです。
だけどボムボムはもう体重が3キロ少ししかなくて、
今の状態のままではもう死んでしまうかもしれない
くらいでした。
それほどまでにとてもひどい状態だったんです。
ご飯が食べられないままではもうこの先どんな治療も
できないと言われ、悩んだ末に私たちはステロイド剤を
使用することにしました。
それからおおよそ2週間置きに接種していました。
ステロイド剤は短期型・長期型とあって、短期型は即効性
があるかわりに長くは続きません。
長期型も平均でいえば通常2週間ほどで効果は切れてきます。
症状がよければできるだけその間隔をあけるように
しながらも、だいたい2週間で効果は切れてきていました。
注射を接種すれば食欲が増してきます。
でもそれは見せかけの治療でしかありません。
病気そのものを治すものではないからです。
漢方薬での治療も考えましたが、ボムボムはすでに
「難治性口内炎」といって、口を大きく開けることすら
とても苦しい痛みを伴う病気のため、薬を無理に飲ませる
ことはとても困難だったんです。
自分から漢方薬を食べることなんて到底できません。
薬が切れてくればまたご飯を食べなくなり始め、病院で
先生に他に方法がないか尋ねても
「発病しているから仕方がない・・」の一点張りでした。

そしてボムボムの目に徐々に涙が出るようになり、目の淵が
日増しに赤くなるようになりました。
病院に行くたびに目のことを尋ねていたんですが、先生は
いつも通り白血病のせいとしか言いませんでした。

そして今年の2月、たまたまいつも診て下さっていた先生が
その日お休みだったんですが、他の先生に診てもらって驚愕。
目の腫れは元より、発病しているわけではないと
言われたんです。
同じ病院内でこうも正反対の所見をもらうとは思って
いなかったので正直戸惑いました。

そして更に昨日また驚愕の事実が発覚。

昨日病院に連れて行ったんですが、以前ドリルの肛門腺の
破裂を処置してくださった先生に診ていただいたところ、
ボムボムの目の腫れはデモデックスだといわれたん
です。
デモデックスは他に毛包虫ニキビダニとも
言われています。
人間でも少し前に話題になりましたが、毛穴に住んでいる
ダニのことです。
健常な子でもこのダニはいる子は結構いますが、いるだけ
ならとくに問題はないんだそうです。
それがいろんなことが原因で悪さをするようになると、
引っかいたりして炎症を伴うようになるとよくないんだ
そうです。
その原因の中のひとつとして、免疫力が低下する
このダニが繁殖するようになるそうなんです。
みなさんご存知のようにステロイド剤は免疫力を低下させる
薬です。
この薬を使っていることが原因でボムボムはこのデモデックス
になってしまったんです。
ステロイド剤を接種し始めて数ヶ月、確かにその頃から徐々に
目が赤くなり始めたんです。
それならなぜ最初から診てくださっていた先生がそのことに
気づいてくれなかったのか、と私たちは思いました。
実はもう数ヶ月前からその先生に対しては疑問が多かった
んです。
だけどその先生に対して強く物言いをすることもできずに、
ずるずるとかかっていました。

食事が食べられなくてどんどん体重が落ち、そして貧血も
出てくるようになれば応急処置としてステロイド剤を打つ
しかないということと、方やそのステロイド剤を打つこと
によってデモデックスになってしまうということを天秤に
かけたとき、少しでもステロイド剤の期間を長く空ける
ようにすることしか今はできないんです。

ダニを殺す薬はステロイド剤を投与しているときは
使えないんです。

だけどステロイド剤をやめてしまえばご飯が食べられ
なくなってしまうんです。

以上のことから、少しでもステロイド剤を打つ期間を
長く空けるようにするため、ジスロマックという
抗生物質をいただきました。

これが効けば口内炎が少しでも緩和させることができ、
ステロイド剤を打つ期間を空けることができれば、ダニを
殺す薬を使えるようになるかもしれません。

今はとにかくステロイド剤を少しでも減らし免疫力を
高めてあげて、ダニの繁殖を抑えることから始めることに
なりました。

ちなみにジスロマックという抗生物質は小児でも使う
人間用と同じお薬だそうです。
とても苦いので飲ませるのが困難だということですが、
一日置きに3回飲ませればその後1ヶ月は飲ませる必要が
ないんだそうです。
お値段はその3回1クールで4,700円位でした。
それが高いのか安いのかはわかりませんが、3日間飲ませる
ことができて効き目があればステロイド剤を減らせるのなら
たやすいことです。

(しかし・・・あの病院の先生たちは○○先生以外は
 みんな良い先生だなぁとつくづく今日もまた思って
 しまいました。。。独り言)



マイボーム腺炎(ものもらい)
2007年02月08日 (木) | 編集 |
2007.2.8 ボムボム














いわゆる人間でいうものもらいにあたる眼の病気にボムボムが
なってしまいました。
まつ毛をはさんで表と裏に油脂を分泌する腺のことを
マイボーム腺といいます。
この分泌液によって瞼の開閉の滑りをよくしているらしい
のですが、このマイボーム腺に炎症が起きる病気を
マイボーム腺炎(ものもらい)というそうです。

この前病院で簡易的にしぼってもらい翌日から腫れが引いてきました。
今は毎日6時間おきに2種類の目薬を点眼しています。
また来週診てもらう予定です。

あと奥歯をどうやら抜かないといけないらしいのですが。。。
体調が良くなったら麻酔をして抜歯することになりそうです。

先日はいつもお世話になっている先生(院長先生)がお休みのため、
初めてお会いする先生に診ていただきました。
一言で感想をいうなら・・・・
最初からこの先生に診ていただきたかった、です・・・・。
細かいことまでよく全身を診てくださって、本当に良い先生だなぁと
思いました。
その先生は月に2回しかいらっしゃらないらしいのですが、4月からは
もっと来ることになるそうです♪
なんでも今居る先生の中でご結婚を機にお辞めになる方がいるらしくて。
これから先どうしようかなぁと悩み始めています、色んなことを。。。