やまだのお部屋

CATEGORY PAGE

category: 乳腺腫瘍  1/5

親愛なる友

このブログをはじめたきっかけはもちろんやまだの病気でした。乳腺腫瘍という病気を調べているうちに、たくさんの方々と出会いました。その中にモモちゃんという13歳のかわいいにゃんこのお母さんである、晴乃輔さん(+++Nekocle Life+++猫狂的生活)とお友達になることができました。モモちゃんもやまだと同じ病気で腫瘍の部分を手術し、頑張って病気と闘っていました。晴乃輔さんはやまだがまだいる頃、私をいつも励まし勇気付け...

  •  0
  •  0

やまだのお父さんより

はじめて書き込みさせてもらいます。やまだが虹の橋に行ってまだ気持ちの整理がついてませんが、私たち家族以外の方達もこんなに励まし悲しんでくれていることに、やまだも喜んでくれてるでしょう。現在も一緒に闘病生活を送っている方達、過去に同じ病気で愛する家族を失った方々、さまざまな人たちと交流をもてたことにより、私たちの闘病生活を終える事ができました。(もっともほとんど妻にまかせっきりでしたが)今まで応援して...

  •  0
  •  0

みなさんへありがとうございました。

ひよさんへはじめまして。同じ病気で亡くなった子のママさんからのお言葉は、本当に身にしみてきます。やまだは私に感謝してくれているでしょうか。だとしたら本当に心が救われます。今でもまだ自分のしてきたことの自責の念が絶えません。でも、こうしてみんなから応援していただいていたやまだは、きっと喜んでいたことでしょう。ありがとうございました。pawさんへはじめまして。いつも見てくださってありがとうございます。心...

  •  0
  •  0

最後のお別れ

No image

一昨日(2006.8.28)やまだと最後のお別れをしてきました。今年引っ越してきたばかりだったので、まだお世話になったことがあるお寺さんなどがないためどこでしたらいいか迷っていたのですが、ふと2・3年前にテレビでペット専用のセレモニー会社のことが特集されていたのを思い出しました。どうして覚えていたのかというと、やまだは生まれも育ちも川崎なんですが、その会社も多摩川に程近い川崎だったんです。そして何より、人間...

  •  0
  •  0

2006.8.26 AM9時56分 天国へ・・・

No image

昨日(2006.8.26)AM9時56分頃、やまだは虹の橋へ旅立ちました。息を引き取る前の二日間は酸素室での吸引では足りず、内径6ミリのチューブから直接酸素を吸って最後まで頑張りました。チューブは24時間ずっと鼻先・口元へ手で添わせていました。少しでもチューブが鼻先から離れると苦しそうに喘ぎながら、時には自分からチューブへ鼻をくっつけて吸っていました。(ここからは少しツライことも記録として書きたいので、予めご了承...

  •  0
  •  0

自家製酸素室

日本医療さんの担当者の方が納入してくださった酸素濃縮器です。酸素濃度が3リットルまでのタイプです。他に5リットルまで対応可能なタイプもあるそうですが、うちは先生からいわれた酸素の流量が1~2リットルだったのでこのタイプになりました。(納入に辺り事前に獣医師に流量の確認をしなければいけないそうです。)また、酸素室として使っているケージの大きさからも3リットルのもので十分大丈夫ということでした。色々な...

  •  0
  •  0

酸素濃縮器

やはり24時間の酸素供給の場合酸素ボンベでは対応が難しいため、酸素濃縮器の手配をしました。空気中の酸素を濃縮させて使用するため、とても便利です。日本医療さんというところで、担当の方が設置の際にきてくださることになりました。一応今使っているボンベの使い方を聞かれたので説明すると、設置の際によりよい使用方法の指導をしてくださるそうです。その際に1週間分の使用料金を含む初期費用をお支払いし、8日目以降は...

  •  0
  •  0

とうとう・・・

やまだの食事拒否がはじまりました。そして恐れていた口呼吸もはじまってしまいました。お気に入りのテーブルへ上り下りした直後、苦しそうに口を少しあけて「コッハーコッハー」・・・。すぐにもしものときに対応できるよう、主人がかねてから決めていた簡易酸素室をこしらえてくれました。引越しのたびに2頭ずつ入ってもらい移動していた、わんちゃん用の大きなゲージを逆さにし、左右と後ろの下部にあいている穴を若干ふさぎま...

  •  0
  •  0

抜けなかったお水

昨日、胸水を抜いてもらうために病院へ行ってきました。行く前からきっとすごい嫌がるだろうからできないだろうなぁと思っていましたが・・・。以前から話しているように、先生から聞いた話では胸水を抜くような状態になる子たちは食欲もなくなってきて、もう胸に針を刺しても嫌がる気力もないような場合が多いらしいです。その点から見ればやまだはまだ元気もあって、食が細くなっているとはいえまだまだ自分で食べてくれています...

  •  0
  •  0

胸水について

やまだの呼吸の速さはバクバクいっているときもあれば、そんなに早くないときもあるように思う。今週火曜日の定期健診は予定通り?やまだは連れて行かなかった。ボムボムだけ注射をしに連れて行った。待合にいると先生が私たちの姿を見て一瞬「ギョッ」とした表情をした。いつもやまだを入れているゲージを持っていなかったので、もしかしたら・・・と思ったのかもしれない。驚かせてごめんなさい、先生。やまだの胸水は確実に増え...

  •  0
  •  0